FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2009. 09. 12

咲-saki- 第22話「約束」

包囲網

咲-Saki- 3 [DVD]咲-Saki- 3 [DVD]
(2009/09/02)
植田佳奈小清水亜美

商品詳細を見る
keita20090906.jpg

どんな女も魔眼でイチコロな京ちゃんは
今日も美女たちとキャッキャウフフしてた。
「まったく…モテすぎるってのもつらいもんだぜ」っと彼は語る

butyou20090617.jpg

「タカ坊…そういうのは夢か妄想の中だけにしておきなさい」

まぁ当然の如く夢オチだったがな
百合主体のこの手のアニメで
男女の健全な恋愛が見れると思ったら大間違いだぞバカ野郎!

takosu20090906.jpg

前回1位で1日目を制したタコスは今回も絶好調。
このまま2日目も彼女が勝利するのか?

saki20090906.jpg

っとそうは問屋がおろさなかった
なんかキョンが見たら喜びそうな髪型の新キャラによって
その道を阻まれる。どうやら前半戦で力を発揮するタコスとは逆に
後半戦から大きく力を発揮するタイプのようだ。

toka20090906.jpg

何気に善戦してるとーかさん
彼女は"画面に映ってないところでしか活躍できない呪い"
にでもかかってるんでしょうか?
まぁ確かに画面に映ると変なリアクションばかりで
負けフラグを立てるのがお約束になってますからね(副将戦、個人戦1日目)

saki20090907.jpg

また道に迷う咲さん
どうやら彼女はゾロの兄貴並の方向音痴らしい

wa20090906.jpg

個人戦で咲さんが手抜きをやってることに気づき
ブチ切れる和さん。おま…この個人戦にも魔王を召喚するつもりか!

butyou20090906.jpg

本気になった部長はメガネと桃とつるんで咲包囲網を作り上げる。
きっと彼女も内心では調子に乗りすぎてる1年に怒りを感じてたんだろうな

momo20090906.jpg

かじょの仇打ちを目論むモモ
得意のステルスモードを発動し追い上げる

果たして咲打倒なるか?
でも主人公が必殺技を封じられる
ということは新必殺技開発イベントですね、わかります。

sanyafc2.jpg

あれ?池田は?
スポンサーサイト



COMMENT▼

〉百合主体のこの手のアニメ
そういう方には大正野球娘をお勧めします。日野ちゃまがヒロインです。
百合というには微妙かもしれんけど。

〉咲さん
マジで勘弁してください。あんたが入賞しても、誰も幸せになれないんだ。みんなが幸せになれる道を探すんだ。だからてめぇのそのチートをぶち壊す。by上条さん

とーかさん、かじゅ がんばってね~

〉魔王潰し
麻雀よくわからんけど、リーシャンカイホ―とやらは全体魔法みたいな(ジゴスパークみたいな)感じだから、みんなで潰すのは基本か。

Re: タイトルなし

> 〉百合主体のこの手のアニメ
> そういう方には大正野球娘をお勧めします。日野ちゃまがヒロインです。
> 百合というには微妙かもしれんけど。

大正野球娘はいつの間にか見なくなったぜ

> 〉魔王潰し
> 麻雀よくわからんけど、リーシャンカイホ―とやらは全体魔法みたいな(ジゴスパークみたいな)感じだから、みんなで潰すのは基本か。

○○封じみたいなのはこの手の作品ではよくあること
やーでも結局新しい技とか覚えられて徒労に終わるんですけどね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1379-1a275978

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ 咲-Saki-  第22話 「約束」 感想

「わたしはこの勝負に勝つ。そして全国に行くっす。先輩と一緒に全国へ。誰もわたしを止められないっす」 俺,実はポニーテール萌えなんだ...

咲‐Saki- 第22話「約束」

「誰も、私を止められないっす!」 個人戦で咲と久達が激突する話。 今回の咲ですが…何だかフルボッコ状態にされてますね。 ま、和の言...

(アニメ感想) 咲-Saki- 第22話 「約束」

咲-Saki- 3 [DVD]クチコミを見る 個人戦2日目が始まった。 団体戦で活躍した選手が順当に上位へランキングされるなか、一人だけ聞き慣れない名前が浮かび上がる。それは、個人戦にのみ参加登録をしている平滝高校の選手だった。 やがて午前の闘いが終了し、ランキング...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード