FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2014. 12. 03

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話「決戦のソロモン」

sekai20141202.jpg

限界なんてない。
三つの心がひとつになれば
一つの正義は百万パワー

ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(ハイグレード版)(初回限定生産)ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(ハイグレード版)(初回限定生産)
(2015/03/27)
冨樫かずみ、内田雄馬 他

商品詳細を見る

・親父にもぶたれたことないのに
BF20141203.jpg

ここのスガさんマジでカッコよかったわ。
確かに戦った相手への侮蔑とか人として最低だし
アニメ的に言うと負けフラグにしかならないもんな。
「そういうことしてると
人としての器が小さくなるんだ。」
はマジで正論。
これはヨミちゃんがスガさんに惚れるわきっと


・今週のサカイミナト
minato20141203.jpg

「ときめくお名前」って…お前それ
フェリーニのパクリじゃねぇか!
って思ったが、あの世界では流行ってんのかね?
(元ネタはおそらくキングゲイナーだろうが)
でも、どう考えても相手にされてないよ君。
出てきて勝利フラグを立てるお仕事お疲れ様でした。


・特訓
simon20141203.jpg

決勝前にかつての敵が現れて特訓に付き合ってくれるとか、
どこの最終回前のイベントだよ。
決勝戦で魅せたアレは見事にシモンの見切りと
ギャン子の防御の合わせ技ってことなんだろうな。
あれが無かったら確実に負けてただろう。
どうでもいいが、シモンは登場時にかっこつけるためだけに
あの滑り台の上に上ったのだろうか?
意外とお茶目さんだね君


・燃え上がれガンプラ
yuma20141203.jpg

両チーム死力を尽くしての激突。
ユウマはハイメガ食らったとき確実にやられたと思ったが、
そこからビームサーベルで反撃
→自分の身を捨てて攻撃という流れは熱かった。
「違う、今の僕はファイターだ」っていう返しも良かった。

BF20141204.jpg

VガンダムとGファイターが合体した時は驚いたけど
やたら足を飛ばしまくってたVと
ガンダムの支援機として作られたGファイターが
合体しても何ら不思議じゃありませんね。
これぞ作品の枠を超えた合体。これでこそビルドファイターズだ

sekai20141203.jpg

勝負の決め手となったのは三位一体となった攻撃と
ビルドバーニングの超性能なんですが、
ついにガンプラバトルでのダメージが
人体にまで及ぶようになりました。

なんだその闇のゲーム?
もしかして、セイはそれに気づいて
ビルドバーニングを隠したのかもしれない…
使い続けたらヤバイ系の機体だったりしないよな。
最終回真っ白に燃え尽きたエンドはやめちくり

meijin20141203.jpg

しかし、メイジンがまったく変わってなくて安心した。
いくつになっても子供の心を忘れない大人だ。
それにしてもGレコのマスクに
BFTのメイジン・カワグチ
同時期放送のガンダム作品で
仮面キャラを同時に演じた声優ってもしかして史上初なのでは?

mirai20141203.jpg

次回はお姉ちゃん主体の水着回
地区予選終わったら水着回やるの伝統なんだろうか?
そしてサブタイトルがなんとも艦これっぽい

【関連記事】

・ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」

・ガンダムビルドファイターズ 第2話「紅の彗星」

・ガンダムビルドファイターズ 第3話「フルパッケージ」

・ガンダムビルドファイターズ 第4話「ガンプラアイドル キララ☆」

・ガンダムビルドファイターズ 第5話「最強ビルダー」

・ガンダムビルドファイターズ 第6話「戦う理由」

・ガンダムビルドファイターズ 第7話「世界の実力」

・ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」

・ガンダムビルドファイターズ 第9話「想像の翼」

・ガンダムビルドファイターズ 第10話「開幕!世界大会」

・ガンダムビルドファイターズ 第11話「ロワイヤル」

・ガンダムビルドファイターズ 第12話「ディスチャージ」

・ガンダムビルドファイターズ 第13話「バトルウェポン」

・ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名(コードネーム)C」

・ガンダムビルドファイターズ 第15話「戦士(ファイター)のかがやき」

・ガンダムビルドファイターズ 第16話「再会、父よ?」

・ガンダムビルドファイターズ 第17話「心の形」

・ガンダムビルドファイターズ 第18話「ブラッド・ハウンド」

・ガンダムビルドファイターズ 第19話「アストレイの刃」

・ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」

・ガンダムビルドファイターズ 第21話「きらめく粒子の中で」

・ガンダムビルドファイターズ 第22話「名人VS名人」

・ガンダムビルドファイターズ 第23話「ガンプラ・イブ」

・ガンダムビルドファイターズ 第24話「ダークマター」

・ガンダムビルドファイターズ 第25話(最終回)「約束」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第1話「風を呼ぶ少年」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第2話「結成!トライ・ファイターズ」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第3話「その名はギャン子」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第5話「憧れと挑戦を胸に」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第6話「戦場の支配者」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第7話「素組みのシモン」

・ガンダムビルドファイターズトライ 第8話「この盾に誓って」

ritobasuFC2.jpg

全国大会行ったらOP変わるのかな?
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

ビルドバーニングをドムに隠したのはリアルの肉体にダメージがフィードバックされるからですかね。カードゲームだとよくあることですが・・・。       セイ君ひょっとしてアリスタでも使ってるのかな?

かってのライバルとの特訓、こういう熱い展開は大好きです。
シモンの再登場は嬉しかったです。

メイジンは出てくるだけで笑える反則キャラだと思います。
変わりなくて良かったです。シリアスな笑いというやつですね。

No title

試合開始前の観客達にカマキリ部長と副部長のバカップルが・・(ハートが出てるし)

シモンさんみたく登場の為にワザワザ登ったのかよみたいのというと漫画版BDのイフリートだなぁ~

ヨミが会場に来てヤス君実はガッカリしているんじゃ?とか思ってしまった。

Gファイターのミサイルがビグザムの爪っていうのも因縁深いというか
戦場もソロモンだし。

前回登場したアランはそれなりに年をとった感じだったけどメイジンはグラサンのせいかもしれないけど若く感じる。早くバトルに参戦しないだろうか?いち早く動くレッドウォーリアを見てみたい。

スガ△
予選は間違いなく前作を越えましたね、チーム戦の良さが全面的に押し出されてた感じ実にGoodですb(笑)

自分はライトニングやられてないと確信してました。だって演出的には00の金ジム(大)の不意討ちビームくらった電池さんの前後逆転させただけだもんアレ(笑)

No title

今回の対決は僕的には試合に勝って勝舞に負けた感じがしますね。
百万式がダメージの限界であの場面で壊れたのは運の要素が強かったですし、
百万式を仕留め切れなかったユウマも本当の意味で
ミナトが作った機体に勝ったとも言いがたいですし。

No title

スガさんかっけえ!て今回思う回でした。
(ちなみに自分の地域では火曜日に初代ガンダムの再放送がやっているのですがよりにもよってやっていたのはスレッガーさん退場回でした。しかも自分がメールに気を取られた一瞬のうちに死んでしまい、前情報で知っていたものよりあっさりしていて驚愕しました。)

スドウさんの叫びは前作キャラへのアンチテアーゼに思えました。前作はキャラたちの思い通りのガンプラは作れてて後はそれをどう動かすか、どう戦うかに比重が置かれてましたからね(無論作るまでにはたくさんのエピソードはありましたけど)、といっても前作は世界大会が舞台だったので比べるのは少しおかしいのですが。
スドウさんが「自分で作ったガンプラで勝つ」というポリシーを曲げてまで百万式を得たことを考えるとあの世界ではセイやユウキ会長やユウマ、マオのように学生で高レベルのビルダーとファイターを1人で両方こなすのは難しいのだと思います(セイはレイジとタッグ組んでましたけど)。
最後のスドウさんの台詞を聞いていて前作のキャラたちの悩み(セイのバトルがうまくできない、マオの勝つイメージが浮かばない)は結構ぜいたくな悩みなのでは(前作キャラたちは思い通りのガンプラはできていてそのうえで悩む、スドウさんは思い通りにガンプラができずそのうえで悩む)と思って、そんな自分に自己嫌悪に陥る自分がいました。
すみません前作をディスるわけではないのですが実際文字に起こすとこんな感じになってしまう。長文失礼しました。

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> ビルドバーニングをドムに隠したのはリアルの肉体にダメージがフィードバックされるからですかね。カードゲームだとよくあることですが・・・。       セイ君ひょっとしてアリスタでも使ってるのかな?

実はもうアリアンでレイジと再会済みだったりして。

> かってのライバルとの特訓、こういう熱い展開は大好きです。
> シモンの再登場は嬉しかったです。

かつてたたかった敵が友になるって
どこまでGガンダムな展開だよとおもった。

Re: No title

>らっちさん
コメントどーも

> 試合開始前の観客達にカマキリ部長と副部長のバカップルが・・(ハートが出てるし)

末永く爆発しろ!

> シモンさんみたく登場の為にワザワザ登ったのかよみたいのというと漫画版BDのイフリートだなぁ~

4コマとかだったら絶対ネタにされる

> ヨミが会場に来てヤス君実はガッカリしているんじゃ?とか思ってしまった。

ヤスは犠牲になったのだ

> Gファイターのミサイルがビグザムの爪っていうのも因縁深いというか
> 戦場もソロモンだし。

スレッガーが命を落とした機体を使うとは…因縁か

> 前回登場したアランはそれなりに年をとった感じだったけどメイジンはグラサンのせいかもしれないけど若く感じる。早くバトルに参戦しないだろうか?いち早く動くレッドウォーリアを見てみたい。

メイジンは波紋を会得してるから歳を取らないんだよ。

Re: タイトルなし

>Cannoさん
コメントどーも

> スガ△
> 予選は間違いなく前作を越えましたね、チーム戦の良さが全面的に押し出されてた感じ実にGoodですb(笑)

ガンプラ学園のことを考えるとスガは今後も出番ありそうですね。

> 自分はライトニングやられてないと確信してました。だって演出的には00の金ジム(大)の不意討ちビームくらった電池さんの前後逆転させただけだもんアレ(笑)

OOのガンダムはボロボロになってからが本番だからな。
特にロックオン兄弟

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> 今回の対決は僕的には試合に勝って勝舞に負けた感じがしますね。
> 百万式がダメージの限界であの場面で壊れたのは運の要素が強かったですし、
> 百万式を仕留め切れなかったユウマも本当の意味で
> ミナトが作った機体に勝ったとも言いがたいですし。

もしビルドバーニングの製作者が別の人間だったら…
違う結果になってたんだろうな。

Re: No title

>とりとりさん
コメントどーも

> スガさんかっけえ!て今回思う回でした。

スレッガーさんはゲームとかだとかなりかっこよく散ることが多い

> スドウさんの叫びは前作キャラへのアンチテアーゼに思えました。前作はキャラたちの思い通りのガンプラは作れてて後はそれをどう動かすか、どう戦うかに比重が置かれてましたからね(無論作るまでにはたくさんのエピソードはありましたけど)、といっても前作は世界大会が舞台だったので比べるのは少しおかしいのですが。

思えば前作のメンツはどいつもこいつも化け物揃いだったな。

> スドウさんが「自分で作ったガンプラで勝つ」というポリシーを曲げてまで百万式を得たことを考えるとあの世界ではセイやユウキ会長やユウマ、マオのように学生で高レベルのビルダーとファイターを1人で両方こなすのは難しいのだと思います(セイはレイジとタッグ組んでましたけど)。

セイとレイジは一番良いやり方で勝負してたってことか。
はっきり言ってズルじゃんと思うが、
世界大会でメイジンもやってたしな。

サカイ、メイジン「後は田中敦子さんが出ればジョジョ的因縁が完成だな。」

それにしても顔面ビターンはスッキリしました。
ホビーアニメなのに死者が出ない(この思考回路の時点で重症な気がしますが。)作品だけにどうあのゲス発言が断罪されるか気になっただけに。

それにしてもお互い総力戦感が凄まじかったです。
本当に破壊再現度Bじゃ無かったら次回が水着回で無く漢の修理、もしくは新機体調達回になってたかと。

Re: タイトルなし

> サカイ、メイジン「後は田中敦子さんが出ればジョジョ的因縁が完成だな。」

杉田「俺は?」

> それにしても顔面ビターンはスッキリしました。
> ホビーアニメなのに死者が出ない(この思考回路の時点で重症な気がしますが。)作品だけにどうあのゲス発言が断罪されるか気になっただけに。

遊戯王だったら無言の腹パンだった

> それにしてもお互い総力戦感が凄まじかったです。
> 本当に破壊再現度Bじゃ無かったら次回が水着回で無く漢の修理、もしくは新機体調達回になってたかと。

でも破壊再現度が低くなったせいか緊張感なくなったよな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/4367-57b5b12f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話 『決戦のソロモン』 ≪あらすじ≫  トライファイターズの決勝戦の相手は昨年の地区予選優勝校、宮里学院のチーム、Gマスターに決まった。それぞれの決意と思いを秘めて決勝戦へと挑む両チーム。決勝戦のフィールドは宇宙要塞ソロモン。要塞宙域で心形流、サカイ・ミナト作の百万式を操作するスドウとユウマのライトニングガンダムが戦いの火蓋を切った頃、セカイと...

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話「決戦のソロモン」

ガンダムビルドファイターズトライの第9話を見ました。 第9話 決戦のソロモン トライファイターズの決勝戦の相手は昨年の地区予選優勝校・宮里学院のチーム、Gマスターに決まり、決勝戦は宇宙要塞ソロモンで戦うこととなる。 要塞宙域で心形流サカイ・ミナト作の百万式を操作するスドウとユウマのライトニングガンダムが戦いの火蓋を切った頃、セカイとフミナも要塞内で先回りして待ち構えてい...

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話『決戦のソロモン』 キャプ付感想

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話『決戦のソロモン』 感想(画像付) 三位一体の燃える決勝戦! 逆転につぐ逆転、両チーム死力を尽くし激闘でした。 セカイの特訓に付き合ってギャン子ちゃん、良い子ですね。 カッコイイぞw トライファイターズの決勝戦の相手は昨年の地区予選優勝校、宮里学院のチーム、 Gマスターに決まった。 それぞれの決意と思いを秘めて決勝戦へと挑...

ガンダムビルドファイターズトライ 第9話『決戦のソロモン』感想

 ガンダムビルドファイターズトライ Blu-ray BOX 1(スタンダード版)(期間限定生産)(2015/03/27)冨樫かずみ、内田雄馬 他商品詳細を見る    G-マスターとの決勝、  最後までどっちに転ぶか分からない展開にドキドキしっ放し!  特に、スドウとアキラのアダルトな男キャラ二人が熱くて燃え燃えでした。  というわけで、以下ビルドファイターズトライ 第9話『決戦...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード