fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2015. 12. 26

アクエリオンロゴス 第26話「終わらない! アクエリオンロゴス」

akue20151227.jpg

男、ただ前を向き、ただ上を目指す。
殴り合い宇宙
akue20151226.jpg

もうね、どうしようもなくバカな展開だけど、
やっぱり意地があるんだよね。
男の子って奴には…


最終回でバカ二人の大喧嘩でみんながそれをみていて
おまけに宇宙に行って、挙句の果てに単なる殴り合いに発展するっていう流れ
やっぱりスクライドの最終回を思い出しますね。
ただ一人の女を救おうと誓っただけの男と
そんな馬鹿な男にただ勝ちたいとだけ願った男
二人のバカが空で大激突する。

subete20151226.jpg

戦いの果てに勝利したのは総でした。
最後の最期で戦いに勝利し、世界を救い
舞亜を救ったのは彼であり
生き残ったのは陽ですけど、
陽からすればこれは最大限の敗北だったんじゃないかな?

同時に「お前が救世主だ」っていう言葉と共に
陽にかけられていた「救世主になる」という
呪いは解けられたってことなんだろうな。
総は世界も舞亜も、そして陽すら"すべて"救ったわけだ。

akira20151226.jpg

救世主でもなんでもないただの男となった陽は
恋人として舞亜と歩み出すところでこの物語は終了。
結局この作品は普通の少年が「救世主」
という大それたものになろうとした結果
分相応の幸せを手に入れて終わったっていうお話でしたね。
アポロやアマタのような選ばれた英雄にはなれなかったかもしれませんが
陽の起源は「舞亜の」救世主になろうとしたわけですから
この結果で良かったんだと思います。


総括:アクエリオンロゴス
akira20150918.jpg

世界観を完全に一新したアクエリオンシリーズの新作。
前半は1話完結の話が多く、夕方か朝アニメみたいな
感覚で見ていました。中盤は主役ロボである
アクエリオンの出番が激減して日常ドラマがメインになり。
最終的には一万年と二千年前の因縁、そして愛がテーマの
なんともアクエリオンイズム全開な作風になっていった。

良くも悪くも「救世主」灰吹陽のキャラが凄まじかった作品だな。
彼の破天荒っぷりを許容できるかどうかが
この作品を楽しむコツだと言える。
"俺様系救世主とぽんこつ系スパイヒロインがくっつく作品"
っと言葉にしてみるとえらい作品だな…

しかし、見事に前作と繋がりは無かったな。
てっきり終盤当たり無理矢理絡んでくるものだと思ってた。
というかロゴスの劇中劇として無印EVOLは
放送されてるんじゃないかな?
(デジモンにおけるテイマーズ的なポジションだったのかもしれない)


【関連記事】

・アクエリオンEVOL 第1話&2話

・アクエリオンEVOL 第3話「トキメキ指数☆急上昇」

・アクエリオンEVOL 第4話「壁~conquer oneself~」

・アクエリオンEVOL 第5話「恋愛禁止令」

・アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」

・アクエリオンEVOL 第7話「真夜中の少女」

・アクエリオンEVOL 第8話「さらけだせ」

・アクエリオンEVOL 第9話「男と女のアナグラム」

・アクエリオンEVOL 第10話「隻眼の転校生」

・アクエリオンEVOL 第11話「野生の召命」

・アクエリオンEVOL 第12話「アクエリアの舞う空」

・アクエリオンEVOL 第13話「堕ちた巨人」

・アクエリオンEVOL 第14話「個の先」

・アクエリオンEVOL 第15話「愛の獣たち」

・アクエリオンEVOL 第16話「魂の告白」

・アクエリオンEVOL 第17話「湧きあがれ、いのち」

・アクエリオンEVOL 第18話「レア・イグラー」

・アクエリオンEVOL 第19話「初めての再会」

・アクエリオンEVOL 第20話「MI・XY」

・アクエリオンEVOL 第21話「接吻」

・アクエリオンEVOL 第22話「復活の翼」

・アクエリオンEVOL 第23話「神話センリツ」

・アクエリオンEVOL 第24話「ephemera」

・アクエリオンEVOL 第25話「アダムの断片」

・アクエリオンEVOL 第26話(最終回)「LOVE」

・創勢のアクエリオンEVOL 感想

・アクエリオンロゴス 第1話「叫べ!創声合体」

・アクエリオンロゴス 第2話「照らせ! 意志の光」

・アクエリオンロゴス 第3話「響け! 私だけの夢」」

・アクエリオンロゴス 第4話「放て、心射る矢」

・アクエリオンロゴス 第5話「取り戻せ!俺たちの夏」

・アクエリオンロゴス 第6話「灯せ!己の強さ」

・アクエリオンロゴス 第7話「燃やせ!救世の炎」

・アクエリオンロゴス 第8話「貫け!虫の一分」

・アクエリオンロゴス 第9話「晴らせ!誘いの影」

・アクエリオンロゴス 第10話「届け!本当の声」

・アクエリオンロゴス 第11話「羽ばたけ!縛られた翼」

・アクエリオンロゴス 第12話「重ねろ!心と心」

・アクエリオンロゴス 第13話「大勝利!我らが救世主」

・アクエリオンロゴス 第15話「嗚呼!青春の日々」

・アクエリオンロゴス 第16話「刻め!宿命の傷」

・アクエリオンロゴス 第17話「砕け!討つべきモノ」

・アクエリオンロゴス 第19話「恋せよ!阿佐ヶ谷」

・アクエリオンロゴス 第20話「知れ!生まれた意味」

・アクエリオンロゴス 第21話「悲壮!背徳の合体」

・アクエリオンロゴス 第22話「聞け! キミを呼ぶ声」

・アクエリオンロゴス 第23話「蘇れ! 月夜の誓い」

・アクエリオンロゴス 第24話「出撃!我が存在を賭けて」

・アクエリオンロゴス 第25話「集え!明日を望む声」

SRWFC2.jpg

以上、アクエリオンロゴスの感想でした。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

舞亜が置いてかれなくて良かった
初代のシルヴィアは兄も愛した人も失ったので可哀想でしたし
同じことにならなくて本当に良かったです
陽も舞亜も好きな主人公とヒロインでしたから楽しめました
(最終回は総が主人公でしたけどね)

結局の所、救世主が人間に戻るまでの話でしたね
いい最終回でした自分はこの終わりかたけっこう好きです

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> 舞亜が置いてかれなくて良かった
> 初代のシルヴィアは兄も愛した人も失ったので可哀想でしたし
> 同じことにならなくて本当に良かったです
> 陽も舞亜も好きな主人公とヒロインでしたから楽しめました
> (最終回は総が主人公でしたけどね)

EVOLのミコノさんは自ら人柱になろうとしたけど
止められた口ですから、今回もそれに似たような感じです。

> 結局の所、救世主が人間に戻るまでの話でしたね
> いい最終回でした自分はこの終わりかたけっこう好きです

自ら人柱になったアポロ
逆に人柱になろうとしたヒロインを止めたアマタ
人柱になろうとしたけどライバルにその権利を奪われた陽

No title

>結局この作品は普通の少年が「救世主」
>という大それたものになろうとした結果
>分相応の幸せを手に入れて終わったっていうお話でしたね。
左之助「オイオイ。最後は総の手があったとはいえ、子供の頃から貫くと決めたものを貫き通して、大切なものを掴み取ったんだぜ。分相応なんてチンケな言葉で、片づけてくれるなよ」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/4981-3210d095

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクエリオンロゴス 第26話「終わらない!アクエリオンロゴス」

アクエリオンロゴスの第26話を見ました。 第26話 終わらない!アクエリオンロゴス 新たなロゴスワールドの依り代となるべく陽と総が激突し、阿佐ヶ谷上空で繰り広げられる2体のアクエリオンの激闘は、未来へ語り継がれる新たな神話の始まりだった。 死闘を勝ち取ったのは陽だったが、舞亜に意識が向いた隙に総がロゴスワールドの依り代になってしまう。 「どうだ?陽。世界も舞亜も救った...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード