Lostorage conflated WIXOSS 第11話「選択/バトルとバトル」

reira20180617.jpg

その幻想をぶちころす!

・カーニバルVSすず子
suzuko20180617.jpg

清依ちゃんが戦うと思ったから
すず子がカーニバルと戦ったのは意外だった。
やったのはアポリアとかミザエルと同じで
敵の能力を主人公に知らせるための
戦いだったわけだけど、
彼女の敗北が無ければ清依は勝てなかったでしょうね。
すず子って可愛い顔して一番の策士だよね。
しかし、リアルダメージを受けるとか闇のゲームかな?
…最初から闇のゲームだったか。


・レイラVSるう子
tama20180617.jpg

タマさんの渾身の右ストレートがカッコよかったっす。

「お前も俺と同類だ」っというレイラは言うが
るう子もタマも自分のためではなく
「仲間やみんなの為に戦う」ことを
選んでセレクターになったわけですから
その時点で全然違うんだよな。
最後までるう子&タマのコンビは負け知らずの
最強っぷりでした。


・カーニバルVS清依
kiyoi20161126.jpg

レベル5に勝てないのなら、それ以上のレベルにして
自滅させるという「相手の能力を逆手に取り勝利する」
っというのはカードゲームアニメ(能力者アニメ)
ぽくて良かったと思います。
前期では一人で戦ったために負けた清依が
誰かと共に戦うことで勝利するっていうのも
良い展開だと思う。


・清依VSるう子
kiyoi20161016.jpg

清依「他のセレクターは全て倒した。あなたが最後よ、るう子!」

ruuko20180617.jpg

るう子「私たちは…戦うことでしか解り合えない!」


…っていう風に清依とるう子の最終決戦が
描かれるんだと思ったんだけどなぁ。
手に入れた全ルリグを駆使して闘う
本編主人公VS外伝主人公の頂上決戦
見てみたくない?



それぞれの決着を付ける回だったな。
カーニバル、レイラがついに倒れ
そして最後の扉が開く。
来週は夢幻との対話でいったいどんな結末となるのか?

【関連記事】

・selector infected WIXOSS 第1話「この奇跡は競々」

・selector infected WIXOSS 第2話「この出会いは劇薬」

・selector infected WIXOSS 第3話「この平穏は戯言」

・selector infected WIXOSS 第4話「その祈りは冒涜」

・selector infected WIXOSS 第5話「あの誓いは無効」

・selector infected WIXOSS 第6話「その胸は純白」

・selector infected WIXOSS 第7話「その少女は切望」

・selector infected WIXOSS 第8話「あの契は虚事」

・selector infected WIXOSS 第9話「その真実は無情」

・selector infected WIXOSS 第10話「あの思いは漂着」

・selector infected WIXOSS 第11話「あの夏は憧憬」

・selector infected WIXOSS 第12話(最終回)「その選択は…」

・selector spread WIXOSS 第1話「この開幕は無音」

・selector spread WIXOSS 第2話「その絆は微熱」

・selector spread WIXOSS 第3話「その再会は偶々」

・selector spread WIXOSS 第4話

・selector spread WIXOSS 第5話「この苛立は覚醒」

・selector spread WIXOSS 第6話「その存在は漆黒」

・selector spread WIXOSS 第7話「あの嘘は傷跡」

・selector spread WIXOSS 第8話「この世界は私物」

・selector spread WIXOSS 第9話「その別れは唐突」

・selector spread WIXOSS 第10話「このぬくもりは限界」

・selector spread WIXOSS 第11話「あの窓は施錠」

・selector spread WIXOSS 第12話(最終回)「この選択は…」

・Lostorage incited WIXOSS 第1話「記憶/裏と表」

・Lostorage incited WIXOSS 第2話「少女/理想と現実」

・Lostorage incited WIXOSS 第3話「セレクター/蜜と毒」

・Lostorage incited WIXOSS 第4話「再会/光明と混沌」

・Lostorage incited WIXOSS 第5話「友達/絆と鎖」

・Lostorage incited WIXOSS 第6話「バトル/過去と現在」

・Lostorage incited WIXOSS 第7話「進化/純白と漆黒」

・Lostorage incited WIXOSS 第8話「闇/渇望と喪失」

・Lostorage incited WIXOSS 第9話「真実/終わりと始まり」

・Lostorage incited WIXOSS 第10話「捕食/悲劇と喜劇」

・Lostorage incited WIXOSS 第11話「二人/すず子と千夏」

・Lostorage incited WIXOSS 第12話「夜明け」

・Lostorage conflated WIXOSS 第1話「予兆/夜明けと未明」

・Lostorage conflated WIXOSS 第2話「理由/迷いと覚悟」

・Lostorage conflated WIXOSS 第3話「始動/日常と非日常」

・Lostorage conflated WIXOSS 第4話「乱立/敗者と勝者」

・Lostorage conflated WIXOSS 第5話「集結/渦と濁流」

・Lostorage conflated WIXOSS 第6話「決意/温もりと痛み」

・Lostorage conflated WIXOSS 第7話「執着/駆け引きと罠」

・Lostorage conflated WIXOSS 第8話「絆/罪と罰」

・Lostorage conflated WIXOSS 第9話「接触/鍵と鍵穴」

・Lostorage conflated WIXOSS 第10話「前夜/信頼と裏切り」

nikoFC2.jpg

ちーちゃんが裏ボスかな?っと思ったけどそんなことはなかったぜ!
スポンサーサイト
コメント
No title
>>レベル5に勝てないのなら、それ以上のレベルにして
>>自滅させるという「相手の能力を逆手に取り勝利する」

外伝でもルールを逆手にとってアミカの願いを叶えましたし
清衣ちゃんは逆手に取るのが得意なのかもですね

主人公ズをまとめるなら
るう子 純粋に強い
すず子 策士
清衣 逆手どり
って所でしょうか?

あとカーニバルとレイラが負けた後
カードの中で後ろ向きで体育座りしてて吹きました

2018/06/17(日) 12:11 | URL | サク #-[ コメントの編集]
No title
清衣ちゃんは昔アミカと共にリメンバと戦った時もルールを逆手にとって「願いを叶えた」ので、今回のようなルール違反じゃない裏技はむしろ得意分野なんですよね。
るう子のような圧倒的実力や、すず子のような思いきりの良さや柔軟な発想力はないけれど、その分(根っこは熱いけど)冷静で知識があり大局を見据えてその隙を上手く突けるというか。

カーニバルの理論をただ否定することはるう子やすず子にも可能だったでしょうが、闇を肯定して、それでも人間の可能性を信じる答えは清衣ちゃんでないと決して言えなかったでしょう。
いつのまにかチームセレクターズの旗頭になってましたけど、これも罪と罰に向き合う『選択』をし続けて逃げずに抗ってきたからこそと言うべきか。

果たせなかった頂上決戦は…エピローグで、誰かを不幸にする呪いのゲームではなく、本来あるべき世間で流行のカードゲームを女子高生たちが和気藹々と楽しむ形として実現してくれたらいいな。

……まあ、トーナメント形式にしたら遊月が一回戦敗退を免れなさそうですが。
2018/06/17(日) 14:47 | URL | グリズリー #-[ コメントの編集]
遊月のコイン技名は企画段階では
「インモラル」だったそうですが
「インモラルてどんな効果になるんだよ!思い付かないorz」となって挫折した模様。(多分遊月が黒だったら出来てた可能性あり。)

更に今作のリルのオーネストは「嘘ついたら効果で対戦相手は負ける」というルールに介入する凄まじい効果。TCGでは「魔法をこのターン使う枚数を先に宣言して。」ですがアニメだと
「3サイズを答えて。嘘ついたり言わなかったら負けね。」とか遊月相手に「好きな人を教えて。嘘ついたり言わなかったら負けね。」等とんでもない事が出来たりする。(多分嘘かどうかの判定は白窓の部屋)
カーニバルが奪った後に「オーネスト。じゃあ前科白状して」とかやらなくて良かった。

タマはバトルぅ!だった1期から考えたら凄く成長したのを感じました。最後の一撃のレイラが変顔になる渾身ストレートは気持ち良かった。

清衣ちゃんは流石青使いという感じのテクニカルな攻略。今更ながら遊作とは仲良くなれそう。あとるう子が「試合放棄」しなかったら「イノセンスで全盤面の効果を無効にしてバトルぅ!」で攻略されたり「新カタルシス使ったらチート性能のマユにグロウされる」とかなった為危なかった。

ラスボスは「白窓の部屋」という概念みたいな物。「セレクターの物語が終わる」と言われてるのを考えると最後は・・・。
2018/06/17(日) 18:48 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
No title
>カーニバルVSすず子
>すず子って可愛い顔して一番の策士だよね。
捨て試合も辞さない判断をすぐ出来るあたりるう子とは別ベクトルで最後まで強者の風格だった

>しかし、リアルダメージを受けるとか闇のゲームかな?
忘れられてるけどグズ子の能力です
劇中描写じゃ嫌がらせのためだけの能力でカードゲームアニメじゃ外れもいい所だけど

>来週は夢幻との対話でいったいどんな結末となるのか?
そういやるう子は現実の繭の部屋には行ったこと無かったな
2018/06/18(月) 00:38 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: No title
>サクさん
コメントどーも

> 外伝でもルールを逆手にとってアミカの願いを叶えましたし
> 清衣ちゃんは逆手に取るのが得意なのかもですね

武藤遊戯と同じく発想で戦うタイプのカードゲーマー

> あとカーニバルとレイラが負けた後
> カードの中で後ろ向きで体育座りしてて吹きました

なんかそこだけ可愛いと思ってしまった
2018/06/18(月) 20:26 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>グリズリーさん
コメントどーも

> 清衣ちゃんは昔アミカと共にリメンバと戦った時もルールを逆手にとって「願いを叶えた」ので、今回のようなルール違反じゃない裏技はむしろ得意分野なんですよね。

発想力がすごいと思う

> いつのまにかチームセレクターズの旗頭になってましたけど、これも罪と罰に向き合う『選択』をし続けて逃げずに抗ってきたからこそと言うべきか。

あきらっきーのルリグだった子がここまで出世するとはな・・・

> 果たせなかった頂上決戦は…エピローグで、誰かを不幸にする呪いのゲームではなく、本来あるべき世間で流行のカードゲームを女子高生たちが和気藹々と楽しむ形として実現してくれたらいいな。

最終回はるう子と清依が戦うところで締めくくられたりして

2018/06/18(月) 20:27 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 遊月のコイン技名は企画段階では
> 「インモラル」だったそうですが

…たぶん深夜番組にふさわしい内容だったと思う

> 更に今作のリルのオーネストは「嘘ついたら効果で対戦相手は負ける」というルールに介入する凄まじい効果。

恐ろしいルール効果だ…

> タマはバトルぅ!だった1期から考えたら凄く成長したのを感じました。最後の一撃のレイラが変顔になる渾身ストレートは気持ち良かった。

タマは仲間を得てバトル大好きっ子からみんな大好きっ子にクラスチェンジしたからな

> 清衣ちゃんは流石青使いという感じのテクニカルな攻略。今更ながら遊作とは仲良くなれそう。

遊戯王だと遊昨、遊星タイプの主人公だよね。

2018/06/18(月) 20:31 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
> >カーニバルVSすず子
> >すず子って可愛い顔して一番の策士だよね。
> 捨て試合も辞さない判断をすぐ出来るあたりるう子とは別ベクトルで最後まで強者の風格だった

自分が勝てればいい、でも負けても仲間の糧となる。
…まじでアポリア

> >しかし、リアルダメージを受けるとか闇のゲームかな?
> 忘れられてるけどグズ子の能力です

カードゲームアニメではよくあること

2018/06/18(月) 20:39 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
そして選択の時
るう子とタマは戦いの中で大切なものを見つけ、
それを守った。それに対してレイラは戦う事だけが大切。
「戦うのが楽しい」と「戦いだけが楽しい」では
まるっきり意味が違います。

るう子と清衣の戦いを含め、1期、2期で見られなかった
対決がもっと見たかったという視聴者の意見はあると思いますが、
そこはやはり時間がなかったとしか……。
優秀なスタッフでも根本的な時間の不足までは解決できません。

清衣は主人公達のなかで唯一ルリグになった経験があります。
るう子やすず子の様に「闇に堕ちなかった者」ではなく、
「一度闇に堕ちてから這い上がった」清衣だからこそ
できる事が、「既に過ちを犯してしまった人達」に示せる希望が
あるのではないかと思います。だから清衣が主人公になり得た
のではないかと………。

……ところで長期作品なら人気キャラが主役の外伝という
パターンは今では珍しくありませんが、外伝のキャラが
本編にも登場、前作のサブキャラが主人公、準主人公に
なって再登場というパターンは珍しいですね。
もちろん例がないわけではありません。前作のラスボスが
続編のヒロインというゲームとかありましたし。
2018/06/19(火) 22:52 | URL | アルキュオネ #-[ コメントの編集]
Re: そして選択の時
>アルキュオネさん
コメントどーも

> るう子とタマは戦いの中で大切なものを見つけ、
> それを守った。それに対してレイラは戦う事だけが大切。
> 「戦うのが楽しい」と「戦いだけが楽しい」では
> まるっきり意味が違います。

戦いにしか楽しみを抱けなかったものと
戦いの先にある未来に希望を得たものの差。

> そこはやはり時間がなかったとしか……。

それはわかってる。理解している。
だが理解できても納得できないことが(ry

> 清衣は主人公達のなかで唯一ルリグになった経験があります。

そういえばるう子、すず子はは結局一度もルリグ化してませんからね。

> ……ところで長期作品なら人気キャラが主役の外伝という
> パターンは今では珍しくありませんが、外伝のキャラが
> 本編にも登場、前作のサブキャラが主人公、準主人公に
> なって再登場というパターンは珍しいですね。

外伝で主人公が外伝主人公の出番奪っちゃうケースは
ありますけど、清依みたいなパターンはなかなかありませんね

2018/06/20(水) 22:09 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住の映画、アニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

雨は…もうあがったよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ