FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2016. 04. 05

うしおととら 第27話「風が吹く」

ushio20160404.jpg

ここの桜並木のシーン凄く幻想的で綺麗だった。
まるで先週まで放送してたかのように始まる
うしおととら最終クール


ushio20160405.jpg

潮と麻子は相変わらずいいツンデレカップルだな。
なんていう2828な幻想をぶち壊すかのような
記憶喪失展開は…潮じゃなくてもショック受けたわ。

一瞬「月島さんか?新手の月島さんの仕業なのか!?」って思っちまったぜ。
たった一瞬で味方の大半を無力化して
潮ととらを孤立化させるあたり流石は狡猾な白面の者だけある。

ushio20160406.jpg

とらが覚えてくれていたのは本当に救いだったな。
流石メインヒロイン。
というか、白面がとらを無力化しなかったのは何で?
一番やっかいな相手の記憶を無視してる詰の甘さが
自らの敗北につながりそうですね。

ushio20160407.jpg

キリオくん…すっかり憑き物が落ちたように…
真由子お姉ちゃんとの馴れ初めとか
やりとりは1話ぐらいかけてみて見たかったな。
(おそらく尺の都合でカットされたんだろうけど)

ushio20160408.jpg

小夜さんがすっかり頼もしくなっちゃってる気が…
真由子を除くと、潮の元にかけつけたヒロイン5人のなかじゃ
一番霊的パワー持ってそうなイメージだったけど
いつの間にかあんな強力な結界を張れるほどだとは…

しれっと真由子がジエメイさんの子孫だと
明らかになったんですが、今更である。
アニメ組からしても「やっぱり」っておもったし。

行く先々で味方を増やしていった潮たちでしたが、
その仲間も一人残らず自分たちを忘れ、無力化された
一人と一匹だけの孤独な戦いが始まる!

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

結界などの力で難を逃れた一部の者を除き、
皆のうしおととらの記憶を奪った白面、
これこそがうしおに待ち構えられていた辛い展開その「1」です。

キリオと真由子についてはカットされましたけど、
色々あって妖怪騒動あって真由子に引き取られたって感じです。
アバウトに説明したら。
唐突に出てきてた西妖怪達もアニメでカットされた長篇で仲間になった妖怪達です。
色々あって揉めて、一鬼や雷信&かがりと協力して戦って和解した妖怪達です。

あと忘れがちですけど、石化状態になった光覇明宗のメンツで誰か足りない事には気づきましたか?

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> 結界などの力で難を逃れた一部の者を除き、
> 皆のうしおととらの記憶を奪った白面、
> これこそがうしおに待ち構えられていた辛い展開その「1」です。

まだその「1」なのか…さらにつらい展開となると
味方の誰かがいなくなったり自らの手で殺めてしまう展開だな

> あと忘れがちですけど、石化状態になった光覇明宗のメンツで誰か足りない事には気づきましたか?

ナガレの兄ちゃんがいない!!

No title

>白面がとらを無力化しなかったのは何で?
とらが無力化できなかったのはトラ自身が強いのと獣の槍や白面に深い関わりがあるからです

>キリオくん…すっかり憑き物が落ちたように…
原作だと居候する詳しい経緯とオネショタの馴れ初めがちゃんとあります

>一人と一匹だけの孤独な戦いが始まる!
しかもこの後からも遊戯王次元も真っ青なメンタルサウンドバッグが潮に待ち受けるのであった。

No title

>潮ととらを孤立化させるあたり流石は狡猾な白面の者だけある。

強い上に狡猾という一番厄介なタイプのラスボスです。
何気に「獣の槍」ではなく「潮ととら」に関する記憶を消す辺り、潮たちの事を高く評価してます。

>一瞬「月島さんか?新手の月島さんの仕業なのか!?」って思っちまったぜ。

ある意味で、もっとタチが悪いですね。
邪悪化した食峰さん並です。
メビウス版のメフィラス星人に近いです。

>というか、白面がとらを無力化しなかったのは何で?

これも実は伏線だったりします。
とらが潮の相棒になった事にも意味があるんですよ。

林原さんがラジオで「前期で哀しい魔性の女役(昭和言録落語心中という作品です)をやり終えたと思ったら今度は白面本体で大変(意訳)」と発言してました。
2クール目で白面の一部を林原さんがやってましたが、本体役までやるとは驚きました。
・・・シャントット(FF11でファイアで9999叩き出す化け物)、リナ・インバースといい最強クラスで声優が女性の方が似合うキャラには取り敢えず林原さんという風潮でもあるのか。

にしても一気に話が飛んだ気がします。西の妖怪って誰?状態。OVAで補完するのか・・・。

にしても白面の第1の作戦「獣の槍なんていらない派閥を作る盛大なマッチポンプ」も卑劣な!と思いましたが、
第二の作戦
「限りなく全生命体の記憶から消す作戦」・・・噂によればこれでも序の口だそうなので漫画史上屈指の狡猾で最強な悪役というのも納得です。

作中最強クラスのラスボスだと慢心して策は余りなく力押しなのが最近の作品は多い気がしますが(ギリギリ例外がネウロのシックス位しか思い付かない)力に慢心せず作戦も極悪なのは逆に感心しました。

Re: No title

>電子の海から名無し様さん
コメントどーも

> >白面がとらを無力化しなかったのは何で?
> とらが無力化できなかったのはトラ自身が強いのと獣の槍や白面に深い関わりがあるからです

簡単に無力化できるとは思っちゃいなかったけどさ

> >一人と一匹だけの孤独な戦いが始まる!
> しかもこの後からも遊戯王次元も真っ青なメンタルサウンドバッグが潮に待ち受けるのであった。

遊馬「大丈夫、メンタルだけなら鍛えてきた」

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> >潮ととらを孤立化させるあたり流石は狡猾な白面の者だけある。
> 強い上に狡猾という一番厄介なタイプのラスボスです。
> 何気に「獣の槍」ではなく「潮ととら」に関する記憶を消す辺り、潮たちの事を高く評価してます。

最大の敵を侮らず、決して手を抜かないラスボス側ってのは
ブラックRXのクライシス帝国みたいだな。
(まぁあれはRXがチートすぎてかわいそうに見えてきたけど)

> >一瞬「月島さんか?新手の月島さんの仕業なのか!?」って思っちまったぜ。
> ある意味で、もっとタチが悪いですね。
> 邪悪化した食峰さん並です。
> メビウス版のメフィラス星人に近いです。

味方は全員あてにならなくて周りはみんな敵だらけっていう状況本当にきついよな。

Re: タイトルなし

> 林原さんがラジオで「前期で哀しい魔性の女役(昭和言録落語心中という作品です)をやり終えたと思ったら今度は白面本体で大変(意訳)」と発言してました。
> 2クール目で白面の一部を林原さんがやってましたが、本体役までやるとは驚きました。

なんてラスボス感のある声なんだ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/5113-6c2487f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード