fc2ブログ

レッツゴー仮面ライダー 見てきました。

単なるお祭り映画と思いきや…
意外と収穫が多かった作品でした。

『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とライダー40年の歩み40YEARS CHRONICLE『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とライダー40年の歩み40YEARS CHRONICLE
(2011/04/02)
不明

商品詳細を見る


それでは以下感想(ネタバレ有)
『仮面ライダーは正義の味方』
そんな当たり前のことを再確認できた映画でした。

中盤はかなり昭和臭いノリだったけど、
あのピンチからの逆転劇は見てて熱くなった。
やっぱりピンチの時にヒーローが駆けつけてくれるっていうのは
子供の憧れだし、"夢"だよなー

特にピンチに陥った仮面ライダーを守ったのは
それまで彼らに"守られる側"だった普通の人たちだった。
っていう流れは良かったですね。

以下ライダーについてつらづらと


・1号&2号

流石初代仮面ライダーだけあってかなり出番と立ち位置が優遇されていた。
声も本人(藤岡さんと佐々木さん)
活躍するシーンで主題歌が流れたシーンは「おお!」ってなった。
洗脳されたバージョンは実際脳改造を受けてたら
こうだったんだろうな…ていうIFの可能性を感じられた。
ダブルライダーキックでショッカーグリードを倒すなど戦闘面でも大活躍で
最後まであきらめず、何度でも蘇り悪と戦うその姿は
まさにヒーローとしての姿を体現したものだった。


・オーズ

現放送中のライダーゆえに出番が多かったが
コンボの活躍がイマイチだった…
ラトラータとタジャドル使ったんだけど
前者は逃走用、後者は救出用にしか使われなかったのが残念。
むしろタトバコンボの方が大活躍だったのには驚いた
タカのサーチ能力、バッタの跳躍力、そしてトラクロー(笑)
を駆使してブラック将軍を撃破したシーンは熱かった。
おそらく本編含めて一番タトバがカッコよく見えたシーンだろう。
この映画オリジナルの形態「タマシーコンボ」
必殺技(かめはめ破)撃つだけの簡単なお仕事しかしていないが
まぁ尺的に仕方なかったんだろうね。

ドラマ面でもエイジはショッカーによって支配された世界で
正義を信じることのできない子供たちに、
身をもって正義の味方の姿を示したシーンが凄くカッコよかった。
ヒーローは「格好いいから正義の味方」なんじゃない、
「正義の味方だから格好いい」んだ。

逆にアンクは完全にお荷物と言うか…
今回の事件の原因完全にこいつだからな。流石にオイオイってなったよ。


・電王

…と言っても活躍するのはほとんどNew電王という感じ。
幸太朗とテディは昨年専用映画を貰った上に今回でも大活躍だった。
イマジンズはモモ以外はメダルを破壊するだけの簡単なお仕事しか
していない気がするが…まぁいいか出番あっただけでも。

上記でも語ったがモモとアンクの絡みは面白かった。
ていうかモモがアンクに合わせて右手だけになったシーンは思わず吹きかけたよww
ただ、「なんでパス持ってんのなら最初から電王にならなかったんだ?」
って言うツッコミがあったがまぁいいか。


・翔太郎&フィリップ

出てきて変身するだけの簡単なお仕事でしたが、
「風麺」が出てきたり二人がそろい踏みするシーンは
やっぱり1年以上Wを見てきた身としては鳥肌が立つ。
ただ変身した後に「お前の罪を数えろ」は言ってほしかったな…


・石ノ森作品4大ヒーローの方たち

出てきていきなり必殺技ぶちかまして出番終了
という微妙な扱い…まぁサプライズゲスト的な意味で呼ばれたんだろうね。
仮面ライダー、キカイダー、ズバット、イナズマンがそろってる所を見ると
『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』を思い出します。
あのゲームは面白かった。


まとめ:
細かい所にツッコミを入れいたらキリがないけど、
個人的には満足できた映画だった。
ラストに思わぬサプライズもありましたし。

なにはともあれ…
人々の想いがある限り、正義を信じる心がある限り、
仮面ライダーは何度でも蘇る!
誰かを助けるために。誰かを導くために。
仮面ライダーは何度でも伝説を塗り替えるものだから。


40周年記念映画楽しかったです。

b_03.gif


"ヒーロー"としての仮面ライダーを十分に堪能できる映画です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
電王ファンですが、この映画にはずっとイライラさせられました。

電王の特殊設定がご都合主義に利用されてる事に。

むしろ今回の映画は電王よりディケイドの方がよかったのではないかと………
2011/04/09(土) 15:15 | URL | メガセリオン #PY9qpgMQ[ コメントの編集]
オールライダー暴走族
岩石首領に大攻勢をかけるシーンがどう見ても

「暴走族の集会」

にしか見えませんでした(笑)

その中での ライドロン の存在感はハンパ無かったです!
RX好きの自分としては嬉しかったですが
アクロバッターの事も思い出してあげてください^^;

ああ、無印でバトルホッパーがいてるからかな?

そして、あの後ろをダッシュで追いかけているであろう
ディエンドさんのことを想像して
心の中で大爆笑してました(^W^)
2011/04/09(土) 20:19 | URL | べし #RG4su4aY[ コメントの編集]
No title
凄い映画でしたよねw

最後のシーンは響鬼さん何に乗ってたんだろう……
2011/04/09(土) 21:29 | URL | デウス #Tj1r2rQU[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
>メガセリオン さん
コメントどーも

> 電王ファンですが、この映画にはずっとイライラさせられました。
> 電王の特殊設定がご都合主義に利用されてる事に。

電王の設定云々はTV放送から間が空いてて
なおかつお祭り作品特有の「なんでもあり」な空気でしたので特に気にならなかったです。
何よりメインの視聴層(子どもたち)からすれば多くの仮面ライダーが登場して
活躍するってだけでも満足ですからこれでいいのでは。っと思う。

> むしろ今回の映画は電王よりディケイドの方がよかったのではないかと………

ディケイドは一応明確なクライマックスを描いたので
これ以上物語を続けるってのがNGだったんじゃないでしょうか?
というか出たら出たで「おいおいまたかよ」ってなりそうですしね
2011/04/10(日) 00:13 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: オールライダー暴走族
>べしさん
コメントどーも

> 岩石首領に大攻勢をかけるシーンがどう見ても
> 「暴走族の集会」
> にしか見えませんでした(笑)

世間様よ…バイク乗ってるだけで暴走族扱いはやめてくれ

> その中での ライドロン の存在感はハンパ無かったです!
> RX好きの自分としては嬉しかったですが
> アクロバッターの事も思い出してあげてください^^;
> ああ、無印でバトルホッパーがいてるからかな?

あの一瞬で確認できませんでしたが、
ブラックの方は「ロードセクター」というもう一つのバイクが存在します。
もしかしたらそっちの可能性もあったかも

> そして、あの後ろをダッシュで追いかけているであろう
> ディエンドさんのことを想像して
> 心の中で大爆笑してました(^W^)

バイクはカードで出しそう…
2011/04/10(日) 00:16 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>デウス さん
コメントどーも

> 凄い映画でしたよねw
> 最後のシーンは響鬼さん何に乗ってたんだろう……

響鬼さんも中盤以降はちゃんとバイク乗ってましたから。大丈夫でしょう
2011/04/10(日) 00:17 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
今回のオールライダーは滾る描写が多くて非常に良かったです!
顔見世程度ですけどサブライダーも登場したりラスボスが岩石大首領だったりとオールライダー対大ショッカーの時に見たかったものが見れて嬉しかったです。

しかし個人的には「仮面ライダーは正義の味方」というテーマはディケイドの時は使えなかったと思います。
なんせディケイドの世界の仮面ライダー達は一方的に世界の破壊者として攻撃して、しかもその真意が『ディケイドを生贄にしてライダーの世界を永遠に存続させる』という正義の味方には程遠い存在ですので・・・(ディケイドは大好きですけど)。
オールライダー系の映画では始めてディケイドの枷に当てはまらないこの映画は気兼ねなく「仮面ライダーは正義の味方」というテーマを使ってますが・・・・・これは最高にうまく扱っていたと思います。
過去から仮面ライダーは正義の味方というメッセ―ジを受け取るシーンや人々の声援とともに仮面ライダー達が登場するシーンは今までのライダー映画で一番心躍りました。
特に人々の前でオーズが変身するときはまさにヒーロー!という感じがしてよかったです。というかこのときのタトバソングは非常に心強く感じました。

現行のオーズのパラレルなストーリーになりそうですが、ぶっちゃけパラレルの方がいいと思います。
なんせショッカー(というか大首領)との完全決着が着いてるように見えてオーズ本編に続くより仮面ライダーの話としてこれで完結してても無問題と思います。

とにかく今までの仮面ライダーの映画で一番良かった映画でした!
以上です。
2011/04/10(日) 22:42 | URL | ウィオラーケウム #4E/hvK92[ コメントの編集]
Re: No title
>ウィオラーケウム さん
コメントどーも

> 今回のオールライダーは滾る描写が多くて非常に良かったです!
> 顔見世程度ですけどサブライダーも登場したりラスボスが岩石大首領だったりとオールライダー対大ショッカーの時に見たかったものが見れて嬉しかったです。

今度はオールサブライダー大戦を作ってほしいぜ

> しかし個人的には「仮面ライダーは正義の味方」というテーマはディケイドの時は使えなかったと思います。
> なんせディケイドの世界の仮面ライダー達は一方的に世界の破壊者として攻撃して、しかもその真意が『ディケイドを生贄にしてライダーの世界を永遠に存続させる』という正義の味方には程遠い存在ですので・・・(ディケイドは大好きですけど)。

まぁ確かにね…ディケイドはどっちかっていうと悪役っぽかったし

> オールライダー系の映画では始めてディケイドの枷に当てはまらないこの映画は気兼ねなく「仮面ライダーは正義の味方」というテーマを使ってますが・・・・・これは最高にうまく扱っていたと思います。
> 過去から仮面ライダーは正義の味方というメッセ―ジを受け取るシーンや人々の声援とともに仮面ライダー達が登場するシーンは今までのライダー映画で一番心躍りました。

劇場版Wで王道路線が受けたからその路線になったんだろうな。
ウルトラマンとかだと良くあるけど仮面ライダーはなかなかないですからね

> 特に人々の前でオーズが変身するときはまさにヒーロー!という感じがしてよかったです。というかこのときのタトバソングは非常に心強く感じました。

本編では微妙な扱いですけど、この映画のタトバはマジでカッコよかった。

> 現行のオーズのパラレルなストーリーになりそうですが、ぶっちゃけパラレルの方がいいと思います。
> なんせショッカー(というか大首領)との完全決着が着いてるように見えてオーズ本編に続くより仮面ライダーの話としてこれで完結してても無問題と思います。

確かにどう考えてもパラレルだよな…
そもそも劇場版自体パラレル設定が多いし
(本編と絡んだのは電王とWくらいか?)
2011/04/11(月) 07:51 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度15周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ