FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2013. 12. 22

恋物語 第5話「ひたぎエンドその5」

詐欺師のミス。
失敗した失敗した私は失敗した。

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る

nadeko20131222.jpg

「貝木さんも私を騙すんだね」

やっちまったよ貝木さん…
最後の最後でとんでもないチョンボしちまったよ。
「誰の話も相手にしていない」という羽川の忠告通り、
他人の意見なんか知ったこっちゃなく
自分自身な殻で完結している撫子にとって
アララギさんたちが死んだという報告は
嘘にしか思えなかったわけだな。

kaiki20131222.jpg

余裕綽々のヌルゲーっと思いきや
たった1回のミスで取り返しのつかない状況になってしまったわけだが
ここからどうやって巻き返すつもりなんだろうか?
やっぱり、あのクローゼットの中身がカギになりそうですね。
そういや花澤さん、東京レイヴンズでもクローゼットの中に
秘密抱え込んでいましたよね。

bake20131222.jpg

実はガハラさんのために宗教団体潰したりして
娘を売ろうとした母親を離婚させることで
ガハラさんを守ろうとしたわけだが恨まれてる。

この話を聞いたとき貝木を見る目が少し変わりました。

なんか回を進めていくうちに
貝木って実はものすごい良い奴なんじゃないかなと
思い始めてくるから不思議だ。
あれか?敵キャラが味方になった瞬間
なんかそれまでの行いがまるで嘘のように
善良化する少年漫画的なアレなのか?


ともあれ、来週全てが解決するみたいですけど
アララギさんは出番なしなんだろうな。

【関連記事】

・偽物語 第1話「かれんビー 其ノ壹」

・偽物語 第2話「かれんビー 其ノ弐」

・偽物語 第3話「かれんビー 其ノ參」

・偽物語 第4話「かれんビー 其ノ肆」

・偽物語 第5話「かれんビー 其ノ伍」

・偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」

・偽物語 第8話「つきひフェニックス 其ノ壹」

・偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」

・偽物語 第10話「つきひフェニックス 其の参」

・偽物語 第11話「つきひフェニックス 其ノ肆」

・猫物語(黒)感想

・猫物語(白)第懇話「つばさタイガー其ノ壹」

・猫物語(白) 第4話「つばさタイガー 其ノ肆」

・猫物語(白) 第5話「つばさタイガー 其ノ伍」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ壹」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ貳」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ肆」

・傾物語 第閑話「まよいキョンシー 其ノ參」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ壹」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ貳」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ 其ノ參」

・囮物語 第乱話「なでこメドゥーサ その4」

・鬼物語 第1話「しのぶタイム其ノ壹」

・鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ參」

・鬼物語 第忍話「しのぶタイム 其ノ四」

・恋物語 第1話「ひたぎエンドその1」

・恋物語 第2話「ひたぎエンドその2」

・恋物語 第3話「ひたぎエンドその3」

・恋物語 第4話「ひたぎエンドその4」


nishinafc2.jpg

もう二度と戻らない言葉
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>撫子
誰も疑わない代わりに誰も信用していない相手にしていない

>貝木
この物語は貝木の片思い物語…でいしゅうエンド
なんだ今まで同じか…貝木はロリコンすなあ

>次回
優しい嘘は人を救うこともできる
貝木主人公すぎる…

No title

貝木自身が言ってるんですよね、撫子は暦の事さえ本当の意味では信じてなかったと。 
撫子の表面的な幼稚さや頭の悪さに惑わされて、一緒に遊んでやる事で信用関係を構築したつもりになってたのが間違いだったわけですね。
撫子の闇を見抜いたつもりで、甘く見ていたのが貝木の今回の失敗でした。

>この話を聞いたとき貝木を見る目が少し変わりました。

一方さんの妹達への暴虐の奥には実は・・・というのを思い出しました。 当時の一方さんと違って貝木は積極的にガハラさんを助けようとしていたわけですから、より好感が持てますね。(これまでの生き方を後悔して、必死に打ち止めを救おうとした一方さんもかなり好きですが)
貝木は悪党には違いないですが(撫子のクラスに「おまじない」を蔓延させたり、火燐ちゃんに蜂を憑かせた件は言い訳の余地がないですし)根っからの悪人ではないのでしょうね。 
まあ、そうでなければ、忍野や影縫さんが、友人付き合いなどしないでしょうけど。

No title

>善良化する少年漫画的なアレ
それに沿うと味方になった瞬間に一気に弱体化補正がかかってるのが今の貝木ですね…

なんにしてもやべえよ!貝木さん!
それにしても物語シリーズ、全体的にアララギ君の出番ある回の方が少ないなぁ…

Re: No title

>ストライク さん
コメントどーも

> >撫子
> 誰も疑わない代わりに誰も信用していない相手にしていない

一番大切を決められない人間って悲しいな。

> >貝木
> この物語は貝木の片思い物語…でいしゅうエンド
> なんだ今まで同じか…貝木はロリコンすなあ

ああ、だから恋物語なんか

> >次回
> 優しい嘘は人を救うこともできる
> 貝木主人公すぎる…

自分さえも欺くペテン師

Re: No title

> 貝木自身が言ってるんですよね、撫子は暦の事さえ本当の意味では信じてなかったと。 
> 撫子の表面的な幼稚さや頭の悪さに惑わされて、一緒に遊んでやる事で信用関係を構築したつもりになってたのが間違いだったわけですね。
> 撫子の闇を見抜いたつもりで、甘く見ていたのが貝木の今回の失敗でした。

その点だと一番撫子の本質に気付いたのは羽川かもしれない。
どんだけだよ羽川!

> >この話を聞いたとき貝木を見る目が少し変わりました。
> 一方さんの妹達への暴虐の奥には実は・・・というのを思い出しました。 当時の一方さんと違って貝木は積極的にガハラさんを助けようとしていたわけですから、より好感が持てますね。(これまでの生き方を後悔して、必死に打ち止めを救おうとした一方さんもかなり好きですが)
> 貝木は悪党には違いないですが(撫子のクラスに「おまじない」を蔓延させたり、火燐ちゃんに蜂を憑かせた件は言い訳の余地がないですし)根っからの悪人ではないのでしょうね。 
> まあ、そうでなければ、忍野や影縫さんが、友人付き合いなどしないでしょうけど。

敵キャラの心情が明かされてどんどん好きになるのは
よくあること。主に少年漫画で

Re: No title

>ドクダミント さん
コメントどーも

> >善良化する少年漫画的なアレ
> それに沿うと味方になった瞬間に一気に弱体化補正がかかってるのが今の貝木ですね…

ベジータ「せやな」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/3881-57fafbd5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード