FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2018. 10. 14

SSSS.GRIDMAN 第2話「修・復」

grid20181014.jpg

でかい剣を持ったら
このポーズとりたくなりますよね。

実写ではなくアニメだからこそできる
伝統のサンライズパース。



・響裕太
yuta20181014.jpg

「俺にしかできないこと
それが、俺のやるべきこと。」


記憶が無く、自分の指針となる部分も無い響くんですが
それでも「誰かを守るために戦いたい」
っていう衝動だけは人一倍あるみたいです。
たとえ無駄になるかもしれない、
それでも目の前で失われてゆく命を
守るために戦う強さを持った少年。
響くんはこの時点でヒーローとしての資質
持っているんだと感じました。


・宝多六花
grid20181009.jpg

六花ちゃんは思ってた以上にいい子だね。
仲いい友達のことを本気で心配するだけじゃなく
特に仲良くないクラスメイトのことも心配したり、
はっきりと物を言う子だと思ってたから
「この町を怪獣から守ってほしい」
っていう言葉を直接響くんには言わなかったのは意外でした。

たとえ町を守るためとはいえ
誰かに戦いを強要させるようなことは
言えなかったんだろうね。
戦うヒーローに対してこの配慮ができる
一般人ってなかなかいないと思う。
(まぁ響くんの場合率先して戦いに赴いたわけだが)

rika20181014.jpg

EDが百合百合な感じだったけど
ダリフラと同じくイメージ映像なんだろうな。


・新条アカネ
grid20181008.jpg

アカネちゃんが思ってた以上に
やばい子だってことが発覚。
前回怪獣のフィギュアを作っていたのも彼女で
第1話では"ちょっと天然なクラスの
アイドル的存在"
として描かれましたが、
実際は汚部屋に住み、怪獣を暴れさせ
自分に謝らなかったという理由だけで
担任教師を殺害しようとするクレイジーな奴でした。

ただ、OPの「君を退屈から救いに来たんだ」
っていうところからグリッドマンは
アカネも救う展開になるんじゃないかな?


akane20181014.jpg

あと、家帰ると眼鏡っ娘なところだけは
グッジョブポイントだと思いました。



・サムライキャリバー
samurai20181014.jpg

見た感じ不審者だったので
絶対敵だろうって思ったが
まさかグリッドマンの武器が
擬人化した姿だったとは…
そしてまさかの33歳である。
彼のおかげでグリッドマンは本来の
カラーと力を取り戻したわけだが
マックス、ボラー、ヴィットに関しても
強化アイテムなんだろうな。

なお、2話から3話の間を補完する
ボイスドラマが公開中!


六花のおばさんとのやり取りが
めっちゃ面白い。

とりあえず今回わかったこと…
・怪獣事件が起きた当日は怪獣やグリッドマンのことは誰も覚えてる
・しかし、次の日にはすべて忘れてて壊された建物は修復される
・だが、死亡した人間に関しては「死亡した」扱いとなる
・グリッドマンの存在はほかの人間にも認知できる。
(これは最適化されたからできるようになったっぽい)


街が直ってる時点でこの世界自体が"本物じゃない"
ってことを表しているんだと思う。

今回、アカネちゃんから見たら

「ビーム怖っ!」

「次はビーム対策しよっ。」


って思ってたら相手が剣を持ち出して
対策してきたでござる。って状態だろうな。
今度は防刃対策するんだけど
別の方法で負けるんだろうなー
なんせパワーアップアイテムまだあるし。


【関連記事】
・SSSS.GRIDMAN 第1話「覚・醒」


次回も僕と一緒にアクセスフラッシュ!
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

周りが死んだ人が存在してたことを認識出来なくなるってのが灼眼のシャナを彷彿させますね
絶対友達のどっちか消滅すると思う
アカネちゃんは武史ポジションだから使い捨てされそう

No title

帰ってきた、帰ってきたんだなグリッドマン。1話に比べテンポが速くなりあの3人にも共感しやすくなった。拍手コメントにある「神の雷と竜の王身に纏い、大いなる光の剣身に纏い邪悪を滅ぼさん」その光の剣の正体こそがグリッドソードなんだ。今だから敢えて言える「お帰りグリッドマン。」

No title

予想以上に盛り上がて来たアニメ版グリッドマン
脚本の長谷川圭一さんは鬱ウルトラマンで有名なネクサスや仮面ライダーwの人なので今後のシナリオも楽しみ、なおこの人も相当な怪獣オタクらしいので新条アカネは自身のモデル化も?

1話でバレーボールがぶつかったシーン妙に間がありましたがアレってアカネの堪忍袋の緒が切れたことを表してたんですね(直後にひびの入った眼鏡に殺意に満ちた眼球がアップで映ったことからも)

cv稲田徹氏の黒幕に操られててキレやすくなってるのか素でヤバイのか…いずれにせよ後にアカネの改心イベントがあるとしたら相当な試練となりそうですね

2.2話で出た33歳のサムライキャリバーさん。ネタ設定に見えるが、25年前の元祖グリッドマンの登場人物に8歳の少年もいたりする。まさかと思うがその後に何かあっあのかも。

あとグリッドマンがイケボ設定は元祖では言及されてなかった筈なので、スタッフがノリで入れたのかも

先生が最初は消される候補だったのがちゃんとあいさつするようになったのはスカッとしました。

アニメでも変わらず円谷節

前作よりはハッピーな黒幕


前作は暗めな少年だったと思えば今回は恵まれているなぁ……まあ父性が溢れ出る感も否めませんが。



サンライズパース


サムライキャリバー「アニメと言ったらコレだ!」
グリットマン「やってみたかった訳か(汗つ」

???「昔からグリットマンは武器を持っていたからねぇ、最近のウルトラマンも出るようになったが、かわいいもんだよ」

Re: タイトルなし

> 周りが死んだ人が存在してたことを認識出来なくなるってのが灼眼のシャナを彷彿させますね

平井ゆかりさんの件は最後まで覚えてて
まさか最終回で復活するとは思わなかったな。

Re: No title

>光になれさん
コメントどーも

> 帰ってきた、帰ってきたんだなグリッドマン。1話に比べテンポが速くなりあの3人にも共感しやすくなった。

1話はまるでよくわからない状況を3人と共有するみたいな話だったから
「やるべきこと」が見えてきた今回は意図的にそう描かれたんでしょうね

Re: No title

> 予想以上に盛り上がて来たアニメ版グリッドマン
> 脚本の長谷川圭一さんは鬱ウルトラマンで有名なネクサスや仮面ライダーwの人なので今後のシナリオも楽しみ、
>なおこの人も相当な怪獣オタクらしいので新条アカネは自身のモデル化も?

彼女の怪獣の作りこみは本当にすごいと思う。

Re: タイトルなし

> 1話でバレーボールがぶつかったシーン妙に間がありましたがアレってアカネの堪忍袋の緒が切れたことを表してたんですね(直後にひびの入った眼鏡に殺意に満ちた眼球がアップで映ったことからも)

でもあの子はちゃんと謝ってたし
悪意があってやったわけじゃないからな。
アカネちゃんは極端に沸点が低い子なんだろうな。

> cv稲田徹氏の黒幕に操られててキレやすくなってるのか素でヤバイのか…いずれにせよ後にアカネの改心イベントがあるとしたら相当な試練となりそうですね

意外とちょろそう

Re: タイトルなし

> 2.2話で出た33歳のサムライキャリバーさん。ネタ設定に見えるが、25年前の元祖グリッドマンの登場人物に8歳の少年もいたりする。まさかと思うがその後に何かあっあのかも。

当時を見ていた子供たちの年齢とも合わせたんでしょうね。

> あとグリッドマンがイケボ設定は元祖では言及されてなかった筈なので、スタッフがノリで入れたのかも

衰えないグリリバのイケボに敬意を示した

> 先生が最初は消される候補だったのがちゃんとあいさつするようになったのはスカッとしました。

皮肉にも彼女の願いはかなったわけになるんだよな。

Re: アニメでも変わらず円谷節

>YF-19k(kyouske) さん
コメントどーも

> 前作よりはハッピーな黒幕
> 前作は暗めな少年だったと思えば今回は恵まれているなぁ……まあ父性が溢れ出る感も否めませんが。

そりゃ美少女と根暗な少年だったら態度ちがうよ。

> サンライズパース
> サムライキャリバー「アニメと言ったらコレだ!」
> グリットマン「やってみたかった訳か(汗つ」

中の人も喜んでそうだ。

No title

アカネちゃんが今作の武史君ポジみたいですが
人を平気で殺そうとする分、武史君よか遥かに質が悪いですね
最も精神を操られてサイコになってる可能性もありますので
現時点では本当のサイコとは断定できませんけどね

あと何気に響くんは謎の多い主人公ですね
てか六花ちゃんやアカネちゃんも謎な部分ありますし
割と登場人物謎だらけの作品ですね

No title

>>マックス、ボラー、ヴィットに関しても
>>強化アイテムなんだろうな。

でしょうね
てかキービジュアルの一つで彼らと一緒に謎の少年(CV鈴村健一)
もいたので彼もアシストウェポンの可能性は高いですね
キービジュやフィギュアでダイナドラゴン相当のメカが無いので
ひょっとしたらダイナドラゴンかもです
それで前作とアシストウェポンの数がほぼ合いますし

あとサムライキャリバーさんがアシストウェポンだったのはびっくりしました

円谷節は時代を映します

せーにんさん

返信どうもです。


それでも危なさは変わらない。寧ろ女子高生と交際するパパに見えた。


No title

はっきし言おう、裕太たちが見た怪獣はかってグリッドマンが倒した怪獣のデータの残骸だ。そしてグリッドマンは市街地戦が出来る事、そして次の日には修復される事。この世界がコンピューターワールドでなければありえない事だらけだ。そうでなければサポートメカが擬人化するなどあり得ない。この世界は現実世界を模した仮想空間だ。

No title

OP歌詞からするとアカネちゃんは改心するのは確実でしょうが
(大石さんが脚本を見て内容を反映させた歌詞たそうです)
長谷川さんの脚本なのでツケを払わされた後でしょうけどね

あと武史くんとアカネちゃんは対照的に描写されてますが
ぼっちって意味じゃ同じかも?
(アカネちゃんは人気者でも本当の友達いなさそうですし)

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> アカネちゃんが今作の武史君ポジみたいですが
> 人を平気で殺そうとする分、武史君よか遥かに質が悪いですね

CVがうえしゃまなのも深夜枠なのも大体コイツのせい

> あと何気に響くんは謎の多い主人公ですね
> てか六花ちゃんやアカネちゃんも謎な部分ありますし
> 割と登場人物謎だらけの作品ですね

記憶喪失の主人公で特に謎も無かった方が珍しいから。
…プラネット・ウィズの宗矢くんはあんまり
そういった謎めいた面はなかったけど

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> でしょうね
> てかキービジュアルの一つで彼らと一緒に謎の少年(CV鈴村健一)
> もいたので彼もアシストウェポンの可能性は高いですね

明らかに敵のオーラだったのに・・
ボイスドラマのおかげで一気に萌えキャラになった。


Re: No title

> この世界がコンピューターワールドでなければありえない事だらけだ。そうでなければサポートメカが擬人化するなどあり得ない。この世界は現実世界を模した仮想空間だ。

今の所その節が濃厚ですね。

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> OP歌詞からするとアカネちゃんは改心するのは確実でしょうが
> 長谷川さんの脚本なのでツケを払わされた後でしょうけどね

最後はなんだかんだで共闘しそうですね

> あと武史くんとアカネちゃんは対照的に描写されてますが
> ぼっちって意味じゃ同じかも?

君の孤独を分けてほしい。

No title

>アカネと担任教師
ただの生徒である裕太にはちゃんと謝ってるのに、優等生のアカネは何故か謝られない。そこに彼女の闇が見える。

Re: No title

>二刀の翼 さん
コメントどーも

> >アカネと担任教師
> ただの生徒である裕太にはちゃんと謝ってるのに、優等生のアカネは何故か謝られない。そこに彼女の闇が見える。

単に聞こえてなかったのかそれとも改心したのか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6614-319f93ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード