fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2018. 07. 19

すぐおいしい。すごくおいしい

fgo20180328.jpg

拍手コメントより
> まさかチキンラーメンがFGOにコラボするとは!?

昨日の生放送でも告知していましたが、
本当にコラボするとは。
セイバーさんしかまともにチキンラーメンくってない!

gorudo20180719.jpg

FGO第2部第二章
「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」
は昨日から配信されました。
とりあえず3節まで進めましたが
ゴルドルフ所長のヒロイン力高すぎて困る。

以下、今週の簡易感想
・ISLAND 第3話
・銀魂 銀ノ魂編後半戦 第2話
・オーバーロードⅢ 第2話
・はたらく細胞 第1、2話



・ISLAND 第3話
island20180719.jpg

「滅茶苦茶にして!」

あ、あれ。もしかして夏蓮ちゃん
ルートに入ったのかな?
高速で「夏休みの想い出」を作ってたから
イベントかなり飛ばした感あったけど
もうヒロインの個別ルートまで入ったのか。
しかし、あの建物に入ろうとしたら
りんねが倒れた。これな何か重要な伏線なのだと感じる。
死体とかあるんじゃないかな?



・銀魂 銀ノ魂編後半戦 第2話
gintama20180719.jpg

「ここにもう一人。馬鹿がいる」

ついに共闘する夜兎の兄妹
神威は「終盤に仲間になるかつての強敵」感あって良いよね。
喧嘩しながらもちゃんと敵を倒してるあたり
やっぱり兄妹だなぁって感じる。
「真中の声で~」のくだりは、アニメだと
中の人が同じだから更に威力増すわ。


・オーバーロードⅢ 第2話
over20180719.jpg

「どの時だよ!」

アインズ様のファッション支配者しつつ
部下の発言にいちいち驚かされる
リアクションが面白すぎる。
今回、どれだけ感情を抑制されたことか。
話はカルネ村がメインになっていくみたいですけど
オーバーロードじゃなくてゴブリンロードになった感あるな。
しかし、かつてないほどゴブリンと共存できてる優しい世界だな。


・はたらく細胞 第1、2話

人体で働く細胞を擬人化させた
アニメなんですけど…
ドジっ子新人赤血球。
雑菌絶対殺すマンの白血球。
といった感じでいい具合にキャラ付け
されていて面白いです。
あと、人体の仕組みが解ったりするので
ためになるアニメだったりする。
バイオレンスな描写を除けば
NHKあたりで放送出来る内容だと思う。

hataraku20180719.jpg

なにより、血小板ちゃん可愛いよね。
よゆーでぶひれる


WEB拍手コメント返信


>キタキタおやじが古代エジプトに旅立ったようです

千年アイテムを持って帰るんじゃねぇぞ


>アニメのワンピースでパンチラ解禁!!ただしビッグマムの。

(いらねぇ)


>せーにんさんが暑さのあまり溶けてスライムになった。仲間にしてほしそうにこちらを見ている

ニフラムで


>スキッパー「イヴ!イヴなのか!?まさか自力で蘇生を!?」
>アヴラム「彼女はイヴではないぞロンギルス!」
>ロンギルス「やっぱりこいつら滅ぼそう」

星杯関連ど不幸になって行くばかりだけど
端末世界みたいに最後は幸せに終われるのかな。


旧約禁書ハードスケジュール表

少しスケジュールに空きができると
外伝でも活躍を増やされる上条ちゃんには困るよね


>アレ?コメント入力がまた見れるようになったる??

あれからしばらくたって特に問題ないようでしたので
復活させました。


>ダル「うみちゃん可愛いお…」オカリン「その子と同じような設定の子がいるぞ」

バイト戦士がタイムリープを繰り返すうちに
幼児化していったら…


>さとちゃんがラビットハウスでバイトするようです

大丈夫、そこは平和な職場だから。


>変態けものフレンズという単語があるらしいですよ

けだものフレンズのことじゃ


>タカラトミーの公式チャンネルの無料配信で、ゾイドワイルド&シンカリオン再生回数2万突破。

こちらと全盛期のころは5日でアクセス数2万くらいいっとたわ!


>はるかなレシーブは、話が真面目な分逆にネタにしにくい。

がっこうぐらしと同じで
普通のきらら作品を見てる感覚と違うんだよね。


>ゆゆゆいネタ、園子(小)「園子先輩は時々私よりもやべーと思うときがある」→巫女さんの誕生日に勇者の戦いを見たいという巫女さんの願いを叶えるために勝手に樹海につれていき、勇者達に怒られる(なお、このときは園子(中)は勇者の力に目覚めていないので本人も無力)

名実ともに勇者部のやべーやつ


>はたらく細胞、ただのすり傷がまるでコロニーに穴が開けたみたいで怖い。
>細胞の大きさを考えれば確かにそれほどの災難だね。体を大事にしなきゃ!

わりと擦り傷切り傷おおいから
ちょっと体をいたわろうと思った


>今年の遊戯王OCGの夏はいろんな意味でアンデット祭のようです。

漫画版の三沢君が使いそうな妖怪テーマ出るみたいね


>リバース社長「我が社の業績アップのため、今年の夏は夏休みを潰して合宿するぞ!」

はぁぁぁぁぁ!!ふざけんなぁ!


>リバース社長「せーにんくん、キタキタ部門の業績が上がっているようだな。ボーナスとしてコスプレ用のメイド服をあげよう。早速この場で着てくれたまえ」

ぼくは・・嫌だ


>キタキタおやじがキタキタ踊りを踊りながらビーチバレーをしているそうです

何気に高度なことしてる奴


>今期夏アニメは(21)キャラが多い…せーにんさんはどのロリキャラが好みですか?

血小板ちゃんかな


>(SJ3にて)両さん「くくく、中川にGGOのシステムをいじらせてフィールドを真夜中にしてやったぜ。ちなみにわしは赤外線ゴーグル装備」レン「真っ暗でなにも見えない~!!フカ、どーしよー!!」

そこにバレットラインがあるじゃろ


>ダブルオースカイに腰ミノがついたそうです

リクくんご乱心


>しろは「ダブルオースイカバー」

スイカバーを好きになった理由がちょっと悲しいんだよな。


>リバース社長「なに、仕事でミスをしただと?せーにんくん、君は一生ヒラで使ってあげよう」

なんて心の狭い


>GGOが勝者には賞金を、敗者にはキタキタ踊りを、というゲームになったそうです

誰も参加できねぇじゃん


>ゆゆゆい22章・・・
>①敵を倒せども倒せども土地を取り戻せないことに歯がゆさを感じる勇者達、
>そんな中現れた赤嶺友奈が停滞状況を打破する提案をし出す、
>一騎打ちで戦い、勝った側のほうに徳島の権利を与えるという提案だという

自然な流れでデュエルの流れだ


>②若葉が出ようとするが、相手は結城友奈か東郷美森でなければならないという。
>このこと自体に意味があるのでは不審がる勇者達、そして結城友奈が手を上げる

タイマン勝負なら近接パワー型の友奈のほうが有利ですからね


>③結城VS赤嶺、レフェリーは高嶋、戦いは互角の中、
>赤嶺の攻撃を相殺しきれず吹っ飛ばされる結城。
>しかしなるべく諦めない結城が一騎打ちであっても
>仲間の声援を力に全てを解き放ち赤嶺を吹っ飛ばす!
>結城の大勝利で土地を取り戻すことに成功した、いつか赤嶺とも分かり合えると信じて…

ノリが完全にジャンプ漫画だ


>カーバンクル…黄色いウサギ…うっ、頭が

ぷよぷよ


>シンカリオンシンジ回、大阪編は8月放送。2話完結で後編は幼なじみの3姉妹も出る。

シンジ回は八月か。幼馴染三姉妹って誰?


>美少女と雨にうたれてくだサイ

めっちゃ憧れるシチュエーションじゃねぇか


>ロンギルス「笑顔を…オルフェゴールでイヴに笑顔を…」

違う、そんなのは本当の笑顔じゃない!


>毎日暑すぎるので、せーにんさん、冷気を口から出して地球を冷やしてくだサイ

いつの間にか氷タイプのポケモンになってた


>1期オーバーロード→2期トカゲロード→セバスロード→3期がゴブリンロード

ゴブリンロードって普通にモンスターでいそうだな。


7月末までのジャンプによるファンサービス

すごくいいとおもいます


>アイ「来週の尊には『15の夜』か『ギザギザハートの子守唄』をかけようぜ!」草薙「チョイスが若干古いな…」

投稿者の世代がバレてしまう。


>東郷「サラちゃんのマスコットキャラはマッチが似合うわ」オベリスク「きらファン次元に帰ってきてください」

マッチってあんまりマスコットキャラ感ないよね


>囚われ役に定評のある梶ボイス

梶くんボイスはたまにヒロインになったりするからな


>バーサーカーソウル(多々買い)

まるでレムのバーゲンセールだな


>すのはら荘の管理人さんと、ヤマノススメは見ていて涼しくなるアニメなのに見ないなんて勿体ない。

ヤマノススメは前期をみてませんからね・・・


>グラハム「フラッグ戦ならフラッグファイターの私の勝ちだな」

ハワード、ダリルと一緒に参加してください


>大原部長「両津、GGOの運営会社からシステムに介入してサーバーをダウンさせた損害賠償の請求がきているぞ」

「もうGGOなんてこりごりだー」って言ってそう

【関連記事】

・ここから先は"逆転"する番だ
・BORUTO -ボルト- 第64話
・ポケットモンスターサン&ムーン 第81話
・新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION 第26話
・ゾイドワイルド 第1話
・ウルトラマンルーブ 第1話

・ポケットをふくらませて
・ヴァンガード新シリーズ 第10話
・仮面ライダービルド 第43話
・はるかなレシーブ 第1話
・ISLAND 第2話

・みんなにとって大切なもの
・PERSONA5 the Animation #14
・銀魂 銀ノ魂編後半戦 第1話
・オーバーロードⅢ 第1話
・映画「ポケットモンスター キミに決めた」

・ああ、今年も夏がきた
・ハッピーシュガーライフ 第1話
・ぐらんぶる 第1話
・ゆらぎ荘の幽奈さん 第1話

・さあ!よからぬことを始めようじゃないか!
・ゾイドワイルド 第2話
・新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION 第27話
・ウルトラマンルーブ 第2話
・ヴァンガード新シリーズ 第11話
・はるかなレシーブ 第2話
・仮面ライダービルド 第44話

noeruFC2.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

ISRAND第3話
夏蓮ちゃんがニャル子さんみたいな台詞を言ってる!前世の記憶か?

こんだけ棒読みなキャッキャウフフなんて見たことないわっ!ただメイド服を脱いだら水着でした。
は私服の下が常にスク水などっかのスイレンちゃん位中々いない。最近暑いから絶対に蒸れると思う。

オーバーロード3
リアルタイム三年ぶりに回収される「世界征服計画」ニコニコの一挙放送見てなかったら完全に忘れてた!
今回からはゴブリン編。リザードマン編みたいな誰得濡れ場がまたあるに違いない。

はたらく細胞
見ておられましたか!

この作品の影響で今期のルパンとかのしょっちゅう血が出る作品で「また血小板ちゃんの出番が!」「血小板ちゃんの仕事がまた増えてる!」「血小板ちゃんが過労死する!」と言われる事態に。

本当に体は大事にしようと思う作品です。2話の「擦り傷」。確かに細胞からみたらこれだけの被害だよなあと。

あと「一般細胞:石田彰」声が絶対一般細胞じゃない。

No title

ISLAND

>>しかし、あの建物に入ろうとしたら
>>りんねが倒れた。これな何か重要な伏線なのだと感じる。

それで合ってます
でも現時点で中に入るとバッドENDだったりします
当たり前ですがゲームだとバッドENDや死亡ENDが存在してます

死亡ENDとは勿論、紗羅ちゃんの暗殺成功によるものです
ちなみに、この死亡ENDがこの作品唯一のグロ要素だったりします

あとアニメは尺がないので仕方ないですが高速で進んでます

No title

ISLAND

考察のヒントは
物事をSF的に変換して見ることです

あと1話の交番の場面で出てきたCDと
凛音ちゃんの歌の歌詞もヒントです

No title

 ゲッテルデメルング攻略中ですが、対巨人の壁役としてフォーリーナーとして最強ですね。
フォーリナーはバーサーカーに唯一マウントとれるクラスであり神性持ちで、神性を積極的に狙う巨人達への壁になれる、楽なモンです。あと今9節の途中ですので、次の報告はゲッテルデメルングクリア時にします。

No title

ベジータ「ブロリーが出るだと?(^_^)ふん!バカめ!今更ブロリーが出てきて何が出来るんだ!ゴットやブルーに会得したこの俺に勝ってるわけないだろうが(^O^)」

ブロリー「と思っているのか!!(気を放ちゴットやブルー同等な力を放つ)」

ベジータ「( ゚д゚)・・・・え?なんで通常状態であんな戦闘能力があるんだ?(´・ω・`)」

ブロリー「うおおおおおお!!!!(伝説の超サイヤ人に変身する気はブルー以上になる)」

ベジータ「( ゚д゚)・・・・もうだめだ・・・おしまいだ(´・ω・`)」

No title

ぐらんぶるのコメにあった「全裸のその先」

そこにたどり着いたのが全身骨のアインズ様である!
(ついでに現代社会に戻るまで一生DT確定)

日本発全世界学生視聴奨励作品……日本赤十字社トコラボマッタナシ

はたらく細胞


・最も身近な“擬人化”


はい、現役の中高生及び医学生は必須の作品です……擬人化故に流血表現があるけどこれをエグいと言うのなら医学関連は諦めた方が良いね。

なおよりエグイのが『はたらく細胞 BLACK』と言うスピンオフ、こっちはドキりとする症例を扱っているので……。OPがNHKのみんなの歌で採用されてもおかしくない出来栄えですね……あっ映像なら『ためしてガッテン!!』の制作陣に……良く健康ネタ扱っているから。



くしゃみの表現


え~とコレ、何処かのIBCMですかぁ(マテつ




止血方法


顕微鏡の世界になると擦り傷でコレです……止血の決め手になるのがフィブリンと言う物質……これを兵士が持つファーストエイド(応急処置)にしたのが“フィブリン包帯“と言うフィブリンで作られたガーゼパット。これまでは“サルファ剤”と呼ばれる粉を傷口に振りかけて圧縮梱包された包帯を巻く事で化膿止めにしてました。ただ“ペリシリン(俗に言う“抗生物質”の代表格)”と言った薬品の登場で徐々に使われなくなりました。サルファ剤も細菌が増殖する際に必要な葉酸に非常に似ている物質で増殖を抑える働きがあります。普通なら水に反応すると皮膚炎症起こすのですがそれが起きない特殊なモノです。



血小板が擬人化すると


うん、かわいいので癒しになるわぁ……でも止血の時は可愛い顔して赤血球を連行する悪魔。なおスピンオフのBLACK版は園児服だったりする……掲載誌はモーニングです。



細菌役も気合十分


巷では豪華すぎると言う声も

Re: タイトルなし

> ISRAND第3話
> 夏蓮ちゃんがニャル子さんみたいな台詞を言ってる!前世の記憶か?

クトゥルーの眷属とか言い出すしね

> こんだけ棒読みなキャッキャウフフなんて見たことないわっ!

棒読みキャッキャウフフは面白かったな

> オーバーロード3
> リアルタイム三年ぶりに回収される「世界征服計画」ニコニコの一挙放送見てなかったら完全に忘れてた!

1期の2話あたりで言ってたんだっけ

> この作品の影響で今期のルパンとかのしょっちゅう血が出る作品で「また血小板ちゃんの出番が!」「血小板ちゃんの仕事がまた増えてる!」「血小板ちゃんが過労死する!」と言われる事態に。

ルパンはよく腹に穴あけてるからな

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> ISLAND
> それで合ってます
> でも現時点で中に入るとバッドENDだったりします
> 当たり前ですがゲームだとバッドENDや死亡ENDが存在してます

死亡エンドだけでクリアリスト埋まりそうな

Re: No title

>テラ・パーテルさん
コメントどーも

>  ゲッテルデメルング攻略中ですが、対巨人の壁役としてフォーリーナーとして最強ですね。
> フォーリナーはバーサーカーに唯一マウントとれるクラスであり神性持ちで、神性を積極的に狙う巨人達への壁になれる、楽なモンです。あと今9節の途中ですので、次の報告はゲッテルデメルングクリア時にします。

ウチのカルデアでもアビーちゃんがめっちゃ活躍してて
巨人を駆逐するガールになっていました。

Re: No title

> ぐらんぶるのコメにあった「全裸のその先」
>
> そこにたどり着いたのが全身骨のアインズ様である!
> (ついでに現代社会に戻るまで一生DT確定)

確かに全裸のその先である

Re: 日本発全世界学生視聴奨励作品……日本赤十字社トコラボマッタナシ

>YF-19k(kyouske) sん
コメントどーも

> ・最も身近な“擬人化”
> はい、現役の中高生及び医学生は必須の作品です……

こういう番組を見てたら勉強楽しくなるんだろうな。

> なおよりエグイのが『はたらく細胞 BLACK』と言うスピンオフ、こっちはドキりとする症例を扱っているので……。

最悪死に至るレベルの病気を扱うのかな?

生きようとすること.......それ自体がドラマだ!

「はたらく細胞」
ここ数年、異世界もの程ではありませんが「艦これ」における
「艦娘」のヒットによって雨後の筍のように擬人化作品が
増加しています。「刀剣乱舞」、「御城プロジェクト」、
それからついこの前の「ウマ娘」もそうですね。
「はたらく細胞」も分類的にはそういう擬人化ものの一つですが、
上記の作品とちがって元々漫画原作なだけあって、
物語としては上記の作品よりも優越している要素がいくつかあります。
まずは上記の作品のモチーフよりも必ず万人に関りが有り、
より多くの人が知るものをモチーフにしている所、
次に男性向けに美少女キャラ限定、女性向けにイケメンキャラ限定、
である上記の作品に対して敵味方の個性の幅が広い事、
それから最も重要な点は1話、2話を見てもらえたなら
分かる通り、話の展開自体がキャラのモチーフと密接な
関りがある内容であり、話の進行=元のモチーフに対する
説明になっているという点です。「擬人化」という設定が
キャラ作りの付加価値にとどまっている作品とは一線を
画しているといえるでしょう。いえ、他の作品も
モチーフを活かそうとはしているのでしょうが、
物語の舞台自体が他の設定では置きかえしがたい事を
考えればやはり完成度は「はたらく細胞」の方が
優れていると言って良いと思います。

……尚、残念ながら原作での血小板ちゃん達の出番は
以降、特にはありません。そもそもこの作品は細胞たちの
群像劇であり、主役に近い赤血球と白血球も主に
活躍するというよりはレギュラー程度の扱いであり、
むしろ2話の血小板達、3話のナイーブT細胞と
エピソード事に主役がいるという感じですね。

Re: 生きようとすること.......それ自体がドラマだ!

> 「はたらく細胞」
> ここ数年、異世界もの程ではありませんが「艦これ」における
> 「艦娘」のヒットによって雨後の筍のように擬人化作品が
> 増加しています

そういえば、擬人化作品もかなり増えましたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6441-f819544e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード