FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 02. 16

絶園のテンペスト 第18話「舞姫」

そして恋は愛になる。
やっべぇな今回…ということで久しぶりに個別感想です

絶園のテンペスト(8) (ガンガンコミックス)絶園のテンペスト(8) (ガンガンコミックス)
(2013/01/22)
城平 京、彩崎 廉 他

商品詳細を見る

zetuen20120215.jpg

「悲しんだってどうにもならないじゃないですか」

前々からどこか普通じゃない。非凡である。
世間一般から見たら確実に異端の域である主人公
だと思っていましたが…
ここまでネジが狂ってるとは思いもしませんでしたよ。

「大切な人の死」という事柄に対して
怒り、悲しみ、憎しみ、混乱、絶望、不安
人はさまざまな感情に押しつぶされるのですが、
吉野という男が取った道は悲しみも怒りも憎しみも
意味のないものだと悟り、愛花を失ったというどうしようもない現実を
ただありのまま受け入れて眺めるだけ。

非常に合理的な頭をしているくせに
心までは完全に合理的ではない。
その不完全さを持つ吉野だからこそ
富士の樹海や鎖部の里での行動ができたんでしょう。
ある意味、彼は1年前の時点で
どうしようもないくらい壊れてしまったんでしょうね。
「死別とは"停止"」とはどこぞのゲームで
言っていましたがまさにそのとおり

何気に今回が初めて吉野が感情らしい感情を
本気で吐き出した瞬間かもしれない。
同時に愛花の死に対して初めて
自分から踏み出そうとするわけだが次回以降どうなる?

zetuen20120218.jpg

でもって真広も真広で妹の彼氏が
ずっと一緒にいた親友である吉野であると告げられ
ひたすら掃除をし続けるという奇行に走る。
お前さんは悩んだら無言で掃除するんかいwww
さて、ここから先真広はどうするんでしょうか?
真実から目をそむけて今までどおりのように過ごすか
それとも関係を告げなかったことを責めるのか?
読めん、さっぱり先が読めん。

zetuen20120216.jpg

山本さん(28歳無職)の予想は確かに荒唐無稽ですが
"始まりの木が人為的に作られた"って言う話は
結構信憑性があると思います。
個人的な予想としては"文明が栄え地球が滅ぶ前に
一度文明をリセットさせて地球を守るために作られた
世界救済のためのシステム"
と考えます。
でもって絶園の木はその対抗策として作られたものかと


zetuen20120217.jpg

後半からドラゴンボールみたいなバトル
が繰り広げられましたが…
本気で戦った場合羽村の力が無尽蔵なら、物量作戦で
供物をすべて消費させればいつか羽村が勝つことになるな。
(それまでにやられる可能性が大だが)
姫様の当面の目的は羽村を成長させて
始まりの樹を倒すこと。ってことなんだろうな。
でも左門さんの予想だしなーはずれてそう


しかしよく考えてみると、
1年前愛花が死んだことにより
2年前に死んだ葉風は生き返ったことになるよな…
これが始まりの樹の意思ならば
やっぱり愛花を殺したのは始まりの樹なのでは?

bibitFC2.jpg

ついに「私の吉野」扱いっすか?姫様。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

久々の左門さんのぐにゃも見られた神回

>ひたすら掃除をし続けるという奇行
神経質な人は黙々と部屋を掃除すると心を落ちつかせるらしい。

それにしても2クールに入ってからの吉野と真広は空気になってきたような・・・

Re: 久々の左門さんのぐにゃも見られた神回

> >ひたすら掃除をし続けるという奇行
> 神経質な人は黙々と部屋を掃除すると心を落ちつかせるらしい。

彼、意外とナイーブなんだね

> それにしても2クールに入ってからの吉野と真広は空気になってきたような・・・

むしろ前半が二人メインだったからそう感じるだけで
本来は群集劇みたいな感じなんだろうな

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3331-07669a59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード