FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2010. 03. 24

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹二響ケ」

空の音。

ということでソラノヲト最終回の感想です
今回は批判意見MAXでお送りしますのでよろしくお願いします

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/04/21)
金元寿子小林ゆう

商品詳細を見る
sora20100322.jpg

「戦争こそが文明と科学を推し進める
私は取り戻したいのだよ、かつての人類の栄光を」


テラギンガナムwww
つまり「早く戦争になーれ」ってことか(そっちはドロシーか)

sin20080704.jpg

「そんなに戦争がしたいのか、あんたたちは!」

しかし刃向う村人を皆殺しにすると思ったんだが
そこは分別をわきまえているらしく、意外と人道的だったな大佐。

sora20100323.jpg

こいつ…動くぞ!
タテミカズチ満を持して出撃
それにしてもこのマシーン、なんとなくゾイドっぽい

sora20100324.jpg

「戦争なんてくだらねぇ、私のラッパを聴けぇ!」

スーパー財全教授ターイム
しかし「これで攻撃やめるってどんだけだよ」
と思ったのは俺だけじゃないと信じてる

sora20100325.jpg

そしてやっぱり画伯が美味しいところを持っていくという…
だが政略結婚っていい意味で捕えられない日本の風潮にしては
『政略結婚エンド』に持って行ったことは褒めておこう。

sora20100326.jpg

でもなんで!?
婚約したのになんでもどってくんの?
そりゃまぁ予想してたと言えば予想してたんだが
最後のこれさえなければもうちょっと個人的評価は高かっただろう。




感想:
つまりどういうことだってばよ!?

このアニメに「戦争」というテーマを持ってきたのは
非常に失敗だったんじゃないだろうか?
「音楽で戦争を止める」というのは既にマクロスで通った道なのかも知れんが
今作はあまりにも説得力無さ過ぎてカナタがラッパを吹いてるシーンで
白けてしまったのは私だけでしょうか?
あとむやみやたらに伝承にこぎ着けたのも「なんかなぁ~」と思いました。

なによりも第1121小隊(特にフィリシア)はあれだけのことを
しておいておとがめなしってのが納得できん。

リオ先輩がどんな身内配慮をしたかどうかは知らんが
彼女らに破壊された兵器の損失、負傷した軍人のことを考えると
誰もが笑ってハッピーエンドを迎えてる状況がイマイチ理解できん。

えーとりあえず「戦争はいけないこと」ってのは解りますが
それを防ぐためだったら友軍とも戦います、
命令違反だって行います、それが私たちの正義です。
っていうことが言いたかったんだろうか?
今回は結果的に戦争は止まったが、つまり結果さえよければ過程はどうでもいいと!?

まぁこれが民間人の少女が起こしたことならまだ分かるんですが
彼女らは一応訓練を受けた軍人なんだろ?
そういった点から軍隊的な目線でしか見れなかったのが不満の原因だと思う。

それでも消化不良を起こす近年のアニメオリジナル作品にしては
非常に綺麗にまとまっていたところは評価したい。
(ホント最近はDTBなりOOなり伏線未回収で終わるからな)

今回は非常に否定的な意見ばかりで申し訳ありませんでした。
だから最後にこの言葉で〆たいと思います。

「理解はできても、納得できないこともある」


【関連記事】

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第2話「初陣・椅子ノ話」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第3話「隊ノ一日・梨旺走ル」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第4話「梅雨ノ空・玻璃ノ虹」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第5話「山踏ミ・世界ノ果テ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第6話「彼方ノ休日・髪結イ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第8話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」

・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第9話「台風一過・虚像ト実像」

・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」

・ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第11話「来訪者・燃ユル雪原」

nishinafc2.jpg
スポンサーサイト



COMMENT▼

フェリシア少尉のお咎め

毎度、TBでお世話になっています。

サテサテ
>第1121小隊(特にフィリシア)はあれだけのことを
しておいておとがめなしってのが納得できん。

との事ですが、私なりの推測を…
恐らく、中央部において反乱軍扱いにされたのが第1121小隊ではなく、
大佐のいる近衛第9独立部隊のほうだったとされたのでは?と言うことと、
フェリシアの行動が結果的に停戦に役立ったと言うことが過大に評価されたのではと判断します。その証拠にフェリシアさん、春に昇進していましたよね。リオも昇進していましたけど…。
ではでは…

Re: フェリシア少尉のお咎め

>きつねのるーと さん
コメントどーも

> サテサテ
> >第1121小隊(特にフィリシア)はあれだけのことを
> しておいておとがめなしってのが納得できん。
>
> との事ですが、私なりの推測を…
> 恐らく、中央部において反乱軍扱いにされたのが第1121小隊ではなく、
> 大佐のいる近衛第9独立部隊のほうだったとされたのでは?と言うことと、
> フェリシアの行動が結果的に停戦に役立ったと言うことが過大に評価されたのではと判断します。その証拠にフェリシアさん、春に昇進していましたよね。リオも昇進していましたけど…。
> ではでは…

なるほど。
確かにあのおっさんの行動は独断でやったみたいな感じはしたが…
それでも捕虜を引き渡さなかったり(軍に対し虚偽の報告をした)
上官を拘束し、威嚇とはいえ味方に発砲してますけど
それも「結果的に停戦に役立った」というのならもはや何も言うまい…

まぁ革命の英雄なんかも、普通に考えりゃ反逆者ですから
大義など直ぐに逆転するものなんでしょうね。

しかしそうなるとあの大佐さんがどうなったかが気になる
独断で戦争を煽ろうとしたのですから
下手すりゃ銃殺刑、良くて更迭されたんじゃないだろうか?

最後にクレハ株上がりました。

>アメグレ効果?
この世界に置いては、この曲はそれだけ影響力のある物って事ですかね。ローマ国にも知れ渡ってるくらいだし。

>タケミカヅチパネェ!
もう出番ないと思っていただけに、最後に出撃して良かった~。量産型のとはいえ、零距離射撃にも堪える装甲とか強すぎるだろ!

>別居婚か?
結婚と言っても形式上(書面上)のもので、リオはもちろん相手も乗り気だった訳ではないかもしれない…と好意的に考察してみる。

>和平条約
本来はイリアとの婚約で、リオはその代わりだったのかも。それでリオは気持ちの整理が着かず、今まで保留してたと。でもそうなると、リオが即決してたらもっと早く停戦してたんじゃ…。

Re: 最後にクレハ株上がりました。

>ルエリアさん
コメントどーも

> >アメグレ効果?
> この世界に置いては、この曲はそれだけ影響力のある物って事ですかね。ローマ国にも知れ渡ってるくらいだし。

マクロスにおける「愛おぼえてますか」みたいな存在なんだろうか?

> >タケミカヅチパネェ!
> もう出番ないと思っていただけに、最後に出撃して良かった~。量産型のとはいえ、零距離射撃にも堪える装甲とか強すぎるだろ!

古今到来日本のアニメにおけるオーバーテクノロジー
もしくはロストテクノロジー兵器の性能は化物

> >別居婚か?
> 結婚と言っても形式上(書面上)のもので、リオはもちろん相手も乗り気だった訳ではないかもしれない…と好意的に考察してみる。

とりあえずローマの王さんはすごくいい人そうだ

> >和平条約
> 本来はイリアとの婚約で、リオはその代わりだったのかも。それでリオは気持ちの整理が着かず、今まで保留してたと。でもそうなると、リオが即決してたらもっと早く停戦してたんじゃ…。

それは言わないお約束

No title

 F以外のマクロスの「歌で解決」というのが納得できなかった身としては、“ソラノヲト”のみんなが知っている曲で戦いを停めるというのは分かり易くて好きですね。視聴者全てに納得させられたかはともかく。
 音楽は好き嫌いがあると思うので、全く違うアイデンティティーを持っている民族の好みが合う方が変かなと。

 ローマ皇帝、ずっと老人か中年かと思っていましたが、もしかしたら以外と若いのかもと思えてきました。それも、代が変わったばかりの少年皇帝でとかだったりすると面白いかもしれません。
 ローマ側のシーンもあった方が唐突感は減ったでしょうね。

 ともあれ、全体的には悪くなかった作品だったと思います。

Re: No title

>いおりさん
コメントどーも

>  F以外のマクロスの「歌で解決」というのが納得できなかった身としては、“ソラノヲト”のみんなが知っている曲で戦いを停めるというのは分かり易くて好きですね。視聴者全てに納得させられたかはともかく。
>  音楽は好き嫌いがあると思うので、全く違うアイデンティティーを持っている民族の好みが合う方が変かなと。

初代マクロス=なんかプロトカルチャーの遺伝がどうとかで効果があった
マクロス7=アニマスピリチアという力で敵の力が弱まる
といった理由です

>  ローマ皇帝、ずっと老人か中年かと思っていましたが、もしかしたら以外と若いのかもと思えてきました。それも、代が変わったばかりの少年皇帝でとかだったりすると面白いかもしれません。
>  ローマ側のシーンもあった方が唐突感は減ったでしょうね。

確かに、あそこまで英断をしたローマ皇帝というのも気になります

>  ともあれ、全体的には悪くなかった作品だったと思います。

まぁ俺も最終回はボロクソ言ったけど最後まで見ましたからね
個人的にあのリュック回とワイン回は好き

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/1712-a3a38fcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」 感想

敵国の兵士を匿ったことで、反逆の罪に問われたカナタたち。 しかしそれでもカナタたちは、自分たちが正しいと信じる道へと進みます。 両...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」

あいじょ~♪ゆ~じょ~♪がないと物足りないなw最終回は予想してた中で一番無難なまとめ方で終わったなという感じかな。うん、とんだ茶番劇でした(ノ∀`)タケミカヅチの動ききめ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」

アイシャを開戦の理由に使おうというホプキンズ大佐の陰謀。 フィリシアたちはアイシャを庇い、反逆する形になるが…。 ホプキンズに逃げら...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹ニ響ケ」 (最終回)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る 最初は「けいおん」にキャラデザインが似たアニメだ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十二話

「蒼穹ニ響ケ」 最終回、…でしたが、なんか微妙な気持ちになりました(;;;´Д`) 予定調和的な意味できれいにまとまった印象が強いのですが...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」 (最終話)

ソラノヲトは響き,心に伝わる……

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹ニ響ケ」(最終回)

最後は予想通りといいますか、ちと強引だったかな。 停戦になんないとリオが出ていった意味がないし、どうそこまで持っていくかが最終回のポイントだったような。 それにしてもアイシャちゃんは撃たれ損だよなあ… ラス前で表に出てきた大佐だったけど、彼を1話から

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹ニ響ケ」

「炎の乙女は命を守る――」 開戦阻止の為、空に響く音…!! タケミカヅチで前線へと向かうカナタ達!    【第12話・最終話あらすじ】 ...

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』第12話 感想

いい最終回だったと思います 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』第12話(最終話) 「蒼穹ニ響ケ」 感想(ネタバレ含む)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第12話(最終回) 感想「蒼穹ニ響ケ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、ローマとの戦争を積極的に推し進めるポプキンズ大佐にフィリシアは叛旗を翻します。砦での乙女が大佐を拘束して立てこもっていますが、大佐は隙を見て脱出します。ノエルにはフェルベチアの魔女の異名もありますが、天才少女時代に大佐に利用さ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 最終回「蒼穹ニ響ケ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 乙女ノ五重奏(限定版) 特典 空ニ響ク角笛ノ五重奏CD付き ついに、最終回! 前回、敵国の少女を匿った為に大ピンチに陥った...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード