FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2008. 01. 20

仮面ライダー電王 最終話

最終回だよ、全員集合!
未来でまた会おう。
仮面ライダー電王 VOL.6仮面ライダー電王 VOL.6
(2008/01/21)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る
ゲロ燃え注意報!!
最終決戦ということで今までの敵イマジンも総出演でした
(だったら最初から大量のイマジンを送り込んどけよと言う野暮な突っ込みは無しの方向で)
良太郎以外の誰もが自分の存在そのものを賭けて戦うと言う燃える展開
特に最後の味方イマジン総出撃シーンでは鳥肌立ちっぱなしでした
しかしあっさりと迎えに行けたのはちょっとがっくりでしたが…
それでもモモ、ウラ、キン、リュウ、ジーク、ゼロノスによる
「俺達の必殺技パート ファイナル」は凄かったです。
ゼロノスも最後の最後で今まで出番の少なかったベガフォームを使うとはわかっていらっしゃる
そんな奴らが一丸となって守れない未来なんて無い!
と言わんばかりに決着は付きました。

ハナさん=愛理さんの子供ってのはちょっと予想してなかったな…
でもカード全部使い切って桜井の存在が消えたから
ハナさんの存在は消えるんじゃないのか?
あぁだから消えた時間とゼロライナーは関係があるんだ…
ここら辺のちゃんと説明して欲しかったんですが、まぁそこは自分の頭の中で補完するとしよう

そしてカイの消滅とともに消えていくイマジンたち
侑斗が椎茸を食べたシーンは反則だろ。゚(゚´Д`゚)゜。
でもその後ちゃぶ台ひっくり返したみたいなオチが来たときは
思わず「俺の涙を返せ!」と叫びそうになったが、オーナーのセリフから察するに
コレまでの良太郎とイマジンたちの記憶がイマジンたちを存在させた
ということでFAでしょうか?

総括:仮面ライダー電王
ここ一年、かなり楽しませてもらいました電王
最初「電車のライダー」と聞いてここまでのヒット作になると誰が予想したでしょうか?
実際関連商品はけっこう売れたと思いますし、映画も良かったですから。
とにかくイマジンたちの強烈すぎるキャラクターと中の人の演技が印象的でした。
存在そのものを賭けて戦う二号ライダーゼロノスの泣かせるエピソードも良かったし
なにより至上最弱ライダーと言われた良太郎のたくましいまでの成長が素晴らしかった。
でもある意味、芯の強さは歴代ライダーの中でも屈指の強さを誇ってたような…
笑えるエピソードもある中、ちゃんと燃えエピソードも多く
俺的にはかなり満足できる結果でした。

来週から始まるキバに着いてはまた後ほど。

b_03.gif

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/394-db80c440

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード