fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2012. 11. 17

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想

希望は残っているよ。どんな時にもね。
破の時と同様に早起きして初回上映を見てきました。

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)
(2012/11/22)
貞本 義行

商品詳細を見る


それでは以下、ネタバレ有りの感想です。

率直な感想:
まず一言…いきなり14年後かよ!?
ということで『破』からの流れを完全に断ち切った『Q』でした。
昨日の金曜ロードショーで流れた冒頭部分が
破のラストから少し経った後に見えたから、
てっきり冒頭から話が遡って「破」の後の話が流れるのかと思っていましたが…
そのまま説明もなく話が進行していきました。
しかも周りのみんなが一切説明してくれないものだから
俺らは完全にシンジ君とシンクロしてました。

あと序→破まではある程度TVシリーズになぞった
流れの話を展開していましたが、Qからはもはや完全に別物。
同じところといえば終盤になるにつれてヘタレ化していくシンジと
セントラルドグマで弐号機と戦うことくらい

話の流れとしてはネルフの対抗組織である「ヴィレ」により
シンジを取り込んだ初号機が奪還されるところから始まり
奪還した初号機の力でヴィレの母艦ヴンダーが飛翔。
(この飛翔シーケンスはロボットアニメ好きならかなり燃えるシーン)
誰も何も説明してくれない状態で「あんた何もしなくていいよ」
って言われてショックを受けたシンジはレイの言葉に
ホイホイ導かれてヴィレを脱走、
旧ネルフ本部でレイと再会しカヲルと出会う。
レイとの関係が冷め切っているのでカヲル君と交流するシンジくん
(この後10分くらいかけて濃厚なホモシーンが続く)

カヲルから破の後何があったかを聞いて自暴自棄になるシンジだが
世界を元に戻すためエヴァ13号機に乗ってセントラルドグマへ
だが、ゲンドウの策略(ゼーレのシナリオ?)により
ロンギニスの槍を抜いた瞬間フォースインパクトを発生させてしまう。
その時カヲルが自らの命をもってフォースインパクトを止めるが
シンジは自分のしてしまったことの罪の重さに耐え切れず
旧劇場版のような無気力状態となってしまう。
そして生き残ったアスカとレイと一緒に歩き出す→ここで終わりです。
正直「ここでおわるのかよ!」ってツッコミたかった。


それでは以下キャラの感想

・シンジ

前作では漢に覚醒したシンジ君でしたが
今作ではほとんどいいところ無し
ただ、彼自身が悪いとは言い切れない状況なんだよな…
起きてみれば14年経っててみんな冷たくなってるし
誰も説明してくれないし、助けたと思ったレイは
あのレイとは別のレイだったし…

だからこそ自分を友と呼んで優しくしてくれる
カヲル君の存在はシンジ君にとって希望だったんだろうな。
でも結局、信じてた友達のカヲル君を自分のせいで
死なせたような状況になったわけで…そりゃ
シンジ君じゃなくても凹むよ。

エヴァ13号機は初号機と同じカラーリングの二人乗りの機体。
ファンネル(ビット)みたいな武器を使う。
しかし欠番の7、10、11、12号機はどうなったのだろうか?
あの残骸を見る感じだと誰かが乗って破棄された可能性があるが…


・アスカ

宇宙における初号機奪還作戦
セントラルドグマでの13号機との戦い
ヴンダー甲板における9号機(12番目の使途)との激闘など
戦闘面では「もうお前が主人公でいいよ」
っていうくらい輝いてたアスカ。

長刀やら双剣やらガトリングガンやら
様々な武器を駆使して戦う弐号機がカッコよかった。
おまけに破でマリが使ったビーストモードも披露
だが最後は自爆して大破するなどやはりぶっ壊される
のが弐号機のオチらしい

ただ、戦闘以外の面ではちょっとな…
そら何も知らずに空気読まない発言するシンジに
怒り爆発したい気持ちも分かるけど
お前さんがもうちょっとお話してやればシンジ君は
あんなことにはならなかったんじゃないかと思う。
(これはミサトさんにも同じこと言えるのだが)
今作からシンジのことを「ガキ」と言うのですが
アスカも大人にはなりきれてないよなー

だがラストだけはGJ。何もできないシンジを
物理的に無理やり引っ張ってあげれるのは
彼女かミサトぐらいですもんね。
次回での活躍も期待したいです。


・レイ

破のラストでシンジが助けたレイは初号機に取り込まれたままらしく、
今作では新しい綾波レイが登場。
もう「ぽかぽかする」が聞けないなんて残念だ…
エヴァ9号機(マーク9)に搭乗してアスカの乗る改弐号機とバトルする。
ただ、TV版の新レイと違って「綾波レイとは~」みたいなことで
悩んでる所があり次回以降動きがどうなるか気になります。

そういえば林原さんは同時上映の「巨神兵東京に立つ」では
ナレーションを勤めていましたが、ぶっちゃけそっちのほうが
台詞多かったような気がします。


・カヲル

TV版や他の媒体でも結構ホモっぽいところがあったカヲル君ですが
今作ではよりグレードアップしたホモホモしさを感じられます。
シンジくんと一緒にピアノを弾いたり、星を眺めたり
彼の知らない情報を教えてあげたり、一緒のベッドに腰掛けたり
二人乗りのエヴァ13号機にシンジ君と一緒に乗ったり
ある意味Qのヒロインはカヲル君でした本当に。

また、TV版とはちがい最後までシンジの味方で
死に方も彼に殺されるのではなく
"フォースインパクトを止めるために自ら犠牲になる"
という泣かせる最期でした。
その出会いと別れはシンジに新たな希望と
どうしようもないくらいの絶望を与える。


・ミサト

コミカルな感じは完全になくなり、終始シリアスだったQのミサトさん
シンジ君に対しても冷たく突き放すだけで一切フォローをしなかった。
それくらい彼女も追い詰められていたってことなんだろうか?
地下組織作り上げてるわけですし、いろいろと辛い経験をしたんだろうな。
そういえば加持さんがいませんでしたが…彼はやっぱり…
でもフォースインパクトの鍵であるシンジ君を殺せるタイミングで
殺さなかったりしてましたから、まだ「情」的なものは残っているのだと思う。
どうでもいいが予告ラストの「サービスサービスぅ♪」が無理ありすぎる!


・マリ

どいういう経緯なのかは知らないが
ヴィレの一員としてエヴァ8号機のパイロットとして
アスカとコンビを組んで活躍していた。
主に狙撃担当で援護射撃が遅いとパートナーから愚痴られる
みんなドシリアスな今作では妙に明るい希少なキャラ

そういえばエヴァパイロットは14年経った現在でも
歳をとっていないように見えるが、
結局「エヴァの呪い」とは何だったのだろうか?
パイロットを永遠の14歳にする力でもあるのか?
だったら最高だなエヴァ(ぉぃ


・サクラ

破で一瞬出てきた鈴原トウジの妹がついに本格参戦
そういえば今まで設定だけで一切出番無かったですからね。
明るい声とトウジを思わせるエセ関西弁が魅力的な子ですが
もうちょっと出番ほしかったような気がします…
まぁトウジも劇場版ではこれくらいのサブキャラでしたもんね

そのトウジなんですが…彼女の様子から察するに
死んだ可能性がありますが劇中では明らかになっていません。
もしかしたら彼はエヴァに乗って…


・ゲンドウ

キールみたいなバイザーしやがって…
ということで今回も絶賛暗躍中のお父さん
破での和解フラグとはいったいなんだったのだろうか?
…って言うくらいシンジを利用しております。
新劇場版ではのっけからここまでゼーレとゲンドウとの
姿勢や視点の違いが意識して描かれてましたが
今作でついにゼーレを始末し自分のための補完計画のため動き出します。
彼の目的と結末は次回で…もしかして某ゲームみたく
ゲンドウがラスボスだったりして


こんなところか。
あとは相変わらず説明役のドンドコりっちゃん、
髭を伸ばして迫力が増したシゲル
あまり変わらないように見えるマコト
威圧感が増したマヤ、元ネルフスタッフも続投
しかし、みなさん老けませんね。
大人ってあまり変化無いものだけどさすがに14年で
ここまで変わってないなんて、どんなアンチエイジングをしたんだろうか?
あとどうでもいいが新キャラのピンクの子(ミドリ)が可愛い


予告:
生きる気力を失ったまま放浪を続けるシンジ。
たどり着いた場所が彼に希望を教える。
ついに発動する補完計画。
ファイナルインパクト阻止のため、最期の決戦を挑むヴィレ。
空を裂くヴンダー!赤い大地を失踪する、エヴァ8+2号機
次回「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」
さーて最後まで、サービス、サービスぅ!


映像ではエヴァ8+2が量産型エヴァっぽいのと戦ってるシーンが流れましたが
半分赤で半分ピンクなエヴァのカラーリングは
まるでどこぞの"二人で一人の仮面ライダー"みたいだった。
あれってマリとアスカ二人乗りなんだろうか?

とりあえずシンジ君が希望を取り戻してくれるらしいので安心
したいところだが、結末はどうなるんだろうな?
個人的にはすっきり終わらせて欲しいものだが
でも結末がどうであれ観には行きます。
その時死んでなけりゃ絶対に


以上、エヴァQの感想でした。


【関連記事】

・劇場版ヱヴァンゲリオン『序』を見て

・ヱヴァンゲリオン新劇場版 『破』を見てきました。 感想

nishinafc2.jpg

さて次は年々後になるやら…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

どうもお久しぶりに書き込みします…自分はまだ見に行ってませんが…某所やウィキペキティアのバレである程度内容把握(公開初日なのにウィキペキティアでネタバレって…)してましたが…ちなみに某所では8号機プラス2はあしゅら男爵と言われてましたよ

No title

:||って音楽記号でもう一つの記号か、曲頭に戻る意味を持つみたいですけど、ループするんですかね?でも次で完結ならすっきりさせていただきたいところです。音楽記号で元に戻るって、ダカーポ思い出します。

>某ゲームみたく
F型装備でないかな~

なにか、ヱヴァから内容が難しい専門用語の羅列や、説明を省いて否応なしに進んでいくストーリーだったのでエヴァに戻ったみたいな感覚になりました。 新劇から見始めた人はどんな感想なんでしょうかね?逆にテレビ版から追い掛けてる人はあの頃の殺伐としたエヴァに戻ったのか?みたいな感覚になるのかな? しかし、序→破からのエンタメ性からしたらQは結構驚きましたね。Q+シン・エヴァンゲリオンでエンタメ作品として成立するようになってるんでしょうか?いずれにしても、次回の完結編でQの本当の評価が決まるんですかね? なんか疑問符ばかりですみません。

Re: タイトルなし

>アスカ さん
コメントどーも

> どうもお久しぶりに書き込みします…自分はまだ見に行ってませんが…某所やウィキペキティアのバレである程度内容把握(公開初日なのにウィキペキティアでネタバレって…)してましたが…ちなみに某所では8号機プラス2はあしゅら男爵と言われてましたよ

確かにあしゅらも半分半分で分かれてますね。
でもあれって男女だったよな。
とりあえずネタバレ食らっても映像に迫力あるから楽しめると思いますよ。

Re: No title

>名無しさん
コメントどーも

> :||って音楽記号でもう一つの記号か、曲頭に戻る意味を持つみたいですけど、ループするんですかね?でも次で完結ならすっきりさせていただきたいところです。音楽記号で元に戻るって、ダカーポ思い出します。

アレって音楽記号だったんですか…知らなかった。
だからピアノ弾いてたのか

ダ・カーポは「最初からやり直す」だったよな
3でまさにその展開が来たのはよかった

> >某ゲームみたく
> F型装備でないかな~

F型はスパロボ第三次αで無双した思い出が強い

Re: タイトルなし

> なにか、ヱヴァから内容が難しい専門用語の羅列や、説明を省いて否応なしに進んでいくストーリーだったのでエヴァに戻ったみたいな感覚になりました。

このわけ分からんけど面白いっていう感じ、まさにエヴァだよな

>新劇から見始めた人はどんな感想なんでしょうかね?逆にテレビ版から追い掛けてる人はあの頃の殺伐としたエヴァに戻ったのか?みたいな感覚になるのかな?

今回は「決戦第三新東京市」や「男の戦い」みたいな
山場となるイベントが無かったので
最後まで鬱々とした感じだったんじゃないでしょうか?

>しかし、序→破からのエンタメ性からしたらQは結構驚きましたね。Q+シン・エヴァンゲリオンでエンタメ作品として成立するようになってるんでしょうか?いずれにしても、次回の完結編でQの本当の評価が決まるんですかね?

なんとなくQのラストは俺たちの戦いはこれからだって感じで
続きがあることが前提みたいな感じになってましたから
前後編みたいな扱いなんだろう

No title

冒頭の置いてけぼり感は半端なかったですね。
まさにシンジ君状態。
でもアニメ版から追ってきてる自分としては、観ていて変な安心感がありました。
「ああ、この視聴者置いてけぼり感こそがエヴァだな」みたいな妙な安心感がw
それしてもマリがアスカのこと姫って呼んでいた時にキマシとか思った私は一体……
謎だらけで終わってしまいましたが、完全新作のエヴァに自分はすごく満足しています。
人伝で聞いたのでデマっぽいですが、シン・エヴァの公開って来年らしいですよ?
本当にそうだったらいいんですけどね。

No title

初めましてU・Mと申します。
ただいまネット上の皆さんの感想を拝見して回ってますが、皆さん
の感想、考察を見てるだけで楽しいですね。
自分も「あの巨大戦艦はもしかしてヱヴァの死骸から作ったのか?」
とか色々考えを巡らしてます。

兎に角今言いたいのは「早く完結編作ってくれぇぇ&完結編見たいぃぃ」
です笑
いやほんと次に大きな地震が来たりする前に早く公開してほしいです!

No title

>14年後
・最初どっかの平行世界に飛ばされたかと思いましたよ

・旧劇場版から14年(正確には+8ヶ月)経ってるんですね

>碇シンジ27歳
・母親であるユイも亡くなったの27歳でした

・前回がんばったのに結局ヒーローになれず意図せずサードインパクトの原因になってしまって元に戻せるといわれてヒーローになろうとしたんですね…

>ミサトさん
前回自分のためにがんばれと後押ししてただけにシンジに何もしてなかったのはさすがに…

>マリ
やたらアスカとのコンビに毎回遅い言われたから何か下手なんじゃないかって中の人的に某赤ザクの人を思い出した

>カヲル
ホモォ…はおいといて破で撃った槍がゲンドウらにすりかえられたのかな?

>冬月
あの時にあの話されてもなあ…

>エヴァ8+2
たぶんウィレが大した補給受けられないからニコイチで一体にしたんでしょうね。(フルメタ原作とかでも終盤M9を一体くずして他の予備パーツにした)

Re: No title

>ホシ さん
コメントどーも

> 冒頭の置いてけぼり感は半端なかったですね。
> まさにシンジ君状態。

あそこは視聴者と主人公の気持ちが一致した場面だった

> でもアニメ版から追ってきてる自分としては、観ていて変な安心感がありました。
> 「ああ、この視聴者置いてけぼり感こそがエヴァだな」みたいな妙な安心感がw
> それしてもマリがアスカのこと姫って呼んでいた時にキマシとか思った私は一体……
> 謎だらけで終わってしまいましたが、完全新作のエヴァに自分はすごく満足しています。
> 人伝で聞いたのでデマっぽいですが、シン・エヴァの公開って来年らしいですよ?
> 本当にそうだったらいいんですけどね。

来年とか…本当だったら複雑な気分だな

Re: No title

>U・M さん
コメントどーも

> 初めましてU・Mと申します。
> ただいまネット上の皆さんの感想を拝見して回ってますが、皆さん
> の感想、考察を見てるだけで楽しいですね。
> 自分も「あの巨大戦艦はもしかしてヱヴァの死骸から作ったのか?」
> とか色々考えを巡らしてます。

第3の使途にも似てますよね。なんとなく

> 兎に角今言いたいのは「早く完結編作ってくれぇぇ&完結編見たいぃぃ」
> です笑
> いやほんと次に大きな地震が来たりする前に早く公開してほしいです!

1年といううわさもあるそうですが…3年くらいは覚悟したほうがいいと思う

Re: No title

>ストライク さん
コメントどーも

> >14年後
> ・最初どっかの平行世界に飛ばされたかと思いましたよ
> ・旧劇場版から14年(正確には+8ヶ月)経ってるんですね

とりあえず空白の14年間を埋めるノベライズとか発売してくれ

> >碇シンジ27歳
> ・母親であるユイも亡くなったの27歳でした

綾波ユイになってたけど、この世界ではゲンドウの方が「碇」だったのかな?

> ・前回がんばったのに結局ヒーローになれず意図せずサードインパクトの原因になってしまって元に戻せるといわれてヒーローになろうとしたんですね…

そら抜きたくなるのも分かる

> >ミサトさん
> 前回自分のためにがんばれと後押ししてただけにシンジに何もしてなかったのはさすがに…

14年経ったらいろいろあるんですよ

> >マリ
> やたらアスカとのコンビに毎回遅い言われたから何か下手なんじゃないかって中の人的に某赤ザクの人を思い出した

必中にSP30使うあの子のことかぁぁぁー!

> >カヲル
> ホモォ…はおいといて破で撃った槍がゲンドウらにすりかえられたのかな?

ゲンドウ「すりかえておいたのさ」

> >冬月
> あの時にあの話されてもなあ…

あの将棋打ってるシーンはいいと思ったけどね

> >エヴァ8+2
> たぶんウィレが大した補給受けられないからニコイチで一体にしたんでしょうね。(フルメタ原作とかでも終盤M9を一体くずして他の予備パーツにした)

資金とかどうしてるんだろうな?あの組織

No title

遅まきながら僕も見てきました劇場版

みなさん書いてらっしゃいますがまさに序盤はシンジ君状態
というかミサトさん破の時は「行きなさい」なのにQになったら「必要ない」ってどういうことよ!?
やー…いつ14年分の説明が来るかと思って待ってましたね

>カヲル君
カヲル君がいなかったらこの劇場版の清涼剤がゼロになりかねないくらい貴重なキャラでした
終始「!?」な感じだったけど彼の死だけは本当に来るものがありましたね

ちなみに「巨神兵東京に現る」は特撮博物館で上映されたもので、アレの一番の見どころは基本的にCGを使ってない点です
爆発も、街並みも、巻き上がる噴煙、溶け出すビルまで全部実際に撮影して編集してます
いい歳した(失礼)大人たちが完成した映像を見てテンションMAXで撮影してる様子がメイキングに出てました

Re: No title

>D-ENDさん
コメントどーも

> みなさん書いてらっしゃいますがまさに序盤はシンジ君状態
> というかミサトさん破の時は「行きなさい」なのにQになったら「必要ない」ってどういうことよ!?
> やー…いつ14年分の説明が来るかと思って待ってましたね

今回のミサトさんはほんとダメダメでしたね

> >カヲル君
> カヲル君がいなかったらこの劇場版の清涼剤がゼロになりかねないくらい貴重なキャラでした
> 終始「!?」な感じだったけど彼の死だけは本当に来るものがありましたね

流石ホモホモ空間の使い手だけあるぜ…

> ちなみに「巨神兵東京に現る」は特撮博物館で上映されたもので、アレの一番の見どころは基本的にCGを使ってない点です
> 爆発も、街並みも、巻き上がる噴煙、溶け出すビルまで全部実際に撮影して編集してます
> いい歳した(失礼)大人たちが完成した映像を見てテンションMAXで撮影してる様子がメイキングに出てました

巨神兵は誰得だよとか言われてますが
個人的には非常に興奮しました。
まさか全盛期の巨神兵の強さと
「火の七日間」の惨状をこの目で見ることができるなんて…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3192-e2722bf4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版Qはガキシンジを完璧に描いた大傑作!(感想)

ヱヴァンゲリオンQを見てきた。 ずっとテンションが高鳴りっぱなし。 私は序や破では、今までと違ったエヴァを見られたことで 「おぉこれが新しいエヴァかぁ」と思ったのに対し、...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード