FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2017. 12. 24

結城友奈は勇者である -勇者の章-第5話「清廉な心」

yuna20171224.jpg

「突然ですが、結城友奈は結婚します」

結城友奈は花嫁である

友奈ちゃんが結婚する相手。
それは他ならぬ神樹様だった。

・神樹様の寿命が近付いている
・大赦は選ばれた人間が神樹様と結婚することで
 神樹の滅びを回避しようと模索
・心も体も神に近い存在。"御姿"だった友奈は神樹様の結婚相手に選ばれる。
・神婚した少女は「死ぬ」


神と聖なる乙女の結合によって、
世界の安寧を確かなものとする儀式。
それが「神婚」
結婚が成功したのなら人は神の一族となるため、
天の神からは攻撃対象とされなくなる。

神樹様=嫁が手に入って嬉しい。
大赦=人類天の神から攻撃されなくなるので嬉しい。


まさにWinWinな関係ですね。
そこに友奈ちゃんの人権なんざ考慮されちゃいないですが、
一人の犠牲で四国に残ったすべての人を救えるなら
大赦としてはこれ以上安い取引はない。

yuna20171225.jpg

友奈ちゃん側も呪いのせいでもう寿命があと残り少ないのと
残った自分の命で他の誰かを救いたいという気持ちから
結婚を承諾したようですけど、
かなり自暴自棄になってる感がある。
「勇者は人の為になる事を勇んで行う」という心境が更にそれを加速させているようにも思える。
まさか勇者であろうとする心でさえ、こうも彼女を傷つけるとは…

ituki20171225.jpg

頑なに神婚をしようとする友奈に対して
「大赦絶対潰したる」スタンスの風先輩
「友奈ちゃんがいなくなったらハラキリしちゃる」の東郷さん
現状を理解しつつも打開案が浮かばない園子
とにかくオロオロするしかない夏凛
そして、言い合いをする勇者部の現状を見て
ついに泣き出してしまう樹。
見事に勇者部がバラバラだね。
これが最終話1話前だっていうんだから驚きだ。

yuyuyu20171225.jpg

安芸先生はなんか代表して汚れ役
引き受けてる気がした。
むしろ銀の時の辛さを知ってるからこそ
今のようになってしまった感があるんだよな。

風先輩が言ってたように
いつだって子供達を犠牲にして生き延びてきたのが
この世界の現状で「歪な世界」なんだよな。

yuyuyu20171226.jpg

そして、ついに本気を出した天の神
勇者部最後の戦いは
「敵の攻撃を神婚成立まで防ぐ」というもの。
これ…あと1話でどうするつもりなの?
尺が無いのなら「続きは劇場版で!」でもええんやで。

『世界か、一人の命か』っていうテーマは
多くの作品で描かれてきた重い選択で
中学生には重い課題だよな。
どこぞの魔法少女は「全も一も救う」っていう
答えにたどり着いたわけだが…


【関連記事】

・結城友奈は勇者である 第1、2話感想

・結城友奈は勇者である 第3話「風格ある振る舞い」

・結城友奈は勇者である 第4話「輝く心」

・結城友奈は勇者である 第5話「困難に打ち勝つ」

・結城友奈は勇者である 第6話「明日に期待して」

・結城友奈は勇者である 第7話「牧歌的な喜び」

・結城友奈は勇者である 第8話「神の祝福」

・結城友奈は勇者である 第9話「心の痛みを判る人」

・結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」

・結城友奈は勇者である 第11話「情熱」

・結城友奈は勇者である 第12話(最終回)「貴方に微笑む」

・結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- <第1章>「ともだち」感想

・結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- <第2章>「たましい」感想

・結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- <第3章>「やくそく」感想

・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第1話「わしおすみ」

・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第2話「ともだち」

・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第3話「にちじょう」

・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第4話「たましい」

・結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第5話「さよなら」

・結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第6話「やくそく」

・結城友奈は勇者である -勇者の章- 第一話「華やかな日々」

・結城友奈は勇者である -勇者の章-第二話「大切な思い出」

・結城友奈は勇者である -勇者の章-第3話「あなたを思うと胸が痛む」

・結城友奈は勇者である -勇者の章-第4話「秘めた意思」

aisiafc2.jpg

なお、最終回は二週間後
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

 まさかあの

「天の神が直接人界滅ぼすため降臨する暗示なのでは・・・・・。」

という予言が的中するなんて予想していなかったわ。

No title

>神婚
神樹様の延命措置ならともかく人間が神の眷属となって永遠に生きるの絶対アカンやつや感

>「大赦絶対潰したる」スタンスの風先輩
>「友奈ちゃんがいなくなったらハラキリしちゃる」の東郷さん
胃の痛い展開にシリアスな笑いを交えることで視聴者の負担を軽くする勇者部の鑑

>「敵の攻撃を神婚成立まで防ぐ」
ゲームだと神婚を成立させるか止めにいくかでルート分岐しそう

No title

>>どこぞの魔法少女は「全も一も救う」っていう
>>答えにたどり着いたわけだが…

外伝主人公の西暦の勇者「乃木若葉」と勇者に選ばれなかった勇者「楠芽吹」は
最終的に自分を含め誰も犠牲にしないって答えにたどり着きました
(この作品のテーマの一つは自己犠牲の否定だったりします)

あとインタビューによると最終回のグランドフィナーレの後に
神樹様の場所がわかるらしいです
本当は明かすつもりはなかったそうですが
どうしても描く必要が生まれたそうです

監督たちが「ぜひ行ってみてください」って聖地巡礼を進めてましたので
現時点でも実在の場所にあるってことだけはわかってますけどね
(勘のいい人は、もうわかってるかもとのことです)

No title

とうとう天の神が出てきましたが
逆に考えれば、
どこにいるかもわからないボスがわざわざ出てきてくれたってことで
反撃もしくは対話のチャンスかもしれないです
ピンチはチャンスって奴です

予告の園子のセリフからして対話は試みそうですけどね

安芸先生が仮面を外さなかったのは・・・
いつも安芸先生ばかり辛い役割押し付けられてるよなあと・・・。

しかし「人間は神の一族になる」と言うのも心配なんですよね・・・。
この状況でハッピーエンドにする場合
友奈「私一応神の一族だからなんか皆より立場が上にされてるけどそんな気持ちになれる訳ないからこれからも皆と一緒に生活してくよ!」
そうして人類は神の国で皆平和に暮らしましたとさ。

というバッドエンドにも見える展開しか読めない。

それか天の神を倒すか。
・・・ゲームだとチェーンソーでバラバラにされたり、任天堂でも人類に反逆されて倒されたり、友奈ちゃんと近い体になったFF主人公が仲間と一緒に反逆して倒して人類全員転生だとかしょっちゅう倒されてますが、その展開は無理かなあ・・・。

そして手慣れた手付きでまた侵入する東郷さん&園っちには笑いました。

次回予告「銀ちゃん」の声がしたような気がしたのは気のせいでしょうか?
もしそうだとしたら神樹様の最後の切り札かも。

No title

>>風先輩が言ってたように
>>いつだって子供達を犠牲にして生き延びてきたのが
>>この世界の現状で「歪な世界」なんだよな。

現在の世界は若葉ちゃんが悲しむ世界になってしまってるんですよね
誰よりも自己犠牲を否定してた子ですし
大赦も若葉ちゃんが本当に守りたかったものを守らなくなってしまってますから

あと多分友奈ちゃんに会ったらがんばらなくていいんだよって声をかけるでしょう

No title

ネタ扱いされてる風先輩の発言も割と的を得ているというか、大赦は一度解体した方が良いというのは間違いないでしょう。
少なくても、今のままではこのピンチを乗り越えたとしても今後勇者部からの信用は間違いなくゼロですし。

勇者部は基本いい子過ぎるんで、やっぱり友奈であろうと安芸先生であろうと気に入らなければ一発ぶん殴って叱咤するブラックコンドル・結城凱みたいな不良気質が追加戦士としてチームにいるべきだった…
あの手のアウトローは普段問題児でも、こういう局面だと精神的な意味で支柱になるので。

どんな立派な理由があろうと、あのタイミングで銀の名を出した安芸先生は卑劣だと思いました。

Re: No title

>テラ・パーテル さん
コメントどーも

>  まさかあの
> 「天の神が直接人界滅ぼすため降臨する暗示なのでは・・・・・。」
> という予言が的中するなんて予想していなかったわ。

本格的に「やべぇ」ってことが絵でみて伝わるラストの引きだった。

Re: No title

> >神婚
> 神樹様の延命措置ならともかく人間が神の眷属となって永遠に生きるの絶対アカンやつや感

どう考えても人身御供

> >「大赦絶対潰したる」スタンスの風先輩
> >「友奈ちゃんがいなくなったらハラキリしちゃる」の東郷さん
> 胃の痛い展開にシリアスな笑いを交えることで視聴者の負担を軽くする勇者部の鑑

2期の東郷さんはなんなの?

> >「敵の攻撃を神婚成立まで防ぐ」
> ゲームだと神婚を成立させるか止めにいくかでルート分岐しそう

どっちにしても勇者部にとってはバッドエンドになりそうだ

Re: No title

> (この作品のテーマの一つは自己犠牲の否定だったりします)

確かに「自己犠牲の否定」は東郷さんの件もそうでしたね。

> あとインタビューによると最終回のグランドフィナーレの後に
> 神樹様の場所がわかるらしいです

本当にグランドフィナーレになるんですかね?

> 監督たちが「ぜひ行ってみてください」って聖地巡礼を進めてましたので
> 現時点でも実在の場所にあるってことだけはわかってますけどね

聖地巡礼(お礼参り)

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> ピンチはチャンスって奴です

これが俺たちの最後の戦いだ!!

> 予告の園子のセリフからして対話は試みそうですけどね

誰かダブルオークアンタ持ってきて!

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> 現在の世界は若葉ちゃんが悲しむ世界になってしまってるんですよね
> 誰よりも自己犠牲を否定してた子ですし
> 大赦も若葉ちゃんが本当に守りたかったものを守らなくなってしまってますから

大人たちが「それが当たり前な風習」
を作ってしまったがために子供が犠牲になるセカイ

Re: No title

>グリズリー さん
コメントどーも

> ネタ扱いされてる風先輩の発言も割と的を得ているというか、大赦は一度解体した方が良いというのは間違いないでしょう。

何気に園子もやる気になってたんだよね。

> 勇者部は基本いい子過ぎるんで、やっぱり友奈であろうと安芸先生であろうと気に入らなければ一発ぶん殴って叱咤するブラックコンドル・結城凱みたいな不良気質が追加戦士としてチームにいるべきだった…
> あの手のアウトローは普段問題児でも、こういう局面だと精神的な意味で支柱になるので。

アウトローな問題児ほど仲間のことを考えてたりするし
ここ一番で冷静な判断が下せる

> どんな立派な理由があろうと、あのタイミングで銀の名を出した安芸先生は卑劣だと思いました。

ゲドウメー

No title

大赦も勇者部も決して間違ってないってのが辛いなあ。
勇者部の犠牲が出た時点でアウトってのも人間として当たり前の感情だし、それが大切な友達ならなおさら。
でも例え歪な世界でも最終的に人ですらなくなったとしても全滅よりはっていう大赦の考えも間違ってはいないと思いますし。後、大赦の人たちだっていかに仮面で感情押し殺してるつもりでも人間だし少数の犠牲で救われるすべての中には彼らの大切な人たちも当然含まれるだろうし。犠牲が出ない方法を探す余裕すらないってのもありそう。

勇者部の話が勇者の章で終わるかはわかりませんが(シリーズはたぶん続くと思います)最終的に勇者部がまた楽しい日常が送れるような、大赦がこれ以上汚れ役を背負わなくてもいいような、そんな結末が欲しいです。

No title

連投失礼します。
今週の安芸先生はニチアサの某マスターみたいに「私の中で安芸先生は死んだ。」なんて言われそうな感じだったけど安芸先生自身がわすゆのラストで仮面付けたときからそう思ってそうでこれまた辛い。
今週勇者部に話してた内容、自分に言い聞かせてるようにも聞こえた。

安芸先生、原作よりもちょっと描写増えてる(原作では女性教師で名前出てこなかったです)のは今週の為だったんだろうなって考えたら製作陣性格悪いなって思いました笑(このシリーズにはすごい今さらですけど)

No title

1期の合宿の時の風先輩のセリフ
『確かお供え物って時間が経てば自分で食べてしまってもいいのよね』
が供物が返ってくる伏線でしたよね

なので2期にも何かそれらしいセリフか場面がないか探してみました
それらしいのは勇者の章1話の
余ったケーキを、そのっちが五等分した場面くらいでしょうか?
上記が伏線だとすると勇者部が何かを分け合って解決するのかもしれません

あと余談ですが
外伝にして勇者の章の前日譚である
『楠芽吹は勇者である』で
最終的に芽吹ちゃんが自己犠牲の否定&大赦を内部から変えるって
決意をしたところで終わってますので
大赦が変わる期待はできます

No title

友奈の神社の階段を上りながら汗をかきながら泣きなら登り転んで
「死にたくない」と泣き叫んだシーンはこっちまで泣きたくなりました。
残った人間を救うためとはいえ14歳の女の子に「死」を背負わせるのは
酷い。神婚なんて綺麗な言葉ですが実際は「生贄」ですからね。

安芸先生も美森と園子の前で仮面を外さず淡々と語り銀の事を持ち出して全てを正当化してしまうのは辛いんでしょうね。14歳の少女に死を背負わせてまで、すがらなければならない立場ですから。

年明けは勇者の章ラストですが笑顔で終わって欲しいですね。
この続きもあるので人類は救われるのでしょうが・・・。

Re: No title

>kidou nagisa さん
コメントどーも

> 大赦も勇者部も決して間違ってないってのが辛いなあ。

勇者たちは世界よりも仲間への「情」を
大赦側は個人よりも世界への「理」を訴えてるわけですからね。


Re: No title

>kidou nagisa さん
コメントどーも

> 連投失礼します。
> 今週の安芸先生はニチアサの某マスターみたいに「私の中で安芸先生は死んだ。」なんて言われそうな感じだったけど安芸先生自身がわすゆのラストで仮面付けたときからそう思ってそうでこれまた辛い。
> 今週勇者部に話してた内容、自分に言い聞かせてるようにも聞こえた。

仮面をかぶった瞬間、すべての情をすてて
世界のために動く決意をしたんだろうな。
(どっかのロボットアニメの仮面キャラっぽいけど)

Re: No title

>怪傑ズパックさん
コメントどーも

> 残った人間を救うためとはいえ14歳の女の子に「死」を背負わせるのは
> 酷い。神婚なんて綺麗な言葉ですが実際は「生贄」ですからね。

10代の少年少女が世界のために戦うことなんて
創作物ではありきたりなんですけど…ほんと酷いことだと思う。

> 年明けは勇者の章ラストですが笑顔で終わって欲しいですね。
> この続きもあるので人類は救われるのでしょうが・・・。

はたして終わるのだろうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6131-5c3dd4ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード