FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2017. 11. 01

Infini-T Force 第5話「INVISIBLE FUTURE」

Infini20171101.jpg

お行儀よく玄関のチャイムを鳴らして訪問する敵に対して
どう対処するのかな?って思ってたが
割と普通に迎え入れてたね。
Infini20171103.jpg

「化物…確かにそうかもしれない。
でも僕は…心まで奪われてはいない!」


今週はキャシャーンとラジャ・カーンの戦いを描いたお話しでした。
互いに「人々を守るために異形の体となって
戦いながらも、人々から迫害された」
という過去を持つ
二人だったが、最大の違いは「父親」に対する想いの違い。
異形の体にした父親を憎んだカーンと違って
人々を守る力をくれた父親を愛しているキャシャーン。
キャシャーンが心まで異形の怪物にならなかったのは
そんな思いがあったからなんだろうな。

"敵を倒すために敵の力を利用し異形の怪物となる"
っていうのは仮面ライダーとかと同じですね。
中には敵側の力を使い続けた末に
本当に怪物になってしまったケースもあった。
「父親によって改造された」っていうケースも
仮面ライダーXと似たパターンだけど
彼の場合は改造しないと死んでたわけだからな。
人身御供として犠牲となったラジャ・カーンは
完全に被害者だよな…(それでも敵を倒してるあたり凄いと思うが)

Infini20171102.jpg

"ヒーローの迎えるバッドエンドの一つ"
の後にあるのがラジャ・カーンというキャラなんだろうな。
ただ「全員異形の姿にすればみんな平等じゃん」っていう
思想はどこぞの聖杯じみてると思った。

「アボカドのクリームパスタの味を知ることだ」

っていうキャシャーンの願いは本当にちっぽけな願いだけど
だからこそ尊い願いだと思った。
同時に笑の本当の願いも見えてきたような気がするな。
口ではああは言っていても本心では父親を
助けたい気持ちがあったわけだ。

Infini20171104.jpg

ラストでたぁけぇしぃの人ことダミアンが
再登場したのには驚いたけど、
再び敵として現れたことにはもっと驚いた。
や、てっきり次出てきたときは味方かな?
って思ってたから。

ダミアンによって変身能力を奪われたガッチャマン。
来週は「特別なヒーローの力」なんてなくても
笑を守れるってところを見せてくれるんだろうな。
絶対熱い話になる予感がする。


【関連記事】

・Infini-T Force 第1話「ISOLATED FLOWER」

・Infini-T Force 第4話「IMAGINARY FRIEND」

nikoFC2.jpg

たけしー早く来てくれぇ!
スポンサーサイト



COMMENT▼

「律儀にインターホンを押す」それだけで笑えたのに
「扉を壊したりせずに普通に客人として入り、用件を話したらタバスコを壊したものの普通に帰宅する」
この作品の敵はネタをしないと退場できない病でも患ってるのかww

今までの二人は「道を踏み外した」に対し、「道を踏み外された」ラジャ・カーンは一番哀しい敵でした。
本気モードの姿は完全に人間離れしていて悲壮感ありました。ただあの姿変身としては醜いどころか「格好いい」に分類されそうだとは思う。

キャシャーンの願い「彼には味覚も無い」というのを考えたら「実現が極めて困難な【普通の感覚だと】そんな些細な願い」と思えるのが彼の哀しさだと思います。

ただ最後のたーけーしいさん。もしかしたらですが笑の「すごい力を持ってるじゃない!」発言に対して
「こいつらはすごい力だけじゃないんだよ」と示すために「悪人を演じてる」可能性あるかもなあと。

Re: タイトルなし

> 「律儀にインターホンを押す」それだけで笑えたのに
> 「扉を壊したりせずに普通に客人として入り、用件を話したらタバスコを壊したものの普通に帰宅する」
> この作品の敵はネタをしないと退場できない病でも患ってるのかww

とりあえずタバスコ弁償しろ!!

> 今までの二人は「道を踏み外した」に対し、「道を踏み外された」ラジャ・カーンは一番哀しい敵でした。
> 本気モードの姿は完全に人間離れしていて悲壮感ありました。

今までで一番異形の姿をしていて、一番悲壮感のある敵だった。

> キャシャーンの願い「彼には味覚も無い」というのを考えたら「実現が極めて困難な【普通の感覚だと】そんな些細な願い」と思えるのが彼の哀しさだと思います。

人間として当たり前のことができない悲しさ

> ただ最後のたーけーしいさん。もしかしたらですが笑の「すごい力を持ってるじゃない!」発言に対して
> 「こいつらはすごい力だけじゃないんだよ」と示すために「悪人を演じてる」可能性あるかもなあと。

だとしてもものすごいタイミングできたな。

No title

そして、キャシャーンが人間に迫害されたのとは正反対に、父から造られたアンドロイドでありながら、人間と同じ事ができ、人間と同じ味覚を味わえる豪ちゃん原作のキューテイハニーがいるのは皮肉としか言いようがない。

Re: No title

>光になれ さん
コメントどーも

> そして、キャシャーンが人間に迫害されたのとは正反対に、父から造られたアンドロイドでありながら、人間と同じ事ができ、人間と同じ味覚を味わえる豪ちゃん原作のキューテイハニーがいるのは皮肉としか言いようがない。

キャシャーンは人間の姿になれると言っても
ホログラムみたいなものだしな。
人間体になれないカーンさんはそれよりも悲惨な状況だもんな

No title

キャシャーンとカーンのもう一つの違いを教えよう。それはキャシャーンいや鉄也には彼を愛してくれる恋人がいたからだ。ルナという彼の闇を照らしてくれる恋人が。

Re: No title

>光になれさん
コメントどーも

> キャシャーンとカーンのもう一つの違いを教えよう。それはキャシャーンいや鉄也には彼を愛してくれる恋人がいたからだ。ルナという彼の闇を照らしてくれる恋人が。

愛は偉大だね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6033-5bd4a1a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード