FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2017. 12. 10

Fate/Apocrypha 第22話「再会と別離」

karuna20171210.jpg

真の英雄は眼で殺す


劇場版みたいな作画でお送りする
空中要塞での激闘を描いたエピソードでした。
ラストバトルの戦闘気合入りすぎで
総集編はやってよかったんだと思った。


・カルナVSジーク
jiku20171210.jpg

今回の大一番。
かつてジークフリードと交わした約定を守るため
戦う施しの英霊カルナ。
ジークフリードからもらった命のために
彼の交わした約束を守るため、そして
ジャンヌを守るため戦うジーク。
大英霊VSインド勢という作画カロリーに
優しくない対決を見事に描き切った。

カルナ全力の宝具
「日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)」に対して
最後の令呪を込めたバルムンク+アストルフォが受け取った
アキレウスの盾を使って相殺するシーン熱すぎる。
最期の一手はアストルフォからもらった剣だったのも良かった。

タイマンの約束をしてたのに2対1の形態に
なってしまったわけだが、
カルナの言ってたようにマスターと戦うわけだから
サーヴァントも"マスターの戦力の一つ"
だと数えられても良いんだと思う。
なにより、カルナさん自身が「ええで」って
言ってたからね。流石施しの英霊。

「ジークを頼む」って言ってたあたり
カルナさん的にも"英霊ジークフリード"と戦ったのではなく
ジークと戦ったっと思ってたんじゃないかな?
(ていうか、すまないさん一人だと勝てなかった感あるよな)

カルナは口数は足りないけど、
それを補って余りあるほど良い英霊だったな。
元マスターに対して忠義を果たしてるあたりや
何より強い。魔力バカ食いする以外は完璧な
"当たり"サーヴァントだろう。


・アタランテVSジャンヌ
atarante20171210.jpg

アーチャーって言うよりバーサーカーになってしまった
アタランテ姐さん。やめろ、姐さんの胸はもっとこう・・慎ましいんだ。
そんなに豊満ではないわ!!そんなところでジャンヌと争うんじゃない!
凄い猛攻だったけどルーラーにほとんどダメージ入ってなかったのが悲しい。
しかし、今作のアーチャーは本当にアーチャーしてるよな。


・アタランテVSアキレウス
akirausu20171210.jpg

大聖杯に行った四朗くんからすれば
「え?なんで味方同士で戦ってんの?」って状況だけど、
アキレウスは個人的に姐さんに想い入れがある上に
魔性に堕ちた者を放っておけない英霊ですからね。

結果は相打ちで両方消滅したわけだが、
姐さんが暴走してなかったら
黒陣営はどうやってアキレウスを倒していたんだろうか?
ほぼ満身創痍のアストルフォ、令呪全部使い果たしたジークしか
戦力が残されていない状況。
四朗のたくらみを阻止できても確実に負けてたな。


赤のランサー、赤のアーチャー、赤のライダーが退場。
赤陣営が一気に消えた。


余談:
FGO20171210.jpg

エレちゃん実装来るだと!(知ってた)
オイオイオイ、アビーちゃんで石を使い果たしたマスター死ぬわ。


【関連記事(Fate/Apocrypha)】

・Fate/Apocrypha 第1話「外典:聖杯大戦」

・Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」

・Fate/Apocrypha 第3話「動き出す運命」

・Fate/Apocrypha 第4話「生の代償、死の贖い」

・Fate/Apocrypha 第5話「天の声」

・Fate/Apocrypha 第6話「叛逆の騎士」

・Fate/Apocrypha 第7話 「自由の在処」

・Fate/Apocrypha 第8話「開戦の狼煙」

・Fate/Apocrypha 第9話「百の焔と百の華」

・Fate/Apocrypha 第10話「花と散る」

・Fate/Apocrypha 第11話「永遠の輝き」

・Fate/Apocrypha 第12話「聖人の凱旋」

・Fate/Apocrypha 第12.5話「聖杯大戦開幕編」

・Fate/Apocrypha 第13話「最後のマスター」

・Fate/Apocrypha 第14話「救世の祈り」

・Fate/Apocrypha 第15話「道は違えど」

・Fate/Apocrypha 第16話「ジャック・ザ・リッパー」

・Fate/Apocrypha 第17話「トロイメライ」

・Fate/Apocrypha 第18話「フロム・ヘル」

・Fate/Apocrypha 第19話「終わりの朝」

・Fate/Apocrypha 第19.5話「聖杯大戦動乱編」

・Fate/Apocrypha 第20話「空を駆ける」

・Fate/Apocrypha 第21話「天蠍一射」

【関連記事(過去のFate関連の記事)】

・Fate/Zero 第1話「英霊召喚」

・Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

・Fate/Zero 第3話「冬木の地」

・Fate/Zero 第4話「魔槍の刃」

・Fate/Zero 第5話「凶獣咆吼」

・Fate/Zero 第6話「謀略の夜」

・Fate/Zero 第7話「魔境の森」

・Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

・Fate/Zero 第9話「主と従者」

・Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

・Fate/Zero 第11話「聖杯問答」

・Fate/Zero 第12話「聖杯の招き」

・Fate/Zero 第13話「禁断の狂宴」

・Fate/Zero 第14話「未遠川血戦」

・Fate/Zero 第15話「黄金の輝き」

・Fate/Zero 第16話「栄誉の果て」

・Fate/Zero 第17話「第八の契約」

・Fate/Zero 第18話「遠い記憶」

・Fate/Zero 第19話「正義の在処」

・Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

・Fate/Zero 第21話「双輪の騎士」

・Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

・Fate/Zero 第23、24話感想

・Fate/Zero 第25話(最終回)「Fate/Zero」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第0話「プロローグ」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第1話「冬の日、運命の夜」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第2話「開幕の刻」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第3話「初戦」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第4話「戦意の在処(ありか)」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第6話「蜃気楼」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第7話「死闘の報酬」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第8話「冬の日、心の所在」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第9話「二人の距離」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第10話「五人目の契約者」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第11話「来訪者は軽やかに」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第12話(最終回)

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第13話

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第14話「コルキスの王女」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第15話「神話の対決」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第16話「冬の日、願いの形」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第17話「暗剣、牙を剥く」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第18話「その縁は始まりに」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第19話「理想の末路」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第20話「Unlimited Blade Works.」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第21話「answer」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第22話「冬の日、遠い家路」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第23話「顕現」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第24話「無限の剣製」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第25話(最終回)「エピローグ」

・劇場版『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』感想

fateFC2.jpg

そういえば、モーさんどこに行った?
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

赤のキャスター
フランちゃんのトラウマを抉った宝具があるけどそれを使ってもFGO見てるとジャンヌには効果が薄そうな気がする。

ZEROのキャスターとか出てきたらどうなるんだろうか?

エレちゃんついに実装
「石の貯蔵は充分か?」

No title

>・カルナVSジーク
>「日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)」に対して
>最後の令呪を込めたバルムンク+アストルフォが受け取った
>アキレウスの盾を使って相殺するシーン熱すぎる。
神をも討つ槍VS世界そのものを展開する盾、
神が不在でも世界は廻る、という理故の勝利でした。
ちなみにアストルフォが「蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)」を使用できたのは
・真名発動に特別な技量が必要ない
・意志による反発がないので契約可能
・アキレウスに宝具を貸すエピソードがある
・アストルフォに宝具を借りるエピソードがある
といった条件を満たしたからです。

ちなみに完全に性能を発揮できずとも「日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)」を防いだ「蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)」ですがアキレウスが実際に使うと極小世界で押しつぶす攻撃ができるとかなんとか

なお余談ですがこの盾が出てくるのは「イリアス」という作品、そうZeroでライダーが図書館からかっぱらったあの本です。
イリアスには盾に関する記述が百行以上にわたって述べられてるとかなんとか

>カルナは口数は足りないけど、
>それを補って余りあるほど良い英霊だったな。
>元マスターに対して忠義を果たしてるあたりや
>何より強い。魔力バカ食いする以外は完璧な
>"当たり"サーヴァントだろう。
そうなんですが実はこの後カルナはとある世界線でとんでもない女性マスターに召喚されて「ハズレ」呼ばわりされます。個人の感性というかニーズは恐ろしい。


>・アタランテVSジャンヌ
>アーチャーって言うよりバーサーカーになってしまった
>アタランテ姐さん。やめろ、姐さんの胸はもっとこう・・慎ましいんだ。
>そんなに豊満ではないわ!!そんなところでジャンヌと争うんじゃな
>い!
露出度とバストサイズが上がったのはあの格好のジャックを取り込んだのと母性の象徴が胸だから影響をうけたという説がもっぱらの噂

>・アタランテVSアキレウス
>アキレウスは個人的に姐さんに想い入れがある上に
>魔性に堕ちた者を放っておけない英霊ですからね。
それプラス、父親の思い出話でアタランテのことを聞いていたというのもあります。生前会うことのなかった父の知り合い、父があこがれていた女性が堕ちていくのを見ていられないというのもありました。
ちなみに父親のペレウスはアタランテに投げ飛ばされたそうなwww

>そういえば、モーさんどこに行った?
庭園に突入したのはいいですがセミラミスを見失って大絶賛庭園内を探索中、ちなみに獅子劫さんは次々と襲いかかるデスダンジョントラップの前に亡くなった養女と一緒にやった難易度がくそ高いダンジョンFPSTVゲームを真面目にやっておけばよかったと大絶賛後悔中

No title

>"当たり"サーヴァントだろう。
ランサーで当たりって珍しいんですか?
ヴラド三世退場回の記事読んだらランサーは
ろくな扱いじゃないって印象がしたんですけど、
カルナの戦いとその最期を観たら悪い扱いとは
とてもじゃないですけど思えなくて。

>しかし、今作のアーチャーは本当にアーチャーしてるよな。
まるで他のfateだとアーチャーがアーチャーしてないような感じですけど、
アーチャーがアーチャーしてるのって珍しいんですか?

カルナVSジーク>
もしかしたら初めて実現したことになるのか、セイバーとランサーという構図の完全決着。ランサーの呪いなんて無かった!
ヴラおじ「同じ幸運Dなのにどこで差が...」
カルナさんは生前、神とかに呪われまくってたから呪いに耐性がついていたのかも...

アタランテVSアキレウス>
原作では回想でペンテシレイアが出てきます。アガルタで言っていた例の「美しい」発言について、彼女から「次にお前がそう思った相手を殺さねばならないように呪いを掛けてやる」と言われていて、アキレウスは姐さんの聖杯にかける願いを美しいと感じていたため、「あぁ、あの呪いが今になって...」と嘆くシーンがあります。
CEO「例えどれほど時代が離れていようとも、確実に商品(呪い)をお届けすることが可能です。そう、アマゾネス・ドットコムならね!」

No title

>カルナの言ってたようにマスターと戦うわけだから
サーヴァントも"マスターの戦力の一つ"
だと数えられても良いんだと思う。

原作ではカルナは「(アストルフォを)戦力としてみなしてなかった俺のミスだ」
と、アストルフォにフォローの言葉(本人的には「だから横槍を入れた事は気にするな」と言ったつもり)もかけてます
当然アストルフォは「それ、地味に傷つくんだけど!」と抗議してます

>「ジークを頼む」って言ってたあたり
カルナさん的にも"英霊ジークフリード"と戦ったのではなく
ジークと戦ったっと思ってたんじゃないかな?

原作でカルナはジークに「お前をジークフリードだと思い込んだのが俺の敗因だ」と告げてます

>(ていうか、すまないさん一人だと勝てなかった感あるよな)

勝てなかったでしょうね
令呪でブーストしたバルムンクでも押し負けてましたから
なにしろ対神宝具、金ぴかのエアに次ぐ威力を持つ代物です

ちなみに、あのカルナの切り札は自動回復の鎧を捨てる事が発動条件なの諸刃の刃でもあります
実際、ヴラド戦では、その鎧のおかげで全身を串刺しにされても平気でした

>アーチャーって言うよりバーサーカーになってしまった

もしくはオルタ化か、アヴェンジャー化
でも、オルタって意外と冷静なのが多いから、やっぱりバーサーカーか

>姐さんが暴走してなかったら
黒陣営はどうやってアキレウスを倒していたんだろうか?

その場合は、ジャンヌが先に進めたかすら怪しいもんですね
アキレウスもかなりのダメージを受けてて不死性も失ってますが、
それでも我を失ってないアタランテと連戦となればジャンヌも相当にヤバかったでしょうね

Re: タイトルなし

>らっち さん
コメントどーも

> 赤のキャスター
> フランちゃんのトラウマを抉った宝具があるけどそれを使ってもFGO見てるとジャンヌには効果が薄そうな気がする。

シェイクスピアさんの本気が見れるかもしれない。

> エレちゃんついに実装
> 「石の貯蔵は充分か?」

石はもうすべて溶かした

Re: No title

>とりとり さん
コメントどーも

> 神をも討つ槍VS世界そのものを展開する盾、
> 神が不在でも世界は廻る、という理故の勝利でした。

対神宝具じゃなくて対界宝具だったらヤバかったかもしれん。

> ちなみに完全に性能を発揮できずとも「日輪よ、死に随え(ヴァサヴィ・シャクティ)」を防いだ「蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)」ですがアキレウスが実際に使うと極小世界で押しつぶす攻撃ができるとかなんとか

アキレウスはシールダーとしての適性も持ってそう

> >・アタランテVSアキレウス
> それプラス、父親の思い出話でアタランテのことを聞いていたというのもあります。生前会うことのなかった父の知り合い、父があこがれていた女性が堕ちていくのを見ていられないというのもありました。

まるで生前からの知り合いみたいな感じだけど、
実際はギリシャ仲間ってだけでほとんど絡みがない

> >そういえば、モーさんどこに行った?
> 庭園に突入したのはいいですがセミラミスを見失って大絶賛庭園内を探索中、ちなみに獅子劫さんは次々と襲いかかるデスダンジョントラップの前に亡くなった養女と一緒にやった難易度がくそ高いダンジョンFPSTVゲームを真面目にやっておけばよかったと大絶賛後悔中

何それ、絶対面白いことになってるだろ

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> >"当たり"サーヴァントだろう。
> ランサーで当たりって珍しいんですか?

いや、当たりは多いんだよ。
ただマスターからの扱いがものすごく雑なことが多いクラスなんだ。

> >しかし、今作のアーチャーは本当にアーチャーしてるよな。
> まるで他のfateだとアーチャーがアーチャーしてないような感じですけど、
> アーチャーがアーチャーしてるのって珍しいんですか?

まず原典のStayNightのアーチャーは弓ではなく
双剣を愛用します。(弓もちゃんと使いますけど)
もう一人の方に至っては弓すら使いません。

なのでFate界隈においては弓使うアーチャーは珍しいという
何ともアレな風習が漂っています。

Re: タイトルなし

>通りすがりの型付ファンさん
コメントどーも

> カルナVSジーク>
> もしかしたら初めて実現したことになるのか、セイバーとランサーという構図の完全決着。ランサーの呪いなんて無かった!

そういえば、割とセイバークラスとランサークラスが
マトモに戦って決着をつけた映像作品ってこれが初なんだよな。

> アタランテVSアキレウス>
> 原作では回想でペンテシレイアが出てきます。

アキレウスがカルデアに来ない理由

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 原作ではカルナは「(アストルフォを)戦力としてみなしてなかった俺のミスだ」
> と、アストルフォにフォローの言葉(本人的には「だから横槍を入れた事は気にするな」と言ったつもり)もかけてます
> 当然アストルフォは「それ、地味に傷つくんだけど!」と抗議してます

カルナさんまじ漢の中の漢じゃん

> >「ジークを頼む」って言ってたあたり
> 原作でカルナはジークに「お前をジークフリードだと思い込んだのが俺の敗因だ」と告げてます

ジークフリードではなくジークとして戦っていたのなら
別に防御に徹して時間切れを待てばいいだけの話ですからね。

> ちなみに、あのカルナの切り札は自動回復の鎧を捨てる事が発動条件なの諸刃の刃でもあります
> 実際、ヴラド戦では、その鎧のおかげで全身を串刺しにされても平気でした

防御を捨てた全力全開の一撃。絶対の自信を持っていたんだろうな。
セミ様「やめて、空中庭園壊れる」

> >アーチャーって言うよりバーサーカーになってしまった
> もしくはオルタ化か、アヴェンジャー化
> でも、オルタって意外と冷静なのが多いから、やっぱりバーサーカーか

最近喋れるバーサーカー増えたからな

> その場合は、ジャンヌが先に進めたかすら怪しいもんですね
> アキレウスもかなりのダメージを受けてて不死性も失ってますが、
> それでも我を失ってないアタランテと連戦となればジャンヌも相当にヤバかったでしょうね

結果論かもしれんが、アタランテが暴走していたからこそ
黒陣営は勝利するのかもしれない。

誰も挙げてないので

アニメと原作では結構セリフの差異がありますが
今回は作画の凄さも相まってジーク・カルナ戦は上手く動いた模様

内容自体は原作からかなり圧縮されてるので
アキレウスとアタランテとの関係性はわかりづらかったかと
それでも戦闘シーンは負傷した踵を見せあの動きをする点で
アキレウスの底力を見せていた感はあります

>黒陣営はどうやってアキレウスを倒していたんだろうか?
仰る通りで原作では負傷したアキレウス自身も
黒のセイバー・ライダーなら問題なし
ルーラー相手では勝つのは厳しいかもしれないが守勢に長けた
ジャンヌ相手なら敗北とまではいかないと言及してますね。
可能性があるとしたなら唯一言及されてなかった
踵が負傷して攻撃が効くようになった無傷のモーさん。

モーさんをそのまま赤のサーヴァントとして数えるなら黒と赤の対決は
実質前回のケイローン対アキレウス戦で決着はついているようなもの
それ程までケイローン先生は精神的支柱でもあったと書かれてます

フィオレも今回アニメの話部分でも本当はいたんですがケイローンの宝具は間違いなくアキレウスの踵を射抜いただろうと確信される程の信頼がありました。

アキレウスからアストルフォへ盾を譲渡してもらった時点でジーク達の突破口を開き黒のサーヴァントとしても一矢報いたケイローン先生が実はベターではなくベストを尽くしてたMVPだったわけです。

カルナさんマジカルナさん。
素敵でカッコよくて強くて謙虚。
こんな神鯖はそうはいない。

真の英雄は目で((ryは優しいカルナさんから垣間見れる狂気でしたね。

最後のヴァサヴィシャクティとバルムンクの激突にアストルフォのアキレウスコスモスが割り込んでも「サーヴァントも含めてお前の力だ」って言うの、反則でしょ。
仮面ライダーなら「2対1ってずるくね?」とか言いそう。

アキレウス、ライダーなのに全然乗らないし槍と拳しか使わないからもうライダーというか第2のランサーでした。
トロイアストラゴーイディア、見たかったなぁ。

Re: 誰も挙げてないので

>鏡服 さん
コメントどーも

> アニメと原作では結構セリフの差異がありますが
> 今回は作画の凄さも相まってジーク・カルナ戦は上手く動いた模様

原作は小説ですからアニメにするとどうしても
セリフ数が少なくなりますからね。

> >黒陣営はどうやってアキレウスを倒していたんだろうか?
> 可能性があるとしたなら唯一言及されてなかった
> 踵が負傷して攻撃が効くようになった無傷のモーさん。

そういえば、赤陣営と黒陣営の戦いが終わったら
赤だけで聖杯戦争やるみたいだったから
モーさんVSアキレウスっていう対戦カードもあり得たのかもしれん


> アキレウスからアストルフォへ盾を譲渡してもらった時点でジーク達の突破口を開き黒のサーヴァントとしても一矢報いたケイローン先生が実はベターではなくベストを尽くしてたMVPだったわけです。

ケイローン先生、ホントあなたがいてくれてよかった

Re: タイトルなし

>K さん
コメントどーも

> カルナさんマジカルナさん。
> 素敵でカッコよくて強くて謙虚。

カルナは本当に一貫してかっこよくて強いサーヴァントだった。

> 最後のヴァサヴィシャクティとバルムンクの激突にアストルフォのアキレウスコスモスが割り込んでも「サーヴァントも含めてお前の力だ」って言うの、反則でしょ。
> 仮面ライダーなら「2対1ってずるくね?」とか言いそう。

「施し」の英霊であり「許し」の英霊でもあった。

> アキレウス、ライダーなのに全然乗らないし槍と拳しか使わないからもうライダーというか第2のランサーでした。
> トロイアストラゴーイディア、見たかったなぁ。

ライダー要素は先生に潰されましたからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6108-a8fa552f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード