FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2012. 07. 16

劇場版魔法少女リリカルなのは The MOVEI 2nd A's 感想

ドライブ・イグニッション!
ということで見てきましたなのは劇場版第2期
しかし映画予告でプリキュア→まどか
っていう流れは吹いた。予告の次点で死亡するマミさんぇ…

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's Original Soundtrack魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's Original Soundtrack
(2012/07/14)
サントラ

商品詳細を見る

基本的にはアニメ第2期A'sの話で多少変更点がありましたが、
八神家(ヴォルケンリッター)をメインにして上手くまとまっていました。
全体的にシリアスでA'sのいいシーンばかりを抽出しているから
中盤から後半にかけては感動のシーン連発で泣けてきた。

ただ2時間30分という上映時間は長い
エピローグで30分以上使うとか…
もうちょっと上手くまとめられなかったんだろうか?


・高町なのは

主人公だけど戦闘以外ではほとんど空気
という扱いだった高町さん。
かわりに元々凄かったゲボ子との戦いや
リィンフォースとの一騎打ちはさらに迫力がパワーアップ
特にエクエリオンバスターACSのシーンがガチでカッコよかった。
「対話しようよ」とか言いながらバスターをぶっぱなす
高町式会話術も相変わらずだった。

レイジングハートは劇場版第1弾でTV版から超変化してしまったため
エクセリオンになってもあんまり変化してしまった印象。
「悪魔め」→「悪魔でいいよ」は今見ると笑いしかこみ上げてこない
バインド→ディバインの鬼コンボは見てて戦慄したよ


・フェイト

劇場版では初登場が高町さんとの再会シーンとなっており
尺の都合でカットされると思ってた
アリシアとのイベントはほぼノーカットという優遇っぷり。
バルディッシュ・アサルトはあまり変わってないように見えたが
ザンバーフォームのときのマントが白なのは
騎士っぽくてカッコイイと思った。

どうでもいいが高町さんとの特訓シーンが
とても小学3年生がやるような特訓じゃなかった件
まぁ高町さんのご実家は暗殺家業やってますから
アレぐらい普通なんだろうね


・八神はやて

今作の真の主人公。
SSでの不遇っぷりが嘘のように泣いて笑って叫んで大活躍
ある意味この映画は彼女のためにあったとも言える。
おまけに変身バンク(ていうかユニゾンバンク)もある

アニメ版と違ってグレバム提督がいないので
両親の遺産で暮らしてる設定となっており
覚醒したのも自分の部屋ではなく車に轢かれそうになったときに変更
初代リィンとの絡みが増えた以外はほぼアニメ版のまま。
(流石にダーク高町さんとダークフェイトさんのシーンは
彼女らの印象が悪くなるのでカットされましたが)


・ヴォルケンリッター

ゲボ子で泣いた。
え、え?ゲボ子ってあんな可愛かったっけ?
ボロボロになりながらはやてのために戦うシーンは泣けた。
中盤以降はほぼ八神家がメインだったため
ある意味主役の高町さんよりこっちに感情移入した人は多そうだ。
ヴォルケンリッターが騎士の誇りですら捨てて
はやてのために戦いを決意するシーンは今でも好きです。

ヴォルケンの戦闘力は劇場版の迫力も合わさって
アニメ版より強く感じました。
(仮面の男抜きでパワーアップ前の高町さんたちを圧倒してましたし)


・クロノ

劇場版ではグレバム提督とリーゼ姉妹がいないため空気
…ではなかっただと!
父親関係の話で出番あったりしたし、
母親のリンディさんもアニメ版より出番増えていました。

おまけにスーパーフルボッコタイムの時
デュランダルがリフレクタービットを展開するなどパワーアップ。
前作の汚名を返上しスーパークロノタイム復活でした。
(まぁ威力凄すぎて自分も凍ってたのはクロノくんらしいけどね)


・ユーノ

最初から無限書庫にこもっているため
なんとフェレットモードが一度も出ていないという
公式からいらん子扱いされたユーノ
そりゃ女の子同士の百合…じゃなかった友情やら家族の愛やらが
メインになっていますから仕方ないっちゃ仕方ないのだが…

終盤のスーパーフルボッコタイムでは一応それなりに活躍
そういえばフェイトと高町さんとの合体技「ブラストカラミティ」は
漫画版が出身でしたよね?


・リィンフォース

おそらく今回の劇場版で一番優遇されたキャラ
アニメ版では終盤まで出番の無かった初代リィンですが
映画版では序盤、中盤から出番があり、彼女との別れのシーンは
アニメ版のそれよりも感動できるものとなっていた。

戦闘では明らかにアニメ版よりパワーアップした
フェイトと高町さんを相手に圧倒するなど
"なのはシリーズ最強の敵"の座は揺るがなかった。
おまけに杭打ち(パイルバンカー)まで装備だと…
しかしナハトでダークカラーで杭打ち(パイルバンカー)とは…
相変わらずなのはスタッフはスパロボ大好きだよな。

アニメ版では最終回のエピローグでしか出番の無かった
リィンフォースⅡも物語の最初と最後を閉めるという
大役を担っていました。

しかしラストシーンの小学5年生状態で
もう一本アニメか映画作ってくれないかと思ったのは
俺だけだろうか?まったく…二次性徴って最高だな


見てて思ったがA'sって名シーンや名台詞多いよなー
魔法少女物から熱血魔法バトル物に路線変更した作品でしたが
バトルしてたのは主に高町さんで。
自分の欲しかったものに気付いて現実を生きることを選ぶフェイトや
痛みと苦しみに耐えながらヴォルケンリッターとの生活を望みはやてなど
女の子が強く生きる「魔法少女」ものとしての一面も残っています。

ストライカーズは映画化するのなら
2部構成で新人フォワードメインでやってほしいな。

【関連記事】

・劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 感想

fateFC2.jpg

笑顔でいます。元気です。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

>なのはとフェイトの特訓
あれは元から備わってる体術なのか
上条さん「普通にボコられそう…」

>フェイトの夢
アリシア「優しかったから壊れたんだ」→「一生懸命すぎたんだ」と少しマイルドになってたのが気になった

>凍りづけクロノくん
自分も凍ってたのは笑った

>リィンフォース
・ナハトヴァールが悪役をしてくれたのでヴォルケンリッターともども同情意識が強まりました

・パイルバンカー
アルトアイゼンナハト「…」

>ラスト
中学生編とはなんだったのか

>映画STS
・2部構成
やはりそう思います。濃さ的に。

・ボス
前回と今回と違って同情できないゲスですけどどう魅せるのか

・グレアム提督同様オミットされちゃう人がナンバーズあたりから出るんじゃないか?

Re: タイトルなし

>ストライクさんn
コメントどーも

> >なのはとフェイトの特訓
> あれは元から備わってる体術なのか
> 上条さん「普通にボコられそう…」

兄と姉は銃器を持ったプロの軍隊相手に近接武器のみで勝てる化け物

> >フェイトの夢
> アリシア「優しかったから壊れたんだ」→「一生懸命すぎたんだ」と少しマイルドになってたのが気になった

しかしアリシアの声最初、水樹さんとは思えなかった

> >凍りづけクロノくん
> 自分も凍ってたのは笑った

クロノ(やっべwww威力高すぎて僕も氷付けワロタ)

きっと初めて使うから出力分からなかったんだろうね

> >リィンフォース
> ・ナハトヴァールが悪役をしてくれたのでヴォルケンリッターともども同情意識が強まりました

ナハトさんが全部引き受けてくれましたからね…

> ・パイルバンカー
> アルトアイゼンナハト「…」

グラーフ『アイゼン』だったりシュトローム『ファルケン』だったり
ヴォルケンリッターのスパロボっぷりは異常!

> >ラスト
> 中学生編とはなんだったのか

中学生なんてババァです。

> >映画STS
> ・2部構成
> やはりそう思います。濃さ的に。

しかし切るとしたら何処で切るんだろう?

> ・ボス
> 前回と今回と違って同情できないゲスですけどどう魅せるのか

もうスカルエッティーさんは最初から最後まで外道でいいよ
むしろゼストの旦那やルーテシアにフォローお願いします。

> ・グレアム提督同様オミットされちゃう人がナンバーズあたりから出るんじゃないか?

前半の無駄な特訓シーンを抜かすといい
まぁティアナがお説教受けて魔王光臨するシーンは見てみたいが(ぇ

明後日見に行く予定です。
グレアム達がなかったことにされただと……! 管理局に都合が悪いから隠蔽されたのか(違う)
スカさんは劇場版ミュウツーの様に人間への復讐に燃える悲劇のクローンにすれば格好良くなる。

初日で……

実は昨日朝イチで観賞したのですがパンフレットも含めてグッツソールドアウト、しかも入荷日未定……私パンフだけは買うのですがこんな事は一度も無かったですよ。

(因みに福岡で見ました)


目を廻すキャラは……

ヤバいアイテムと縁がある……『DOGDAYS’』のレベッカもそうなっていたしよもやと思ってましたが……。初めはあのシーンは無しかと思ってましたがちゃんといれてました。

はやて「とりあえず様子見……ヤバいと思ったら介入や」
なのは「軽く模擬戦モードのエクセリオンで……」
フェイト「所で才能あったら育てる気?」
なのは「もちろん♪」


アレが無かった?

シャマルさんの代名詞“リンカーコア抜き”はミットチルダ映倫により削除?

なのは「きっと、ヴィヴィオやアインハルトがマネするから……アレ時々夢見るんだ」
シャマル「……モンクアリマセン」


砲撃魔法以外にもイケるなのはさん(マテ)

幾ら足を洗ったとはいえお礼参りが良く起こる業界ですから……少しは教えたのでしょうね。

惜しいのが戦興業の姫様からの召喚が無かった点かもしれません、レイジングバードが一人占め(笑)


夜天の書

ここはIFシナリオ発動ならず……それにしても早めに自己防衛システムが発動してしまったのは何故でしょうね?


シグナム「やはりあのキュウべぇとやらの魔力か?」
ヴィーダ「いいや、あのイリア、クロ、美遊って言う魔導士じゃないの……セイバーとかアサジンとか分捕っていたし」
シャマル「どちらにしろ過ぎ去った事ね……やはり芙蓉のあの魔女を後回しにしたのは痛かったわ」

はやて「イロイロトマテヤ……アンタラアンナバケモノとヤリアッテイタノカ?」


完全新作の予感?

中学生辺りとか描かれてないからいっそのことフロニャルドを舞台にするとか……まああり得ない話でもないですが。


白い悪魔

悲しげな表情を見せたなのは……。

なのは「思えばこの表情をすれば良かったと思う」
はやて「大丈夫や、リインⅡには美化してツタエテアルデ」

Re: タイトルなし

>ぽぽまるさん
コメントどーも

> 明後日見に行く予定です。
> グレアム達がなかったことにされただと……! 管理局に都合が悪いから隠蔽されたのか(違う)
> スカさんは劇場版ミュウツーの様に人間への復讐に燃える悲劇のクローンにすれば格好良くなる。

スカさんは顔芸ホームランバットのネタキャラだしなー
今更シリアスキャラにされても

Re: タイトルなし

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> 目を廻すキャラは……
> ヤバいアイテムと縁がある……『DOGDAYS’』のレベッカもそうなっていたしよもやと思ってましたが……。初めはあのシーンは無しかと思ってましたがちゃんといれてました。

変身バンクが5分以上もあるとは思わなかった。

> アレが無かった?
> シャマルさんの代名詞“リンカーコア抜き”はミットチルダ映倫により削除?

スターライトブレイカーも一発しか使わなかったしな

> 砲撃魔法以外にもイケるなのはさん(マテ)
> 幾ら足を洗ったとはいえお礼参りが良く起こる業界ですから……少しは教えたのでしょうね。
> 惜しいのが戦興業の姫様からの召喚が無かった点かもしれません、レイジングバードが一人占め(笑)

シンク「勝てる気がしない…」

> 夜天の書
> ここはIFシナリオ発動ならず……それにしても早めに自己防衛システムが発動してしまったのは何故でしょうね?

ナハト関係は完全にオリジナルでしたね

> 完全新作の予感?
> > 中学生辺りとか描かれてないからいっそのことフロニャルドを舞台にするとか……まああり得ない話でもないですが。

中学まで行くとなのはさん負傷の危機が迫ってくる

> 白い悪魔
> 悲しげな表情を見せたなのは……。

魔法少女⇒魔砲少女⇒悪魔⇒魔王

デュランダル起動でリンディさんがバトってくれると期待したのは自分だけではないはず

奴よりも速く

打ち貫くのみ!

なのはvsリインフォース戦は「打ち貫く」合戦だったな。(*´∇`*)ナハトだけに!

この映画は本当に泣ける映画なのね。

ハンカチは用意したほうが良いです。o(T□T)oマジで3回は泣いた!

そして、白マントフェイトさんはカッコイイ!

なのはを助けるときの出した一閃マジでカッコイイ!

あれはなのはも惚れて仕方ない。

まさか地元でなのは完売を目撃することなろうとは…おかげでパンフレット買えなかったorz

いやー!本当にいい映画でした!
細かいところ言うと色々と言いたいところはありますが、あの内容を2時間半でまとめてくれたというだけでもう十分でした

フェイトの夢のシーン、ヴィータの涙はTV版よりも涙腺に来ました
特にヴィータは作画がよりロリっぽくなったこともあったせいか、可愛さ3割増しで株急騰中です(笑)

序盤は「なんやこいつらー」って感じだったヴォルケンズもやっぱり最後は涙を誘われるんですよね…
A'sは純粋に悪役がいないという意味でも一味違った作品に仕上がってると思います

あと、あの防御プログラムの気持ち悪さが格段にパワーアップしてて戦慄しました…
そこに力を入れてくるとは…

僕もいろいろと書いてたらとんでもない文章量書いてました(苦)
やっぱりなのはが好きなんだなーと思わせてくれた映画でしたね

Re: タイトルなし

> デュランダル起動でリンディさんがバトってくれると期待したのは自分だけではないはず

僕もそう思いました。
確かあの人Sクラスぐらいの実力あったんじゃなかったっけ?

Re: 奴よりも速く

>Heiroさん
コメントどーも

> 打ち貫くのみ!
> なのはvsリインフォース戦は「打ち貫く」合戦だったな。(*´∇`*)ナハトだけに!

撃ち貫け、奴より早く!って何処のスパロボだお前ら

> この映画は本当に泣ける映画なのね。
> ハンカチは用意したほうが良いです。o(T□T)oマジで3回は泣いた!

ヴォルケンの決意シーンで泣いて
ゲボ子のシーンで泣いて、
アリシアのシーンで泣いて
リィンとの別れで泣いた

> そして、白マントフェイトさんはカッコイイ!
> なのはを助けるときの出した一閃マジでカッコイイ!

アニメではザンバーは2回くらいしか使わなかったけど
劇場版だと出番増えましたね

> まさか地元でなのは完売を目撃することなろうとは…おかげでパンフレット買えなかったorz

俺がいった頃にはすでに…

Re: タイトルなし

>D-END さん
コメントどーも

> いやー!本当にいい映画でした!
> 細かいところ言うと色々と言いたいところはありますが、あの内容を2時間半でまとめてくれたというだけでもう十分でした

もういちどA’sのアニメを見たくなりました

> フェイトの夢のシーン、ヴィータの涙はTV版よりも涙腺に来ました
> 特にヴィータは作画がよりロリっぽくなったこともあったせいか、可愛さ3割増しで株急騰中です(笑)

ゲボ子マジで惚れ直しましたよ。
ボロボロになりながらも自分の大切なものの為に戦うという
ある意味もう一人の魔法少女であると思います。

> 序盤は「なんやこいつらー」って感じだったヴォルケンズもやっぱり最後は涙を誘われるんですよね…
> A'sは純粋に悪役がいないという意味でも一味違った作品に仕上がってると思います

アニメ版でも6話からヴォルケンの評価はうなぎのぼりでした

> あと、あの防御プログラムの気持ち悪さが格段にパワーアップしてて戦慄しました…
> そこに力を入れてくるとは…

ラスボスが無駄にカッコよくなってたのには笑った
「お前何処のFFのボスキャラだよ」って思ったよ

どうも。既に三回観てきました。
なんだか久方ぶりなコメントだけど、気にするな。

・なのは
新調した武装に空を駆ける戦闘しーんは胸アツ。でもメインたる砲撃が劣化した様に見えたのはなんでだろうか・・・

ヒイロ「教えてくれせーにん。何故俺たち家族の影すらない

・フェイト
1stそうだったが可愛さカッコ良さ3倍増しに割食った。
終盤マントが黒から白に変わったのは「おお!?」と

・はやて
ヴォルケン達の主人でありお母さんであると同時にラストはやっぱり普通の女の子だったんだなと

・初代リィン
流石なのはシリーズ屈指の強キャラの名は伊達じゃない!そして2ndで一番出番が増えてるという
貴方が言った通り二人にも「守りたい人」ができましたよ。
・ユーノ君
陰獣にならなかった・・・だと・・・w

・クロノ君
スーパークロノタイムは健在です!

・リンディ提督
『闇の書事件』の当事者故に出番割増
でも戦闘シーンが無かったのは残念な

・ヴィータ
くっ、不覚にも日常パートの彼女には心和んじまったぜ。
そして一度大切なひとの身を案じ、そのひとの為に身を頑張るその姿は痛たまれてやるせない。
そう、1st時代のフェイトとアルフのように・・・

・シャマル先生
何故最大の見せ場たる風穴を無くしたしw

TV版は再放送もあり予習復習済みでしたが、あのエピローグには正直「そうきたか!?」というw
(でもあの時系列って・・・)

1stに続き2ndも見た甲斐がある作品でした。
強いて付け加えるならばまどか☆マギカと同日上映してもらいたかったなぁ

Re: タイトルなし

>okkunn さん
コメントどーも

> ・なのは
> 新調した武装に空を駆ける戦闘しーんは胸アツ。でもメインたる砲撃が劣化した様に見えたのはなんでだろうか・・・

スターライトが一回しか撃ってないのと
長距離射撃シーンがカットされため

> ヒイロ「教えてくれせーにん。何故俺たち家族の影すらない

前作でもとらはとの関わりは一切カットされてますからね…
もう今後シリーズ展開しても出番ないと思います

> ・フェイト
> 1stそうだったが可愛さカッコ良さ3倍増しに割食った。
> 終盤マントが黒から白に変わったのは「おお!?」と

たしかSSのフェイトのマントも白ですよね

> ・はやて
> ヴォルケン達の主人でありお母さんであると同時にラストはやっぱり普通の女の子だったんだなと

どうか、5年生の健康的なはやてを描いたスピンオフを(ty

> ・初代リィン
> 流石なのはシリーズ屈指の強キャラの名は伊達じゃない!そして2ndで一番出番が増えてるという
> 貴方が言った通り二人にも「守りたい人」ができましたよ。

洗脳された覇王とかオレンジ博士とかじゃ小物過ぎて物足りなかったレベル

> ・ユーノ君
> 陰獣にならなかった・・・だと・・・w

百合以外のカップリングは全部カットじゃーっという方針

> ・クロノ君
> スーパークロノタイムは健在です!

前作はなかったですもんね

> ・リンディ提督
> 『闇の書事件』の当事者故に出番割増
> でも戦闘シーンが無かったのは残念な

ホント、なんで提督の戦闘シーン無かったんだろう?

> ・ヴィータ
> くっ、不覚にも日常パートの彼女には心和んじまったぜ。
> そして一度大切なひとの身を案じ、そのひとの為に身を頑張るその姿は痛たまれてやるせない。
> そう、1st時代のフェイトとアルフのように・・・

感想にも書いたけどゲボ子は惚れ直しましたね。

> ・シャマル先生
> 何故最大の見せ場たる風穴を無くしたしw

でも今回のシャマル先生はクロノに見つかってないことと
闇の書を使わなかったことを考えるとかなり優秀になってる

>ストライカーズは映画化するのなら2部構成で新人フォワードメインでやってほしいな。
3期は元々スバルを主人公にする予定だったという話ですし、その物語を是非とも見てみたいですね。
ティアナとヴァイスがアセムとウルフさんみたくなったりして。

Re: タイトルなし

> >ストライカーズは映画化するのなら2部構成で新人フォワードメインでやってほしいな。
> 3期は元々スバルを主人公にする予定だったという話ですし、その物語を是非とも見てみたいですね。
> ティアナとヴァイスがアセムとウルフさんみたくなったりして。

ヴァイスは尺の都合で消されそうで怖い…
や、男キャラの扱いってそんなもんよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3028-f8575a96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード