fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 11. 08

境界の彼方 第6話「ショッキングピンク」

kyoukai20131107.jpg

私たちはアイドル。
この作品はどこへ向かっていっているんだろうか?

境界の彼方(アニメ盤)境界の彼方(アニメ盤)
(2013/10/30)
茅原実里

商品詳細を見る

kyoukai20131109.jpg

未来ちゃんぶひぃぃぃぃぃぃ!!

kyoukai20131001.jpg

「やっぱ眼鏡っ娘は最高だぜ!!」

kyoukai20131111.jpg

↑俺らの反応


kyoukai20131110.jpg

美月ちゃんぶひぃぃぃぃぃぃ!!

ruru20080722.jpg

「やっぱり妹は最高だな!!」

kyoukai20131111.jpg

↑俺らの反応

kyoukai20131108.jpg

愛ちゃんぶひぃぃぃいぃぃぃぃぃぃ!!

bureido20090802.jpg

「ロリロリ最高おおおおおおおおおお!!」

kyoukai20131111.jpg

↑俺らの反応


と言う感じでぶひれる回だったんだ。

感想:
kyoukai20131106.jpg

ギャグ回だね。この回をギャグ回と言わず
なんて言おうかわからないほどのギャグ回だ。
見た目とは裏腹に鬼強い妖夢を倒すために
5人が猛特訓をして敵に挑む

という、文字だけを見たら滅茶苦茶
熱血最強な内容だというのに…
演出、内容、くだらなさ、そしてオチが
完璧にギャグ回のそれでした。
やっぱ京アニに日常ギャグやらせればピカ一だよな。

kyoukai20131107.jpg

いきなりアイドルアニメと化したのは
どうかと思いましたがライブシーンが普通にカッコいいから困る。
しかもみんな歌上手いという…
音痴設定?そんなの1週間の特訓で何とかしたんだよ!
あの無駄な回想シーンっぽい特訓シーンは
見るだけで笑えました。
ほんともう無駄に喧嘩して衝突してるところとか
無駄に青春感じれるじゃないか
あの回想だけで1クールのアニメの構成が作れそうだぞ。

kyoukai20131112.jpg

それにしても愛ちゃん可愛いな。
そら最終兵器と言われても仕方がない。
しかもしぐさがクッソあざとい上になんだその天使の羽?
愛ちゃんマジ天使とでも言ってほしいのか?

【関連記事】

・境界の彼方 第1話「カーマイン」

・境界の彼方 第2話「群青」

・境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」

・境界の彼方 第4話「橙」

・境界の彼方 第5話「萌黄の灯」

fc2index.jpg

来週からアイドルデビュー編が始まります(ぇ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

今回どれだけ「クサイ」またはそれに等しい言葉が出たんだろうか?

4人で踊って誰が攻撃する奴がいないなんてベタだからなんかしらの策が有るのだと思っていたが裏切られた。

冒頭のヤキイモが可愛かった。

Re: No title

>らっちさん
コメントどーも

> 今回どれだけ「クサイ」またはそれに等しい言葉が出たんだろうか?

確かにここまでくさいくさい連呼するアニメも珍しい

> 4人で踊って誰が攻撃する奴がいないなんてベタだからなんかしらの策が有るのだと思っていたが裏切られた。

てっきりヤキイモが隠れているのかとおもってた

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3810-42021816

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

境界の彼方 第6話「ショッキングピンク」

免許が返ってきた未来は、お金になるという妖夢を学校の屋上に倒しに行くが…。 この妖夢には、すごく臭い液をまき散らすという恐ろしいやつだった(笑) そして、未来たちは、液をぶっかけられて、シャワー浴びてリベンジという繰り返し(^^; 思っても無いギャグ回でしたw 最終兵器の愛ちゃんが天使すぎました♪  

境界の彼方 #6「ショッキングピンク」

境界の彼方の第6話を見ました。 #6 ショッキングピンク 学校のシャワールームでシャワーを浴びる未来達だったが、シャンプーが出てこないことに美月は苛立っていた。 「シャンプーに当たってもしょうがないですよ」 「そうですよ、落ち着いてください」 一週間前、彩華からお金になる妖夢が学校の屋上にいることを教えてもらった未来は早速立ち向かおうとするのだが、気付かれたら臭...

境界の彼方 第6話「ショッキングピンク」

 今週のまとめ:  何と言う才能の無駄遣い。  久々に「実にいい『才能の無駄遣い』を見た」という気持ちでいっぱいです。考察も何も無用、と言ってもいいんじゃないかしら?  いや、無理やり書こうと思えば、ここまで打ち解けた未来・秋人と名瀬兄妹について色々と書くことも可能でしょうし、そのことをショッキングピンクという色の何かと結びつけようと試みることも不可能ではないのでし...

境界の彼方 第6話 「ショッキングピンク」 感想

閑話休題―
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード