fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2018. 11. 23

ゾンビランドサガ 第8話「GoGoネバーランドSAGA」

zonbi20181123.jpg

「愛」は変わらないよ
いつまでも

zonbi20181124.jpg

リリィちゃんは
実は「ごうまさお君」だったっていう
衝撃の事実が明らかになったわけだが…
正直今まで誰も気づかなかったんかいっ!
ボラーくんちゃんが男の子だって聞いた時は
衝撃でしたが、リリィちゃんの方がもっと衝撃的でした。
ゴメン、まったく予想出来てなかった。
後々考えてみると「重機好き」っていうようそは女の子ぽくないよな。

zonbi20181125.jpg

しかも死因が「髭を見つけた時のショック死」
ってのも予想できるかんなもん!
心臓の病気かなんかだと思ってたよ
(まぁ仕事による過労や父親とのすれ違いによる
ストレスも原因の内なんだろうけど…)
こんなんさくらも反応に困るわ。

zonbi20181122.jpg

そんな衝撃的な事実が発覚したが、
話のメインは"父と子の愛情の話"
かなり真面目かつ感動できる内容だった。
死んだ子の面影を求める父親と
そんな父親にありがとうを伝えようとする子の話。
リリィメインの曲「To My Dearest」は
そんなリリィの気持ちを歌った名曲でした。

思えば初めて身内バレしそうになったけど
前回のアイアンフリルの面々は愛のこと
気付かなかったんかな?

次回はサキちゃんメインの話らしいですが
この分だとゆうぎり姉さんとたえちゃん
さくらメインの話は終盤になりそうですね。


【関連記事】

・ゾンビランドサガ 第1話感想

・ゾンビランドサガ 第2話「I LOVE HIPHOP SAGA」

・ゾンビランドサガ 第3話「DEAD OR LIVE SAGA」

・ゾンビランドサガ 第4話「ウォーミング・デッド・サガ」

・ゾンビランドサガ 第5話「君の心にナイスバードSAGA」

・ゾンビランドサガ 第6話「だってセンチメンタルSAGA」

・ゾンビランドサガ 第7話「けれどゾンビメンタル SAGA」

noeruFC2.jpg

最近あらすじのさくらはんがどんどんあざとくなってる

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>衝撃の事実
なおゾンサガ考察犯によると…温泉での反応、趣味が重機、一人だけバストにカップ表記無しなどの伏線で察していたそうな。

No title

リリィちゃんは『だが男だ』枠でしたか
(まあアイドル物で実は男はアイマスとかプリパラとか先人がいるので
さほどショックは受けませんでした)

死因がギャグなのは話を重くし過ぎない為でしょうか?
でもBパートの回想のリリィちゃんが目に隈が出来てたのを考えると
真の死因は過労死
きっと、ひげは最後の一押しに過ぎないんでしょう

てかこの作品
勢いで押しきる形に見せかけてお話かなり細部まで考え抜かれてますね

あと、さくらちゃんは相変わらず母性が強いですね

No title

しかしリリィの作った歌はいい歌詞でしたね
泣かされました

まあ、この設定も何時の間にか定番になっていたからねぇ……

オイマテっ!


リリーは男の娘だった……おとーさんの心の深さに感動したわぁ。


涼「コレハドーイウコトナンダロウ……」
咲「アイドルモノで男の娘設定ってみられる様になったからねぇ」


このタイミングでコレは……あ~何人かの同人誌作家が吐血してますね、これって(汗つ

今回いきなりリリィが「正体は豪正雄(男)」と判明。
これには流石に多くの人が衝撃を受けたようですが、とある人たちは
「ヤバい!もう原稿出しちまった!生やせないorz」
「棹役が決定」
「執筆間に合うか?」等大騒ぎになったらしい。
あと宮野Pだと屍姦になってしまうから趣味がニッチな人にしか受けないから、屍同士の相愛なら純愛でやれるね!
あと実はこれまでおねショタ。それも同じ部屋で寝るという中々のラッキーだった。

あと鬼塚豪。更に豪正雄を混ぜると
鬼塚GO正雄という何か訳ありで痩せたコンビ結成に。

リリィの死因は過労と精神的ショックの会わせ技でしょう。
今になってみると男フラグ二話の鏡を見るシーン、温泉に乗り気ではない等伏線は上手くあった。

後半は泣きました。亡き息子の為に償いをする親父。それを「テレビでまた会えるから」とか「元気でいてね」と歌で伝える息子。泣きました泣くしかない。

タイトルのGOは本名。ネバーランドは「二度と大人になれない子供のリリィ」つまりピーターパン要素に加えて、ピーターパン2であった「もう年を取ることが出来ない少年と昔の大事な人との再会」元ネタから考えたんだろうなあと。
ゾンビバレは多分したと思います。でも親父は口が固そうだから秘密にしてくれそうな予感。

次回はサキ回。なろうか?なろう系話か?

Re: No title

> >衝撃の事実
> なおゾンサガ考察犯によると…温泉での反応、趣味が重機、一人だけバストにカップ表記無しなどの伏線で察していたそうな。

考察班の考察力高すぎて足向けて眠れねぇ…

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> リリィちゃんは『だが男だ』枠でしたか

巽さん「だが男だ」サキ「それ言ってみたかっただけだろ!」

> 死因がギャグなのは話を重くし過ぎない為でしょうか?
> でもBパートの回想のリリィちゃんが目に隈が出来てたのを考えると
> 真の死因は過労死
> きっと、ひげは最後の一押しに過ぎないんでしょう

過労死の線は確かに濃厚ですね

> あと、さくらちゃんは相変わらず母性が強いですね

リリィがゆうぎりやさくらになつくのは母親にもらえなかった愛情を求めてるからだとか

Re: No title

> しかしリリィの作った歌はいい歌詞でしたね
> 泣かされました

最初なんじゃこの曲?って思ったが全部聞いたら「ええ曲やないかい!」って感動しました。
しかし、あれ全部巽さんが作曲してるのか…すげぇな

Re: まあ、この設定も何時の間にか定番になっていたからねぇ……

>YF-19k(kyouske) さん
コメントどーも

> リリーは男の娘だった……おとーさんの心の深さに感動したわぁ。
> このタイミングでコレは……あ~何人かの同人誌作家が吐血してますね、これって(汗つ

冬コミにリリィ本を作ろうとしてた作家さん撃沈

Re: タイトルなし

> 今回いきなりリリィが「正体は豪正雄(男)」と判明。
> これには流石に多くの人が衝撃を受けたようですが、とある人たちは
> 「ヤバい!もう原稿出しちまった!生やせないorz」
> 「棹役が決定」
> 「執筆間に合うか?」等大騒ぎになったらしい。

同人作家が一斉に「どやんすー」っと叫んだ第8話だった

> あと実はこれまでおねショタ。それも同じ部屋で寝るという中々のラッキーだった。

リリィが竿役になるんだよぉ!

> あと鬼塚豪。更に豪正雄を混ぜると
> 鬼塚GO正雄という何か訳ありで痩せたコンビ結成に。

鬼塚…ついにゾンビになったか

> 後半は泣きました。亡き息子の為に償いをする親父。それを「テレビでまた会えるから」とか「元気でいてね」と歌で伝える息子。泣きました泣くしかない。

こういう親子の話にはやっぱり弱い…

> タイトルのGOは本名。ネバーランドは「二度と大人になれない子供のリリィ」つまりピーターパン要素

良く考えられてるサブタイトルだよな

No title

ええ話や、普段ウザいけどグラサンよくやった。ただボラーは男だってすぐ分かったぞ。リリイとひでりは分からなかったけど。

既に入稿してしまった方が居る模様

せーにんさん

返信どうもです。


もうコレ製作陣がしてやったりの顔になってますわ……愛とは深きなお罪である。

Re: No title

>光になれさん
コメントどーも

>リリイとひでりは分からなかったけど。

ひでりくんちゃんはサブタイトルでわかった

OPのサビの歌詞「実はネタバレ説」浮上。

空に叫ぶ 脱・生存の定義:飛行機事故
雲間に光る 簒奪の勝機:落雷
奪わせはしない 尊厳の愚弄に:尊厳の愚弄=過労死説。愚弄を「グロウ(成長)」と読み替える説も

枯れても走ることを命と呼べ
骨を斬らせて 闇を断て
飢餓を解き放て
覚悟を宿命に突き付けて
も大体該当しそうな四人がいるとか。

ただサビは「SAGA」以外に「天下に狂い咲く」を加えたら八行ある。
となるとPも・・・?

Re: タイトルなし

> OPのサビの歌詞「実はネタバレ説」浮上。

> 空に叫ぶ 脱・生存の定義:飛行機事故
> 雲間に光る 簒奪の勝機:落雷
> 奪わせはしない 尊厳の愚弄に:尊厳の愚弄=過労死説。愚弄を「グロウ(成長)」と読み替える説も

> 枯れても走ることを命と呼べ
> 骨を斬らせて 闇を断て
> 飢餓を解き放て
> 覚悟を宿命に突き付けて
> も大体該当しそうな四人がいるとか。

枯れても走る=サキ(暴走族だし)
骨を切らせて=ゆうぎり姐さん(首を斬られたぽいから)
飢餓=たえちゃん(食欲の旺盛さから)

> ただサビは「SAGA」以外に「天下に狂い咲く」を加えたら八行ある。
> となるとPも・・・?

流石にPは死んでないだろって思うが、あの男も大概謎ですからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6701-bc0f344c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード