fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2015. 09. 27

Charlotte(シャーロット) 第13話「これからの記憶」

Rewrite20150927.jpg

Rewriteアニメ化決定!!

しかし、何クールでやるつもりだ?
ヒロイン攻略に関してもクラナドやリトバスの時と違って
個別ルート入ると世界と人間関係が
もう引き返すことが出来ないレベルまで行くからな。
一体いつアニメが放送されるかわかりませんが
楽しみに待っています。
しかし、能力者バトルアニメと勘違いされるようなCMだよな。
(まぁ実際半分くらいはそうだけど)
yuu20150927.jpg

てっきり数年後から始まるもんだと思っていたから、
まさか能力者から能力を奪っていく過程を
最終回のAパートとBパートほとんどを費やして描くとは思ってもいなかった。
「いや、そこじゃねぇ!過程なんてすっとばして結果だけ見せてくれ」
っと放送中どれだけ思ったことか。
でも、旅を続けるうちに有宇がどんどん最強の能力者になっていって
壊れていく過程は結構面白かったな。
レベル1の勇者がレベル99の廃人になる過程を見せられるようなものだった。
7話も思ったが、有宇は壊れた方が面白い。

charlotte20150927.jpg

どうでもいいが、この子が可愛かった。
しかし能力が勇気って…
あれか?精神コマンド使えるんか?

tomori20150927.jpg

最終的には無事帰れて、友利と恋人になって
めでたくハッピーエンドになりましたが、
いまいち友利が有宇を好きになる理由がわからん。
タイムリープ前の関係だったらまだわからなくもないですが
そこは過程を省かず結果を見せてくれんなよと思った。
まぁ自分との約束を頑なに守って成し遂げた男ですからね
好きになってもおかしくは無いのかもしれません。

charlotte20150928.jpg

ともあれ能力を得たことにより様々な
過酷な運命を味わった少年少女たちの
物語はここに幕を閉じる。
きっとこれからは幸せな記憶を…
しかし、幸せそうなラストに茶々入れるようで野暮なんだが
賞金首になった現状を考え見るに
有宇がこのまま普通の人生を歩めるとは思えないのだが…
まぁいいかそこは万能兄が何とかしてくれるだろう。


総括:Charlotte(シャーロット)
Charlotte20150717.jpg

能力者を巡る過酷な運命を描いたお話。
っと言っても過酷だったのは主に主人公一派の周りだけで
スカイハイの人とか結構人生エンジョイしてたような気がするがな。

カンニング魔のクズ野郎から一転して
世界中の能力者を救う死神となる
という随分と大きな業を背負わされた男の物語でもあった。
「Key史上最高にゲスい主人公」っていうより
「Key史上最高に過酷な運命背負わされた主人公」って感じだな。
岡崎も理樹もなんだかんだで味方多かったからな。
これに匹敵するのはリライトのコタさんくらいか。

【関連記事】

・Angel Beats! 第1話「Departure」

・Angel Beats! 第2話「Guild」

・Angel Beats! 第3話「My Song」

・Angel Beats! 第4話「Day Game」

・Angel Beats! 第5話「Favorite Flavor」

・Angel Beats! 第6話「Family Affair」

・Angel Beats! 第7話「Alive」

・Angel Beats! 第8話「Dancer in the Dark」

・Angel Beats! 第9話「In Your Memory」

・Angel Beats! 第10話「Goodbye Days」

・Angel Beats! 第11話「Change the World」

・Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

・Angel Beats! 第13話「Graduation」

・Angel Beats! 特別篇感想

・Charlotte(シャーロット) 第1話「我、他人を思う」

・Charlotte(シャーロット) 第2話「絶望の旋律」

・Charlotte(シャーロット) 第3話「恋と炎」

・Charlotte(シャーロット) 第4話「刹那の本気」

・Charlotte(シャーロット) 第5話「いつか聴いた音」

・Charlotte(シャーロット) 第6話「気づかなかった幸せ」

・Charlotte(シャーロット) 第7話「逃避行の果て」

・Charlotte(シャーロット) 第8話「邂逅」

・Charlotte(シャーロット) 第9話「ここにない世界」

・Charlotte(シャーロット) 第10話「略奪」

・Charlotte(シャーロット) 第11話「シャーロット」

nishinafc2.jpg

隻眼の死神(キリ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

勇気の能力はワーキングの佐藤さんが欲しがりそうな能力ですね

しかし主人公記憶喪失ENDか、謎がいくつか残ってますが
OPの歌詞のネタバレ歌詞だけはいつものkey作品の様に全部回収されてました
それと「ぼくはなにもので、なんでそのぼくが神にも等しい役をになってる」の
ぼくはなにものでが記憶喪失状態(直喩)とは気が付きませんでした
我ながら鈍いなあ

あと有宇と奈緒はkey作品でもかなり好きな主人公とヒロインです
なので一応ハッピーENDで良かったです

No title

Rewriteアニメ化は監督・シリーズ構成がグリザイアの天衝さんなので
いいものを作ってくれそうです
(天衝監督はゲームのアニメ化が上手い人なので)
個人的にはグリザイアレベルのものを作ってくれれば満足です

あと余談ですが個人的にRewriteで一番驚いたのはコタさんの真の年齢です

有宇復活!

有宇君、右目を運悪く失明させられるなんて、
顔面をサイボーグ化させたほうが良かったですね。
(手術前より良くなる可能性大!)

失礼します。

No title

こんばんは。

シャーロット終わりましたね~
しかしま~ホントに有宇が全世界の能力を奪うとは・・・
おかしくなっても仕方ありませんね。

前半やってたことが意味なかったような。
兄貴たちはもっと早く登場するべきじゃなかったんですかね。

あの中国人の少女なにげに可愛いかったです。

Rewriteアニメ化するんですね。
ゼスティリアにかまけて全然やってないですけど。

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> 勇気の能力はワーキングの佐藤さんが欲しがりそうな能力ですね

勇気、それは勇者の言葉

> しかし主人公記憶喪失ENDか、謎がいくつか残ってますが

智代アフターの岡崎は…

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> Rewriteアニメ化は監督・シリーズ構成がグリザイアの天衝さんなので
> いいものを作ってくれそうです
> (天衝監督はゲームのアニメ化が上手い人なので)
> 個人的にはグリザイアレベルのものを作ってくれれば満足です

分割4クールぐらいじゃないと無理だぞ

> あと余談ですが個人的にRewriteで一番驚いたのはコタさんの真の年齢です

あれってちゃんと細かいところで伏線あったことに驚いた

Re: 有宇復活!

>鳴海みぐJrさん
> 有宇君、右目を運悪く失明させられるなんて、
> 顔面をサイボーグ化させたほうが良かったですね。
> (手術前より良くなる可能性大!)

なんだその中二的な主人公は

Re: No title

>諸葛鳳雛 さん
コメントどーも

> シャーロット終わりましたね~
> しかしま~ホントに有宇が全世界の能力を奪うとは・・・
> おかしくなっても仕方ありませんね。

名実ともに最強の能力者になったわけだ

> Rewriteアニメ化するんですね。
> ゼスティリアにかまけて全然やってないですけど。

最後までプレイすると長いですからねあの作品

No title

Rewriteについての個人的な願望ですが
お○ぱいENDをアニメでやってくれたら無条件で好評価します
アニメ版リトバスでも筋肉ENDはやってくれなかったし
難しいってのはわかってるんですけどね
それでも、おっ○いENDをアニメで見て見たいです

No title

>7話も思ったが、有宇は壊れた方が面白い。

月やルルーシュなど色んな奴の壊れ方がブレンドされたような見事な壊れっぷり・・・
1クールで、あれだけ顔芸を披露した主人公はそうはいまい。

>まぁいいかそこは万能兄が何とかしてくれるだろう。

あの人は有能なのか無能なのか、よくわからん・・・
ってか、あの状況をどうにかできる程に有能なら、弟だけが無茶をする必要はなかったんじゃないかと言いたい

>「Key史上最高にゲスい主人公」っていうより
「Key史上最高に過酷な運命背負わされた主人公」って感じだな。

まあ、自分の眼を治療してリープする手もあったのに、
彼女との約束の方を優先させたのは本人ですしね。
そういう意味では壊れっぷりも含めてゲスい奴なのは確かでしょうね。
それだけではないですけど。

No title

>「Key史上最高に過酷な運命背負わされた主人公」って感じだな。
>岡崎も理樹もなんだかんだで味方多かったからな。
>これに匹敵するのはリライトのコタさんくらいか。

カラスはどうだろうか?w
えいえんとかお花畑はKeyで無くTacticsか…

Re: No title

>サク さん
> Rewriteについての個人的な願望ですが
> お○ぱいENDをアニメでやってくれたら無条件で好評価します
> アニメ版リトバスでも筋肉ENDはやってくれなかったし
> 難しいってのはわかってるんですけどね
> それでも、おっ○いENDをアニメで見て見たいです

筋肉エンドがなかったんだ…察しろ

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> >7話も思ったが、有宇は壊れた方が面白い。
> 月やルルーシュなど色んな奴の壊れ方がブレンドされたような見事な壊れっぷり・・・
> 1クールで、あれだけ顔芸を披露した主人公はそうはいまい。

瀬戸の花嫁の永澄さんとかすごかった

> >「Key史上最高にゲスい主人公」っていうより
> 「Key史上最高に過酷な運命背負わされた主人公」って感じだな。
> まあ、自分の眼を治療してリープする手もあったのに、
> 彼女との約束の方を優先させたのは本人ですしね。
> そういう意味では壊れっぷりも含めてゲスい奴なのは確かでしょうね。
> それだけではないですけど。

有宇「妹は助けるけど兄貴の親友は助けないぜ」
⇒あんたちょっと汚いよー

Re: No title

>よしの さん
コメントどーも

> >「Key史上最高に過酷な運命背負わされた主人公」って感じだな。
> >岡崎も理樹もなんだかんだで味方多かったからな。
> >これに匹敵するのはリライトのコタさんくらいか。
> カラスはどうだろうか?w
> えいえんとかお花畑はKeyで無くTacticsか…

カラスもカラスでかなり悲惨だけど
それでも最後は運命を抜け出せたわけですから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/4847-e2457789

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Charlotte(シャーロット)】 第13話『これからの記録』 感想 (キャプ付)

Charlotte(シャーロット) 第13話『これからの記録』 感想(画像付) 世界を巡り、全ての能力を奪取してきた有宇。 代償に記憶を失って還ってくるとは…。 これからの有宇たちには、楽しいことだけあるといいねってラストでした。 シャーロットの子たちに幸あれですね。 有宇が下した決断。 それは地球上のすべての特殊能力者の能力を奪うこと。 それは、すべての能力者...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード