FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2015. 06. 06

魔法少女リリカルなのはViVid 第10話「勝利の為に」

syante20150606.jpg

大変だ、この子したちちはみ出してる
良いのか?シスターがそんな恰好していいのか?

・経験者は語る
nanoha20150606.jpg

高町さん曰く「友達と戦うのは気が重い」
らしいですけど、その友達相手に容赦なく
バインド→ディバイン→スターライトの黄金コンボを
決めておいてどの口が言うんでしょうかねこの人は…
(まぁあのときのフェイトそんは友達じゃなかったからね)


・ヴィクトーリアVSシャンテ
syante20150607.jpg

分身戦法を使ってシャンテが圧倒したかに見えたが
自力の差もありヴィクトーリアが勝利。
切り札が分身とか、まるでどこぞの凡人のようだな。
(あっちは幻覚みたいなものでしたけど
こっちは完全に質量を持ったナルトの影分身みたいなものか)

syante20150608.jpg

まぁ回想シーンを流した時点で
負けフラグは立っていたと思いましたがね。
しかし幼女におもいっきり顔面パンチして
連れ帰って教育するとか過激ですね聖王教会


・コロナVSアインハルト
korona20150608.jpg

先制ロケットパンチで時間を稼ぎ
ゴーレムを生成したコロナ。
チームナカジマのメンバーどうしの戦いの決着は次回に持ち越される。
(まぁ副主人公的な立場のアインハルトが負けるとは思いませんが
コロナがどれだけ奮闘するのかが楽しみ)

しかし、コロナちゃんが教えたはずの無い技使ったとき
ノーヴェ師匠に頭冷やされるんじゃないかと思ったのは俺だけ?
高町さんだったら「何で私の教えたことしないで暴走してるのかな?かな?」
って言いながら頭冷やしてきたと思うんだ。


【関連記事】

・魔法少女リリカルなのはViVid 第1話「セイクリッド・ハート」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第2話「アインハルト・ストラトス」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第3話「本当の気持ち」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第4話「ブランニュー・ハート」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第5話「サプライズ・アタック」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第6話「マッチアップ・デュエル」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第7話「ニュー・ステージ!」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第8話「ライバル!」

・魔法少女リリカルなのはViVid 第9話「インターミドル・チャンピオンシップ」

nikoFC2.jpg

コロナ「ゴーレムじゃなくてザ・フール生成してもいいですか?」

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

私的ベストバウト・アイコロ戦スタート

>高町さんだったら「何で私の教えたことしないで暴走してるのかな?かな?」
>って言いながら頭冷やしてきたと思うんだ。

皆なのはさんを誤解しているw

なのはさんだって「教えてない事をする事自体」は否定してない。
あれはただ、使い所が悪かっただけw
「教えた事を練習する場面で」「目に見える結果にだけ囚われた」故のお叱り。

対してコロナのは、ノーヴェの鼻をあかしたいが為だけの自己満足ではなく、
純粋に試合に勝つための秘策なので…ぶっつけ本番しなかっただけコロナは良い子w
「…ソレ危険じゃね?」ってのはまた別の話w

あの時シグナム姐さんも言っていた。「本当に必要なら」無茶だって通せばいい、とw
その思想はViVidでも健在なりw

No title

>「友達と戦うのは気が重い」
友人じゃなけりゃ教え子だろうと容赦なく攻撃を仕掛ける上に周りが止めないからなおひどい。

>顔面パンチ
力ずくプラス巧みな話術で子供を勧誘するのが管理局と教会のやり方ですしね。

>高町さん
自分が無茶をしてけがをしちゃったから止めさせようとの考え方だけど他の人間はそれ以上を求められるのが社会のやり方です。

戦う度確実に、友も、自分も、好きになろうと

・なのは一尉は友達と派手にドンパチした事があるからこそ、
その苦しさとそうしなければならない事があるというのが
分かるのでしょう。自分の意思を押し殺して友達に追従するよりも
泣きながら友と掴み合いをする事を選ぶのがなのは一尉。
このシリーズを見続けている人はなんだかんだいってもそんな
見方によっては泥臭い友情が好きなんですよ。

・シャンテとヴィクトーリアの試合は戦いはなんだかんだ言って、
「力」がものをいうという展開でした。
奇襲型は攻においては威を発揮するが守勢になると色を失うという事も
あったとは思いますが。前回ミウラが回想入ったけど勝ったから
回想=負けフラグとは言い切れないのでは?

・「Strikers」第8話でなのは一尉が怒ったのは練習中は言うとおりに
していたのに、準本番である模擬戦でチームを巻き込む無茶を
相談なしでしたからです。たとえ無茶な事でも本番前の相談だけで
こじれるとか私はちらとも考えていませんでしたよー。

・次回は多分まるまる一話分使ってコロナ対アインハルトの激闘です。
コロナは強いです。多分原作未読の人達が思っているよりもずっと。
そして次回でチーム・ナカジマ初の敗退者がでます。

No title

>友達相手に容赦なく
娘にも容赦なかった気がするんですが…

>幼女におもいっきり顔面パンチ
そげぶ「顔面パンチとか」一通「ロリコンの風上にもおけない」

Re: No title

>よしのさん
コメントどーも

> >高町さんだったら「何で私の教えたことしないで暴走してるのかな?かな?」
> >って言いながら頭冷やしてきたと思うんだ。
> 皆なのはさんを誤解しているw
> なのはさんだって「教えてない事をする事自体」は否定してない。
> あれはただ、使い所が悪かっただけw
> 「教えた事を練習する場面で」「目に見える結果にだけ囚われた」故のお叱り。

でも試合前に伝えてなかったら、ゼッタイ怒られてたと思うぞ。

Re: No title

>GTFさん
コメントどーも

> >「友達と戦うのは気が重い」
> 友人じゃなけりゃ教え子だろうと容赦なく攻撃を仕掛ける上に周りが止めないからなおひどい。

やめろ、それ以上はいけない

> >顔面パンチ
> 力ずくプラス巧みな話術で子供を勧誘するのが管理局と教会のやり方ですしね。

…すごくブラックな気がしてきたぞ

Re: 戦う度確実に、友も、自分も、好きになろうと

>アルキュオネ さん
コメントどーも

> ・なのは一尉は友達と派手にドンパチした事があるからこそ、

わかっちゃいたけど、この作品の女子はみんな心は漢だね

> ・シャンテとヴィクトーリアの試合は戦いはなんだかんだ言って、
> 「力」がものをいうという展開でした。

スピードタイプの攻撃が防御型にダメージ与えられなかったってことだろう

> ・次回は多分まるまる一話分使ってコロナ対アインハルトの激闘です。
> コロナは強いです。多分原作未読の人達が思っているよりもずっと。
> そして次回でチーム・ナカジマ初の敗退者がでます。

まぁ確実にどっちかが負けるからね

Re: No title

>okkunnさん
コメントどーも

> >友達相手に容赦なく
> 娘にも容赦なかった気がするんですが…

とりあえずスターライトブレイカーをかました相手とはだいたい仲良くなれる

> >幼女におもいっきり顔面パンチ
> そげぶ「顔面パンチとか」一通「ロリコンの風上にもおけない」

男女平等でパンチする人と幼女意外に容赦しない人は黙ってください。

No title

>良いのか?シスターがそんな恰好していいのか?

教会の宣伝が目的の割には、シスターらしさ皆無…

>高町さん曰く「友達と戦うのは気が重い」

戦えないとは言ってない

>しかし幼女におもいっきり顔面パンチして
連れ帰って教育するとか過激ですね聖王教会

辛い物好きと八極拳の達人がウジャウジャいる教会よりは優しい。

>高町さんだったら「何で私の教えたことしないで暴走してるのかな?かな?」
って言いながら頭冷やしてきたと思うんだ。

ノーヴェさん、あの時はいなかったからなあ…
もしなのはさんが師匠だったら…
…危うく試合前に心を折れられるところでした…

No title

>ノーヴェ師匠に頭冷やされるんじゃないかと思ったのは俺だけ?
ノーヴェさんはその無茶しようとする気持ちを受け止めた上で間違いを起こさないように指導するタイプだと思う。それがノーヴェの優しいところであり、甘いところでもある。
地味にノーヴェのコーチとしての成長も見所の一つ。

シャンテはシスターを増やしたいと言ったが、絶対”普通なシスター”志望者が来ないぜ…

このシリーズのキャラは大体やられる前にやっちょうタイプだから、ヴィクターみたいな重装甲型が珍しい。
あと今まで気付かなかったが、ヴィクターの仕込み刀がミカヤさんの真似ですね。

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> >良いのか?シスターがそんな恰好していいのか?
> 教会の宣伝が目的の割には、シスターらしさ皆無…

男性なら飛びつくかもしれませんね

> >高町さん曰く「友達と戦うのは気が重い」
> 戦えないとは言ってない

たしかに

> >しかし幼女におもいっきり顔面パンチして
> 連れ帰って教育するとか過激ですね聖王教会
> 辛い物好きと八極拳の達人がウジャウジャいる教会よりは優しい。

そんなことないぞ。あっちの協会だってまともな人間は…

> >高町さんだったら「何で私の教えたことしないで暴走してるのかな?かな?」
> って言いながら頭冷やしてきたと思うんだ。
> ノーヴェさん、あの時はいなかったからなあ…
> もしなのはさんが師匠だったら…
> …危うく試合前に心を折れられるところでした…

スバル「トラウマが」ティアナ「蘇る」

Re: No title

>三日坊主さん
コメントどーも

> >ノーヴェ師匠に頭冷やされるんじゃないかと思ったのは俺だけ?
> ノーヴェさんはその無茶しようとする気持ちを受け止めた上で間違いを起こさないように指導するタイプだと思う。それがノーヴェの優しいところであり、甘いところでもある。
> 地味にノーヴェのコーチとしての成長も見所の一つ。

ノーヴェさんは厳しいように見えて実は優しい。
高町さんところがスパルタすぎるのかな

> シャンテはシスターを増やしたいと言ったが、絶対”普通なシスター”志望者が来ないぜ…

数年後、自分が分身してシスターを増やすことに成功したシャンテちゃんの姿が


アインハルト:ティオを体に入れる。
コロナ「じゃあ私もこの犬を」
イギー「犬好きの子供はほっておけないぜ・・・いや、流石に融合は無理無理!!」

確かに高速戦闘は汗をかくから通気性の高い服等は理にかなってる・・・が流石にあれはシスターとして問題あると思いました。
あとシャンテはフェイトさんの遠い知り合いのナルトの指導を受けると更に強くなれそうな気がする。(しかしその結果逆ハーレムの術をマスターして戻ってきそうである。)

そしてコロナVSアインハルト
師匠が昔無茶(苦茶)してたノーヴェだけに型に収まらない指導が功を成した感があります。
しかしあれを見るとルフィのギア3を思い出しました。

Re: タイトルなし

> アインハルト:ティオを体に入れる。
> コロナ「じゃあ私もこの犬を」
> イギー「犬好きの子供はほっておけないぜ・・・いや、流石に融合は無理無理!!」

中の人同じだしイケるイケる!
毒舌天族とウルトラハッピーなプリキュアも一緒にどうぞ

> 確かに高速戦闘は汗をかくから通気性の高い服等は理にかなってる・・・が流石にあれはシスターとして問題あると思いました。

きっと男性客は目のやり場に困っただろう。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/4651-b37fc0c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【魔法少女リリカルなのはViVid】第10話『勝利のために!』 キャプ付感想

魔法少女リリカルなのはViVid 第10話『勝利のために!』 感想(画像付) シャンテちゃんもコロナちゃんも、自分の思いのために勝とうと頑張ります! いいですね、頑張る魔法少女たち! シスターなのに、けしからんシャンテの下乳コスはいいのかと思いますけどw    ミウラがミカヤを破り、ヴィヴィオ達ルーキーファイターが次々と勝ち 上がるコトで大いに盛り上がるインターミドル...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード