遊戯王ARC-V 第148話(最終回)「ペンデュラムが描く奇跡」

arcv20170329.jpg

天空に描く、光のアーク。
あれは、ずっと遊矢のデュエルを支えてきた仲間たちだ!
※なお、禁止カードも含まれてる模様。


arcv20170328.jpg

・戦闘破壊できネェぜ
・効果破壊もできねぇぜ
・選択した1体以外のPモンスターの効果を無効にするぜ
・Pモンスター以外を破壊するんだぜ
・攻撃してきたとき元の攻撃力に戻すんだぜ


っという社長が仕掛けた鉄壁の制圧デュエルに対して

yuya20170328.jpg

・アクションカードの取り合い合戦だ!

…っというクソゲーを仕掛けて破るあたり
正しく遊戯王の主人公やってたな。
原作の王様の俺ルールを思い出すクソゲーっぷりだった。
"デュエルの勝敗の全てをアクションマジック"で争う
っていうアクションデュエルの終着点だと思う。
相棒レベルになるとデュエル中に相手のクソゲーを
利用して自分のクソゲーを展開するもんな。
藍神は泣いてもいいと思う。

arcv20170326.jpg
arcv20170327.jpg

「覇王紫龍オッドアイズヴェノムドラゴン」
「覇王白龍オッドアイズウイングドラゴン」
最終回で一気に新規ラッシュだけど
ウイングはシンクロ次元で、
ヴェノムは融合次元で観たかったな。
エンライトメントとニルヴァーナって本当になんだったんだろう?
ラストがオッPのストライクバーストで決めるのは良かった。
ホント、このデュエル中何回特殊召喚されたことやら。

yuzu20170329.jpg

柚子の最後の「笑顔」最高だね。
スタンダード→シンクロ→エクシーズ→融合
→ペンデュラムと本当に長い旅だった。
5つの次元を巡って女を取りもどすお話だったのかもしれない。
今後、遊矢と柚子がイチャイチャすると
中の人3人が脳内で色々とツッコミやら
苦情やらを入れてきそうだけど…
多重人格系主人公とヒロインが繰り広げるラブコメ。
ラノベとかであったりしないかな?
主人公側が多重人格でそれぞれ人格ごとに
別の女に手を出す作品ならありましたが。

最終回のEDがビリビリじゃなくて
2ndOPの「Burn!」だったのは意外。
でも今の状況に一番合ってる曲だよね。
何はともあれ、零児を倒し、柚子を取り戻し、
プロへの道を手に入れるところで完結。
何気に遊矢の目標が「父さんみたいなエンタメデュエリスト」
じゃなくて「父さんを超えるエンタメデュエリスト」
になってたのは大きな進歩だと思う。
ぶっちゃけカードパワーでは確実に親父越え出来てると思うんだ。

yuya20170329.jpg

もう次元戦争も何もない世界で平和にみんなが
笑顔にデュエルが出来る。こんなに嬉しいことは無い。
だから…お楽しみは、これからだ!






総括:遊戯王ARC-V
yuya20140401.jpg

人々を「笑顔」にするために戦うデュエリストの物語
同時にそれが遊矢が3年間ずっと曇り続けてた原因でもある。
本当に人を笑顔にするのは大変だと思う。
そんな重いテーマと自らの宿命に振り回せれ続けた主人公。
前作主人公がメンタルお化けすぎて
「豆腐メンタル」とか言われてるけど
ホント曇ってもおかしくないレベルで追いつめられてたからな。
というか、親父も社長もユートも、みんな遊矢に押し付けすぎである。
ただ、他のアニメで「笑顔」という言葉が出てくるたびに
ユートの顔が思い出せるぐらいまで浸透してた感あった。
未だに「満足」と聞くと鬼柳さん思い出すのと一緒。

yuya20140404.jpg

デュエル面では良くも悪くもアクションデュエルである。
モンスターと共に地を蹴り宙を舞い駆け抜ける
っというコンセプトの元、生まれた
アニメならではの新デュエルでしたが…
正直、主人公専用の緊急回避コマンドになってたよね。
「回避」「軌跡」が一番遊矢を支えたカードだと思う。
ただ、柚子VS真澄、沢渡VS遊矢など
アクションデュエルで魅せる回もあったことも事実で
盤面で戦うしかない他のカードゲームアニメでは
絶対に出来ない要素を描いてたのだと思う。

akaba20161220.jpg

あと、全召喚方法が使用されたことは素直に称賛できる要素。
5D'sはシンクロ、ZEXALはエクシーズと
基本的に1召喚法しかメインで使わなかったから
これまで出た全部の召喚方法を使用するのは良かった。
2作品で影の薄かった融合召喚も物語の
主軸として多くのキャラが使用してたし、
儀式は…うん、まぁ。ミエルちゃんがランサーズじゃない時点で
お察ししてたとおりだよ。

kurou20151116.jpg

OCGも含めて過去作のカードがかなり強化されました。
(これは主に20周年記念のおかげかもしれないが)
アニメARC-Vからも多くのテーマが強化された。
特に既存のDTテーマを使うLDS3馬鹿が
活躍してた頃が一番ワクワクしたな。

jack20160828.jpg

途中から過去作のキャラクターが参戦しましたが、
これは割と賛否両論多いんですよね。
まぁARC-Vのそれは"似てるだけの別人"として
割り切れば結構当然の配置だったりする。

yuya20170312.jpg

ひとつ「惜しいな」って思う点は
物語の中核である遊矢シリーズと柚子シリーズの扱いですね。
序盤から交流も多く、他キャラとの絡みもあった
遊矢やユートはともかく、ユーゴとユーリの
他キャラとの関連性の無さが問題。

yugo20161106.jpg

ユーゴなんてシンクロ次元編になったとき
最初シンクロ次元編主人公か
とまで言われてたほど期待されてた存在なのに
結局遊矢との対決は無いどころか、
まともに会話したのも147話。
てっきり、同じ施設の出身だとか妄想したけど
クロウとジャックとも接点無しだったぜ!

yuri20161218.jpg

ユーリに至ってはセレナとの接点すらほぼ無く
デニスとの関係も不明で終わるという有様。
他人に無干渉な現代人の心境をこんなところでも
発揮しなくてもいいのに…

あと最終的に全部遊矢と柚子として統合されたのも
イマイチハッピーエンドに見えない要素の一つ。
ゼアルの時は死んだ仲間や敵が全員復活した
衝撃的ラストだったけど、あれはあれで良いんだと今思える

yuya20170108.jpg

しかし、結局ズァークを生み出したのは民衆なんで
彼らが改心しないとまた第二第三のズァークが生まれると思うのですが…
そこらへんの問題点は遊矢が全次元を笑顔にすることによって
解消されるのかな?本編終わってからも大変だな遊矢。
めげずに頑張れ。辛くなったらユーリあたりに変わってもらえ。


5D'sが「絆」ZEXALが「希望」ARC-Vは「笑顔」
これからもみんなが笑顔になると信じて
色々あったけど3年間お疲れ様でした!!


【関連記事】

・遊戯王ARC-V 第1話「光の軌跡、ペンデュラム召喚」

・遊戯王ARC-V 第2話「決闘最強進化系!!その名はアクションデュエル」

・遊戯王ARC-V 第3話「ダークタウン 奪われたペンデュラム召喚!!」

・遊戯王ARC-V 第4話「一筋の希望。ブロックスパイダー」

・遊戯王ARC-V 第5話「弟子入り志願!?おかしなおっかけ『紫雲院素良』」

・遊戯王ARC-V 第6話「無邪気な融合玩具 デストーイ・シザー・ベアー」

・遊戯王ARC-V 第7話「反逆の逆鱗ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」

・遊戯王ARC-V 第8話「遊勝塾の危機!!LDS襲来」

・遊戯王ARC-V 第9話「星々の輝き エクシーズ使い『志島北斗』」

・遊戯王ARC-V 第10話「秘石の騎士!融合使い『光津真澄』」

・遊戯王ARC-V 第11話「身剣一体!!シンクロ使い「刀堂刃」」

・遊戯王ARC-V 第12話「DDD 異次元の王」

・遊戯王ARC-V 第13話「魔導賢者ガリレイ、ケプラー」

・遊戯王ARC-V 第14話「熱血!!修造劇場」

・遊戯王ARC-V 第15話「目指せジュニアユース選手権!!」

・遊戯王ARC-V 第16話「天才料理人『茂古田未知夫』」

・遊戯王ARC-V 第17話「豪快披露!!満腹全席!!」

・遊戯王ARC-V 第18話「反逆の2つの影」

・遊戯王ARC-V 第19話「知識の宇宙!!九庵堂栄太」

・遊戯王ARC-V 第20話「難問!?アタックデュエルクイズ!!」

・遊戯王ARC-V 第21話「ペンデュラムのその先に」

・遊戯王ARC-V 第22話「占い少女 方中ミエル」

・遊戯王ARC-V 第23話「秘術の眼」

・遊戯王ARC-V 第24話「反逆の翼レイド・ラプターズ」

・遊戯王ARC-V 第25話「不動の覚悟!!権現坂昇」

・遊戯王ARC-V 第26話「新たな地平 超重荒神スサノーO」

・遊戯王ARC-V 第27話「開幕!!舞網チャンピオンシップ」

・遊戯王ARC-V 第28話「アユのエンタメ水族館」

・遊戯王ARC-V 第29話「融合する音姫」

・遊戯王ARC-V 第30話「試される不動の心」

・遊戯王ARC-V 第31話「唸る旋風 妖仙ロスト・トルネード!」

・遊戯王ARC-V 第32話「熱戦!エンタメデュエルショー」

・遊戯王ARC-V 第33話「未来都市ハートランド」

・遊戯王ARC-V 第34話「結合魔獣VS進化する隼」

・遊戯王ARC-V 第35話「アカデミアとレジスタンス」

・遊戯王ARC-V 第36話「共鳴する竜」

・遊戯王ARC-V 第37話「動き出す運命」

・遊戯王ARC-V 第38話「4つの次元」

・遊戯王ARC-V 第39話「逆鱗の覚醒」

・遊戯王ARC-V 第40話「アカデミアの戦士」

・遊戯王ARC-V 第41話「野望の地、デュエルアカデミア」

・遊戯王ARC-V 第42話「バトルロイヤル始動」

・遊戯王ARC-V 第44話「紫雲院素良、襲来」

・遊戯王ARC-V 第45話「相克と相生」

・遊戯王ARC-V 第46話「反逆の覇王黒竜」

・遊戯王ARC-V 第47話「冷たい笑みのユーリ」

・遊戯王ARC-V 第48話「手負いの隼」

・遊戯王ARC-V 第49話「デュエルで笑顔を」

・遊戯王ARC-V 第50話「ランサーズ 選ばれた戦士」

・遊戯王ARC-V 第52話「蘇る伝説総長!!」

・遊戯王ARC-V 第53話「笑顔のデュエル「スマイルワールド」」

・遊戯王ARC-V 第54話「シンクロ次元「シティ」」

・遊戯王ARC-V 第55話「治安の強制 デュエルチェイサーズ」

・遊戯王ARC-V 第56話「セキュリティ完全包囲網」

・遊戯王ARC-V 第57話「黒い旋風、クロウ・ホーガン」

・遊戯王ARC-V 第58話「闇デュエルへの招待」

・遊戯王ARC-V 第59話「地下ライディング・デュエル!!」

・遊戯王ARC-V 第60話「地獄の沙汰もカードしだい」

・遊戯王ARC-V 第61話「ドローを捨てた男」

・遊戯王ARC-V 第62話「大エンタメデュエル大会」

・遊戯王ARC-V 第63話「捕獲者の王ゴヨウ・キング」

・遊戯王ARC-V 第64話「デュエルキング 「ジャック・アトラス」」

・遊戯王ARC-V 第65話「打ち砕かれたエンタメ」

・遊戯王ARC-V 第66話「開幕戦!!クロウvs権現坂」

・遊戯王ARC-V 第67話「シティの光と影」

・遊戯王ARC-V 第68話「B・F一斉蜂起」

・遊戯王ARC-V 第69話「疾走するディーバ」

・遊戯王ARC-V 第70話「届かぬ叫び」

・遊戯王ARC-V 第71話「白銀の剣」

・遊戯王ARC-V 第72話「ドラゴン征伐!!ユーゴVS沢渡」

・遊戯王ARC-V 第73話「地を這う敗北者たち」

・遊戯王ARC-V 第74話「道化師の仮面」

・遊戯王ARC-V 第75話「反逆者の呪縛」

・遊戯王ARC-V 第76話「キングス・ギャンビット」

・遊戯王ARC-V 第77話「破壊の美学」

・遊戯王ARC-V 第78話「革命の嵐」

・遊戯王ARC-V 第79話「覚醒する魔導剣士」

・遊戯王ARC-V 第80話「次元を超えた再会」

・遊戯王ARC-V 第81話「それぞれの戦場」

・遊戯王ARC-V 第82話「究極の隼VS黒羽の雷」

・遊戯王ARC-V 第83話「師弟の絆」

・遊戯王ARC-V 第84話「運命のダイスロール」

・遊戯王ARC-V 第85話「水晶の翼」

・遊戯王ARC-V 第86話「怯まぬ決意」

・遊戯王ARC-V 第87話「野獣の記憶」

・遊戯王ARC-V 第88話「雷鳴の一撃」

・遊戯王ARC-V 第89話「強襲!オベリスクフォース」

・遊戯王ARC-V 第90話「革命の狼煙」

・遊戯王ARC-V 第91話「めぐりあう運命」

・遊戯王ARC-V 第92話「悲運の再会」

・遊戯王ARC-V 第93話「破滅のデュエルマシン」

・遊戯王ARC-V 第94話「魂を刻んだ右腕」

・遊戯王ARC-V 第95話「己の信じるデュエル」

・遊戯王ARC-V 第96話「借り物の言葉」

・遊戯王ARC-V 第97話「気高き超魔導剣士」

・遊戯王ARC-V 第98話「ひとつの道へ」

・遊戯王ARC-V 第99話「永遠のデュエル」

・遊戯王ARC-V 第100話「絶望の都ハートランド」

・遊戯王ARC-V 第101話「銀河の眼」

・遊戯王ARC-V 第102話「非情の狩人」

・遊戯王ARC-V 第103話「華々しき機械天使」

・遊戯王ARC-V 第104話「「D」の名を持つHERO」

・遊戯王ARC-V 第105話「レジスタンスの絆」

・遊戯王ARC-V 第106話「アークエリア・プロジェクト」

・遊戯王ARC-V 第107話「決闘に飢えたアマゾネス」

・遊戯王ARC-V 第108話「アマゾネス・トラップ」

・遊戯王ARC-V 第109話「戦場に果てる隼」

・遊戯王ARC-V 第110話「破かれたスマイルワールド」

・遊戯王ARC-V 第111話「ペンデュラムハート」

・遊戯王ARC-V 第112話「笑顔あふれる街へ」

・遊戯王ARC-V 第113話「修羅の渇望」

・遊戯王ARC-V 第114話「闇に輝く超銀河」

・遊戯王ARC-V 第115話「決闘海賊キャプテン・ソロ」

・遊戯王ARC-V 第116話「太陽と月の守護者」

・遊戯王ARC-V 第117話「牙をむく鈴の音」

・遊戯王ARC-V 第118話「サバイバル・デュエル」

・遊戯王ARC-V 第119話「闇に落ちた小鳥」

・遊戯王ARC-V 第120話「バトル・ビースト」

・遊戯王ARC-V 第121話「最凶の烙印」

・遊戯王ARC-V 第122話「グローリー・オン・ジ・アカデミア」

・遊戯王ARC-V 第123話「栄光の機械龍」

・遊戯王ARC-V 第124話「蘇る幻想騎士団」

・遊戯王ARC-V 第125話「烈火の竜」

・遊戯王ARC-V 第126話「悪魔が生まれた日」

・遊戯王ARC-V 第127話「リバイバル・ゼロ」

・遊戯王ARC-V 第128話「決戦!精霊機巧軍」

・遊戯王ARC-V 第129話「覇王の片鱗」

・遊戯王ARC-V 第130話「欲深き猛毒龍」

・遊戯王ARC-V 第131話「常闇に刺す光」

・遊戯王ARC-V 第132話「稀代のエンターテイナー」

・遊戯王ARC-V 第133話「輝かしきエンタメショー」

・遊戯王ARC-V 第134話「闇の誘惑」

・遊戯王ARC-V 第135話「揺れ動く次元」

・遊戯王ARC-V 第136話「覇王龍君臨」

・遊戯王ARC-V 第137話「反逆の覇王眷竜」

・遊戯王ARC-V 第138話「暗翼の竜」

・遊戯王ARC-V 第139話「闇に染まる眼」

・遊戯王ARC-V 第140話「魂のペンデュラム」

・遊戯王ARC-V 第141話「ジュニアユース選手権」

・遊戯王ARC-V 第142話「あふれる記憶」

・遊戯王ARC-V 第143話「覇王の魂」

・遊戯王ARC-V 第144話「呪われし機械仮面」

・遊戯王ARC-V 第145話「終わりなき反逆」

・遊戯王ARC-V 第146話「ディメンション・ハイウェイ」

・遊戯王ARC-V 第147話「解き放たれたドラゴン」

kotoriFC2.jpg

なんだかんだで3年間ありがとう。
いつもやってるキャラクター総括に関しては、希望があればやります。
スポンサーサイト
コメント
>>…っというクソゲーを仕掛けて破るあたり
正しく遊戯王の主人公やってたな。
原作の王様の俺ルールを思い出すクソゲーっぷりだった。
"デュエルの勝敗の全てをアクションマジック"で争う
っていうアクションデュエルの終着点だと思う。
相棒レベルになるとデュエル中に相手のクソゲーを
利用して自分のクソゲーを展開するもんな。
藍神は泣いてもいいと思う。

素晴らしい皮肉で草
Aカードなんていらなかったんや!
>>正直、主人公専用の緊急回避コマンドになってたよね。
実際最初から恐れられてたことですね
まさか初期から改善されるどころか数少ない利点をすべて無くして批判点だけ残るとは

>>過去作のキャラクターが参戦しましたが、
これは割と賛否両論多いんですよね。

賛成意見なんてありましたっけ・・・?
OCG面からかな?いやいくらなんでも割には合わなすぎるしないか

とりあえず遊戯王だけでなくアニメ史になを残すアニメになりましたね
今後遊戯王ARC-Vを越えるアニメは出てこないと言い切れるくらいには
2017/03/27(月) 01:58 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
No title
ユーゴとユーリはいつのまにか遊矢の仲間になった?
2017/03/27(月) 02:23 | URL | かららら #-[ コメントの編集]
No title
>他キャラとの関連性の無さが問題
ARCのキャラの動かし方が下手だと言われる原因の一つはフレンドシップカップ時、ほぼすべてのキャラの行動を拘束した事だと思う。あれじゃ昔のシリーズのように試合の合間でメインストーリーや人間関係を進行させる事も出来ずに、ただ無駄に話数を浪費しただけだった。

>覇王紫龍、白龍
烈龍:「オレとは一体なんなの...」

>全召喚法使用、OCG過去テーマ強化
ARC-Vの数少ない美点。望み薄いが、VRAINSもそれを維持してほしいな。

>しかし、結局ズァークを生み出したのは民衆なんで
民度もそうだが、信念と自己主張を持たずにただ大衆に盲従していたズァークも原因の一つだと思います。

>いつもやってるキャラクター総括に関しては、希望があればやります
ぜひお願いします。自分もキャラについてコメントしやすいと思います。
2017/03/27(月) 04:49 | URL | 三日坊主 #mQop/nM.[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/27(月) 07:37 | | #[ コメントの編集]
柚子の笑顔が救い。彼女三年目は完全に扱い悪かったですからね。
セレナ位はランサーズにいたんだし復活してくれて良かったんではという気がする。彼女も三年目が…
個人的には全員復活でエンディングに繋がればもやもやも全部水に流せたかなあという気がする。そこは残念かなと。
2017/03/27(月) 13:51 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
No title
やっと・・・・やっと終わりやがった・・・・・・

遊戯王史上最低の作品作りで「デュエル前の約束を破る」、「デュエルする必要がない」という遊戯王にあるまじき物語。
一年目の素良と黒咲や遊矢と沢渡を見て「これはいける・・・・!いける!」と思った視聴者たちの心を返して・・・・。

ライバルが明確に存在せず、主人公がラスボスと戦うことも叶わず、過去キャラに溺れた作品を生んで小野ニーをした監督とクソシリーズ構成脚本上代はもう二度と遊戯王以前に物語を作ることに関わらないで・・・・・

次のヴレインズは監督が吉田さん。ゼアルの失敗があるから不安だけどARCVより下はそうそう作れないから、なんとかして地に落ちた遊戯王の信頼を回復させてくれ・・・・それだけだ・・・

悪いのは脚本(シリーズ構成)と監督。声優、作画その他スタッフには何の落ち度もない。寧ろキャラデザとかは歴代でも最高レベルの素材だったので、本当に作品を活かすも死なすも脚本と監督次第なんだなぁと痛感しました。

クソだクソだと言いつつも毎週見て、せーにんさんの記事も拝見させていただきました。
3年間お疲れ様でした。ヴレインズからもよろしくお願いします。
2017/03/27(月) 20:47 | URL | K #-[ コメントの編集]
No title
>俺ルール
敵側がガチで挑んでもその主人公がデュエルでしか使えないオリカ使ってそれ以上のエグイ戦術で来るのはもはやお約束。だからこそサブキャラのデュエルは俺ルールでも勝敗が分からないので楽しみな面もある。

>長い旅
スタンダードは別としてもシンクロが長すぎてエクシーズと融合とのバランスが悪かったように感じられた。

>過去作のキャラクター
個人的には再登場でうれしい反面面白味が減ったところもある。毎回見る新キャラがどれくらいハジけてくれるか楽しみだったので、過去作だと新しい発見がなかった。

>遊矢シリーズ
ストーリー的には最初は立場の違いから敵対してたけど最後は和解してズァークと4対1でして浄化という形がベストだと思う。最後のデュエルも社長との勝負だけだったらよかったんだけどね。

>ハッピーエンド
せっかくなら次元統合はいいとしてEDみたいに主人公とヒロインが分裂してそれぞれ日常生活を送る方がよかった。

>第二第三のズァーク
悪い意味になるかもしれないけど今後皆から見張られる立場になりそう。どんなに学ぼうとしても失敗を繰り返しちゃうのが人類だし
2017/03/27(月) 20:49 | URL | GTF #-[ コメントの編集]
キャラクター総括は欲しいです!
2017/03/27(月) 22:37 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
最終回
スタイリッシュ
カルタ取り


個人的には親友が消滅には無理矢理納得させたとしても、妹まで消滅した黒咲さんが不憫過ぎると思ったり。

個人的にはストロング石島とか消火不良が凄く残った気がしますので、どこかで消化してほしいなと思います。
2017/03/27(月) 23:18 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
No title
>いつもやってるキャラクター総括に関しては、希望があればやります。
私は総括見たいですね。
2017/03/27(月) 23:30 | URL | 二刀の翼 #WV4V227M[ コメントの編集]
無茶苦茶言葉選んでますね(笑)
……とりあえず、ヴレインズは過去キャラに頼らずとも三年間まとめて欲しいところです
本当に本当に過去キャラの扱いだけは「無理」でした
2017/03/28(火) 03:45 | URL | 軽トラック #D5bmKn8U[ コメントの編集]
ARC-V終わっちゃいましたね…。
ほんと色々な事がありすぎた。

製作側から見たら遊矢柚子は救われたと
思ってるかもしれないけど、せめて各シリーズ同士の会話があっても良かったと思う
2017/03/28(火) 12:28 | URL | 無名の機械 #-[ コメントの編集]
No title
>遊矢と柚子がイチャイチャ
黒咲「柚子の中に妹瑠璃がいるという事は柚子はオレの妹という事になる…遊矢、これからはオレ義兄と呼べ」
遊矢「何で!?」

>キャラ統括
今まででキャラが一番多いのでマイペースでいいですよ。ARC-Vはキャラ多すぎですよね(汗)
2017/03/28(火) 19:26 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 素晴らしい皮肉で草
> Aカードなんていらなかったんや!

善でも悪でも最後まで貫き通した点は一応評価したい

> >>正直、主人公専用の緊急回避コマンドになってたよね。
> 実際最初から恐れられてたことですね
> まさか初期から改善されるどころか数少ない利点をすべて無くして批判点だけ残るとは

で、デニス戦ではそれ以外の使い方してたから(震え)

> >>過去作のキャラクターが参戦しましたが、
> これは割と賛否両論多いんですよね。
> 賛成意見なんてありましたっけ・・・?
> OCG面からかな?いやいくらなんでも割には合わなすぎるしないか

それ。OCG面で強化されたのはうれしかったな。
レッドリゾネーターとゴウフウはいいプレゼントでした。

> とりあえず遊戯王だけでなくアニメ史になを残すアニメになりましたね
> 今後遊戯王ARC-Vを越えるアニメは出てこないと言い切れるくらいには

お前ごときがARC-Vに勝てると思うなって言われる
2017/03/28(火) 23:53 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>からららさん
コメントどーも

> ユーゴとユーリはいつのまにか遊矢の仲間になった?

前回、急に
2017/03/28(火) 23:54 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>三日坊主さん
コメントどーも

> ARCのキャラの動かし方が下手だと言われる原因の一つはフレンドシップカップ時、ほぼすべてのキャラの行動を拘束した事だと思う。あれじゃ昔のシリーズのように試合の合間でメインストーリーや人間関係を進行させる事も出来ずに、ただ無駄に話数を浪費しただけだった。

何気に試合中の観戦キャラどうしのやりとりっていいんだよね。
DMとかGXとかそれでキャラ立ててたからね。

> >覇王紫龍、白龍
> 烈龍:「オレとは一体なんなの...」

列龍はオッPの進化形じゃないかな?

> >全召喚法使用、OCG過去テーマ強化
> ARC-Vの数少ない美点。望み薄いが、VRAINSもそれを維持してほしいな。

ヴレインズで過去テーマが出ればワンチャンあるが…なさそうだな

> >いつもやってるキャラクター総括に関しては、希望があればやります
> ぜひお願いします。自分もキャラについてコメントしやすいと思います。

わかったぜ。俺の最後の力をもって書ききるぜ!
2017/03/28(火) 23:58 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 柚子の笑顔が救い。彼女三年目は完全に扱い悪かったですからね。

最後のまともなデュエルがセルゲイ戦という
ヒロインにあるまじき扱い

> 個人的には全員復活でエンディングに繋がればもやもやも全部水に流せたかなあという気がする。そこは残念かなと。

漫画版でつながる最終回にしてもよかったんだぜ
2017/03/29(水) 00:02 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>K さん
コメントどーも

> やっと・・・・やっと終わりやがった・・・・・・

耐えたぞぉぉぉぉぉ!!

> 一年目の素良と黒咲や遊矢と沢渡を見て「これはいける・・・・!いける!」と思った視聴者たちの心を返して・・・・。

一年目は本当によかった。

> 次のヴレインズは監督が吉田さん。ゼアルの失敗があるから不安だけどARCVより下はそうそう作れないから、なんとかして地に落ちた遊戯王の信頼を回復させてくれ・・・・それだけだ・・・

世間では割と不評だったりするけど、
個人的にはゼアルは結構好きです。なので頑張って。

> クソだクソだと言いつつも毎週見て、せーにんさんの記事も拝見させていただきました。

本当に…ありがとうございました。

2017/03/29(水) 00:10 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>GTFさん
コメントどーも

> >俺ルール
> 敵側がガチで挑んでもその主人公がデュエルでしか使えないオリカ使ってそれ以上のエグイ戦術で来るのはもはやお約束。だからこそサブキャラのデュエルは俺ルールでも勝敗が分からないので楽しみな面もある。

原作のほうが割と「そりゃねぇぜ」って思うコンボ使ってるからな。

> >長い旅
> スタンダードは別としてもシンクロが長すぎてエクシーズと融合とのバランスが悪かったように感じられた。

エクシーズは2クールほしかった

> >過去作のキャラクター
> 個人的には再登場でうれしい反面面白味が減ったところもある。毎回見る新キャラがどれくらいハジけてくれるか楽しみだったので、過去作だと新しい発見がなかった。

個人的にARC-Vのオリキャラだけでも行けたと思うんだ。
過去作のキャラに出番取られてた感あった

> >遊矢シリーズ
> ストーリー的には最初は立場の違いから敵対してたけど最後は和解してズァークと4対1でして浄化という形がベストだと思う。最後のデュエルも社長との勝負だけだったらよかったんだけどね。

そこは漫画版をよろしく(販促)

> >ハッピーエンド
> せっかくなら次元統合はいいとしてEDみたいに主人公とヒロインが分裂してそれぞれ日常生活を送る方がよかった。

あれは「一つになった遊矢と柚子が一緒に過ごしてる風景を
4人分で描いてた」ってことなんじゃないかな?

2017/03/29(水) 00:15 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> キャラクター総括は欲しいです!

わかったぜ
2017/03/29(水) 00:16 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 最終回
> スタイリッシュ
> カルタ取り

読み上げてすらないから。カルタじゃないよっと
一応反論しておこう

> 個人的には親友が消滅には無理矢理納得させたとしても、妹まで消滅した黒咲さんが不憫過ぎると思ったり。

昔の黒咲さんなら絶対なっとくが行かずに暴れまわってた。
そう思うと彼も成長したのかな?

> 個人的にはストロング石島とか消火不良が凄く残った気がしますので、どこかで消化してほしいなと思います。

石島さんはいつか再登場あるかなっておもったらそんなことなかったぜ!
2017/03/29(水) 00:19 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>二刀の翼さん
> >いつもやってるキャラクター総括に関しては、希望があればやります。
> 私は総括見たいですね。

任務…了解!
2017/03/29(水) 00:26 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
>軽トラックさん
コメントどーも

> 無茶苦茶言葉選んでますね(笑)
> ……とりあえず、ヴレインズは過去キャラに頼らずとも三年間まとめて欲しいところです
> 本当に本当に過去キャラの扱いだけは「無理」でした

GXの過去キャラの扱いはマジで神だったんだといまさらながら思う。
2017/03/29(水) 00:31 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
>無名の機械 さん
コメントどーも

> ARC-V終わっちゃいましたね…。
> ほんと色々な事がありすぎた。

3年あれば中学生が高校生にもなるってばよ

> 製作側から見たら遊矢柚子は救われたと
> 思ってるかもしれないけど、せめて各シリーズ同士の会話があっても良かったと思う

最後ぐらい奇跡がおきたっていいでしょう
2017/03/29(水) 00:33 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
> >遊矢と柚子がイチャイチャ
> 黒咲「柚子の中に妹瑠璃がいるという事は柚子はオレの妹という事になる…遊矢、これからはオレ義兄と呼べ」
> 遊矢「何で!?」

遊矢はナチュラルにそういうこと言う

> >キャラ統括
> 今まででキャラが一番多いのでマイペースでいいですよ。ARC-Vはキャラ多すぎですよね(汗)

ほんとそうだよね。各次元ごとに何人いると思ってるんだ!
2017/03/29(水) 00:42 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
取りあえず遊戯王は「主人公」の髪型が海産物では無い場合は危険信号と覚えておきます。

しかしヴレインズの主人公の声優が未だに不明なのは何故なのか・・・
・実はデュエル世界だけでなくその世界自体が電脳空間で主人公自体がアバターで正体は史上初の女性主人公。声優も女性。地味な名前、地味という性格も本体が女性とバレないようにするため。
自分でも思ったけど流石に無いな。

2017/03/29(水) 00:55 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: No title
> 取りあえず遊戯王は「主人公」の髪型が海産物では無い場合は危険信号と覚えておきます。

トマトェ…
2017/03/29(水) 22:53 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
>・アクションカードの取り合い合戦だ!
>…っというクソゲーを仕掛けて破る
実際の決め手はそこからのP効果でしたね。
ペンデュラムこそが遊矢の言葉!!

>人々を「笑顔」にするために戦うデュエリストの物語
>そんな重いテーマと自らの宿命に振り回せれ続けた主人公。
周囲の悪意と自身の弱さに勝てずに悪魔となってしまった主人公が、本当に進みたかった道を進める様になるまでの再生の物語でしたね。
榊遊勝というエンターテイナーの息子として転生した事が、ズァークにとっての救い(と試練)の始まりだった。
2017/04/06(木) 23:06 | URL | 二刀の翼 #WV4V227M[ コメントの編集]
Re: No title
>二刀の翼 さん
コメントどーも

> >・アクションカードの取り合い合戦だ!
> >…っというクソゲーを仕掛けて破る
> 実際の決め手はそこからのP効果でしたね。
> ペンデュラムこそが遊矢の言葉!!

ペンデュラム召喚を駆使する主人公だからできた戦法
2017/04/10(月) 08:02 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/04/26(水) 23:22 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住のアニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

2017年もよろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ