fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 09. 15

転生したらスライムだった件 第47話「起死回生」 感想 #転スラ

suraimu20210915.jpg

悟空さん、技を借りるぜ。

むしろ亀仙人のじっちゃんあたりに言うべきなんだろうか?


転生したらスライムだった件 第2期 2 (特装限定版) [Blu-ray]


suraimu20210914.jpg

ここまでくるとクレイマンも可哀そうに見えてきますね。
自分は騙す側、搾取する側だと思っていたけど
実際は騙される側、搾取される側だったという哀れなピエロ
リムルどころかその配下のシオンにすら遠く及ばず敗北。
操ってたと思ってたミリムは実際は操られておらず。
信じてたフレイにも裏切られた。
おまけに始末してたと思ってた魔王カリオンも生存。

彼がここまで築き上げてきた
魔王としてのプライドや自信が
容赦なく踏みにじられたお話でした。
今までやってきたことがやってきたことだけに
これぐらいの報いは受けるべきだと思いますが…
自信の弱さを嘆き懇願するかのように力を求める姿は
ちょっと可哀そうでしたね。

suraimu20210913.jpg

2期最終決戦は覚醒してパワーアップした
クレイマンとリムルの対決で幕を閉じそうです。
思えば魔王になってから本気を出して戦うのは
これが初めてになりますね。

suraimu20210910.jpg

しかし、ミリムのアレが全部演技だったとか‥
ごめん、ぼくは君の事少し侮ってたよ。
あそこまで演技力があるとか予想していませんでした。

noeruFC2.jpg

ラファエル大賢者さん、無機質なキャラだっただけに
ため息が人間臭くてちょっと面白い。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

突然ヴェルドラがあの場に出現しましたが、まずリムルとヴェルドラの間には魂の回廊という繋がりがあって、その繋がりをたどり空間を無視してヴェルドラの側から暴風竜召喚を発動させたということです。

ちなみにリムルが手に入れていたアルティメットスキル暴風之王(ヴェルドラ)の能力は暴風系魔法(ヴェルドラ固有の魔法)・暴風竜召喚・暴風竜復元の3つです。
前にもコメントしましたが竜種というのは不滅で死んでもしばらくすると復活します。
ですが復活したときは以前の記憶は持っていても人格はリセットされてしまいます。
そこで暴風竜復元というのはリムルの魂の中にヴェルドラの人格がバックアップされていて、ヴェルドラが死んでしまっても即座に以前の人格のまま復活させることができます。
つまり暴風之王(ヴェルドラ)というのはヴェルドラのバックアップになる代わりにその力を借りることができるスキルということです。
このスキルの存在があるためヴェルドラを倒したい場合は、先にリムルを倒さなければならないということです。

Re: No Subject

>MN さん
コメントどーも

> 突然ヴェルドラがあの場に出現しましたが、まずリムルとヴェルドラの間には魂の回廊という繋がりがあって、その繋がりをたどり空間を無視してヴェルドラの側から暴風竜召喚を発動させたということです。

要するにコスト無しで暴風竜召喚ができるってことですか。コスパ良いな。

> ちなみにリムルが手に入れていたアルティメットスキル暴風之王(ヴェルドラ)の能力は暴風系魔法(ヴェルドラ固有の魔法)・暴風竜召喚・暴風竜復元の3つです。
> 前にもコメントしましたが竜種というのは不滅で死んでもしばらくすると復活します。

> ですが復活したときは以前の記憶は持っていても人格はリセットされてしまいます。
> そこで暴風竜復元というのはリムルの魂の中にヴェルドラの人格がバックアップされていて、ヴェルドラが死んでしまっても即座に以前の人格のまま復活させることができます。
> つまり暴風之王(ヴェルドラ)というのはヴェルドラのバックアップになる代わりにその力を借りることができるスキルということです。
> このスキルの存在があるためヴェルドラを倒したい場合は、先にリムルを倒さなければならないということです。

なんかRPGとかでよくいる
「ボスがいる限り永遠に湧き続ける召喚モンスター」
みたいな扱いですね…あ、だから魔王なのか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8794-5d5e54dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード