fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2012. 12. 23

ONE PIECE FILM "Z" 感想

それはひとつの"正義"を
成そうとした男の物語。


ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ~ハンドアイランドの冒険~ [Blu-ray]ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ~ハンドアイランドの冒険~ [Blu-ray]
(2013/03/22)
田中真弓、中井和哉 他

商品詳細を見る


以下、ネタバレ有りの感想なので注意
終わってみるとゼファーさんが主役の映画だったなー
前回のストロングワールドが前時代を戦った海賊の物語だとするなら
今回の映画は前時代を戦った海軍サイドのお話でした。
ゼファーさんの強さは劇場版の敵の中でも屈指の強さで
ルフィが二度敗北し三回目の決戦でも完全には倒しきれず
ルフィと戦った後数千人の海兵たち相手に戦うなど
その強さは凄まじかった。
武器がビックオーのサンドインパクトに見えたのは俺だけじゃないはず

何気に青キジが良いポジションしてました。
かつての恩師の生き様と最期を見届け
同じ彼の教え子だったアインとビンズを導いたシーンは
彼最大の見せ場だと言っても過言ではない。
あの傷は赤イヌと戦って受けた傷なんだろうが
その赤イヌの顔が見れなかったけどやっぱり
あっちも負傷してたんだろうね。
ネタバレになるから顔出しはNGと…いったい

とりあえず拍手コメントにもありましたが
ロリナミさんは可愛かったです。
あかん、あれはアカンぞ…まさに魔性のロリだ。
ロビンに関しては「お前そのまま18歳の姿でいれば良いのに」
って思ったくらいでした。

でも個人的に一番だったのが敵幹部のアインちゃんでしたね。
ワンピースの女性キャラは良くも悪くも
"強い意志"を持っているキャラが多かったりするんですが、
アインちゃんは妄信的なまでにゼファーさんを慕っていたから、
その健気さが逆に良かったです。
対戦相手が最近女性でも容赦なく斬れることが発覚した
ゾロ兄やんだとか「無理ゲー過ぎるだろっ」と思ったりもした。

バトル面ではサンジVSビンズの空中戦が一番良いと感じました。
相変わらず劇場版では女性関係のことでブーストして勝利する
サンジくんには笑ったけどwww
小さくなったナミが成長する様を見届けたいといった時は
流石サンジ君だと思いました。わかりますその気持ち(ォィ
でも一番最強なのはフランキー将軍だと判明。
他のシーンで出番が無かった鬱憤を晴らすかのように
パシフィスタ相手に無双するシーンはガチでかっこよかったです。

しかし、ゼファーさんの片腕を落として
七武海に入った海賊って誰のことなんだろうね?
あと何故この映画には水木一郎の兄貴
が友情出演しなかったんだろうか?


最後のゼェェェトは兄貴の声で吹き込んでほしかった

そういえば映画泥棒がリニューアルされていて驚きました。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

Zの生き様に泣いた

公開初日に朝一で並んだら、ネットで全部の席が予約されていて見れなかった……。ネットで買い物とか出来ない人には辛い。
二日後に見れましたが、スマッシャーの迫力に目を奪われっぱなしでした。男の子のツボを本当によく分かってるよな、尾田先生。
あと若い頃のおつるさんマジビューティ。ガープとセンゴクとの三角関係とか無かったのかな?

Re: Zの生き様に泣いた

>ぽぽまるさん
コメントどーも

> 公開初日に朝一で並んだら、ネットで全部の席が予約されていて見れなかった……。ネットで買い物とか出来ない人には辛い。

確かに最近はネット予約が充実したおかげで
初日の初回とかは買い占められてる場合がありますね
ちなみに携帯からも予約できるシステムがあります

> 二日後に見れましたが、スマッシャーの迫力に目を奪われっぱなしでした。男の子のツボを本当によく分かってるよな、尾田先生。

パイルバンカーは男のロマンですぜ

> あと若い頃のおつるさんマジビューティ。ガープとセンゴクとの三角関係とか無かったのかな?

ワンピースの戦友とか仲間はあまり恋愛感情に発展すること無いからな…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3245-2e9cc4a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード