fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 05. 08

バック・アロウ 第18話 感想 #バック・アロウ

arou20210110.jpg

これが世界の真理なのか


バック・アロウ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


arou20210508.jpg

アロウ君の正体が明かされ、多くの人間が消滅し、
アロウ君が曇りまくった第18話でした。

結局アロウの正体は
「神が壁の中の人類殲滅のために用意した兵器」
だったわけですから、
「記憶は失っていた」のではなく、そもそも
「記憶なんて最初からなかった」ってことなんでしょうね。
人の姿にしたのはバインドワッパーを使えるようにするためで、
信念がないのにブライハイトを呼び出せるのは
そもそも規格からして普通の人間のそれとは違うってことが原因だったんでしょう。

arou20210507.jpg

バインドワッパーを使って消えた人間が
壁の外で柱になっていたことと
ルドルフの語った内容から察するに、
おそらく神とやらは「信念」をエネルギーとして
利用するためにリンガリンドの人間にバインドワッパーを
与えていたのではないのだろうか?

壁の中の人間同士で争えばそれだけで満たされていたけど
リュートとレッカという二大国が生まれてしまったため、
戦力が拮抗し争いが起きにくくなってしまった。

arou20210109.jpg

そこで殲滅兵器であるアロウを送り込んで直接
信念を収穫しようと思っていたけど、
何故かバグが発生してその使命を忘れてしまった。
って所から始まったのが本作だったってことなんでしょう。
(思えばエッジャ村に落ちたのはあそこに
グランエッジャがあったからなんでしょうね)

レッカの伝承として残っていたのは。
おそらく過去にも同じことをさせて
何度も世界をリセットしていたのではないだろうか?
しかし、アロウが来たことで結果的にリュートとレッカの戦争は勃発し
(半分くらいはルドルフの手回しですが)
多くの死者を生み出してしまったことは事実なんですよね…

rudorufu20210508.jpg

ルドルフの目的はそのまんま
神の意志通りアロウを使って人類を殲滅すること。
選定卿は「王を選定する役職」を表すのではなく
「神によって選定された者」を示していたわけです。
思えばリュートに着いてからここまで、
ずっとルドルフの良いように動かされてきたってことなんですよね…

そんな感じで、アロウの正体、
ルドルフの目的、神とやらの真意が明かされましたが。

syuu20210508.jpg

気付けばアロウじゃなくてシュウが主人公になってましたね。
この状況でまだ希望を失わず、神への犯行を企てるあたりがカッコよすぎる。
"特別な力を持ったアロウ"ではなく、
"普通にリンガリンドに生まれた頭が良いだけのシュウ"
一番神に反抗しているのはなんか良いですよね。


emiriaFC2.jpg

何気に大元帥が逆転のきっかけを与えるのはちょっと熱い。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>>気付けばアロウじゃなくてシュウが主人公になってましたね。
>>この状況でまだ希望を失わず、神への犯行を企てるあたりがカッコよすぎる。

すごくかっこよかったですね
てか監督曰くシュウも主人公で
アロウと二人で、いわゆるダブル主人公らしいです

あとルドルフが人間じゃないって
中の人繋がりでシンフォギアAXZのアダムを思い出しました
神に作られた繋がりでもありますし

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> すごくかっこよかったですね
> てか監督曰くシュウも主人公で
> アロウと二人で、いわゆるダブル主人公らしいです

この手の逆転の一手を考えてくれる軍師タイプは
性格は全く違うけどルルーシュを思い出す。

> あとルドルフが人間じゃないって
> 中の人繋がりでシンフォギアAXZのアダムを思い出しました
> 神に作られた繋がりでもありますし

やたら肌の露出が多いのもそれっぽいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8418-afde1b27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード