fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 01. 31

思い続けることの辛さより忘れられることが怖い

yui20210132.jpg

プリコネR イベント
「絆、つないで。こころ、結んで。(前半)」感想です。


PRINCESS CONNECT! Re:Dive CHARACTER SONG ALBUM VOL.2〔限定盤CD+BD〕



kokoro20210131.jpg

今回のメインは美食殿。
食欲優先でクエストを受注するぺコリーヌ。
そんなぺコリーヌにツッコミを入れるキャル。
そしてそんな二人を眺めて笑みを浮かべるコッコロ。。
っという美食殿のいつもの日々を描いた始まりでしたが、
待っていたのはイベントストーリー史上最も過酷なお話でした。

kuuka20201032.jpg

や、頭がおかしいレベルで最大の危機
何度か迎えてたのですが、今回はそれとは毛色が違う。

purikone20201231.jpg
purikone20210122.jpg

前回のイベント(マグロ漁で一攫千金)や
メインストーリー(温泉回)との温度差で風邪ひきそう…

ストーリーの内容をまとめるとこんな感じです。

・謎の黒い精霊と契約してしまったコッコロ

・その力は凄かったが次第に制御を受け付けなくなる

・キャルちゃんもその影響で体調を崩し始める

・精霊の影響で周りの人間から忘れられていくコッコロ

・「助けてアメス様!」って思ったけどアメス様にもどうにもならんらしい

・自分が周りの人間を傷つけてしまうことを恐れてみんなの前から姿を消すコッコロ

・最初は記憶を持ってた仲間たちも徐々にコッコロを忘れていく

・そしてコッコロを探す旅を続ける中で、完全にコッコロの事を忘れてしまう美食殿

・その後美食殿はギルドハウズに戻り"何かが足りないこと"に違和感を覚えるが平和な日常を過ごしていく




purikone20210131.jpg

なんか、ギャルゲーのバッドエンドに
こういうのありましたね。

キャ虐→ペコ虐ときて今度はコロ虐を始めるサイゲは
鬼、悪魔、カリンさん!
しかもアニバーサリー記念イベントですからね。

peko20200620.jpg

こう、仲間の形見を見つめながら
「涙の理由は分からないけど、なぜか流れて来る涙」
っていう演出は良いですよね…
美しい…本当に美しいよユースティアナ!

sefi20200815.jpg

しかし、イベント時空だとシェフィちゃんが
美食殿のメンバーじゃないのちょっと悲しい…
FGOみたいに特定のメインストーリーまで進んでることを参加条件にして
シェフィもイベントに参加させてほしいな。

yui20210131.jpg

一方もう一人の新規衣装実装キャラであるユイ・クサノさんですが
露出面積が水着並みな衣装に対して一応
羞恥心はあったようでそこは安心しました。
(でも騎士君に頼まれたらどんな格好でもしてくれそうなんだよな…)
それにしてもボスのジェネラルホーン君と、
ユイ加入のタイミングが、空気を読めてないにもほどがある…


「なんでそんな恰好してるの?」と
「コッコロの安否はどうなるの?」という点に関しては
後編で明らかになるんだと思いますが、
"後編をクリアするまで実装キャラのキャラストが解禁されない"っていうのは
思い切ったことをしましたね。
(おそらくネタバレを防止するためなんでしょうけど…)

noeruFC2.jpg

ライナー助けて!
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>ストーリーの内容をまとめるとこんな感じです
なんだかゆゆゆの勇者の章を思い出しました。
悩んだら相談!

>本当に美しいよユースティアナ!
皆に忘れられる苦しみを知っているペコさんが忘れる側に回ってしまうという皮肉

>みんなの前から姿を消すコッコロ
騎士くん「もしも、あいつが自分が忘れられた方が良いなんて思っているなら。
そんなくだらない考えで辛い道から逃げて、
美食殿を救えるなんてとんだ勘違いをしているっていうなら
まずは、その幻想をぶちコロす!!!!!!」

Re: No Subject

> >ストーリーの内容をまとめるとこんな感じです
> なんだかゆゆゆの勇者の章を思い出しました。
> 悩んだら相談!

相談しても相手から「誰?」って言われるの辛いと思う

> >本当に美しいよユースティアナ!
> 皆に忘れられる苦しみを知っているペコさんが忘れる側に回ってしまうという皮肉

何気にペコ虐っぷりも凄かったですね。
シナリオ書いた人はノンケのサディストなの?

> >みんなの前から姿を消すコッコロ
> 騎士くん「もしも、あいつが自分が忘れられた方が良いなんて思っているなら。
> そんなくだらない考えで辛い道から逃げて、
> 美食殿を救えるなんてとんだ勘違いをしているっていうなら
> まずは、その幻想をぶちコロす!!!!!!」

ネネカ「とーま?」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8161-e83a3727

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード