機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話(最終回)「彼らの居場所」

tekketu20151004.jpg

命の糧は戦場にある。
フリージアの花言葉=「あどけなさ」「純潔」「親愛の情」


・ラストバトル
tekketu20170402.jpg

明確なラスボスなぞ存在せず、
主人公が仲間を逃がすための囮として
圧倒的な物量に立ち向かっていくという
ガンダムシリーズでもかなり珍しい部類の最終決戦。
エンドレスワルツのサーペント部隊以来かな?
でもヒイロ視点だとシェルターシールドがラスボスにも見えるし。


・ダインスレイヴ
tekketu20170403.jpg

鉄血最強の兵器はもうこれで良いよ。
しかし、よく大気圏外から撃って当てられたものである。
マジェプリのスルガ・アタルでも、
仲間の支援があってようやく当てられたのに…
初代ロックオン・ストラトス並の命中率を
叩きだした名無しのパイロットすごすぎである。


・昭弘
akihiro20170403.jpg

まさか昭弘の最期の相手がイオク様になるとは…
そういえば、ジャスレイに手を貸したのはイオク様でしたね。
ある意味ラフタの仇とも言える存在でしたから
最後の最後で彼を道連れに出来たのは良かったのかもしれません。
ドラマ的に"関わる人間ほとんどが死亡する"という
死神体質だった昭弘でしたが、最後まで泥臭く戦って逝きました。
あの世では弟とラフタによろしく。


・三日月
mikazuki20170403.jpg

バルバトスのMAモードを使って
文字通り悪魔的な動きで多くのギャラルホルン兵士を
道連れにしていったけど、最終的には満身創痍の状態を
ジュリエッタに攻撃されバルバトスが大破。
その時に三日月も死んだ模様。
戦場にしか生きる糧を見いだせなかった
哀しい少年の最期はやっぱり戦場でした。
ガンダムシリーズの主役で死亡する
っていうパターン自体珍しい気がする。
少なくともTVで放送された作品では初。


・エピローグ
kuderia20170403.jpg

各キャラのその後を軽くまとめました。
クーデリア…独立した火星の議長に就任。
ユージン、チャド…クーデリアの秘書として働いてる模様
タカキ…こちらも議員秘書として働いてて、将来は議員になる可能性も
元デブリ組…孤児院を経営してる模様
ヤマギ…鉄華団で学んだ整備技術を生かす仕事に就いた模様
ラスタル…改革されたギャラルホルンのトップに立つ
ジュリエッタ…ラスタルの側近
ガエリオ…だいぶ体に無茶なことしてたらしく歩けなった模様
その他の鉄華団メンバーも全員それなりに
楽しく暮らしているようですが…

raido20170403.jpg

ライドだけが復讐心を捨てきれずに
ヒットマンになっていました。
やっぱりノブリスのことだけは許せなかったんだろう。
けどもう彼は仲間の所には帰れず
裏の世界で生きていくことになるんだろうね。

atora20170403.jpg

そしてアトラは三日月との間に生まれた子「暁」と
クーデリアと共に暮らしてる模様。
三日月さん、一発必中だったんですね。
やっぱ、すげぇぜミカは…
そういえば、ハッシュ君はアレで死んだようですね。

rasutaru20170403.jpg

予想に反してラスタルは最後まで死ななかったけど。
実際彼のやったことって「腐敗したギャラルホルンの体勢を覆し」
「民主化を推し進め」「搾取されている植民地を解放」
「金で売り買いされている孤児たちを救う」
っという
あれ?この人が勝利して良かったんじゃね?
って思える結末でした。
マッキーは別に頑張らなくてもよかったんだよ。


総括:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
mikazuki20170404.jpg

闘うことでしか居場所を得ることのできない
哀しい少年兵たちの物語。

中盤以降は「スペースヤクザガンダム」
になってて、完全に任侠物の作品になってたな。

主人公が死亡し、所属組織も壊滅。
って言われるとバッドエンドに見えますが、
世界的に見たらだいぶグッドエンドなんだよな。
ぶっちゃけ2期の主人公はジュリエッタとガエリオで
ラスボスはマッキーと三日月。
そう考えると納得の行く結末ではある。


最後にメインキャラに関して総括して終わります

・三日月
mikazuki20170320.jpg

BPOが最も恐れた男。
たいていのロボットアニメの
主人公が中々越えられない人殺しの一閃を
幼少時に軽く飛び越えてた主人公。
完全に殺る気マンマンで戦闘する様子はまさに悪魔で、
カルタ戦とか流石に味方もドン引きするレベルでした。

境遇の似ているヒイロや刹那はまだ「自分」
っていうものを持ち続けていたけど
三日月は最初から最後まで「オルガの為に」
戦い続けた男だった。人として大切な何かが
欠けていたり、失っていくのがガンダム主人公の運命ですけど、
三日月の場合、それが最初から壊れてたような気がする。


・オルガ
oruga20170319.jpg

最後まで止まることが出来なかった男。
最初は三日月はオルガに依存してる
って思ったが、実際は逆にオルガが
三日月の期待に答えようと必死になってた感があった。
三日月の前では最高にカッコいい男を演じなければならず、
他の鉄華団メンバーに関してもオルガに対して
「強い男」であることを求めていた。
だから彼は止まらなかったのではなく、止まるわけがいかなかった。
たまたま自分の身に余る力を手に入れてしまったことが
彼にとっての大きな不幸だったのかもしれない。

今思うと作中のキャラの中で一番オルガに
似てたのはビスケットなんだと思う。
彼もオルガも本質的に"失うこと"を恐れてた。
だからこそ「数少ない理解者」だったんだろう。


・クーデリア
kuderia20160111.jpg

なんだかんだで一番出世したキャラ。
最初は頼りないお嬢さんから、
フミタンの死から一転して肝っ玉お嬢さんにパワーアップ。
1期で成長イベントを全部こなしたから
2期以降はホント出番が少なくなってけど、
最終的に"自分の目的"を果たせそうなのは彼女なんだよな。
そう思うと、戦場で散った鉄華団という野花にも
意味があったんだなって感じるよ。


・アトラ
atora20170129.jpg

三日月とは別の意味でぶっ飛んでた女。
本当に有言実行しちゃう子だったな…
まさか主人公と結ばれて子供まで作るとは
最初観た時は想像もしてなかったよ。
政治的な意味では物語上必要なキャラではなかったが
最後まで鉄華団を支えたもう一人のヒロインでした。


・マクギリス
makugirisu20170220.jpg

ライバルキャラになれなかった男。
ロリコンで仮面でガンダム作品のライバルたる
資格は十分にあったというのに…
結局三日月と直接対決したのって
火星での一回きりなんだよな。
実際蓋を開けてみれば最後まで味方キャラでした。
ただ、最終的にネタキャラになったのは事実なんだよな。
実際バエル手に入れてからのアレっぷりは伝説級だと思う。


以上、鉄血のオルフェンズの感想でした。

【関連記事】

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1話「血と鉄と」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2話「バルバトス」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第3話「散華」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第4話「命の値段」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼らについて」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第7話「いさなとり」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第8話「寄り添うかたち」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第9話「盃」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第10話「明日からの手紙」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第12話「暗礁」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第13話「葬送」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第14話「希望を運ぶ船」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話「足跡のゆくえ」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第17話「クーデリアの決意」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話「声」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第19話「願いの重力」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話「相棒」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第21話「帰るべき場所へ」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話「まだ還れない」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第23話「最後の嘘」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話「嫉妬の渦中で」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話「夜明け前の戦い」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話「出世の引き金」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話「アーブラウ防衛軍発足式典」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話「無音の戦場」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話「友よ」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話「火星の王」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話「ヴィダール立つ」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話「目覚めし厄災」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話「穢れた翼」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話「クリュセ防衛線」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話「天使を狩る者」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話「助言」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真理」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」

ritobasuFC2.jpg

結局「あの日」ってなんだったんだろう?
スポンサーサイト
コメント
No title
大切なものは見えにくい
2017/04/02(日) 19:53 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
破滅によって平和が生まれるとは皮肉な話です
オルフェンズの物語は皮肉な話とも言えますね。
鉄華団は破滅に向かい突き進み、結果的に組織としては滅ぼされ、
協力関係にあったマクギリスもああいう生き方しか出来ず死んでいき、
その結末の末が世界が良い方に向かう事になるって皮肉以外の何物でもないです。
鉄華団が仮に破滅に進まなかったらその場合、
火星問題とヒューマンデプリ問題の解決ももっと時間かかった可能性もあるので、
破滅に進んだ事で世界が寄り良い方に進んだのは本当に皮肉な話です。

ライドについては復讐に生きずに、芸術家になってほしかったです。
鉄華団のシンボル描いたのはライドでしたし、
オルガの仇に拘らずに芸術家として生きてほしかったです。
2017/04/02(日) 19:55 | URL | 花月(かづき) #wjl3HOEA[ コメントの編集]
No title
これスパロボ参戦する時どうするんでしょうね。
ストーリーをSEED DESTINY並に改変しないと(汗)。
2017/04/02(日) 19:57 | URL | NoName #oW8nAfBQ[ コメントの編集]
No title
思えばラスタルはSEEDのウズミとは真逆に「理想に殉ずるのではなく清濁併せて現実を見据えた上で世界を安定させた人物」なのではないでしょうか。今までのシリーズにいそうでいなかったキャラでしたね。

厄祭戦絡みの裏設定は…Gジェネやスパロボで明かされることに機体でしょうか(汗
2017/04/02(日) 20:15 | URL | ミスターグラブシ #-[ コメントの編集]
No title
>明確なラスボス
今までのガンダムシリーズではこの敵キャラを討てば終わりというのは理解はできたけど鉄血ではそういうのがいないんだよね。ラスタルが最後の相手だけどラスボスよりは中ボスとかのイメージがあるし、ストーリー的にはラスボスそのものは永遠にいない。

>三日月
戦いでしか自分を表現できない人間だと思うな。少なくともこのまま生き残っても植物人間状態になってそうだし今以上不幸になりそう。

>エピローグ
クーデリアとかアトラやチャドはこれでもよかった。けどどうせならオルガと脱出した組だけ生き残って後は全滅とかの展開にすれば子供等の希望が残る表現としてはよりいいんじゃないかなと思う。

>ライド
昭弘に心残りがあるとすれば彼だけかもしれない。全うな道に進めなかった彼は後悔しないけど悲惨な最後は迎えそう。

>総括
個人的にはもしこの立場や選択をしていたらのIFを考えさせる作品だったな。もしオルガがあってたのがマクギリスとかミカがファリド家に拾われていたとかいろいろ想像できた。

>マクギリス
一期と二期の差がひどすぎた。ラスタルも言ってたけど周囲と調和を大事にしてたらもっとうまくいってたんだと思う。
2017/04/02(日) 21:19 | URL | GTF #-[ コメントの編集]
No title
そして物語は引き継がれる、命を奪う者から命を護る者に。新番組トミカヒーロードライブヘッドお楽しみに。
2017/04/02(日) 21:23 | URL | 光になれ #-[ コメントの編集]
No title
しかし三日月&昭弘死亡で
一見主人公敗北ENDですが
立派に己の仕事は果たした上の死亡ですから
目的を果たしたって意味では勝利ですね

というか三日月の最後のセリフがアトラと
クーデリアに向けてなのは意外でした
(てっきりオルガに向けてと思ってましたし)

>>死神体質だった昭弘でしたが

ライドとマッキーも結構な死神体質だったかと
どっちかというとマッキーの場合は鉄華団にとって
疫病神かもですが
でも不思議と嫌いじゃなかったです

あと会計のおっちゃんが生き延びてよかったです
個人的にああいう人が散るのが一番心にクるので
2017/04/02(日) 21:30 | URL | サク #-[ コメントの編集]
No title
>三日月
お疲れ様でした。
あの世でオルガとお幸せに

>アキヒロ
かっこよかったよ
マサヒロとアストンとラフタにいるあの世でお幸せに

>ラスタル
この人何がしたかったんだ?
反逆しているマクギリスを倒す為に行動したのか?

>イオク
正直こいつよりジャスレイの方が潰してほしかったな
名瀬兄貴相内して退場すればよかったんだ

>ノブリス
正直ざまあみろと思ったw

>ライド
オルガの仇を取ったんだな?
ありがとう

>マクギリス
この人のせいで鉄火団は....
全く無能ロリコンめ
2017/04/02(日) 21:53 | URL | かららら #-[ コメントの編集]
No title
最後にジュリエッタちゃんはガエリオとの会話で
鉄華団を人間として理解してるような事を言いましたが
きっとそれはジュリエッタちゃんは三日月との最後の戦いの時に
悟ったんでしょうね

苦しげな表情を浮かべたあと間を置いて
三日月ではなくバルバトスの首を刈り取って
大義を誇示するのもわざとらしい感じで誇らしげな感じでもなかったのは
鉄華団の生きざまを理解したからこそでしょう
というか作中で一番精神的に成長したのはジュリエッタちゃんかもですね

あと三日月の最後のセリフはけっこう心にきました
2017/04/02(日) 21:57 | URL | サク #-[ コメントの編集]
誰が呼んだか「ガンダム版真田丸」、時代に潰された必死に今を生きようとした話・・・

よくビスケットが死んだときに歯車が狂ったと言われますが、個人的ですが鉄華団はそもそもクランクさんを殺したとき、既に破滅の道を歩んでいたんではないでしょうか。
彼等はあのとき、もう子供であることを捨ててしまったんですから・・・

最後のアリアンロッドとの戦いは関ケ原の戦い、そして最終回は大阪の陣と考えれば嫌なぐらいぴったり来ます。

悲劇ではありましたが、彼等は確実に時代に潰されたとはいえ自分達の足で生きようと足掻いた、そんな姿に共感した人が多いから彼らの悲劇を悲しみ作品を見れなくなった人も多いんじゃないでしょーか・・・

まさしく鉄華団は「時代の敗北者」、そしてラスタルは「時代の勝者」であったんでしょうね

・・・ラスタルの中の人が家康をやっていたのはなんの因果でしょうか。
2017/04/02(日) 21:58 | URL | NoName #s5w.Hw/s[ コメントの編集]
Re: No title
> 大切なものは見えにくい

そして失って初めて「大切」だって気づく
2017/04/03(月) 22:04 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
ラスタル:最後まで秩序の維持を貫いた『大人』でした。これ以上の益がないと見るや、あっさりと火星から手を引く辺り、やり手というか空気が読める人ですね。だからこそ生き残れたのでしょうが。

イオク様:死なせた部下達を悔やんでも、殺したタービンズや農業プラントの人達に対して顧みなかった所を見ると、ある意味、彼がギャラルホルンで一番歪んでいたのかも。

マッキー:子供の頃から欲しがっていたバエルを手に入れて理性ではわかっていても、心のどこかで満足して緩んじゃったのかと。

人類の命運を決めるでもなく、世界の趨勢に重点をおいたのでもなく、ただ時代の流れや大人達の策謀に流され抗いながらも、懸命に生きようとした子供達の物語でした。

欲を言うなら厄祭戦も見たいですね。
2017/04/03(月) 22:07 | URL | スズムシ #-[ コメントの編集]
Re: 破滅によって平和が生まれるとは皮肉な話です
>花月(かづき) さん
コメントどーも

> 破滅に進んだ事で世界が寄り良い方に進んだのは本当に皮肉な話です。

本当に世界の糧となった少年たちの物語だったな。

> ライドについては復讐に生きずに、芸術家になってほしかったです。
> 鉄華団のシンボル描いたのはライドでしたし、
> オルガの仇に拘らずに芸術家として生きてほしかったです。

ライドは背負っていくんでしょうね。オルガと三日月の意思を
2017/04/03(月) 23:09 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
> これスパロボ参戦する時どうするんでしょうね。
> ストーリーをSEED DESTINY並に改変しないと(汗)。

でぇじょうぶだ。悲劇的な結末をたどった作品だろうと
スパロボマジックでなんとかしてくれる。
2017/04/03(月) 23:10 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>ミスターグラブシ さん
コメントどーも

> 思えばラスタルはSEEDのウズミとは真逆に「理想に殉ずるのではなく清濁併せて現実を見据えた上で世界を安定させた人物」なのではないでしょうか。今までのシリーズにいそうでいなかったキャラでしたね。

過程はどうあれ最終的に世界を良くする方に導いた点は素直に評価する

> 厄祭戦絡みの裏設定は…Gジェネやスパロボで明かされることに機体でしょうか(汗

はたして72柱全部そろうのか?
…ゼアルのナンバーズ以上に無理な気がする。

2017/04/03(月) 23:13 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
桂レイ・ハックモン→強すぎてライバルになれない最強のバディ

マクギリス→無能過ぎてライバルキャラになれなかった男。
2017/04/03(月) 23:14 | URL | かららら #-[ コメントの編集]
Re: No title
>サクさん
コメントどーも

> しかし三日月&昭弘死亡で
> 一見主人公敗北ENDですが
> 立派に己の仕事は果たした上の死亡ですから
> 目的を果たしたって意味では勝利ですね

オルガの最後の命令を全うできたんだよな。

> >>死神体質だった昭弘でしたが
> ライドとマッキーも結構な死神体質だったかと

ライトに関しては自分が死神になった感あるよな

> あと会計のおっちゃんが生き延びてよかったです
> 個人的にああいう人が散るのが一番心にクるので

一番安全地帯で一番苦労しながら一番貢献してたキャラですもんね
2017/04/03(月) 23:18 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> よくビスケットが死んだときに歯車が狂ったと言われますが、個人的ですが鉄華団はそもそもクランクさんを殺したとき、既に破滅の道を歩んでいたんではないでしょうか。
> 彼等はあのとき、もう子供であることを捨ててしまったんですから・・・

実際ビスケットがいても多少マシでも同じ結末になっていたと思う。
一番の問題はオルガと三日月だったわけだから。

> 最後のアリアンロッドとの戦いは関ケ原の戦い、そして最終回は大阪の陣と考えれば嫌なぐらいぴったり来ます。
> まさしく鉄華団は「時代の敗北者」、そしてラスタルは「時代の勝者」であったんでしょうね
> ・・・ラスタルの中の人が家康をやっていたのはなんの因果でしょうか。

ラスタルさん、マジで徳川家康だな
2017/04/03(月) 23:20 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>スズムシさん
コメントどーも

> ラスタル:最後まで秩序の維持を貫いた『大人』でした。これ以上の益がないと見るや、あっさりと火星から手を引く辺り、やり手というか空気が読める人ですね。だからこそ生き残れたのでしょうが。

ただ、最後までいい人な振りをして汚い大人だったのは事実。
実際、クーデリアと鉄華団の関係を知ってるから
弱みを握っているようなものなので、その気になればいつでも加勢を傀儡にできる。

> イオク様:死なせた部下達を悔やんでも、殺したタービンズや農業プラントの人達に対して顧みなかった所を見ると、ある意味、彼がギャラルホルンで一番歪んでいたのかも。

成長イベントとかやらせずに、あっさりコロコロされた方がましだったんじゃっと思う最期

> マッキー:子供の頃から欲しがっていたバエルを手に入れて理性ではわかっていても、心のどこかで満足して緩んじゃったのかと。

最初からマッキーがバエルなんかに興味を持たなければよかったってお話

> 欲を言うなら厄祭戦も見たいですね。

エピソード厄祭戦は地獄絵図だろうな
2017/04/03(月) 23:31 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>GTF さん
コメントどーも

> >明確なラスボス
> 今までのガンダムシリーズではこの敵キャラを討てば終わりというのは理解はできたけど鉄血ではそういうのがいないんだよね。ラスタルが最後の相手だけどラスボスよりは中ボスとかのイメージがあるし、ストーリー的にはラスボスそのものは永遠にいない。

指揮官なのに前に出てくる奴がだいたい悪い。
そもそも1stはジオンのトップをシャアが片っ端から
始末していったから終戦したようなものだから、
実際アムロがザビ家にとどめを刺したわけじゃないんだよな。

> >三日月
> 戦いでしか自分を表現できない人間だと思うな。少なくともこのまま生き残っても植物人間状態になってそうだし今以上不幸になりそう。

最期にMAモード使ってたから、生存しても確実に左半身も持って行かれてたと思う。

> >ライド
> 昭弘に心残りがあるとすれば彼だけかもしれない。全うな道に進めなかった彼は後悔しないけど悲惨な最後は迎えそう。

「復讐」っていう一番受け継いではいけない意思を受け継いでしまったわけだな。

> >総括
> 個人的にはもしこの立場や選択をしていたらのIFを考えさせる作品だったな。もしオルガがあってたのがマクギリスとかミカがファリド家に拾われていたとかいろいろ想像できた。

結局「暴力」で何も変えることができない。
歩み寄ることが大切ってことなんだろう。

> >マクギリス
> 一期と二期の差がひどすぎた。ラスタルも言ってたけど周囲と調和を大事にしてたらもっとうまくいってたんだと思う。

答えを急ぎ過ぎてしまった男だろうな
2017/04/03(月) 23:59 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
まさか、アトラが人妻になるとは、息子が愛した男の生まれ変わりなのか。ガンダムシリーズで1番の不幸体質は、最終回まで報われなかったレインと言う事に。アトラもテイファも愛した男に救われてるしね。ガンダムと言う名の悪魔と合体した時点で三日月の運命は決まっていたのか。それにしてもアトラの中の人が平和を表すキュアピースなのは皮肉を感じる。後番組がレスキューロボなのも。命を奪う戦いから命を護る戦いになるんだな4月から。
2017/04/04(火) 06:51 | URL | 光になれ #-[ コメントの編集]
No title
>ラスタル
・クーデリアと握手してたとき手袋してたのは失礼だが
敵であったものとも手を取り合えるのは「大人」なんだろね
初めての三日月との握手のときとも暗喩してるのかな

・セブンスターズの力が衰えたとはいえ、事件を解決した英雄が
ちゃっかりトップになってるとはw

>ダインスレイヴ
あんなものを残しておくわけにはいかないとスパロボチームが破壊しにいく展開
実際これなり擬似阿頼耶識なり危険な技術がギャラルホルンに残りすぎ
報道規制できるから使ったことすら闇に葬れる

>ザックとデイン
新しい職場(雪乃丞さんが設立したカッサパファクトリー)
のところにハロ置いてあったwww

>ライド
鉄華団の生き残りは戸籍変更(偽造)してるからおそらく名前も変わってるはず
(カッサパファクトリーは名残なのか分からん)
名前も周りからの呼び方を変えてないということは復讐心は衰えないんだろうね
そのうちラスタル陣営まで狙い始めるんだろうか。せめてオルガが生きてれば…

>マクギリス
アグニカカイエルやバエルがあれば世界が変わると考えた愚か者
まあ、マクギリスという敵がいなければ、ラスタルもこんな改革してなかったかもしれんが
2017/04/04(火) 13:29 | URL | ストライク #93SSyXN.[ コメントの編集]
No title
↑よく考えたらライドだけがヒットマンになったと考えづらいから
(チャドも「ライドたち」って言ってたし)身内同士で元の名前の呼び方もありえるか
2017/04/04(火) 16:39 | URL | ストライク #93SSyXN.[ コメントの編集]
Re: No title
>光になれさん
コメントどーも

> まさか、アトラが人妻になるとは、息子が愛した男の生まれ変わりなのか。ガンダムシリーズで1番の不幸体質は、最終回まで報われなかったレインと言う事に。

そもそも主人公とくっつきさえしなかったヒロインもいますからね。
OOなんてマリナとフェルト放っておいてメタル化するからな


2017/04/04(火) 23:23 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>ストライクさん
コメントどーも

> >ラスタル
> ・クーデリアと握手してたとき手袋してたのは失礼だが
> 敵であったものとも手を取り合えるのは「大人」なんだろね
> 初めての三日月との握手のときとも暗喩してるのかな

そういえば、1話で三日月はクーデリアとの握手拒んでたな

> ・セブンスターズの力が衰えたとはいえ、事件を解決した英雄が
> ちゃっかりトップになってるとはw

民主的に選挙したんだけど、やっぱり肉おじ人気が凄かったんだろう。

> >ダインスレイヴ
> あんなものを残しておくわけにはいかないとスパロボチームが破壊しにいく展開
> 実際これなり擬似阿頼耶識なり危険な技術がギャラルホルンに残りすぎ
> 報道規制できるから使ったことすら闇に葬れる

ダインスレイヴより危険なマシンやら兵器がたくさんある
スパロボ世界の地獄絵図を考えたらマシなほうかも。

> >ザックとデイン
> 新しい職場(雪乃丞さんが設立したカッサパファクトリー)
> のところにハロ置いてあったwww

それは気づかなかった。そういえば今作ではまったく出番なかったですからね。

> >ライド
> そのうちラスタル陣営まで狙い始めるんだろうか。せめてオルガが生きてれば…

ハサウェイみたいなことにならなきゃいいけど

> >マクギリス
> アグニカカイエルやバエルがあれば世界が変わると考えた愚か者
> まあ、マクギリスという敵がいなければ、ラスタルもこんな改革してなかったかもしれんが

最高にアグニカな人生だった
2017/04/04(火) 23:27 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
> ↑よく考えたらライドだけがヒットマンになったと考えづらいから
> (チャドも「ライドたち」って言ってたし)身内同士で元の名前の呼び方もありえるか

何人か元鉄華団メンバーがヒットマンに転職した可能性がある。
2017/04/04(火) 23:30 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
ども随分と遅れてしまいましたが、やっとこさ整理がついたので感想米を

・三日月
ヒイロやせっちゃんの系譜を行く主人公
だが蓋を開けるとやることなすことがあの2人がまだ可愛くなるレベルだったの巻
そんな彼に贈る言葉はたった一つ
「やっぱすげえよ、ミカは。」
である。

・オルガ
ガンダムでエンドオブワールドをしない方のオルガさん
日5社長大戦の片割れにして流行語大賞?「すげえよミカは」の仕掛け人。
半ば予想されていたとはいえ彼の退場は残念である、と同時に「もう良い…もういいだろ…」「お疲れ様」と言わざる得ない

・クーデリア
メインヒロイン
等身大に立って自らの理想と現実を向き合い最後まで歩き続けたのは
後半はチョット出番少なかったが、火星の未来の為にはそれが却って良かったというなんとも言わざる得ない。

・アトラ
三日月たちを最後まで寄り添い見守ったヒロイン
姉さんの言う通りの女だったよ。

・昭弘
三日月に次いで歩き続け死神の業を背負ったある意味ガンダムの裏主人公。
幸せになってもらいたかった…
>あの世では弟とラフタによろしく。
彼奴らならBF次元で生きているよ

・ライド
鉄華団のデザイナー
あんな形で2人の後を継いでもらいたくなかったな
(あの描写からして他にも…)

・マグギリス
前期までの仮面枠が何処にいったバエルキチ。
彼の過去には同情の余地はあるもそこから抜け出せなかったのが仇となりある意味鉄華団の引導を渡してしまったのは呆れ通り越して哀れ


・ガエリオ
いやあまさかあのミスター騎士道がボードウィン特務3佐だったとは(棒)
ある意味ミカたちよりもロボアニメの主人公してたよ。


・ラスタル
鉄華団が倒すべきラスボス候補と思いきやまさかの大勝利を得た
やる事は褒められた事ではないッ!だが完全に嫌いにはなれなかった。

イオク様
当初炭酸枠になるかと思いきややらかし度で病みアムロに匹敵するヘイトを重ねた鉄華団キラー
(最終回でやっと退場したがそこに至るまでの代償が大きすぎた…)

・ジュリエッタ
海賊から警察にジョブチェンジしたアイン枠
道を外れる事なく前を進んだのは正直安心した。

・総括
ある意味プロレスガンダムとは別ベクトルでガンダムのセオリーをぶっ壊したハートフルボッコリアルロボットアニメ。
正直最終回に至るまでが色々と清濁併せ持った心境であるが、これはこれで有りなのかもしれない。

>鉄血最強の兵器はもうこれで良いよ。
ヒットマン「解せぬ」
2017/05/07(日) 22:26 | URL | okkunn #-[ コメントの編集]
Re: No title
>okkunn さん
コメントどーも

> ・三日月
> 「やっぱすげえよ、ミカは。」
> である。

いろんな意味で歴代ガンダムシリーズでもかなり異端な主人公。

> ・オルガ
> 半ば予想されていたとはいえ彼の退場は残念である、と同時に「もう良い…もういいだろ…」「お疲れ様」と言わざる得ない

あの世で鉄華団を結成して笑ってくれ

> ・クーデリア
> メインヒロイン
> 等身大に立って自らの理想と現実を向き合い最後まで歩き続けたのは
> 後半はチョット出番少なかったが、火星の未来の為にはそれが却って良かったというなんとも言わざる得ない。

実質語り部的なポジションな

> ・アトラ
> 三日月たちを最後まで寄り添い見守ったヒロイン
> 姉さんの言う通りの女だったよ。

なんだかんだで自分の目的を果たしているあたりすげぇ

> ・昭弘
> 三日月に次いで歩き続け死神の業を背負ったある意味ガンダムの裏主人公。

実質ドラマ面では一番華があった

> ・ライド
> 鉄華団のデザイナー
> あんな形で2人の後を継いでもらいたくなかったな

続編あったら敵になりそうな

> ・マグギリス
> 前期までの仮面枠が何処にいったバエルキチ。

2期で一気に知能指数下がった人

> ・ラスタル
> 鉄華団が倒すべきラスボス候補と思いきやまさかの大勝利を得た
> やる事は褒められた事ではないッ!だが完全に嫌いにはなれなかった。

一番の勝ち組

2017/05/09(火) 00:46 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
No title
三日月の葛藤、オルガとの過去、ハシュマルから分かるMAの脅威、バエルの威厳、そして厄祭戦…

何故だ!何故、何一つ回収しようとしない!ええい劇場版はまだか!
2017/05/10(水) 22:35 | URL | ツワーモン #-[ コメントの編集]
Re: No title
>ツワーモン さん
コメントどーも

> 三日月の葛藤、オルガとの過去、ハシュマルから分かるMAの脅威、バエルの威厳、そして厄祭戦…
> 何故だ!何故、何一つ回収しようとしない!ええい劇場版はまだか!

数年後に総集編映画作ってほしい
2017/05/11(木) 20:41 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #50「彼等の居場所」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第50話を見ました。 #50 彼等の居場所 脱出計画を進める鉄華団であったが、ラスタルのために戦うジュリエッタやイオクが立ちはだかる。 昭弘は最後の力を振り絞ってイオクを倒すも、三日月はジュリエッタに敗れてしまうのだった。 社会的信用を失いかけたギャラルホルンは構想を早期に解決したことで力を示し、民主的な組織と再編されたことで初代...
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住のアニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

2017年もよろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ