Lostorage conflated WIXOSS 第12話(最終回)「光」

kiyoi20180624.jpg

私たちの選択

kiyoi20180625.jpg

「これでもか!」っていうくらい大団円な
終わり方でした。
ルリグオールスターによるリアルファイトから始まり
繭が残した最後の願いを回収しつつ
白窓の部屋をついに終わらせるという
WIXOSSシリーズ最終章に相応しい結末。

rimenba20180407.jpg

しかし「これまでの遺恨はともかく一緒に戦おうぜ!」
っていう最終章で敵が味方になる王道パターンと
思いきや平常運転だったリメンバとカーニバルには笑ったな。
(むしろその枠はぐず子たちだったわけだが)

tinatu20161225.jpg

それぞれの失った記憶はもちろん
消滅したあきらっきーを含め
墨田さん、お兄ちゃん、翔ちゃんも復活。
元からルリグだった子たちも
たまと同じ人間としての生を与えられるという
本当にセレクターバトルが起きてから
これまで起きた全てを取り戻す結末は良かったと思う。
(流石にリアルに自殺した子や
殺害された坂口あたりは戻ってこないんだろうけど)

akira20180625.jpg

個人的にはあきらっきーが幸せそうで何よりでした。
これまでの罪が帳消しになるわけじゃないけど
十分罰は受けたと思うので、
これからは幸せに生きて欲しい。

tinatu20180625.jpg

あと翔ちゃんが最後の最後で報われて本当に良かった
このまま、ちーちゃんと付き合って欲しいな。
でも実体化ドーナという最強の対抗馬が
いるからな…翔ちゃんの明日はどっちだ!
ちーちゃんはもうちょっと暴れまわってくれると
思ったけど今期では終始綺麗なちーちゃんだったね。


総括:Lostorage conflated WIXOSS
WIXOSS20180407.jpg

ウィクロスオールスター全員集合で
お送りする戦いを終わらすための最後の戦い。

るう子、すず子の元主人公ズも頑張ってたが
全体的にピルルク(水嶋清衣)の物語だったと思う。

kiyoi20161016.jpg

復讐の為にウィクロスの闇に染まった彼女が
選択し、全てを終わらせるために戦うというお話。
彼女がいなかったらカーニバルの思惑どおり
るう子とすず子は潰し合ってただろうし、
この大団円的な結末にもたどり着けなかったと思う。

全シリーズを通して見続けたけど、
絶望、裏切り、悲劇をかさねてきたシリーズだけあって
最後の最後でハッピーエンドにたどり着いたのは良かった。
こういう暗い話の作品は好きですけど
別に悲劇が見たいわけじゃないんだよね。
そこにある希望や明日を求めて戦う人の物語が
観たいから好きなんですよね。

しっかり大団円に纏まって言うことない。
以上、Lostorage conflated WIXOSSの感想でした。

【関連記事】

・selector infected WIXOSS 第1話「この奇跡は競々」

・selector infected WIXOSS 第2話「この出会いは劇薬」

・selector infected WIXOSS 第3話「この平穏は戯言」

・selector infected WIXOSS 第4話「その祈りは冒涜」

・selector infected WIXOSS 第5話「あの誓いは無効」

・selector infected WIXOSS 第6話「その胸は純白」

・selector infected WIXOSS 第7話「その少女は切望」

・selector infected WIXOSS 第8話「あの契は虚事」

・selector infected WIXOSS 第9話「その真実は無情」

・selector infected WIXOSS 第10話「あの思いは漂着」

・selector infected WIXOSS 第11話「あの夏は憧憬」

・selector infected WIXOSS 第12話(最終回)「その選択は…」

・selector spread WIXOSS 第1話「この開幕は無音」

・selector spread WIXOSS 第2話「その絆は微熱」

・selector spread WIXOSS 第3話「その再会は偶々」

・selector spread WIXOSS 第4話

・selector spread WIXOSS 第5話「この苛立は覚醒」

・selector spread WIXOSS 第6話「その存在は漆黒」

・selector spread WIXOSS 第7話「あの嘘は傷跡」

・selector spread WIXOSS 第8話「この世界は私物」

・selector spread WIXOSS 第9話「その別れは唐突」

・selector spread WIXOSS 第10話「このぬくもりは限界」

・selector spread WIXOSS 第11話「あの窓は施錠」

・selector spread WIXOSS 第12話(最終回)「この選択は…」

・Lostorage incited WIXOSS 第1話「記憶/裏と表」

・Lostorage incited WIXOSS 第2話「少女/理想と現実」

・Lostorage incited WIXOSS 第3話「セレクター/蜜と毒」

・Lostorage incited WIXOSS 第4話「再会/光明と混沌」

・Lostorage incited WIXOSS 第5話「友達/絆と鎖」

・Lostorage incited WIXOSS 第6話「バトル/過去と現在」

・Lostorage incited WIXOSS 第7話「進化/純白と漆黒」

・Lostorage incited WIXOSS 第8話「闇/渇望と喪失」

・Lostorage incited WIXOSS 第9話「真実/終わりと始まり」

・Lostorage incited WIXOSS 第10話「捕食/悲劇と喜劇」

・Lostorage incited WIXOSS 第11話「二人/すず子と千夏」

・Lostorage incited WIXOSS 第12話「夜明け」

・Lostorage conflated WIXOSS 第1話「予兆/夜明けと未明」

・Lostorage conflated WIXOSS 第2話「理由/迷いと覚悟」

・Lostorage conflated WIXOSS 第3話「始動/日常と非日常」

・Lostorage conflated WIXOSS 第4話「乱立/敗者と勝者」

・Lostorage conflated WIXOSS 第5話「集結/渦と濁流」

・Lostorage conflated WIXOSS 第6話「決意/温もりと痛み」

・Lostorage conflated WIXOSS 第7話「執着/駆け引きと罠」

・Lostorage conflated WIXOSS 第8話「絆/罪と罰」

・Lostorage conflated WIXOSS 第9話「接触/鍵と鍵穴」

・Lostorage conflated WIXOSS 第10話「前夜/信頼と裏切り」

・Lostorage conflated WIXOSS 第11話「選択/バトルとバトル」

nikoFC2.jpg

次シリーズあるとしてもゼアルみたいに世界観一新されると思う。
スポンサーサイト
コメント
No title
足掛け4年に渡るセレクターの物語も遂に完結。
シリーズを締めくくる最終回としては美しく、爽やかな大団円でした。
もう「オープン!」は欲望を満たそうとする願いや切羽詰まって追い詰められた死闘の掛け声ではなく、輝く未来の扉を開ける合言葉。

外伝の時から魅せられていた清衣ちゃんが、かつての自分と似ている繭の怨念すら救う形で全ての決着をつけるのがとても嬉しかった。

ルリグたちが人間になったのは、きっとセレクターとどこかで共に在りたいとそれを望んだから。
カーニバルとレイラだけ生まれ変わっていなかったのは、それこそ彼女たちが「転生しない」という『選択』を自分自身の意志でしたからでしょう。

我らがアキラッキーも流石にいい加減懲りて心を入れ替え……たのだろうか、果たして本当に?

屈指の真人間なので復活は嬉しかったけれど、悪いこと言わないから翔ちゃんはドーナを選ぶべきな気が。
でも初恋の君と自分をずっと支えてくれていたパートナーとの三角関係とか、やっぱり出る作品間違えただけで主人公気質。

何も知らない間に恨みを買い過ぎてて変態扱いな真・里見紅は気の毒ですが、まあ元気出せよと。

そして最後の最後で、シリーズ序盤を牽引してきたインモラルの再稼働…これから付き合いが続いていく(比較的良識のある)Lostorage組の反応が気になりますが。程々に、でも末永くお幸せに。

今思えばひっとえーにどの面下げて「寂しい子」と言えたのかと思う真のハイパーボッチだった清衣ちゃんは、最初は友達と必要としていなかったるう子、最初は過去に囚われて持ち前の明るさを失っていたすず子、信頼できる沢山の友達を得ました。
いつかきっとアロスピルルクという新しい親友も巡り会うでしょうね。

とにかく、ありがとう全てのセレクターたち。ありがとうリメンバ以外のルリグたち。
そしてありがとう、清衣ちゃん。
2018/06/24(日) 12:48 | URL | グリズリー #-[ コメントの編集]
遊月「白窓の部屋にシンカリオン持ち込んで良い?」
清衣「流石に出来ないと思・・・」
タカラトミー「あ、コラボで許可降りましたんでどうぞ。」
中の人繋がりでシンカリオンが書かれてる遊月が出ました。

最終決戦「全て壊すんだ(何かもう色々と)」白窓の部屋も破壊されて、セレクターバトルも破壊されて、呪いも破壊されて全部解決した気がします。
因みにママ使いのあの子が見た赤ちゃん。転生した坂口説あり。

香月は「マジで海外に行ってて帰って来た」凄くハッピーエンドに見える中、これだけは禁断の香りが。

ルリグもタマと同じく転生に成功。
本当にハッピーエンド!これで良いだろ!という感じの内容でした。次は世界観一新か、もしかしたら「リバース」とか言ってるう子がルリグ、タマが使い手とかになったりして。

因みに新作漫画で「エルドラとちよりがVR空間で戦う」と言うのが連載開始する模様。もうヴレインズネタ回収するのか(困惑)
2018/06/24(日) 12:55 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
No title
>>次シリーズあるとしてもゼアルみたいに世界観一新されると思う。

そうみたいです
監督曰く、繭が原因のセレクターはこれで完結だそうで
次あるとしても別世界だそうです

翔ちゃんが復活したシーンが一番よかったです
いい奴だから報われて嬉しいです

あと余談ですがユヅキもレベル5はめちゃ強いです
姿自体はセレクター1期で出て来てますけどね
2018/06/24(日) 19:59 | URL | サク #-[ コメントの編集]
Re: No title
>グリズリー さん
コメントどーも

> もう「オープン!」は欲望を満たそうとする願いや切羽詰まって追い詰められた死闘の掛け声ではなく、輝く未来の扉を開ける合言葉。

彼女たちのウィクロスは本当の意味でここから始まるんでしょうね。

> 外伝の時から魅せられていた清衣ちゃんが、かつての自分と似ている繭の怨念すら救う形で全ての決着をつけるのがとても嬉しかった。

リメンバもえらい人的にまわしちゃったと思うよ

> ルリグたちが人間になったのは、きっとセレクターとどこかで共に在りたいとそれを望んだから。
> カーニバルとレイラだけ生まれ変わっていなかったのは、それこそ彼女たちが「転生しない」という『選択』を自分自身の意志でしたからでしょう。

そういえば、カーニバルとレイラだけいませんでしたね。

> 我らがアキラッキーも流石にいい加減懲りて心を入れ替え……たのだろうか、果たして本当に?

あきらっきーのことだからこの先また何かありそうだけど、
今は信じようじゃないか。

> 屈指の真人間なので復活は嬉しかったけれど、悪いこと言わないから翔ちゃんはドーナを選ぶべきな気が。
> でも初恋の君と自分をずっと支えてくれていたパートナーとの三角関係とか、やっぱり出る作品間違えただけで主人公気質。

ちーちゃんは絶対愛が重いタイプで浮気とかしたらダメだと思うから
翔ちゃんの明日がちょっと不安になって行く

> 何も知らない間に恨みを買い過ぎてて変態扱いな真・里見紅は気の毒ですが、まあ元気出せよと。

彼本来の性格は結局わからずじまいでしたね。

> そして最後の最後で、シリーズ序盤を牽引してきたインモラルの再稼働…これから付き合いが続いていく(比較的良識のある)Lostorage組の反応が気になりますが。程々に、でも末永くお幸せに。

最後の最後で香月が帰ってきたとき、
赤面する遊月の姿を見逃さなかった。

> 今思えばひっとえーにどの面下げて「寂しい子」と言えたのかと思う真のハイパーボッチだった清衣ちゃんは、最初は友達と必要としていなかったるう子、最初は過去に囚われて持ち前の明るさを失っていたすず子、信頼できる沢山の友達を得ました。
> いつかきっとアロスピルルクという新しい親友も巡り会うでしょうね。

アロスピルルクの人間体はすごく包容力ありそうな女性だった

2018/06/24(日) 21:18 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 遊月「白窓の部屋にシンカリオン持ち込んで良い?」
> 清衣「流石に出来ないと思・・・」
> タカラトミー「あ、コラボで許可降りましたんでどうぞ。」
> 中の人繋がりでシンカリオンが書かれてる遊月が出ました。

タカラトミィィィィィィィ!!!

> 因みにママ使いのあの子が見た赤ちゃん。転生した坂口説あり。

異世界に転生しなくてよかったね

> 香月は「マジで海外に行ってて帰って来た」凄くハッピーエンドに見える中、これだけは禁断の香りが。

海外に行ってる間、また姉がカードになってたと知る弟くんなのでした。

> ルリグもタマと同じく転生に成功。
> 本当にハッピーエンド!これで良いだろ!という感じの内容でした。次は世界観一新か、もしかしたら「リバース」とか言ってるう子がルリグ、タマが使い手とかになったりして。

るう子とか他の子のルリグ体も観てみたい気持ちもあったな。

> 因みに新作漫画で「エルドラとちよりがVR空間で戦う」と言うのが連載開始する模様。もうヴレインズネタ回収するのか(困惑)

イントゥザヴレインズ!!
2018/06/24(日) 21:20 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: No title
>サクさん
コメントどーも

> そうみたいです
> 監督曰く、繭が原因のセレクターはこれで完結だそうで
> 次あるとしても別世界だそうです

綺麗に終わったわけですから。
これ以上引っ掻き回してほしくないですから。
それはいいことだと思います。
遊戯王も5D'sで区切って正解でした。

> 翔ちゃんが復活したシーンが一番よかったです
> いい奴だから報われて嬉しいです

何故か視聴者から応援されまくる翔ちゃん、

> あと余談ですがユヅキもレベル5はめちゃ強いです
> 姿自体はセレクター1期で出て来てますけどね

最終回やたら活躍してたな(リアルファイトだったけど)
2018/06/24(日) 21:21 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
物凄く余談的な物。
ラジオにて「そう言えば婆ちゃんラスボスフラグ回収してない」

「あきらっきーが実は生きていて笑点していた」というお題にて「昇天」と「笑点」は伊藤静女史でも聞き分けられないという声優すら発音を悩ませる単語と判明。

公式サイトにて清衣が何故カラオケNGかの答え:聞いた人が病院送りになる超絶音痴説浮上。もしカラオケで歌ったらまた前科が増えた恐れあり。

チョコバナナパクチークレープは食べて安全なのか?

残った謎も「平和なものだけ」になった辺り本当に大団円でした。
2018/06/25(月) 00:27 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
今なら言える。 その選択は......。
2014年から4年間もの間続いたWIXOSSシリーズも
これでひとまず終わりですね。劇場版が最後と思っていたので、
「Lostorage」が始まった時は驚きましたよ。
結末に関しては若干ものたりなくはありますが、
私もおおむねこれで良かったと思っています。
でも欲を言えば、清衣がセレクターバトルを終結させようと
決意した経緯、清衣とリメンバの因縁の行方、
紅林姉弟のその後、第1部と第2部の登場人物の関わり、
もっと描いてほしかった事は少しじゃなくたくさんあります。
それに第2部からは男性のセレクターもいたから、
時間があればもっと多くの男性レギュラーがいても
おもしろかったかもしれません。
………こればかりは放送期間を確保するのが難しい
世の流れを残念に思うしかありませんね。
どうも今期は良い線をいっているが、是非もう一押しが
欲しいと思う作品が多かった気がします。

しかし何はともあれ、最後まで面白かったのは確かです。
実際に商業化されているホビーを題材にしたアニメは
ライトな作風に限るという固定観念を崩し、尚且つ
大きな成功を収めたその功績は素晴らしかったです。
そうですよね。対象年齢が低いホビーはまだしも、
カードゲームなど対象年齢が高いものならシリアスの強い
作風でも受けいれられるって事ですよね。
2018/06/27(水) 22:22 | URL | アルキュオネ #-[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 物凄く余談的な物。
> ラジオにて「そう言えば婆ちゃんラスボスフラグ回収してない」

そういえば、そうだった!!

> 「あきらっきーが実は生きていて笑点していた」というお題にて「昇天」と「笑点」は伊藤静女史でも聞き分けられないという声優すら発音を悩ませる単語と判明。

確かに

> 公式サイトにて清衣が何故カラオケNGかの答え:聞いた人が病院送りになる超絶音痴説浮上。もしカラオケで歌ったらまた前科が増えた恐れあり。

…宝具かな?

> 残った謎も「平和なものだけ」になった辺り本当に大団円でした。

ありがとうウィクロス
2018/06/27(水) 22:25 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
Re: 今なら言える。 その選択は......。
>アルキュオネ さん
コメントどーも

> 2014年から4年間もの間続いたWIXOSSシリーズも
> これでひとまず終わりですね。劇場版が最後と思っていたので、
> 「Lostorage」が始まった時は驚きましたよ。

それは僕も思いました。
最初は繭の残留思念かなーって思ってたけど
まさか部屋そのものが魔窟と化してたとは

> それに第2部からは男性のセレクターもいたから、
> 時間があればもっと多くの男性レギュラーがいても
> おもしろかったかもしれません。

里見や翔ちゃんが頑張ってくれてたけど
どっちも中身が女性でしたからね

> しかし何はともあれ、最後まで面白かったのは確かです。
> 実際に商業化されているホビーを題材にしたアニメは
> ライトな作風に限るという固定観念を崩し、尚且つ
> 大きな成功を収めたその功績は素晴らしかったです。

「これ本当にカード売るつもりなのか?」
っていうレベルのカードバトルの内容から
少々不安を感じてたんですが、
今じゃここまでロングヒットする作品になるとはな…
2018/06/27(水) 22:50 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住の映画、アニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

雨は…もうあがったよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ