FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2007. 11. 01

Myself;Yourself 第5話「咲かない桜」

桜の木の下には死体が埋まっている…とよく言われますが…
それにしても菜々香にしろ佐菜にしろこの物語
全員がトラウマ抱えてるような気がしてきた。
(あおいちゃんはない気もするが)

Myself ; Yourself Vol.1 Myself ; Yourself Vol.1
Qzo (2007/12/21)
Happinet(SB)(D)

この商品の詳細を見る
八代神社で10年ぶりに行われる桜の舞
それをやることになった菜々香は…
今回のMVPは狸


・星野
お前絶対わざとやってるだろ?
といわんばかりに相変わらずこいつとのエンカウント率は異常
でも前回はロリ相手に発動しなかった件からロリとは相性が
悪いと思われる。それにしてもあの余裕の笑みは…
みんなと一緒に神社に行かなかったのはやっぱり
菜々香が嫌いだからか?


・菜々香
前回一言も喋ってないだけあって今回は活躍するが
どうしてこの子はこうもタイミングが悪いんだ?
星野と佐菜が一勝にいるところを目撃したり
イエティの人形を雛子に奪われたり
佐菜といいムードの時またしてもロリに邪魔されたり…
また舞の時篝火じゃなくてライトを使用したこと
ヴァイオリンを弾かなかったこと、両親がいないこと
もしかして彼女は火事で両親とヴァイオリンを失ったことがあるんじゃ…
それがOPのあの映像に繋がるとか…
しかしあさみや雛子に嫉妬する姿、特に口の辺りが可愛いなこの子は~
すっかりもうデレデレじゃないですかこの娘!
一話のビンタとツンツンッぷりが嘘みたいですねまるで。
まぁ元々佐菜のことは子供の頃から好きだったみたいだし~
いいんじゃないでしょうか。菜々香かぁいいよ!菜々香!


・佐菜
今回も地雷原を行きながらもフラグを回収する男
だけど周りの連中が説明しないのも悪い気がするが…
格ゲーで爺さんと張り合ったり射的でイエティを落としたり
この男はゲームに関しては最強設定でもあるんでしょうか?


前回の予告は完全にネタだと思ってたが
ラストのあのシーンは…ぬこ死んだか?
そういえばあのおばあちゃん手が泥だらけだったとか…
もしかしていなくなった文鳥は婆ちゃんが埋めたとか…
何このホラー?
これで今後補足がなかったらマジでホラー…


次回は兄弟がついに犯罪行為を
7610010.jpg

こっからはR指定だぜ!
「ロリ同棲、持て余してる男子に、超ピンチ」をお送りします(嘘
王道ラブコメ?なにそれ美味しいの?


b_03.gif


関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/288-2420ce4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) Myself;Yourself 第5話 「咲かない桜」

Myself ; Yourself Vol.1菜々香は八代神社のお祭りで奉納する『桜の舞』の練習に日々励んでいた。そんな中、偶然にも佐菜とあさみは一緒に買い物をすることに。あさみが老人ホームにボランティアで行っている事を知った佐菜は、菜々香を老人ホームへ一緒に行こうと誘う。...

Myself;Yourself 第5話感想

Myself;Yourself(マイセルフ ユアセルフ) 第5話感想いきます。

Myself ; Yourself 第5話 「咲かない桜」

八代神社の叔父の家に住む菜々香は、祭りで奉納する『桜の舞』を舞うことに。佐菜とあさみが老人ホームにボランティアに行くのに誘われ菜々香も行くが…。そこで孫を無くしたおばあさんに会い、菜々香は孫と間違われる。孫も弾

Myself;Yourself 第5話

今回は菜々香が祭りで桜の舞を奉納するお話でした。何やら菜々香にも過去のトラウマらしきもの、これは思いのほか重くなってきそうだことで。そして締めの梶井おばあさんのシーンはなにやら怖すぎました。菜々香は一人で部屋で何やら練習中。祭りで舞を奉納すると....
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード