fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 06. 23

変態王子と笑わない猫 第11話「筒隠さんの家の中」

過去への扉。
平成15年が10年前だと・・・そんな

変態王子と笑わない猫。 ブロマイドE変態王子と笑わない猫。 ブロマイドE
()
不明

商品詳細を見る

wara20130623.jpg

子供時代の小豆梓ちゃんが可愛すぎる。
いやうん、今でも十分にかわいいんだけどさ。
ほら、横寺も言ったじゃん未熟なものを愛でろと。
しかし、今回の話彼女まったくおいてけぼりだなー
まぁイベントの終わったキャラの扱いなんてこんなものか。

wara20130626.jpg

今回のイベントキャラである月子は責めまくります。
変態さん変態さん言うけど、やっぱり
筒隠姉妹のほうが変態だと思うんだよね僕。
そしてあの状態で手を出さない横寺くんは
変態の称号を取り消せと思った。
個人的には1,2話の建前を無くした状態の彼が全盛期だったよ…

wara20130624.jpg

しかし月子の母親(つかささん)の性格はすごく意外だった。
あの二人のめんどくささは確実に母親譲りだったんだろうねー
でも体弱いのにアルコールはちとまずかったんじゃないかな?
あれか?「酒、飲まずにはいられない(CV:子安)」状態だったのかなー

wara20130625.jpg

何気に物語の核心に触れちゃった回だったな。
鋼鉄さんが母と過ごしていたと言っていた記憶
そのすべては幼少時の横寺が経験していたものだと考えれば
彼が記憶をなくした理由と鋼鉄さんの記憶がある理由は一致する
つまりつかささんのことを分かってほしくて
"つかささんと過ごした記憶を鋼鉄さんにあげた"ってことなんでしょう。

でもその理由を知ったところでイギリスに
行くのを止める理由にはつながらないと思いますが…
どう閉めるんだろうか?

【関連記事】

・変態王子と笑わない猫 第1話「変態さんと笑わない猫」

・変態王子と笑わない猫 第2話「妖精さんは怒らない」

・変態王子と笑わない猫 第4話「気楽な王の斃し方」

・変態王子と笑わない猫 第5話「さよならマイホーム」

・変態王子と笑わない猫 第6話「ようこそマイフレンド」

・変態王子と笑わない猫 第7話「いつかはマイファミリー」

・変態王子と笑わない猫 第8話「100%の女の子」

・変態王子と笑わない猫 第9話「幸福な王子」

・変態王子と笑わない猫 第10話「一番長いということ」

nikoFC2.jpg

とりあえず投石はやめれ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>平成15年が10年前だと・・・そんな
これには僕も絶句…10年もたっているというのか

>"つかささんと過ごした記憶を鋼鉄さんにあげた"
それでも断片的に横寺に記憶があるということから考えると、あげたのは”家にいた時の思い出”だけなんでしょうかね?
次回で全部わかると分かっていてもなんとなくもやもやしたまんまです
…そしてまさかこの願いもキャンセル!なんてオチにはならないだろうか…

Re: No title

>ドクダミント@D-END さん
コメントどーも

> >平成15年が10年前だと・・・そんな
> これには僕も絶句…10年もたっているというのか

時間って残酷だね

> >"つかささんと過ごした記憶を鋼鉄さんにあげた"
> それでも断片的に横寺に記憶があるということから考えると、あげたのは”家にいた時の思い出”だけなんでしょうかね?
> 次回で全部わかると分かっていてもなんとなくもやもやしたまんまです
> …そしてまさかこの願いもキャンセル!なんてオチにはならないだろうか…

その願いは消してはいけない願いだ!

似ていますね

今回のつくしちゃん、
シャナが石を投げているみたいですね。

失礼します。

Re: 似ていますね

>鳴海みぐJr. さん
シャナさんが全力で投石したばあい軽く死者がでるんじゃないかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3559-d29e8413

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード