FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 11. 24

恋物語 第1話「ひたぎエンドその1」

青春は君に恋するためにある。

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る

gahara20120213.jpg

今週からガハラさんメインのエピソード

kaiki20131124.jpg

「…だと思ったか。今回の主役は俺だよ。
お前が今回得るべき教訓はタイトルから
その話のメインキャラを勝手に推測するなということだ」


mayoi20131119.jpg

「や、それは前回味わいましたから」


まさかの貝木再登場。
ガハラさんが何の打算もなく
卒業式まで延命させたとは思えなかったけど
まさかこいつに頼むことになろうとはな…

まぁ最初に忍野頼ろうとしたんだけど
それがダメだったから彼に行きついたんだろう。
(ガエンさんでも良かったような気がするが
あの人が素直に協力してくれそうにないからな)

【関連記事】

・偽物語 第1話「かれんビー 其ノ壹」

・偽物語 第2話「かれんビー 其ノ弐」

・偽物語 第3話「かれんビー 其ノ參」

・偽物語 第4話「かれんビー 其ノ肆」

・偽物語 第5話「かれんビー 其ノ伍」

・偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」

・偽物語 第8話「つきひフェニックス 其ノ壹」

・偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」

・偽物語 第10話「つきひフェニックス 其の参」

・偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

・猫物語(黒)感想

・猫物語(白)第懇話「つばさタイガー其ノ壹」

・猫物語(白) 第4話「つばさタイガー 其ノ肆」

・猫物語(白) 第5話「つばさタイガー 其ノ伍」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ壹」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ貳」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ肆」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ參」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ壹」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ貳」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ參」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ その4」

・鬼物語 第1話「しのぶタイム其ノ壹」

・鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ參」

nishinafc2.jpg

そういえば前のEDは鬼物語のラストのことをうたっていたんだとニコニコで見て気づいた
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>お前が今回得るべき教訓はタイトルから
その話のメインキャラを勝手に推測するなということだ

原作でも貝木は、ほぼ同じ意味の事を語ってます(もっと回りくどい言い方でしたけど)

>(ガエンさんでも良かったような気がするが
あの人が素直に協力してくれそうにないからな)

まあ、そもそもガハラさんは、臥煙さんと面識がないですしね。
暦も、三つの携帯の内の一つの番号を教えてもらいましたが、普段の臥煙さんの所在地は不明です。

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> >お前が今回得るべき教訓はタイトルから
> その話のメインキャラを勝手に推測するなということだ
> 原作でも貝木は、ほぼ同じ意味の事を語ってます(もっと回りくどい言い方でしたけど)

なんとなく言いそうだと思ったけど、やはりか

> >(ガエンさんでも良かったような気がするが
> あの人が素直に協力してくれそうにないからな)
> まあ、そもそもガハラさんは、臥煙さんと面識がないですしね。
> 暦も、三つの携帯の内の一つの番号を教えてもらいましたが、普段の臥煙さんの所在地は不明です。

ジョーカー的なキャラは基本きまぐれに手を貸してくれるだけですからね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3835-86cde6a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語シリーズ セカンドシーズン 第21話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹」

恋物語 ひたぎエンド、スタート!  千石撫子の死の宣告から逃れるため貝木を頼った戦場ヶ原。 話を聞いた貝木は、損にしかならないことだが。 自問自答して、引き受ける理由を探す貝木の性格が難儀ですね(笑)  一月一日、宿敵である貝木泥舟に電話をかけた戦場ヶ原ひたぎ。 それは自分と、そして阿良々木暦を「死の宣告」から救うための、苦渋の選択だった。  
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード