デジモンアドベンチャーtri. 第3章「告白」

deji20160405.jpg

そして冒険へ…
選ばれし子供たち、新たなる旅立ち


現実世界編完結!っていう風にメイク―モンの伏線が回収され
感染の恐怖や子供たち、パートナーデジモンたちの覚悟が
描かれたエピソードでした。
全体的に選ばれし子供たちとパートナーデジモンの
関係と絆の強さを見せるシーンが多かった。

姫川さんは前回怪しいと思ってたが
意外にも協力的で「え、実は怪しくない?」って
思ってたらやっぱり黒でした。
あと、02組や海外の選ばれし子供たちは全員行方不明になってるそうです。


・泉光子朗&テントモン

今回の主人公その1。
ミミとのフラグはどこにやら、
ひたすら徹夜して分析を頑張る光子朗はんの姿がそこに…
お前、ちょっとは寝ろ。
「告白」がサブタイトルだからてっきり
そっち方面も進むと思ってたんだよな。
ただ、パートナーデジモンたちがいなくなったあと
唯一諦めず希望を持ち続けてた件といい
リブートに対する対抗策を考えていた件といい(結局無駄になったけど)
タケルに言った言葉といい、終盤の光子朗はマジでかっこよかったな。

パートナーのテントモンはそんな悩める光子朗を支え
皆を助けるためにその身を犠牲にしようとするなど
こっちもこっちでカッコいい部分が多かった。
ただ、ヘラクルカブテリモンはもうちょっと戦闘してほしかったな。
なんせ最初期の究極体にも拘わらず映像化作品に出たのはこれが初めてだろうから。
せめてギガブラスターを一発ぶちかましてもバチは当たらんかっただろう。
(まぁ敵対してるのが感染した味方だったからやるわけにはいかなかったんだろうが)


・高石タケル&パタモン

今回の主人公その2。
一度パートナーを失ってる恐怖を味わっていますから
パタモンに対する過保護っぷりはわかるけど、
終始そのことで悩んでばかりで出番の多さに比べて
活躍したシーンは少ないタケルくんでした。
おそらくセラフィモンに進化するエピソードあるだろうから
そのうち挽回の機会はあると思うから、そこに期待。
それにして、今回のパタモン可愛すぎ


・望月芽心&メイクーモン

前回は実質ヒロインでしたけど、
今回は終始曇りっぱなしだったメイメイでした。
メイクーモンが感染源っていうのは
1章の時点で気づいてた件だけど、
パートナーとしてはショックなことだろうな。
女子組と仲良くする一方でタケルとも絡みが多かった。
まさかタケルフラグではあるまいな…
幼少期にメイクーモンと出会ってることが明らかになったが
そんな昔から感染デジモンが現実世界にいたのか…(さすがに後付だろうが)


・八神太一&アグモン

今回もあまり目立った活躍はなかった太一
だが、テイルモンのアグモンに対する扱いのひどさに笑ったww
「アグモンはちょっと黙ってくれるか」
まさか2回聞くことになるとはな。


・石田ヤマト&ガブモン

ぶっきらぼうだけど随分と周りに気を配れるようになったヤマト。
一人で先生に事情を聴きに行ったのもそうですけど
弟の不調にちゃんと気付いていたのもよかった。
ツンドラ(ツンデレ)扱いされてたけど違うから。
素直じゃないだけだから。


・武之内空&ピヨモン

子供のころから元々母性の強い子でしたけど
成長してさらにそれが強くなったと感じた
今回の空さんでした。
おそらくメイン回は空自身の願いについての
話なんだろうけど、空のことを心配してた
ピヨモンはもういないんだよな…


・城戸丈&ゴマモン

前回一皮むけたおかげか今回はずいぶんと
調子のいい丈先輩でした。
昔のギャグキャラっぷりが戻ってきてるようで
なんか見てて安心したな。
光子郎に対する気遣いはさすが最年長だね。
丈さんの彼女さんはいつか登場してほしいな。


・太刀川ミミ&パルモン

終始メイメイを心配しすぎなミミさんでした。
おかげで今回も光子郎とぶつかったりしたけど
徹夜する彼を心配して差し入れを入れてあげるなど
いつの間にか関係は改善してたな。


・八神ヒカリ&テイルモン

今回も影の主役だった。
久しぶりに選ばれし子供の中でも特別な存在的な描かれ方をされて
トランスされて色々と説明するっていう役目を担いました。
何気に映像作品では初めて「ホメオスタシス」の名前が出てきた。
(たしか小説版の設定だったっけ?)
そして今回のテイルモンはいろいろと可愛すぎる。
ヒカリと一緒にショッピングするシーンすごくいい。


そして物語はデジタルワールドへと…
リブートの影響で記憶を失ってしまった
再びファイル島でパートナーデジモンたちと再会した子供たち。
明かされた偽賢ちゃんの正体と姫川の謎
メイクーモンと芽心の運命は?
多くの伏線を張りつつ物語は後半戦へと進む。

しかし、アルファモンとジエスモンが戦ってたのは驚いたな。
ロイヤルナイツの内輪もめはいつものことだけどね!!

【関連記事】

・デジモンアドベンチャーtri. 第1章「再会」 感想

・デジモンアドベンチャーtri. 第2章「決意」 感想

nikoFC2.jpg


以上、デジモンアドベンチャーtri. 第3章の感想でした。
スポンサーサイト
コメント
No title
>パタモン&タケル
泣きそうになった...またパタモンが失うのかっと思うと
にしてもタケルの一人称僕じゃないだな

>>コウシロウ
寝ないとダメじゃないかw

>>ヤマト&ガブモン
ヤマトはツンデレキャラになったなw
ガブモンはクールになったな

>丈
昔の丈に戻ったなw

>アグモン&太一
アグモンはアホキャラになったのか?
太一...昔の自分に戻ったのか?

>空
みんなの母親になったのかーーーw

>デジモンカイザー
正体はゲンナイさんでした。
でも何で黒幕っぽい姫川さんと一緒にいったんだ?

遂に漫画デジクロォ出ていたホメオスタシスが出てきましたね
記憶がないパートナーデジモンとどうやって絆を取り戻すのが
気になりますねージエスモンとアルフォモンと戦っていましたが
アルフォモンは敵っぽいですね
2016/09/25(日) 21:34 | URL | かららら #-[ コメントの編集]
Re: No title
>からららさん
コメントどーも

> >パタモン&タケル
> 泣きそうになった...またパタモンが失うのかっと思うと
> にしてもタケルの一人称僕じゃないだな

タケルの一人称とヤマトの呼び方は本当に安定しない

> >>コウシロウ
> 寝ないとダメじゃないかw

マジで若いうちから働きすぎ。っていうより周りが無能すぎ

> >>ヤマト&ガブモン
> ヤマトはツンデレキャラになったなw
> ガブモンはクールになったな

ガブモンは元もそういう気遣いができる子でした。

> >丈
> 昔の丈に戻ったなw

うん、これこそ僕らの丈さんだ

> >アグモン&太一
> アグモンはアホキャラになったのか?

テイルモンからの扱いぇ

> >空
> みんなの母親になったのかーーーw

考え方が完全にママでした。

> >デジモンカイザー
> 正体はゲンナイさんでした。
> でも何で黒幕っぽい姫川さんと一緒にいったんだ?

ゲンナイさんがなぜあんな邪悪な顔を…やはり偽物?

> 遂に漫画デジクロォ出ていたホメオスタシスが出てきましたね
> 記憶がないパートナーデジモンとどうやって絆を取り戻すのが
> 気になりますねージエスモンとアルフォモンと戦っていましたが
> アルフォモンは敵っぽいですね

ロイヤルナイツのことだからどっちも正しくて
お互いの正義のぶつけあいしてるだけだろう
2016/09/26(月) 00:18 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
舞台は再びデジタルワールドへ
更新お疲れ様です。

とうとう3章が公開されました。
今回のキービジュアルなだけあって光子郎&テントモン、タケル&パタモンにスポットが当たっていましたね。

光子郎はこれまでも自分の得意分野での活躍が光っていましたが、今回は仕方ないとはいえ「僕がやらないと!」と根を詰めすぎて周りにも気を使わせていました。
周りに頼れる人がいれば良いのですが、デジタル分野でアドバイザーになってくれそうなのがこれまでもゲンナイさんぐらいしかおらず、そのゲンナイさんも敵か味方かわからない状況という^^;
テントモンは自身が完全体に初進化したときを思い出させるような光子郎への励まし、仲間を敵に回しながらも懸命に力を振り絞る姿に涙しました。
それにしても、初めて究極進化した戦いの結末があんなにすっきりしないのはデジモンシリーズ通して初めてだったのではと思います。

タケル&パタモンもこれまた苦しい役回り。
自分たちが大変な爆弾を抱えているにもかかわらず、解決法も見つからずに誰にも相談できず、放っておくと周りまで取り返しのつかない状況に追い込んでいくという・・・
もしも自分がタケルの立場になったらと考えると・・・辛いですね;;

次の章からは記憶を失ったパートナーと共に舞台はデジタルワールドに移るわけですが、ゲンナイ、姫川、ロイヤルナイツ、行方不明の子ども達と謎は深まっていきますね。
個人的にはPSP版デジモンアドベンチャーにあやかって、ジエスモン(ハックモン)との共闘に期待したいです。

長文失礼しました。
2016/09/26(月) 22:34 | URL | 和泉勇輝 #-[ コメントの編集]
No title
ヤマトはクールな振りして積極的なキャラとして描かれてますなあ。
太一への頬染め照れとか、リブートされてショック受けてるときもタケルを抱き寄せてたり、あざとかったです。
2016/09/28(水) 01:59 | URL | 秋刀魚 #w6XFEYVU[ コメントの編集]
Re: 舞台は再びデジタルワールドへ
>和泉勇輝 さん
コメントどーも

> 光子郎はこれまでも自分の得意分野での活躍が光っていましたが、今回は仕方ないとはいえ「僕がやらないと!」と根を詰めすぎて周りにも気を使わせていました。
> 周りに頼れる人がいれば良いのですが、デジタル分野でアドバイザーになってくれそうなのがこれまでもゲンナイさんぐらいしかおらず、そのゲンナイさんも敵か味方かわからない状況という^^;

パソコン分野で役に立ちそうなのが京ぐらいだけど、
彼女絶賛行方不明中らしいからな。

> テントモンは自身が完全体に初進化したときを思い出させるような光子郎への励まし、仲間を敵に回しながらも懸命に力を振り絞る姿に涙しました。
> それにしても、初めて究極進化した戦いの結末があんなにすっきりしないのはデジモンシリーズ通して初めてだったのではと思います。

初進化で敵を撃破していないパターンっていうのはあんまりないですからね。

> タケル&パタモンもこれまた苦しい役回り。
> 自分たちが大変な爆弾を抱えているにもかかわらず、解決法も見つからずに誰にも相談できず、放っておくと周りまで取り返しのつかない状況に追い込んでいくという・・・

タケルは幼少期の経験から、だいぶ闇を抱え込みやすい性格になったんだよな。
tri終盤でそこらへん解消してほしいところ。

> 次の章からは記憶を失ったパートナーと共に舞台はデジタルワールドに移るわけですが、ゲンナイ、姫川、ロイヤルナイツ、行方不明の子ども達と謎は深まっていきますね。
> 個人的にはPSP版デジモンアドベンチャーにあやかって、ジエスモン(ハックモン)との共闘に期待したいです。

個人的な予想としては
アルファモン=感染デジモン絶許マン
ジエスモン=話せばわかるよね派
っていうイメージなので、ジエスモンとは共闘あるかもしれません。
あと、ほかのロイヤルナイツも出してほしいところ。

2016/09/29(木) 01:17 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>秋刀魚 さん
コメントどーも

> ヤマトはクールな振りして積極的なキャラとして描かれてますなあ。
> 太一への頬染め照れとか、リブートされてショック受けてるときもタケルを抱き寄せてたり、あざとかったです。

「友情」の紋章の持ち主だけあって、仲間に対しては本当に積極的なんだよな。
昔から誰かを思っているけど、思いが空回りすることも多々あった。
(レストランでの丈との一件とか)
2016/09/29(木) 01:33 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住のアニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

2017年もよろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ