FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2009. 09. 26

真剣で私に恋しなさい!! 感想 その1

まじこいはじめました!

って書くと、なんか 「冷やし中華はじめました」 みたいな感じでアレだけど、
やりだしたらやめられない止まらない。
何で奴が進めてくるゲームってこうも俺好みなんだろうな…

真剣で私に恋しなさい!  初回版真剣で私に恋しなさい! 初回版
(2009/08/28)
Windows

商品詳細を見る


以下ネタバレ注意? 最初「ただの声優ゲーかな~」と思ってましたが意外と話の内容もなかなか良い
というかシリアスとコメディの混ぜ合わせ加減が絶妙。
キャラクターはやたら多くて、キャラ同士の掛け合いが面白い
個人的には2-Sの井上準がお気に入り
声的な意味もありますがロリコンをフルオープンにしてるところとか素晴らしい

あとパロネタが結構多いな、前作の登場キャラもちらほら…
てかカニ(つよきす)が出てますがいいんでしょうか?きゃんでぃ的な意味で

続いて、登場キャラについて。(人数が多いので風間ファミリー限定で)

・大和
軍師っていうより策士やペテン師の肩書の方が似合ってる気がするような・・・
武力ではなくあくまで知力と人脈で実力者たちと渡り合っていく所はカッコ良いい。
それでいて結構情に流されやすく熱血バカな部分も持ち合わせてる所もGOOD
やっぱり男の子はこうでなくっちゃ。

・百代姐さん
強靭、無敵、最強、粉砕、玉砕、大喝采!なメインヒロイン
今のところ女好きなところとやたら最強なところしか目立ってないから
どうやって恋仲になるのかわからん

・ワン子
ワン子可愛いよワン子!!
良いよね~バカッ娘。バカ全開なのが愛しいぜ~

・クリス
なんだろう…この致命的に空気読めてない&常識知らずのヒロインは…
とりあえずボケキャラなのかツッコミキャラなのかわからん
思えば親父の方が強烈なキャラだった気がする

・京
最初から主人公とのフラグが立ってて強烈にアピールしてくる子
なんかOPの映像を見る限りじゃヤンデレ化しそうな予感…
そういえば彼女も俺と同じ誕生日だった
シークレットゲームの手塚さんもそうでしたからこれで2連続か…偶然にしてはすごいな

・まゆっち
まゆっちより松風の方が目立っている気が…
実は松風こそが彼女の本体で、今のまゆっちは本性を隠すために生み出した疑似人格
みたいな設定だったらどうしよう

・キャップ
風間ファミリーのリーダー、誰よりも自由に生きる男
破天荒なリーダーには強力なストッパー役がいるというお約束通り
そこらへんはちゃんと大和がカバー

・ガクト
某Key作品の筋肉をエロくしたみたいな感じの男
喋れば喋るほどボロを出してボコボコにされて場を和ませるキャラは
もはや一種のマジックとしか言いようがない。

・モロ
なんかモロを見てると5年前の自分を思い出します。
なんだこの異常なまでのシンクロ率?
メンバーに対するツッコミと種死ネタには定評がある男


そのほかにも個性豊かな2-Fのクラスメイト達や
いろんな意味でインパクトのある2-Sの人達などいます
あくまで主人公グループがメインでありますが
それ以外のキャラともちゃんと絡むのでそこがなかなか面白い

とりあえず現在箱根旅行が終わって、やっと共通部分が終わったところなので
キャラ個別の攻略についてはまた後日(やるかも)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

>井上準
なんか、一文字違いで咲のモンブチの兄貴思いだすな。

>ガクト
>喋れば喋るほどボロを出してボコボコにされて場を和ませるキャラ
それなんて、すのは(ry

Re: タイトルなし

>ストライクさん
コメントどーも

> >井上準
> なんか、一文字違いで咲のモンブチの兄貴思いだすな。

それ俺も思った

> >ガクト
> >喋れば喋るほどボロを出してボコボコにされて場を和ませるキャラ
> それなんて、すのは(ry

この手のゲームには一人は必要なキャラなんだが
今作では2,3人そういう奴がいる

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1406-fcf08b04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード