fc2ブログ

ef -a tele of memories 第7話

壊れていく何か…
ef - a tale of memories.1【初回限定版】 ef - a tale of memories.1【初回限定版】
下野紘、柳瀬なつみ 他 (2007/12/07)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
シャフトの演出スゲー!!と思った回でした。
特に海岸の蓮冶と千尋の演出とみやこが永延と携帯をかけてる所とか


・Aパート
前回とは打って変わっての欝展開…
いくら日記に記憶を書き留めていてとしても
完璧とは行かない…同じやり取りの繰り返しに気づく蓮冶
千尋に付き合うということはこういうことだとわかっていたはずなのに
海岸でのシーンは演出効果もあってかかなり怖かった…
千尋が蓮冶の事を好きと言えないのはそれまでにいたる記憶が無いから
好きと言える保証が無いからなのでしょう。


・Bパート
前回の着信履歴99件の詳細
両親から忘れられて自分の居場所を失ったみやこ
再び手に入れた紘という居場所さえも失うかもしれないという恐怖
留守電にかけてる声がだんだん壊れていくのと
画面が文字で埋まっていく演出のせいでこのシーンは神がかっていた。
「どうして来ないの?
どうして電話出ないの?
どうして返事くれないの?
どうして?
どうして黙ってるの?
どうして?」

そりゃ、紘が携帯忘れて景のところに駆けつけてるから…
としか言えないよな…今日の教訓「携帯は常に持ち歩こう」
アニメ版のみやこならminoriの伝説である
小一時間(10分間)問い詰め
をしてくれることを密かに期待してる俺がいる


そしてEDの空気の読みっぷりは異常!
完全にみやこ版のエンディングですねこりゃ…
Cパートで紘の携帯の履歴を消す景…
うわ…やばいですね…たった一つ犯した間違いが
こうも波紋を広げるとは…女って恐ろしい・・・


b_03.gif

関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ef - a tale of memories. 第7話感想

ef - a tale of memories. 第7話感想いきます。

ef - a tale of memories. 第7話「 I... 」

ひとりの少女は、世界からズレていて、少女にとって世界は虚構であった。ひとりの少女は、ただ居場所を望み、存在が消去されるのを恐れた。千尋のズレに戸惑を見せる蓮治。それが千尋を傷つける…。紘を待ちつづけ

ef - a tale of memories. 第7話

今回は千尋と蓮治が小説の結末を考え、みやこが紘にひたすら電話をしていたお話。いよいよ凄い展開になってきた感じ、両パートとも最後が怖すぎます。後半はまさかほとんどあれだけで終わってしまうとは思いませんでした。千尋は蓮治のサポートで順調に小説を執筆中....

アニメ「ef - a tale of memories.」第7話。

第7話「I...」図書室で、机に大量の本を積み上げながら執筆を続けている千尋。進行状況としては全体の3割。その部分までを読んだ蓮治は、女の子が可愛いと言う感想を述べるが、それを聞いた千尋は、ここまで全てを書き直そうかと考えて出した。この女の子は、もっとずれてい
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度15周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ