FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2009. 10. 07

それぞれの想い出たち

遅くなりましたが…

メモオフ10周年記念おめでとうございます!!

俺がメモオフシリーズに触れたのは2001年、
正確には10年付き合ってはいませんが
それでも1ファンとして10年もこのシリーズが続いたことは嬉しく思います。

なんていうか…メモオフは俺にとって「人生」でもなければ「生きがい」でもない
あえて言うなら「宿命」なんだろうね。
このシリーズを進めてくれた友達、自ら布教した弟子たちのためにも戦い続けてるんだと思う

ということで今回はメモオフ10周年記念企画第1弾
俺がメモオフシリーズにハマったきっかけでもある
『Memories Off 2nd』の特集です。

メモリーズオフ2nd(通常版)メモリーズオフ2nd(通常版)
(2008/05/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


以下、ゲーム内容に関するネタバレあり


やーというのも本来「それから」の特集をやるはずだったんですが
「それから」をやる上ではそれまでのシリーズは語っておかないといけないと思ったので
1stに関しては以前記事にしていたのでこちら

"一応"王道派ギャルゲーだった1stとはかなり方向性が違って
彼女がいる時点からゲームがスタートする「浮気ゲー」というジャンルは
当時の俺のギャルゲー価値観(好感度を上げて彼女ができたらクリアという原則)
を大きくぶち壊してくれた作品で、今でもいろんな意味でインパクトが残っています。
故にセカンドがあったからこそ今でもこのシリーズをプレイしているのだと思う。


それでは各キャラの紹介と感想だ

・伊波健

本作の主人公、優柔不断が服を着て歩いてるような奴
可愛い彼女がいるにもかかわらず他の女に手を出す天性の浮気野郎
「何でこんな優柔不断フニャチン野郎を好きになるんだか…」
っと思った人も多そうですが、デュエットで収録された
本編の前日談である「雪蛍」では恐ろしくまともでカッコいい
健ちゃんの姿も見ることができます。人って半年でここまで変われるだ…


・白河ほたる

何故か「師匠」とつけたくなる(理由は「それから」より)
本作のメインヒロイン。ちょっと・・・ていうかかなり天然ボケ
「ほたる的ギャグ」という恐ろしくつまらないオヤジギャグを連発する
"ぶかぶかのセーターを一緒に着る"という、
かなりアレなイチャイチャプレイをしてたのにもかかわらず
他のヒロインの話では彼氏の健ちゃんに完膚無きに振られる。

シナリオの方は良くも悪くも
「校庭の中心で愛を叫ぶあのシーンが印象的だった
おかげで後のシリーズでは必ずと言っていいほど話題が出て
伝説として語り継がれている。


・南 つばめ

ある日主人公の隣に越してきた臨時講師
いつもアンニュイな空気を漂わせている電波系な人
ある理由によりレモンが好き

彼女の話は暗い話が多い本作の中でも特に暗い
しかし彼女の壮絶すぎる過去を背負っていけるのは
どう考えても健じゃなくて翔太の方だろと思ってしまう。


・飛世 巴

小さな劇団で女優を目指しがんばってる役者の卵。ほたるとは親友同士。
とても明朗快活で彼女にするよりお友達でいた方が楽しそうなヒロイン

浮気三昧だったイナケンに対し
「ちゃんと彼女いるんじゃない!他の女に色目使ってる暇があったら、
あの娘に優しくしてあげたらどうなのよ!」
っとブチ切れた唯一のヒロイン。
だけど結局イナケンのモテモテオーラには勝てず
終盤ではほたるとメモオフ史上にも残る修羅場を発生させる。


・寿々奈 鷹乃

人(男)のことを虫扱いすることに定評があるヒロイン
ある理由から男性を嫌っているが決してレズビアンではない…たぶん
鷹乃は詩音系(心を閉ざしたヒロインと少しずつ仲良くなっていく)のヒロインで
恐らく序盤と終盤のギャップが一番恐ろい…今で言うとツンデレね
しかし「水泳をやってるのにその長髪はどういうことやねん」
っと思ったのは俺だけじゃないだろう。


・白河 静流

メインヒロイン白河ほたるの姉
前作に登場した霧島小夜美の親友でプロレスが好き
車に乗るとかなりのスピード狂で主に男性キャラに対してダメージを与える。
とりあえず取説を見た瞬間
「オイオイ妹から彼氏奪っちゃうのかよ姉ちゃん!」
っと考えてしまったのはいい思い出である。

この人はやっぱり小夜美さんと同じで
メインよりサブに回った方が光る人であり
事実「それから」での活躍の方が目立ってたような気がする


・相摩希

良くも悪くも「踏切」という単語が出てきてしまうヒロイン
実は彼氏持ち。過去にいたとか別れたとかじゃなく
本編開始時はバリバリ交際していたという
ギャルゲーのヒロインとしてはかなり珍しいタイプのキャラ
にも関わらずその点があまり注目されないのは
やっぱり終盤のアレが原因だろう…

「あれだけ救いのないバッドエンドが続いたんだから
きっと真のトゥルーエンドがあるに違いない」

っと思わせて出てきたのが意味不明すぎるトンデモエンド
俺は新手のスタンド使いに何かされたかと思ったよ…


・中森翔太

健の親友でサッカー部の元キャプテン
基本的にはいい奴なんだが
クィクィ星人という謎の地球外生命体の話が出てくるのがタマに傷
おそらくのんちゃんあたりの影響だと思う。
つばめルートの真の主役なのだが…報われねぇな


・稲穂信

前作から引き続き登場した唯一のキャラ。
高校を中退してフリーターになった完全無欠の大馬鹿野郎
恋愛アドバイザーとして本領を発揮し始めたのもこのころからだと思う
しかし彼自身は彼女いない歴=実年齢
なお今作では朝凪荘で暮らしていたが、インド旅行以降は日暮荘で暮らしてる
一体何があったというんだ…
そういえばカキコオロギというメモオフ史にも残る
ゲテモノメニューが登場したのも今作が初だった
(厳密には回想で1と2の間にあった出来事)


他に語るべきところがあるとすれば「音楽」ですかね。
実はシリーズを通して好きな音楽が集中してるのがこのセカンド
「With memories」はシリーズのカでも1,2を争う好きなBGMで
水樹奈々さんの歌うED曲「オルゴールとピアノと」は名曲です。

あと当時としては凄く大ボリューム(PSディスク2枚)
だったことを覚えています。ギャルゲーにディスク2枚も使った作品は
これが初めてだったと思いますから。

でも今や携帯機でプレイ可能だという…
正直言うとギャルゲーに限らず家庭用機のゲームが
携帯機で普通に遊べる時代が来たことに
最初聞いた時はカルチャーショックを受けました。

そんな様々な思い出やらトラウマやらがたくさん詰まった
メモオフセカンドですが、次回作からキャラクターデザインが
ささきむつみさんから代わり、プラットフォームもPS2に代わり
新たなメモオフシリーズが展開されました。

次回は10周年記念企画第2弾
『想い出にかわる君~Memories Off~』特集
をやるかも・・・

【関連記事】

・メモリーズオフ6 Next Relation クリア 感想

aisiafc2.jpg

以上、メモオフセカンド特集でした。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

メモオフ2は大好きな作品です。メモオフでギャルゲにはまりました。
お気に入りは鷹乃です。いいツンデレでした。
最後の公園のシーンは良かったですね。
しかし,静流さん,巴の修羅場ルートと希の踏切のインパクトが強すぎです。
メモオフの最高傑作と言われているわけがわかります。
わたしは3と4も大好きなので,是非特集をお願いします。

Re: タイトルなし

>ジュンクさん
コメントどーも

> メモオフ2は大好きな作品です。メモオフでギャルゲにはまりました。

まさかここまで長期シリーズ化するとは思いもしませんでした。
個人的に1~2までが1期シリーズ
3~5が2期シリーズ
6から3期シリーズって感じですね。

> お気に入りは鷹乃です。いいツンデレでした。
> 最後の公園のシーンは良かったですね。

母と娘の愛情は素晴らしいってことで・・・

> しかし,静流さん,巴の修羅場ルートと希の踏切のインパクトが強すぎです。
> メモオフの最高傑作と言われているわけがわかります。
> わたしは3と4も大好きなので,是非特集をお願いします。

確かにインパクトだけは無駄にでかかった。
(まぁ1も主人公の電波的な意味でインパクトはあったが・・・)

個人的にメモオフの最高傑作は「それから」なんで
いつか特集をしたい・・・できれば5まで

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1431-a706997d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード