ロウきゅーぶSS 第12話「智花(キミ)がいるだけで」

そして中学生も最高だぜ!
結果は残せなかったけど大きな一歩を踏み出した良い最終回だった。

ロウきゅーぶ! SS 第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray]ロウきゅーぶ! SS 第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray]
(2013/10/30)
花澤香菜、井口裕香 他

商品詳細を見る

rou20130930.jpg

まさかあの状態から負けてしまうとは思わなかった。
最後もっかんのシュートが決まった瞬間勝ったと思ったのに…
小学校生活最初にして最後の公式試合で
初戦で強豪校と当たって接戦で負けるという
スポーツアニメとしては異例の展開。
結局公式戦では1勝もせずにもっかんたちのミニバスは
幕を閉じるわけになったわけだな…

rena20130930.jpg

レナちゃんは結局5年と6年を繋ぎとめるだけの存在で
結果は5ファールで退場という有様だったが
来年恐ろしく強くなって帰ってきそうですね。
あの才能の申し子がちゃんとバスケを練習したら
どうなってしまうのだろうか?
このまま行くと来年も初戦敗退不可避だな。

rou20130931.jpg

代わりにチビリボンがちゃんとライバルやってた気がしました。
もっかんとはこのまま中学でもライバル関係でいてそうですね。

subaru20130930.jpg

Bパートからはメインヒロインのもっかんさんのイベントを
消化したわけだが…女子小学生と冬空の下で天体観測
これがギャルゲーだったら普通に告白タイムだったと思う。
まぁぶっちゃけ完全にプロポーズだったわけだが。

rou20130932.jpg

最後は智花たちが中学生になって
昴がバスケ部に復帰して終了。
中学生になっても高校生になってもコーチ続けるのは
たぶん無理だけど、バスケを通して交流は続いていきそうですね。
疎遠になりそうなのはそれぞれ進路に向かって歩き出した時かな。

tomoka20130930.jpg

ラストシーンで智花にバスケを教えたのは
どう考えても昴なんだろうな。
まさに運命の出会いであったわけだ。
このメインヒロイン力に勝てるヒロインなどおらんだろもう


総括:ロウきゅーぶSS
rou20130707.jpg

前期に比べてよりスポーツアニメらしくなった2期
5年生軍団の襲撃から始まり、最後は公式戦出場で閉め
非常にきれいな形で終わった良い作品でした。

こうして終わってみると…
ちゃんとロリコンスポコン両立させてた作品だったかな。
特にラスト2話はこれが小学生女子のバスケとは
思えないくらいの高等テク+熱い展開の連続で
見てるこっちも熱くなる試合内容でした。

それは人間関係にも言えることで
最初から好感度と信頼がマックス状態の6年生と違って
個性と敵対心が強すぎてイマイチ一つになりきれない
5年生を加えることによって。
試合の中で芽生えるチームの友情っていうのも描けていたと思います。
団体競技で最も必要なものはチームワークであるということは
最後の試合をみればいやでもわかりますね。

ラストということで以下、キャラクターの感想です。


・昴
subaru20130805.jpg

1期では触れられていなかったプレイヤーとしての
昴の在り方や苦難や挑戦を描いたエピソードがあり
ロリコン描写は薄れたように見えましたが…
要所要所で小学生への愛を叫ぶあたり流石四天王だなぁ
某アクセラレーターと並んで、ロリアニメが出るたびに
彼の名言が叫ばれることになるだろう。


・智花
tomoka20130729.jpg

安定したヒロイン力で常にメインヒロインをキープし続けた存在。
昴のベストパートナーであり嫁
これだけハーレム要素のある作品でありながら
ヒロイン争奪戦では圧倒的にもっかんの一人勝ちなんだよね。
唯一の対抗馬は葵なんですけど、どう考えても
幼馴染以上の感情は抱かれないと思うんだ…


・紗季
saki20130707.jpg

愛人要素は1話を除くとそれ以降鳴りを潜め
BL愛好家としての一面も除かせなくなった紗季だが
"みんなのお姉さん"としてのポジションを確保していました。
実際6年の中でも一番しっかりしてるだろうし
雅美とのやり取りも年上としての貫禄が出ていました。


・愛莉
airi20130805.jpg

唯一ライバルキャラのいない六年と言うことで
空気化するんじゃないかという不安があったが
お兄ちゃん参戦と本人の成長イベントのため
むしろ中盤~終盤は目立っていました。
みんなバスケを通して成長していきましたが
なんだかんだで一番成長したのはこの子だと思うんだよな。
綾ちゃんとのやりとりは彼女の成長がよくわかるエピソードでした。


・真帆
misawa20130812.jpg

つばひーとの絡み、そして最終戦での
活躍っぷりからもっかんと並んで目立っていたキャラ。
今思うと1期のころは我儘な面
(昴に無茶ぶりしたり、いきなり飛び出したり)
が見れましたが、2期ではほとんどそんなことはなく
常に明るさと前向きさでみんなを元気づけるポジションだった。


・ひなた
hinata20130924.jpg

イノセントチャームで視聴者を魅了する天使だが
6年生の中では一番空気だった存在
ライバルキャラであるかげつちゃんが
あまり問題のある子じゃなかったせいか
ひなたちゃんに関するメインエピソードは無かったですからね。
それでも一番体力のないと言われてた彼女が
最後の試合でバテることなく戦えたのは
並々ならぬ努力と成長の証が垣間見れました。


・ミミ
mimi20130715.jpg

フランスからやってきた5年生組のエース
父親との関係からてっきりすばるんを巡っての
ライバル関係にもなるのかと思っていましたが、
最後までバスケ一筋なスポコンな子だった。
(というより昴関係は終始もっかん無双だった)
どうでもいいが彼女がシュート打つとなんか気が抜ける


・かげつ
kagetu20130715.jpg

5年組では唯一前作から登場してたキャラで
一番の常識人かつ苦労人。
特に目立ったエピソードもなく終わったが
そもそも彼女の問題は1期で解消されてたんだよね。
ひなたちゃんもそうだけど。


・椿柊
takenaka20130707.jpg

問題児その1,2
実は良い奴でツンデレなあの竹中の妹とは
思えないほど口が悪く我儘な双子たち。
最後の試合にして初めてデレる
兄を男として意識し始めたらどうなるんだろうか?


・雅美
masami20130716.jpg

5年組では一番好きなキャラ
問題児その3だったわけだが
なんだかんだで紗季のことを認めて
延長戦の決め手となるパスを渡したシーンは
2期最大の名シーンだと思う。
あと試合で見せたスナイパーっぷりも良かったね。


・葵
aoi20130812.jpg

ミホ姉の出番を奪うかのように出番に恵まれた2期だった。
相変わらず昴への想いは伝わることなく終わった上に
もっかんがラストでとんでもないフラグを立ててしまうという
滑り台直行間近になっていったわけだが、
なんだかんだで彼女がいたから昴はやってこれたと思う。
個人的には竜一に負けた後の接し方がGJでした。


・竹中
takenaka20130812.jpg

5年後あたりが怖い逸材。
妹の双子はお兄ちゃんラブだし、幼馴染に紗季と真帆がいるし
なんだかんだで後輩に対するフォローは抜群な上に
大穴狙いで年上(葵)もいるしで…
竹中主役でロウきゅーぶ2が作れるぞ。うん
ただ、どうあがいても本命(ひなた)とフラグ立つようには
思えないんだよなー


こんなところか。
個人的に好きだったエピソードは
竜一が出て昴のプレイヤーとしての在り方が
描かれた4、5話のエピソードが好きでしたね。

最後はこの言葉で閉めたいと思います。

小学生は最高だぜ!!


【関連記事】

・ロウきゅーぶ! 第1話「小学生がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」 

・ロウきゅーぶ! 第2話 「小さな少女の願い」

・ロウきゅーぶ! 第3話「明日に架けるパス」

・ロウきゅーぶ! 第4話「昴に願いを」

・ロウきゅーぶ! 第5話「ハードに火をつけて」

・ロウきゅーぶ! 第6話「鉄板(メタル)マスター」

・ロウきゅーぶ! 第7話「君の蕾に恋してる」

・ロウきゅーぶ! 第8話「転生への階段」

・ロウきゅーぶ! 第9話「自由への奔走」

・ロウきゅーぶ! 第10話「美星の悲劇」

・ロウきゅーぶ! 第11話「5人の架け橋」

・ロウきゅーぶ! 第12話(最終回)「僕の夢は君の夢」

・ロウきゅーぶ!SS 特別偏「智花のいちごサンデー」

・ロウきゅーぶSS 第1話「小学生(いのせんと)・わーるど!」

・ロウきゅーぶSS 第2話「フライング決闘」

・ロウきゅーぶ!SS 第3話「パラダイム銀河」

・ロウきゅーぶ!SS 第4話「愚か男」

・ロウきゅーぶ!SS 第5話「オーバーナイト・せんせ~しょん!」

・ロウきゅーぶ!SS 第6話「葵は勝つ?」

・ロウきゅーぶ!SS 第7話「Win,again?」

・ロウきゅーぶ!SS 第8話「I Wish with You」

・ロウきゅーぶ!SS 第9話「Don’t wanna cry 泣きたくない…」

・ロウきゅーぶ!SS 第10話「wanna Be A Gamemaker」

・ロウきゅーぶSS 第11話「dearests」

rouFC2.jpg

来年のゲーム?買うにきまってんだろ!
スポンサーサイト
コメント
No title
>昴
フラグを立てる秘訣を教えていただきたい。

>唯一の対抗馬は葵
それ以前にどう見られていたかだよね。

>ラストシーン
この時からすでに運命はきまっていたとは・・
2013/10/03(木) 22:12 | URL | GTF #-[ コメントの編集]
Re: No title
>GTFさん
コメントどーも

> >昴
> フラグを立てる秘訣を教えていただきたい。

バスケやってて叔母が小学校の教師やってないとだめだろう。

> >唯一の対抗馬は葵
> それ以前にどう見られていたかだよね。

世の中には"ただの幼馴染"というえらく便利でひどい
予防線な言葉があってね…

> >ラストシーン
> この時からすでに運命はきまっていたとは・・

もっかんは最後の最後までメインヒロインイベント連発な子だった。
2013/10/03(木) 23:43 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
昴ともっかんはなんだかんだで4歳差程度だから年齢が上がれば上がるほどちょうど良いカップルになってしまう。今すぐずっと好きだったと告白できれば葵ちゃんにもワンチャンあると思うんだけどな~
2013/10/04(金) 20:45 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: No title
> 昴ともっかんはなんだかんだで4歳差程度だから年齢が上がれば上がるほどちょうど良いカップルになってしまう。今すぐずっと好きだったと告白できれば葵ちゃんにもワンチャンあると思うんだけどな~

実際大人になると4歳差とか別に関係なくなるよね。
2013/10/04(金) 22:29 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロウきゅーぶ!SS 第12話「智花(キミ)がいるだけで」

延長戦。 彗心は智花、真帆、愛莉、ひなた、紗季の5人で試合に挑む。 5人と昴の思いを込めた試合のゆくえは…? 本当に良いバスケアニメでした(笑) ラスト2話の試合シーンは、本当にバスケアニメみたいでしたw  

ロウきゅーぶ!SS 第12話「智花(キミ)がいるだけで」(最終回)

白熱の戦いは硯谷に軍配。 もっかんのシュートは時間切れで届かず、1点差で涙をのみました。 総合力だとまだわずかに硯谷が上のようです。 小学生でのもっかんたちの戦いは終わりましたが、彗心って大学までエスカレーターなんですよね。 かなり結束固いので、ずっと一緒にバスケやりそう。 すばるんたち高校生組は部の活動停止処分が解けてはっぴはっぴ。 もっかんがバスケを始めたきっかけがす...

ロウきゅーぶ!SS 第12話 「智花(キミ)がいるだけで」 感想

思い内にあれば色外に現る―

◎ロウきゅーぶ!SS第12話「智花(キミ)がい...

マホ)よし、パンペキ-)アオイ:六年生でいくのよねミミ)賛成ですツバ)延長戦、がんばれよヒン)応援してるからなマホ)ありがとうロ)決めておきたいことがあるんだけどアイ)みんな...
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住のアニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

2017年もよろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ