fc2ブログ

映画「ゴジラ-1.0」感想 #ゴジラマイナスワン

gojira 2023-11-24 170300

焦土と化した日本に、突如現れたゴジラ。
残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。


以下、ネタバレありの感想です。



■所感

いろんな意味でシン・ゴジラとの対比を感じた作品でした。
現代日本にゴジラが現れたらどうなる?という
シミュレーションをやったシン・ゴジラに対して
終戦後物資も軍備も何もない状況の日本にゴジラが
現れていたらどうなる?をやったのがゴジラー1.0でした。

物語の主軸となっているのも
「政府サイドの対策の様子」だったシン・ゴジラに対し
本作は民間人の視点から話が繰り広げられていた点も違ってました。


■厄災のゴジラ

今作のゴジラは意思もなければ目的もなく
ただ単に暴れまわる厄災でした。
とにかく圧倒的な暴の化身として
人々を踏みつけ、建物を破壊し、
熱線で都市を吹き飛ばす。

特に今作は戦後間もない日本という時代設定のおかげで
対抗する手段がほとんどない状況ですから、
ある程度装備の整った現代が舞台の作品よりも
絶望感が増していたと思います。

あと主人公の視点から物語を追っていく作品なので
本当にようやく立ち直りそうになった時に
また心を折りに来た疫病神みたいな存在でしたねゴジラ。
そりゃ敷島さんも「ゴジラ絶対ぶっ殺して戦争終わらせちゃる!」
するのも分かりますよ。


■人々の意思と力

そんなゴジラに対して少ない人員と少ない装備と
知恵と工夫で立ち向かう人々の姿は凄く良かったです。
「軍隊は動かせないなら自分たちが何とかして
日本の未来を守るしかない」
って民間人が立ち上がるあたりは
戦争を生き抜いたあの時代の人々の強さを感じましたね。
あと、史実じゃ活躍できなかった機体(震電)を
対ゴジラ用の最終兵器として戦わせる展開は熱かったですね。

話としては戦争に取り残された男、敷島浩一が
自らの戦争を終わらせるための物語であり、
ゴジラはどちらかというと舞台装置って感じがしたので
やっぱり本作は人が主体の映画だったなっと感じました。


ただ、ラストのアレはかなり不穏でしたし、
見終わった後は結構もやっとしたのも事実です。
まぁ映画って続編匂わせとか含めて
こういう終わり方すること多いですからね。

noeruFC2.jpg

橘さんが聖人すぎる…なんだあのいい人。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
戦後のあの頃からも「やったか!?」のフラグって存在してたんだな~
時間的に失敗なのは当然だけどセリフを聞いた瞬間「何余計な事言ってるんだ!」と思ってしまった。

VSシリーズ以降の作品の超兵器(メーサー砲とか)シン・ゴジラのような現代兵器(オーバー気味)のような物が存在せず、敗戦後の疲弊しきった日本が立ち向かうには最悪の敵をどの様に倒すのか凄く気になっていましたが「そう来るか!?」って感じでした。

歴代シリーズと比べると耐久値は低いけど生存能力(再生力)が補う以上に高い印象でした。

作品ごとに設定の違いはあるとはいえG細胞の恐ろしさがまた明らかになってしまったように思えます。

あの細胞が身体に入ってしまうと・・・?
2023/11/26(日) 22:12 | URL | らっち #-[ コメントの編集]
No title
>圧倒的な暴の化身
ジアースとか除いても平成後期くらいからどんどん放射熱線の威力があがってきている気がします。VSシリーズの頃までは口から吐く連射の利くゲロビだったのに、荷電粒子砲みたいになっちゃって。めっちゃかっこいいですけど

>知恵と工夫で立ち向かう
メーサー砲やスーパーXみたいな超兵器はもちろんのこと現代兵器すらなく、オキシジェンデストロイヤーもない圧倒的な火力不足の中でどうするのかと思いきや、自然の力と化学で対抗する作戦は実にそそるぜぇでした
震電は主人公後継機感あって滾りました

>ラストのアレはかなり不穏
ゴジラが負けた場合のゴジラ作品て最後の描写は大体あんな感じな気がします
2023/11/26(日) 23:34 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
>らっち さん
コメントどーも

> 戦後のあの頃からも「やったか!?」のフラグって存在してたんだな~
> 時間的に失敗なのは当然だけどセリフを聞いた瞬間「何余計な事言ってるんだ!」と思ってしまった。

「やったか」は絶対やってないやつだから言っちゃだめだよぉーって何度も思いました。

> VSシリーズ以降の作品の超兵器(メーサー砲とか)シン・ゴジラのような現代兵器(オーバー気味)のような物が存在せず、敗戦後の疲弊しきった日本が立ち向かうには最悪の敵をどの様に倒すのか凄く気になっていましたが「そう来るか!?」って感じでした。

本当に物資が少ない中で戦った作品だったと思います。
そう思うとちゃんとした武器があったら今作のゴジラはそこまで
脅威ではなかったのかもしれませんね。

> 歴代シリーズと比べると耐久値は低いけど生存能力(再生力)が補う以上に高い印象でした。

再生能力に全振りしてる感はありました。

> 作品ごとに設定の違いはあるとはいえG細胞の恐ろしさがまた明らかになってしまったように思えます。
> あの細胞が身体に入ってしまうと・・・?

ラストのシーンが怖すぎる…
2023/11/28(火) 22:00 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
> >圧倒的な暴の化身
> ジアースとか除いても平成後期くらいからどんどん放射熱線の威力があがってきている気がします。VSシリーズの頃までは口から吐く連射の利くゲロビだったのに、荷電粒子砲みたいになっちゃって。めっちゃかっこいいですけど

あの一撃だけで数キロ吹っ飛ばしたとか…連射できなくてよかったよ

> >知恵と工夫で立ち向かう
> メーサー砲やスーパーXみたいな超兵器はもちろんのこと現代兵器すらなく、オキシジェンデストロイヤーもない圧倒的な火力不足の中でどうするのかと思いきや、自然の力と化学で対抗する作戦は実にそそるぜぇでした
> 震電は主人公後継機感あって滾りました

震電の圧倒的主人公機感良かったですね。
設定的にロボットアニメのメカみたいな経緯をたどってますし。

> >ラストのアレはかなり不穏
> ゴジラが負けた場合のゴジラ作品て最後の描写は大体あんな感じな気がします

ホラー作品でもよくあるやつだから
2023/11/28(火) 22:02 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度16周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ