Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編 第16話「誰も知らない真実」

7 0
rewrite2010129.jpg

オカ研最後の戦い。
Moon編完結。
yohsino2010129.jpg

月での最後の戦いと地球への帰還を描いたお話でした。
吉野が最期に名前呼びになるところ良いよね。
各ヒロインのルートでも必ず彼の
見せ場となるイベントがあるけど
真人や春原に負けず劣らない親友っぷりを発揮してくれます。

各ヒロインが消えていくところは
枝の世界で彼女たちは十分に救われていた
っていうことが解って切なくなった。
本来なら天王寺瑚太郎と出会うはずもない世代の
子たちだから。余計にね…
なにはともあれオカ研としての最期を迎えました。


・おっちゃん
kotarou2010129.jpg

篝に腕を切断され、小鳥のドルイドの技術で蘇生された
天王寺瑚太郎は10年間成長することなく眠り続けていました。
つまり、瑚太郎くんの実年齢はヒロインたちよりも
ひと世代上で、およそ20代後半でした。
つまり20代後半の青年が15~18の少女に
手を出し続けてたっていうことになります。
篝に対する想いもあるから…コタさん完全に(21)コンやん
ってこの事実が明らかになった時思いました。
実は伏線は序盤から結構貼られていて
一番直接的なのが小鳥の過去に関する話
その他、サブイベントとかでも伏線はあったりするが
ぶっちゃけ僕はMoon編行くまで気づきませんでした。
もしも、瑚太郎が本来の年代のまま停止せず成長していたら…
っていうことが語られるのがTerra編となります。


・咲夜
sakuya2010129.jpg

ガイア最強の魔物であり、ちはやの執事であり、
そして瑚太朗の兄弟でもある男。
かつてリライト能力を駆使した結果魔物となってしまった男が
望んだのは自分の運命線を越えて行った少年を助ける道でした。
ほんと、あらゆる自分の終着点を捨ててまで
助けに駆けつけてくれた咲夜かっこよすぎる…
ちはやルートやると解るんだけど
本当に咲夜は瑚太郎くんの師匠っていうか兄貴なんだよな。
同時にちはやルートが咲夜ルートと呼ばれてる所以なんだと思う。


・月と地球
kagari2010129.jpg

実は今までいた場所は月で本当の地球は
滅びて活力を失い死亡寸前の状態。
その地球を救うために繰り返したのが枝世界での研究。
どのようにして地球を救えばいいのか
シュミレーションを行っていたわけだ。
そして今回、最後に地球を救う理論が完成したので
全ての生命とアウロラを地球に返したっていうこと。
月の篝とはこれでお別れです。
…という感じで今作はKey作品屈指の壮大な物語となって行ってます。


さぁここからが本当の意味での本番。
過酷な淘汰を始めよう。


【関連記事(アニメ関係)】
・Rewrite 第1話「世界か、自分か」

・Rewrite 第2話「青春が始まる場所」

・Rewrite 第3話「ウェルカム、超常現象」

・Rewrite 第4話「いつかあの日に帰るまで」

・Rewrite 第5話「アサヒハルカ」

・Rewrite 第6話「オカ研活動記録」

・Rewrite 第7話「失われた場所」

・Rewrite 第8話「我が名は篝ちゃん」

・Rewrite 第9話「回り始める運命」

・Rewrite 第10話「ただ、友として」

・Rewrite 第11話「カウントダウン」

・Rewrite 第12話「滅びの歌」

・Rewrite 第13話「君とかわした約束」

・Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編 第14話「三杯のコーヒー」

・Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編 第15話「静かな海の蜜の月」


【関連記事(原作関係)】
※原作の感想なのでネタバレ注意

・Rewrite~リライト~ 体験版 感想

・Rewrite 感想その1

・Rewrite 感想その2

・Rewrite 感想その3

・Rewrite 感想その4

・Rewrite 感想その5

・Rewrite 感想その6

・Rewrite 感想その7

・Rewrite クリア感想まとめ

nishinafc2.jpg

「せめて願う。いつか宇宙に辿り着くものあれば
月の少女を見つけてやってほしい。魂から…願う」
関連記事
ページトップ