FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 04. 24

翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

アリガトウ。
それは誰からから言われて嬉しい感謝の言葉。

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1
(2013/07/26)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る
suisei20130423.jpg

やはりというか前回海賊を皆殺しにしたことは
ガルガンティア船団にとって衝撃的だったらしく
レドは良かれと思ってやった行動で
更に溝が深まってしまうことになりました。
まぁ敵は滅ぼすべき、殲滅すべきっていう世界で
暮らしてた少年と、殺人をご法度とする世界の住民ですからね
その差からこういったことが起きてしまうのは
なんとも生まれてきた環境や価値観の違いによる
コミュニケーションの難しさを表してるよな。


suisei20130424.jpg

今週もチェインバーは無双します。
ぶっちゃけ「もう全部あいつだけでいいじゃないか」状態です。
ガチで本気を出せば一瞬で武力制圧できるところが恐ろしい。
人単位で敵味方識別ができるマップ兵器を使ったと思ったら
今回は敵に死傷者を出さずに敵勢力を無力化
するという究極の舐めプをやってのけるチェインバー
スパロボに参戦したら確実に「てかげん」覚えそうだなー

しかし、鴨川のバックドロップの次は
ジャイアントスイングか…
なんか1年に一回はロボットの投げ技見てる気がするよ俺…
(まぁ昔から何かと投げ技多いんだよねロボットアニメって)

suisei20130425.jpg

ともあれ、ガルガンティア船団との交流が
本格的に始まるんじゃないかと思わせる
終わり方だった第3話。

madoka20110127.jpg

脚本が脚本だし、第3話だし。
レドのせいで味方サイドから誰か
死者がでるんじゃないかとビクビクしましたが
そんなことなくて安心した。
や、でもまだわからないぞ。
きっと希望を与えてから絶望させるつもりだろ。
そうに違いない!

【関連記事】

・翠星のガルガンティア 第1話「漂流者」

・翠星のガルガンティア 第2話「始まりの惑星」

nikoFC2.jpg

まぁ別のロボットアニメの3話で早くも主要キャラが死にそうだったけどね
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>投げ技
大雪山おろしかな

No title

こんばんは。

虚淵さんは「自分だって白い作品を書けることを証明したい」
みたいなことをどこかのインタビューで口にしたようですが・・・。
誰か殺されないか心配です。

Re: No title

>ストライクさん
> >投げ技
> 大雪山おろしかな

日本のロボットアニメが誇るもっとも有名な投げ技
スパロボNEOでは終盤までゲッターの最強技な上に
対空能力(空に浮いてる敵に対して1.5倍ダメージ)のおかげで
歴代最強のゲッター3と化していました。

Re: No title

>諸葛鳳雛 さん
コメントどーも

> 虚淵さんは「自分だって白い作品を書けることを証明したい」
> みたいなことをどこかのインタビューで口にしたようですが・・・。
> 誰か殺されないか心配です。

まどマギの時も放送前のインタビューでは「いつもとは違う~」とか言っておきながら
3話終了後「いつも通りの~」っていうくらいだからな…
安心したちゃダメ絶対!

ロボットアニメ、第三話、主要キャラ死亡、

ダイゴウジ・ガイですね。わかります。
ナデシコもう17年前とか…

No title

>殺人をご法度とする世界
海賊は殺されるようなことしてるから別にいいんじゃないかと思う。
このままだと一方的に搾取されるんじゃないかな。

>チェインバー
全て対ヒディアーズ用に設計された能力だから人類なんてものすごい低レベルなんだろうね

>敵に死傷者を出さずに敵勢力を無力化
ターミネーターを思い出した。

>ロボットの投げ技
二足歩行のロボットならではの使い方だからしょうがない。

>死者がでるんじゃないか
意外に最後らへんでヒディアーズが来襲して死亡ラッシュが起こったりするかも。

Re: タイトルなし

> ロボットアニメ、第三話、主要キャラ死亡、
> ダイゴウジ・ガイですね。わかります。
> ナデシコもう17年前とか…

17年も前なの!!
…そんなに年とったのか。と実感する

Re: No title

>GTF さん
コメントどーも

> >殺人をご法度とする世界
> 海賊は殺されるようなことしてるから別にいいんじゃないかと思う。
> このままだと一方的に搾取されるんじゃないかな。

反撃はするけど重症までならOKとかじゃないかな

> >チェインバー
> 全て対ヒディアーズ用に設計された能力だから人類なんてものすごい低レベルなんだろうね

ドラゴンボール的に言うと地球人とZ戦士ぐらいの戦力差だろう

> >敵に死傷者を出さずに敵勢力を無力化
> ターミネーターを思い出した。

あれ当時見てて「んなアホな」って思いました

> >ロボットの投げ技
> 二足歩行のロボットならではの使い方だからしょうがない。

スパロボのダンディもやってますしね

> >死者がでるんじゃないか
> 意外に最後らへんでヒディアーズが来襲して死亡ラッシュが起こったりするかも。

あああああきそう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3460-7621eedc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第3話 「無頼の女帝」 感想

「ありがとう」から明日が生まれる―

翠星のガルガンティア 第3話 「無頼の女帝」

エイミーに「レドのバカッ」と言われてしまいました 自分で頼んでおいたくせに

翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

翠星のガルガンティアの第3話を見ました。 第3話 無頼の女帝 「何があったの?ベローズ達は?海賊は?」 『防衛対象船舶に人的被害なし、敵対勢力は全滅させた』 友好のため...

翠星のガルガンティア 第3話 「無頼の女帝」 感想

歩み寄れば、見える何かも生まれる何かもある。

翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

海賊を殲滅したレドだったが、待っていたのはエイミーの非難の言葉だった。 レドが海賊を殺してしまったことで報復が予想される…。 ガルガンティア船団は復讐に燃える女海賊・ラ

翠星のガルガンティア 第3話 「無頼の女帝」 感想

丁寧に作られている作品は、やっぱり面白いですね。 レドがエイミーのお礼を言った引きのシーン。 ああいう引き方は上手くてよかったですね。 圧倒的な力で、ベローズのサルベー

翠星のガルガンティア #03

『無頼の女帝』

「翠星のガルガンティア」第3話

人的被害無し… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304220000/ 翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1バンダイビジュアル 2013-07-26売り上げランキング : 28Amazonで

翠星のガルガンティア 第3話

翠星のガルガンティア 第3話 『無頼の女帝』 ≪あらすじ≫ レドとチェインバーへの対応で手いっぱいのガルガンティアを襲う海賊船団。レドとの交渉役だった少女・エイミーの「超...

『翠星のガルガンティア』#3「無頼の女帝」

「魚を釣ってきたものには真水を与えよ」 エイミーに助けを請われ、海賊を全滅させてしまったレド。 交渉の糸口をえるつもりで取った行動だったが、 海賊の報復を恐れるガルガン

とりあえず第3話見て感想 翠星のガルガンティア 「無頼の女帝」

「アリガトウ」最初にレドがおぼえた言葉。感謝を意味する慣用句・・・少しづつ、少し

翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

「もし行くところが無いんだったらさ ここにいたら?  きっと上手くやってく方法だって見つかると思うよ!」 海賊を殲滅した事により、報復に現れたラケージ! この事態を受け取引き

翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1(2013/07/26)石川界人、金元寿子 他商品詳細を見る 面白い!!おもしろすぎるううう!!!! 2隻のジェットエンジン+αをいとも簡単に救い上げ投げ飛ば...

翠星のガルガンティア・第3話

「無頼の女帝」 「レドのバカっ!」 海賊を全滅させ、チェインバーとともに戻ってきたレドを待っていたのは、エイミーの思わぬ一言。エイミーの言葉が理解できないレドだが、そ

◎翠星のガルガンティア第3話「無頼の女帝」

))なにがあったの、海賊は#人的被害無し、全滅させた))みんな殺しちゃったの#肯定する))レドのばか!レド:どういうことだ?≡全滅だと、奴らは報復をしかけてくるとんでもないこと...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード