fc2ブログ

ハヤテのごとく!Cuties 第12話(最終回)「愛し愛されて生きるのさ」

hayate20121227.jpg

一番大切な君へ…
過去でも未来でも、僕がキミを守るよ。

ハヤテのごとく ! Cuties 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]ハヤテのごとく ! Cuties 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/06/26)
不明

商品詳細を見る
hayate20130703.jpg

幼女にキスだと…

akuse20101120.jpg

「調子こいてんじゃねェぞハヤテくぅぅぅぅん!」

maji20091101.jpg

「幼女は手折るもんじゃねぇ、愛でるものだ」

hyoubu20130327.jpg

「どうやら本番に向けて我々のリミッターを解き放つ時が来たようだね」

kyousuke20121005.jpg

「みんな行くぞ!」


nishina10.jpg

(この夏は彼らの活動が活発的になりそうですね)


感想:
hayate20130704.jpg

結局予想通りナギにキスして解決しましたね。
デコチューでしたけど。
なんか肩すかし食らった感じのラストでしたが
普通のキスよりデコチューの方が難易度高くないか?
と思うのは俺だけ?

hayate20130705.jpg

異空間にいたタヌキと時計男は
ゆっきゅんとシンハイエックだったみたいで
結局のところ娘が心配だっただけなんだろうなこの二人は。
ハヤテという男が本当にナギを大切に思っているのか
それを知りたかったがために今回の事件を起こしたんだと思います。
ナギを大切にするっていうことは何もその身を守るだけじゃない。
彼女の意思や想いを守るということも大切なんだ。
そして数ある選択肢の中で最も難しいけど
最も正解に近い答えを出したハヤテ
彼は本当にナギの執事として相応しい人間なんだろうね。
だから二人は安心して成仏できたと思います。

ruri20121010.jpg

「オイ、私の出番ないのか?」

えーと誰でしたっけ?
たしかツグ…なんとかさん


総括:ハヤテのごとく!Cuties
hayate2013041.jpg

各ヒロイン担当回を1話ずつ放送して行くという
方式で放送されたアニメ第4期
時系列が今までのアニメと繋がっていないことで
正直原作読者以外ついていけなかったんじゃないかと…
それでも前作のCAN'T TAKE MY EYES OFF YOUが
一本道のストーリーだったのに対して1話完結型で解りやすく。
各ヒロインの魅せ方については良かったです。

hamu20090913.jpg

個人的にはハム回が一番でしたね。
うんやっぱり俺、西沢さんが一番好きだ


nikoFC2.jpg

以上、ハヤテのごとく!Cutiesの感想でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
>デコチュー
この程度で許されるなら男だろうが動物だろうが鏡でもいいレベルだと思うんですよね。ちょっと定義を先に決めておくべきだった脚本の甘さが…

>そして数ある選択肢の中で最も難しいけど
最も正解に近い答えを出したハヤテ
・アテネ編においてそうだったんですけど、ハヤテって基本「選べない人間」なんですよね。ヒロインの何らかのアクションが無ければ決して選べず、うじうじし続ける。それが「ヒロインに選んでもらった答え」って感じでどうも主人公としては好きになれないんですよね…

・「キスさえできれば誰でもいい」と言ったり、ゲスさが特に目立った4期。無駄にモテる、ゲス、八方美人。あんまり友達にはなりたくない人。まあ、原作がハヤテが成長するような話ではないのもありますが

>ゆっきゅんとシンハイエック
ここで問題になるのが「黒椿に直接関係しているシンハイエックはともかくなんでゆっきゅんの魂までそこにいるのか」なのだろうか…あの狸は黒椿の中にいたのにシンハイエックはゆっきゅんの死はナギに事情を話す前に知ったばかりって感じだったし(ゆっきゅんが死んだのは失踪後数年後だし)。原作の核心に関わるんでしょうか。

>黒椿
未だ不明な白桜との関係

>よだん
OPといい1巻パッケージといい、ナギの口のあけ方なんとかならなかったんだろうか?
2013/07/04(木) 23:17 | URL | ストライク #93SSyXN.[ コメントの編集]
Re: No title
>ストライクさん
コメントどーも

> >デコチュー
> この程度で許されるなら男だろうが動物だろうが鏡でもいいレベルだと思うんですよね。ちょっと定義を先に決めておくべきだった脚本の甘さが…

あ、そういえばそうですね。
生身の女の子限定だったんじゃないかな?

> >そして数ある選択肢の中で最も難しいけど
> 最も正解に近い答えを出したハヤテ
> ・アテネ編においてそうだったんですけど、ハヤテって基本「選べない人間」なんですよね。ヒロインの何らかのアクションが無ければ決して選べず、うじうじし続ける。それが「ヒロインに選んでもらった答え」って感じでどうも主人公としては好きになれないんですよね…

究極の二択を迫られたとき決断できない優柔不断さが
この男の持つ悪いところだよね

> ・「キスさえできれば誰でもいい」と言ったり、ゲスさが特に目立った4期。無駄にモテる、ゲス、八方美人。あんまり友達にはなりたくない人。まあ、原作がハヤテが成長するような話ではないのもありますが

言い奴のはずなのにハヤテくんのゲス化が激しい。

> >ゆっきゅんとシンハイエック
> ここで問題になるのが「黒椿に直接関係しているシンハイエックはともかくなんでゆっきゅんの魂までそこにいるのか」なのだろうか…あの狸は黒椿の中にいたのにシンハイエックはゆっきゅんの死はナギに事情を話す前に知ったばかりって感じだったし(ゆっきゅんが死んだのは失踪後数年後だし)。原作の核心に関わるんでしょうか。

あ、確かにそうですね。この時系列の謎は・・・
まぁ死後の世界だからなんでもありか。
2013/07/06(土) 01:01 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく!Cuties 感想 第12話「愛し愛されて生きるのさ」

どうもこんばんはTOKIです。 春季アニメも最終回ラッシュを迎えました。 そしてついにハヤテのごとく!Cutiesも最終話。 深夜零時5分前。 綾崎ハヤテは数々のヒロインを前に選択を
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度15周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ