デジモンアドベンチャーtri. 第5章「共生」 感想

deji20150509.jpg

きょうせい【共生】

1. いっしょに生きてゆくこと。
2. 異種の生物が相手の足りない点を補い合いながら生活する現象。

以下、ネタバレありの感想


メイクーモンの秘密。
イグドラシルとホメオスタシスの目的が明かされ
いよいよ最終章に向けて物語が動いていったんですが、
思えばこの世界、3年に1回は滅亡の危機に瀕してるよな。

あと、デジモンが世間に認知されて危険な存在として
扱われていることがやたらクローズアップされていて、
ここら辺が太一の将来の職業(デジモン世界との外交官)に繋がるのかな?
前回以上のバッドエンドな感じで終わったから
「そこで終わるんかい!」って思ってしまった。


・望月芽心

もはや疑う余地もなくこのtri.シリーズの
ヒロインっていうか、主人公ですね。
アポカリモンの因子を受け継ぎ
生まれたことが消せない罪のデジモン
メイクーモンのパートナーとなった彼女に
課せられた宿命はかなり重い。

前回、多少まともになったと思ったら
今回ほとんど曇ってたねこの子。
果たして彼女が笑顔に追われる最後となるのだろうか?


・八神太一

ヒカリがメインだと思ったら、
ほとんど太一がメインだった。
しれっと芽心フラグを立ててる気がするんだが
これまで彼女との1対1での交流が皆無だったから唐突に思えた。
(むしろタケルのほうが喋ってたような…)

「仲間の痛みから逃げない」っとメイクーモンを
倒す決意をしたのはよかったんですけど、
それでも上手くいかないのがtri.という作品。
彼に待っていた結末は、戦いに巻き込まれて生死不明という悲惨なもの。
(たぶん生きてるんでしょうけど)

tri.のアグモンはアホっぽさと腹ペコっぷりが
パワーアップしていたけど、今回はそんな彼の
無邪気さに太一も芽心も救われたんだと思う。


・石田ヤマト

怪談話が苦手なヤマトの様子は
本作屈指の癒しシーンだったと思う。
弟くん、やっぱり腹黒く成長してる気がするよ。
そんなヤマトが太一が行方不明になった後、失意のみんなを
引っ張っていったわけだが、主人公の証でもある
ゴーグルも引き継いだから主役交代にも見えた。
止まるんじゃねぇぞ…

しかし「誰かのパートナーデジモンと戦う」っていう
展開は02のメタルグレイモンの時に一度やってるんだが、
今回のヤマトの言動はあの時とは真逆なんだよな。
単に忘れてるのか、それともあの時は太一相手だったから
別にいいやと思ってたのかどっちなんだろう?
(イービルリングの時と違って今回の場合、完全に命を奪う必要があるからかもしれないが)
たぶん大輔があの場にいたらぶん殴ってたと思う。
大輔といえば他人のパートナーと2回も戦ってて
ケルビモンの時は完全に倒してるんだよな。


・完全体総出撃

メイクーモンとの戦いで全員完全体になるところ良かった。
ホーリーエンジェモンに進化できるようになったのは
ピエモン戦で、そのころにはウォーグレイモン、
メタルガルルモンだったから、
実は完全体が出そろうのは初めてだったりするんだよな。
究極体総出撃はオファニモンがいなかったことにより
実現しなかったです。
しかし、今回はいきなりメイクーモンが襲撃してきたから
作戦なし、対策なしで戦ってた感あったな。


・究極体大激突

ジエスモンはホメオスタシスの使者として
調和を乱すメイクーモンを抹殺しに現れ、
アルファモンはイグドラシルの使者として行動しているようです。
だから、3章のラストで戦ってたわけですね。

初登場補正があるとはいえジエスモン強すぎです。
オメガモン以外の究極体がまるで戦力外のように
あっさり進化解除されてたのはなんか悲しかった。
究極進化できるようになっても
太一とヤマトが主力ってのは変わんないんのね。


・闇落ちするヒカリ

キービジュアルのオファニモン(フォールダウン)
がまさかあんな形で登場するとは思ってもいなかった。
てっきり通常のオファニモンに進化して戦って
そこから闇落ちするのかと思ってた。
しかも、戦闘も何もしないままただラグエルモンに取り込まれたのもなぁ…

ヒカリって太一がいないと危うい部分があると
思っていたんですけど、まさか太一がいなくなった
精神的なショックからパートナーを暗黒進化させる程とは…
(これに関しては闇ゲンナイさんによる
外部からの干渉があったかもしれんが)

ヒカリは無印時代でもtri.2章3章でも影の主役だったから
重要なポジションだとは予想されていたが、
まさかラスボスを生み出す要因になるとは思いもしてなかった。
…オファニモンの正式な究極進化はもしかしたら見られないのかも。


とりあえず、話をまとめると

イグドラシル陣営:
デジタルワールドのために人類滅ぼします。
そのためメイクーモン使って現実世界で
デジモンたちを暴れさせます。

ホメオスタシス陣営:
デジタルワールドと現実世界の調和が一番。
そのために、調和を乱すメイク―モンを排除します。
邪魔をするようなら選ばれし子供たちも排除する

選ばれし子供たち:
仲間を助けるため、世界を救うため戦う。

ただ、結果論かもしれないがリブート後は
選ばれし子供たちの行動の結果で
今の状況になっている気がする。


さて、2015年から始まったtri.も残り1章
残ってる伏線やら気になってる部分は

・02や世界中の選ばれし子供たちの件

結局今回も分からずじまいでしたが、
インペリアルドラモンがイグドラシル側の
手駒になっていますから、
彼らの手に落ちたとみて間違いないだろうな。

・姫川さんの行方

今回、完全に病んでる感じで放浪してたけど
姫川さんがいたところって暗黒の海なんじゃ…
そういえば、02の時、あそこに放置された奴いたよな。
あれもリブートでなかったことになったんだろうか?

・光子朗のパソコンにメールを送った人物の謎

たぶんホメオスタシスだと思うけど…


【関連記事】

・デジモンアドベンチャーtri. 第1章「再会」 感想

・デジモンアドベンチャーtri. 第2章「決意」 感想

・デジモンアドベンチャーtri. 第3章「告白」

・デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」 感想

aisiafc2.jpg
関連記事
ページトップ