fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 06. 12

バック・アロウ 第23話 感想 #バック・アロウ

bit20210612.jpg

天から降るのは破滅の印か

本当にビットが頼もしくなったよな・・


バック・アロウ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


fine20210612.jpg

「愛ですね。愛あればこそですね」

そうだね。愛だね。
実際あんな姿になってまで意思を持って神に抗うあたり
リンガリンドの人間の信念は本当に強いと思います。
消えてしまったリュートの民たちも
最後にガッツ見せてくれましたね。

最終決戦(前編)っていう感じのお話でした。
エッジャ組&カイ&レンが神の領域へ向かい
ルドルフとの決着は残ったみんながやることになりましたが、
事あるごとにシュウにカウンターを決められて
追い詰められるルドルフはまさに滑稽でしたね。

arou20210612.jpg

カイとアロウの合体技は
カイは「ゼツに並び立った」もしくは
「ゼツを超えた」って言うのが現れて良かったです。
カイは序盤最強の敵⇒めんどくさい宿敵⇒王道を往く強い男
と話が進むにつれて変化していったキャラで、
本質的な根っこの部分は変わらないけど
戦闘力も精神的にも成長したキャラでした。


arou20210613.jpg

でもって…最後の敵が
"主人公の別側面"で、
同型機対決という燃える展開。


あれはまさに
「殲滅者としての道を選んだアロウの成れの果て」
なんでしょうね。

arou20210614.jpg

ムガの同型機は禍々しいデザインが本当にカッコイイ。
ただ本来の製造目的を考えるとあちらの方が正しい姿
今のアロウの方が異常な状態ってのも面白いです。
なんか、デジモンテイマーズにおけるメギドラモンと
デュークモンの関係みたいですね。



という感じで盛り上がる最終回1話前だったのですが、
破滅への輪舞が撃ち込まれる時、
「赤ん坊の鳴き声」がしていたのは
ちょっと気になったんですよね。
もしかして神とは意思疎通の出来ない赤子で
生れ落ちるために信念を必要としていたのでは?
次回最終回ですが、衝撃的なラストが待っていそうです。

emiriaFC2.jpg

神の放った矢が神に飛んでいくからバック・アロウ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

ソウルバーナーVSリボルバーの再来

No Subject

ルドルフは明らかに前よか弱くなってますね
ゼツ陛下にワッパー大量に引き抜かれて弱体化してるんでしょうけど
こういうキャラの死亡が無駄になってないの好きです

あと壁の外の世界は生物の体内っぽいですね

Re: No Subject

> ソウルバーナーVSリボルバーの再来

そういえば中の人的にそうですね。
1話の感想で「遊戯王みたいな髪型しやがって」って書いたけど
そういう回収の仕方してくるなんて…

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> ルドルフは明らかに前よか弱くなってますね
> ゼツ陛下にワッパー大量に引き抜かれて弱体化してるんでしょうけど
> こういうキャラの死亡が無駄になってないの好きです

確かに明らかに弱体化していましたね。
戦闘力的にも威厳的にも。
行動すべてシュウにカウンターされてたのは本当に滑稽でした。

> あと壁の外の世界は生物の体内っぽいですね

本当は「はたらく細胞」みたいな世界観だったりして…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8532-9b54543b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード