FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2009. 06. 18

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」

私が欲しかったもの。
※今週はかなり応龍&アメリ組に偏った記事になりますのでご注意を

タユタマ-Kiss on my Deity- 第1巻 [DVD]タユタマ-Kiss on my Deity- 第1巻 [DVD]
(2009/06/25)
日野聡力丸乃りこ

商品詳細を見る
tayutama20090617.jpg

わざわざ封絶を張って一般市民を巻き込まないようにする応龍さん
アナタ実はいい人だろ?

もうこの時点で負けると分かっていても俺の中では
アメリ&応龍>>>>裕理たち
になっています。

tayutama20090618.jpg

そんな応龍さんを倒すため立ち上がる裕理たち
※ゆみなちゃんと美冬さんは戦力外通告を受けました。


yuri20090617.jpg

ようやく三強らしい強さで裕理たちを圧倒する応龍さん
主役がやられてるっていうのに何でこう気分がいいんだろうねぇ
どうせなら手足の一本でももぎ取って欲しかったところです(ォィ

ましろさんはアメリさんの説得に行きますが
正直言ってそれは火に油を注ぎに行くようなもんだろう
っとここまでは思っていました。

nue20090617.jpg

「美冬や他の人間共のことも大事なんじゃ失いとうないんじゃ!」

おお鵺さんがカッコいいぞ!
何気に鵺さんってタユタマの登場人物の中ではかなりの常識人ですから
(初登場がパンツ騒動だったので非常にアレでしたが)
裕理たちサイドで唯一共感できますね
だけどあっさり吸収されました(苦)


yuri20090618.jpg

裕理 VS 応龍
っは特に何も語ることはない。

もしましろと一緒に歩むのなら今後裕理には「タユタイと人間の共存」という
大きな課題が残されているのですが。それに関しても具体的な案もないまま
「とりあえず悪いやつだから、自分たちが被害をこうむりそうだからぶっ倒す」
という目的の下戦ってるからイマイチ盛り上がりません。
裕理には世界をどうこうさせる力も権利も無いわけで
今後どうやって共存の道を開いて行くのだろうか?



一方精神世界に逃げ込んだアメリさんをましろさんが説得し始めました。

tayutama20090619.jpg

ましろ「アメリさんが私と仲良くしてくれたらみんなと仲良くなれるのに」

アメリ「あんたと仲良くなれるわけないでしょ、
アンタは私からユウを奪ったのに!」


mashiro20090617.jpg


「私は裕理さんを取ってなんかいません」

「取ったじゃない!私はユウの嫁ですって言って。
いつもユウとべったりで」


ameri20090617.jpg

「私が裕理さんの嫁であることが裕理さんを取ったことになるんですか?」

「なるでしょそりゃ、常識的に考えて」


「だったら私が来る前にアメリさんが裕理さんの
お嫁さんになってたらよかったじゃないですか!」


「無茶言わないでよ、そんな時代じゃないんだから」

mashiro20090618.jpg

「アメリさんは裕理さんに好きだと言ったんですか?
恋人になることはできたはずですよね?

もし最初に聞いた時、「アメリさんが恋人だ」
って裕理さんが言ってたら、
私は裕理さんのことを好きにならないように努力したと思います。」



ameri20090618.jpg

「だから言ってるでしょ!
私はユウと仲良くしていればそれでよかったんだって

私は…ユウとずっと一緒にいたかっただけなのに
アンタさえ来なければずっと一緒にいられたのに!」



mashiro20090619.jpg

「でもそんな消極的では私があらわれなかったとしても
別の女性に裕理さんを取られてたかもしれないじゃないですか。」


「そのときは…」

「諦めた?
私がアメリさんだったら諦めませんよ。
好きな人にはきちんと求愛します。振り向いてもらえるまで」


ameri20090619.jpg

「そしてユウを手に入れたんでしょう、良かったわね!
だから私のことは放っておいてよ!
ユウと楽しく生きていけばいいじゃない!」


「アメリさんは本当の気持ち裕理さんに伝えなくていいんですか?
それに私は裕理さんが好きですが、アメリさんも好きですから」



何でこの人、こう上から目線なの?
かなり偏見が入っていますが彼女の言い分を聞いていますと
「私が来る前にあなたが裕理さんをゲットしてなかったのが悪い」
「あなたは私が嫌いですか、でも私はあなたが好きです。だからお友達になりましょう」
「私なら好きな人にきちんと好きというからあなたも言うべきだ」

という風にしか聞こえなかった

ましろさん…誰もがあなたのようにストレートな求愛をできるわけじゃないんですよ
むしろできる方が少数派だ。
それに最初から「大好き大好き」って言ってたらゲームが成り立たねぇよ
特に"幼馴染"って奴がその上のステップに踏み出す
ってのはものすごく難しいことなんですよ
それは日本の漫画の歴史が物語っています。


ameri20090620.jpg

「ユウはね…あんたのことが好きなの。
アイツが何を考えてるかなんてお見通しなんだから
幼馴染をなめないでよね


えぇぇぇぇぇえ
なんであれで納得しちゃうの!?

あの時の悔しさや憎悪はどこに行った?
なんか逆切れしたましろさんに一方的に説教を受けてアメリさんが折れたみたいな感じがするぞ。
ああなるほど…舌戦ですねわかります。
相手に有無を言わせぬ台詞の連続で屈服させる上条さんの得意技です。

てかアメリさんは「裕理はましろのことが好き」と言っていますが
野郎はこの期に及んで「みんな仲良く」と言ってるんだぞ

幼馴染だからって何でもわかるわけではない

先週の裕理にもそんなことを言いましたが
今週はアメリさんに捧げよう。ある意味似たものカップルだよあんた等
ここにきて裕理の気持ちをハッキリさせなかったのが裏目に出ましたね。


tayutama20090620.jpg

そして握手を交わすアメリとましろ…
もう彼女の狂気はここまでか…
てかアレぐらいの説得で元に戻る程度の狂気だったのか?
どうやら俺はアメリさんを過大評価しすぎていたようです。

まぁアメリさんはここまで良く頑張った方だよ
ヒロインが死んだり、主人公が死んだりするなんて
そう簡単にあるわけがありません。あんな悲劇一度で十分です。
でも彼女がいたからこそ俺もここまで
この作品を見てられたと言っても過言ではないですから
アメリさんには本当によくここまで頑張ったと言っておこう。

yuri20090619.jpg

最後は裕理がスーパーなんちゃらになって終了
来週はきっとヒロインそっちのけで
応龍と裕理の壮絶な殴り合いをするんだろうな
ナレーションは親父で



fc2index.jpg

ましろさんファンの皆さんスマヌ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

せーにんさんこんばんわ。
私もアメリを応援していて、今回の感想もせーにんさんとほとんど同じですが、私は最後まであきらめませんよ!!(笑) もし、このままアメリ放置でましろとくっついたら俺は…僕は…私は… って感じになりますよ…。なにより幼馴染全否定とは…。

Re: タイトルなし

>アッキーさん
コメントどーも

ちなみに来週の予想としては
・無難にましろエンド
・ましろが消滅してアメリエンド
・「俺たちの戦いはまだまだ続くぜ」みたいな三角関係エンド

のどれかだと思う。
ただ幼馴染はメインヒロイン以外だと結ばれないっていうジンクスがあるから
ましろ消滅→結局帰ってきてましろエンドもあり得るかも知れない

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1235-74e26720

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」 とりあえず鵺と鳳凰が無事で何よりですw 応龍との決戦の話ですが、どちらかと言えばましろとアメリの決戦のような気も(汗。ましろの話がどうも納得できない。「先に想いを伝えていれば」とか言ってましたが、そりゃ無理

タユタマ -Kiss on my Deity- #11

【決戦】 アメリお姉さんを助ける為に頑張ります! 再びアメリを利用して巨大の力を得た応龍。 その力は人間だけでは無く街全体を停止させてしまうほどだった。 膨大な神気を感知したましろと鵺・鳳凰・裕理と共に応龍の元へ向かうが・・・。 時既に遅し・・・黒ア...

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」

なんたるサブタイもやる気なし(ぉ) アメリによって、ぱわーあっぷした応龍さんのターン! 「美冬や他の人間共のことも大事なんじゃ失い...

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話

今回は、応龍に取り込まれたアメリをましろが説得するというお話。 戦闘シーンはなんだか色々安っぽかった気がしますが気にするものではなく(笑)。 とりあえずましろの言うことが色々もっともだなぁと思ったものです。 無関係な人達の周辺の時間も止まったようで、...

アニメ タユタマ 第11話 「決戦」 感想

「わたしが裕理さんの嫁であることが裕理さんを取ったことになるのですか」 「なるでしょ,そりゃ,常識的に考えて!!」 「だったらわたしが...

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話

第11話『決戦』タユタマ-Kiss on my Deity- 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・応龍戦です。

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」

「アメリさんの本当の気持ち、裕理さんに伝えなくていいんですか?」 裕理と応龍が戦いを始め、ましろがアメリを説得する話。 最後の描写...

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話 「決戦」 感想

最終回前に盛り上がるかと思ったのですが何だか微妙。

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話

「決戦」を見ました。 ましろとアメリの正妻の座を賭けた戦い!?

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話「決戦」

ゆーりしゃん:「アメリを返せ!!」 何をいまさらwww 応龍との決着戦だったけど、 裕理たちが勝つのは火を見るより明らかだったので気分的に全然盛り上がらず。 美冬とゆみなはここに来てお荷物扱い… いきなり鵺が吹っ飛ばされ、裕理とましろのW攻撃も軽...

タユタマ -Kiss on my Deity- 第11話 「決戦」

ゆみなは序盤とだいぶキャラの印象が違うような、何がきっかけでこうなったんだろう(笑) 裕理「アメリを返せ!」(キリッ お前が言うなwそも...

タユタマ ―\Kiss on my Deity- Eposode #11 「決戦」

河合アメリを助けるために一緒に闘うという小鳥遊ゆみな。しかし、助けを断る裕理。如月美冬に対しても、足手纏いだという鵺。決戦には、この二人は出番がないのですね。残念。
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード