FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2018. 03. 04

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第8話「男の子×女の子」

darin20180307.jpg

友情、思い出。
そして、若さ

darin20180304.jpg

(矢吹先生、服だけ溶かす液体ですよ。
何が言いたいかわかりますね。)


darin20180305.jpg

(矢吹先生、お風呂シーンですよ。
何を書くべきかわかりますね。)


darin20180306.jpg

(矢吹先生、あとは頼みます。
ぜひ頑張ってください。)


男子一同が矢吹神に対して
期待を膨らませたサービス回だった。

感想:

エロいのは男の罪。
それを許さないのは女の罪。
思春期に良くありがちな
男女の価値観のすれ違い。
そんな中学生日記みたいな
青春の1ページを楽しく過ごす一方で
逃れられないパラサイトの運命を
一気に突きつけてきたお話でした。

「どうせ…みんなそのうち死んじゃうんだろうから」
というゼロツーの言葉がやたら重かった。
元13部隊にいた子供たちはやはり
死んでしまったということなんだろうか?
死んでないにしても、何らかの理由で
パイロットを続けられなくなったってことなんだろうな。

darin20180308.jpg

ココロちゃんはどんどんミツルとの関係が
怪しくなっていきますね。
他人に合わせたり気遣ったりするココロちゃんですから、
ミツルのマイペースさというか無理に他人と合わせようとしない
信念を持ってる部分は惹かれる要素なんだろうな。


【関連記事】

・ダーリン・イン・ザ・フランキス 第3話「戦う人形」

・ダーリン・イン・ザ・フランキス 第4話「フラップ・フラップ」

・ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話「キミの棘、ボクのしるし」

・ダーリン・イン・ザ・フランキス 第6話「ダーリン・イン・ザ・フランクス」

・ダーリン・イン・ザ・フランキス 第7話「流星モラトリアム」

nikoFC2.jpg

パラサイトは思春期
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

……物事まどろっこしい

さあ、スパロボ参戦時にはどの作品のヒロインのパイロットスーツが犠牲になるのか……


……真っ先にコレが浮かんだ瞬間疲れているなぁと自覚する。


甲児「さやかさんがそうなりそう」
鉄也「間違いなく、ジュンもそうなりそうだ」
カナメ「ワレキューレの衣装も危ないかも」
美雲「別に全裸になっても恥ずかしくないわよ」←三歳児ですから


ハヤテ「カナメさんの全裸とマキナの胸ポロでメッサーがアーマード持ちだして、エリシオンのマクロスキャノンが噴くわ」


ミーナ「どうしてステイメンにかかってないの?」
ボビー「色々と大変になるわよ」



ゼロツーは伝える為に天邪鬼?


開かずの扉を知っている節もあるし、以前また全滅するよとナナに言った……もしかすると前の第13部隊は全滅したから量産型が無くなった……

No title

>>元13部隊にいた子供たちはやはり
>>死んでしまったということなんだろうか?

戦闘で全滅なら強ければなんとかなるだけまだマシなんですけど
人造人間の宿命とかで寿命が短いとかだとキツイですね
でもヒロ達は他のパラサイトとは違う特別な存在ってのがあるので
まだ希望はありますけどね

てか今更ですがこの作品てディストピア物ですね
コドモらのことえをパラサイトって呼ぶのも気になってきました

No title

矢吹師匠といえばトラブるのようなシンプルなハーレム物だったので、今回のダリフラのような少年少女のドタバタ群像劇が今から楽しみです。

>ココロちゃん
性の芽生えというのもそうですが、自分たちの両親の存在についての疑問も生まれてくるんでしょうかね。

Re: ……物事まどろっこしい

>YF-19k(kouske) さん
コメントどーも

> さあ、スパロボ参戦時にはどの作品のヒロインのパイロットスーツが犠牲になるのか……

大丈夫、MSだったら密封性あるから

> 甲児「さやかさんがそうなりそう」
> 鉄也「間違いなく、ジュンもそうなりそうだ」
> カナメ「ワレキューレの衣装も危ないかも」
> 美雲「別に全裸になっても恥ずかしくないわよ」←三歳児ですから

ワルキューレはピンポイントバリアくんがいるから大丈夫だろうと思いたい

> ハヤテ「カナメさんの全裸とマキナの胸ポロでメッサーがアーマード持ちだして、エリシオンのマクロスキャノンが噴くわ」

メッサーくん、絶対カナメさんだけ守るダロ

>ゼロツーは伝える為に天邪鬼?

今回のゼロツーめっちゃ可愛かった

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> 戦闘で全滅なら強ければなんとかなるだけまだマシなんですけど
> 人造人間の宿命とかで寿命が短いとかだとキツイですね

ファフナーみたいに機体の犠牲になって・・とかもありそう

> てか今更ですがこの作品てディストピア物ですね

どう考えても大人が何か隠してる

Re: No title

>スズムシさん
コメントどーも

> 矢吹師匠といえばトラブるのようなシンプルなハーレム物だったので、今回のダリフラのような少年少女のドタバタ群像劇が今から楽しみです。

その前はバトル漫画描いてたけどね!
いまやすっかりラブコメの第一人者

> >ココロちゃん
> 性の芽生えというのもそうですが、自分たちの両親の存在についての疑問も生まれてくるんでしょうかね。

そろそろ自分たちはどうやって生まれたのか。疑問に思う頃だと思う。


スパロボでどうなるか……

せーにんさん

返信どうもです


ワルキューレのマルチドローンは障害が起こると厄介ですからねぇ……美雲さんなら全裸になっても唄いそうですから……最もドモンとマスターアジアなら衣類が溶けてもお構いなしで叫竜に挑みそうですな。

一人よりみんなでわたわたした方が楽しいですよね?

・ふむ……。やはり男性主人公一人がラッキースケベをするよりも、
女性キャラだけでキャッキャウフフしているよりも、
男子勢と女子勢、集団と集団で大騒ぎする方がラブコメ的には
ずっと面白いです。これこそ多カップル系の醍醐味というもの。
男子が女子たちについて、女子が男子たちについて、
もんもんと話しあう展開の美味しさが理解できないとは、
ハーレム系保守派たちはほんと損してると思いますね。

・矢吹氏のサービスシーンに対する描写力に関しては今更
不安視するような事はありませんが、戦闘シーンに関しては
「BLACK CAT」以降では縁が薄くなっていました。
そのあたりは大丈夫でしょうか?それとダリ・フラは
ハーレム系の代表格みたいな作品だった「To Loveる」とは
かなり勝手が違う内容なのでそこも気になります。
主人公以外の男性キャラを活躍させて、しかもラブコメ的にも
おいしく描くなんてもしかしたら初めての経験じゃないですか?

・ゼロツーがヒロ達以前に一緒に戦っていたパラセクト達は、
「そのうち死んじゃった」わけか。ゼロツーが他のパラセクト達に
無頓着なのはそういう経験のせいもあるのでしょう。
しかし今回ようやくヒロ以外の13部隊メンバーに少しだけ
意識を向けたのは、彼らが「コドモらしくないコドモ」だから
なのでしょう。そう思春期を迎えるような事は本来「コドモ」
としては望ましくないとダリ・フラの世界では一般的に考えられている。
やはり、以前私がたてた考察が当たっている可能性が高くなって
きたように思います。ダリ・フラの世界の人間は「コドモ」も
「オトナ」もいえ、ゼロツーがほのめかした言葉から察するなら、
オトナ達はコドモ達以上に徹底した歯車なのでしょう。
ミストルティンの世話係達が姿を見せないのもヒロ達に
オトナの実態を悟らせたくないからかもしれませんね。

次回はいよいよゴローの掘り下げ回のようです。
イチゴへの想いもより明確になりそうで楽しみ。

Re: 一人よりみんなでわたわたした方が楽しいですよね?

>アルキュオネ さん
コメントどーも

> ・ふむ……。やはり男性主人公一人がラッキースケベをするよりも、
> 女性キャラだけでキャッキャウフフしているよりも、
> 男子勢と女子勢、集団と集団で大騒ぎする方がラブコメ的には
> ずっと面白いです。これこそ多カップル系の醍醐味というもの。

ハーレムにはハーレムの良さがあるんですけど、
こういう多数の男女の恋愛模様を見る方が好きですね。

> ・矢吹氏のサービスシーンに対する描写力に関しては今更
> 不安視するような事はありませんが、戦闘シーンに関しては
> 「BLACK CAT」以降では縁が薄くなっていました。

実はToLoveるを書いてた時も戦闘シーンは
結構書いていて、「矢吹先生、実は戦闘漫画に戻りたいんじゃ」
って思うときがあった。

> ・ゼロツーがヒロ達以前に一緒に戦っていたパラセクト達は、
> 「そのうち死んじゃった」わけか。ゼロツーが他のパラセクト達に
> 無頓着なのはそういう経験のせいもあるのでしょう。

失った時に悲しまないようにね…


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6222-500bb9fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード