FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2018. 08. 27

PERSONA5 the Animation #21「You can call me "Noir"」

haru20180827.jpg

信じた道の先に…


まさかオクムラ・パレスをこんなに早くクリアするとは
思ってもいなかったよ。
ストーリーの関係上、次のダンジョンにいくと
ジョーカーの自由度が下がるから
それまでにコープをこなさないといけないよね…
(てっきり怪盗団人気が絶頂期の
奥村パレス攻略中にこなすかと思ってた)
P4の夏回みたいにサブキャラは一気に消化するのかな?


今まで通りの改心を狙った怪盗団。
春の覚醒を経てパレスを攻略し
お宝もゲットしたわけだが
そこに待っていたのは"春の父親の死"という結末。
信じた行動の結果引き起こしてしまった悲劇
その顛末は来週以降に語れることになりますが、

良くも悪くも怪盗団は最初の鴨志田事件以降は
民衆の声に少なからず影響されて行動しており、
今回は完全に黒幕の手のひらの上で
踊らされていたわけだ。
どういう事情があれ、快盗という犯罪を
手段として選んだ時点で罰を受けなければ
ならなかったと思うんだ。


春は近接武器は『斧』、
遠隔武器は『グレネードランチャー』を使用するという
お嬢様な見た目に反して意外とパワー型な武器チョイスなんですよね。
あと、戦闘中のボイスがわりと物騒だったりする


【関連記事】

・PERSONA5 the Animation #01「I am thou, thou art I」

・PERSONA5 the Animation #02「Let's take back what's dear to you」

・PERSONA5 the Animation #03「A beautiful rose has thorns!」

・PERSONA5 the Animation #04「Steal it, if you can」

・PERSONA5 the Animation #05「The Phantoms」

・PERSONA5 the Animation #06「Our next target is…」

・PERSONA5 the Animation #07「He is my other self」

・PERSONA5 the Animation #08「Put an end to all this and use your own artwork for once.」

・PERSONA5 the Animation #09

・PERSONA5 the Animation #10「I want to see justice with my own eyes」

・PERSONA5 the Animation #11「Let's be friends, shall we?」

・PERSONA5 the Animation #12,13感想

・PERSONA5 the Animation #15「I am Alibaba」

・PERSONA5 the Animation #16「This place is my grave」

・PERSONA5 the Animation #17「X Day」

・PERSONA5 the Animation #18「I'll guide you to victory」

・PERSONA5 the Animation #19「Aloha」

・PERSONA5 the Animation #20「My name is Beauty Thief!」


noeruFC2.jpg

生放送であれはかなりショッキングだっただろうな。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>オクムラパレス攻略
いつも以上に超スピード攻略が目立ったパレスだった…のはやっぱ「黒幕の手のひらの上で踊らされてた」ってのも理由か…

ある意味鴨志田から金城まで怪盗として改心させた報い(?)をふとアニメを見て思った

>春の装備
あんな顔して鈍器振り回すとか最初は違和感しかなかったがプレイしてくうちに慣れてしまうとかいう怖い話

Re: No title

>月風丸さん
コメントどーも

> >オクムラパレス攻略
> いつも以上に超スピード攻略が目立ったパレスだった…のはやっぱ「黒幕の手のひらの上で踊らされてた」ってのも理由か…

ゲームだと5時間ぐらいかかった記憶が・・

> >春の装備
> あんな顔して鈍器振り回すとか最初は違和感しかなかったがプレイしてくうちに慣れてしまうとかいう怖い話

でも小さいキャラやお嬢様キャラが
物騒な武器を振り回すのって割とあるし
ロマン感じるんだよな。

No title

春ちゃん、「惑わせミラディ!」と「これもまた私!」が印象に残ってるけど、物騒なセリフってありましたっけ?

Re: No title

>Kさん
コメントどーも

> 春ちゃん、「惑わせミラディ!」と「これもまた私!」が印象に残ってるけど、物騒なセリフってありましたっけ?

「薪割の…要領で!」とか
「どう?痛いかしら!」とか
「壊れちゃえ!」とか

普段の大人しいイメージと違って
ギャップがあったから覚えてる。

あと、バレンタインで浮気した時のセリフは
双葉とは違った意味で重みがあった
(こっちは動画でみただけですけど)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6514-7444e780

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード