FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 01. 03

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER 感想

jiou20190102.jpg

平成仮面ライダーずっと見てて良かったな。
そう思える映画でした。

以下、ネタバレありの感想
・仮面ライダージオウ組

ソウゴが割とシャレにならない事件に
巻き込まれる中、割とギャグ寄りの扱いを受ける
ゲイツ君に和みました。
ツクヨミへの告白未遂シーンにおける彼は
完全にキャラ崩壊してたと思う。
ウォズが地球の本檀にアクセスしたのは驚いたけど
あれってガチな設定なのか、
それともW要素を入れ込んだだけの演出なのか
どっちなんだろう?


・仮面ライダービルド組

相変わらず戦兎と万丈がベストマッチ
コンビ過ぎて良かった。
他のメンバーが記憶を失う中、最後まで
戦兎と共に戦ったあたり流石万丈だよ。
Vシネマでも頑張ってくれ。
戦兎は先輩ライダーとしてジオウを導き
割と何でもありな頭脳を駆使して
アクティブに活躍してた。


・仮面ライダー電王

まさかの本人登場には驚いた。
しかも比喩とかではなく
本当に「仮面ライダー電王の世界」の
野上良太郎本人が登場したってことだろう。
タイムジャッカ―の過去改変があったとしても
特異点設定を持つ良太郎は実在し続けるんだろうなー
って思ってたら案の定そうでした。
(そもそもジオウ世界の電王とはパラレルワールドなわけだし)

これに関しては全くネタバレを見ずに
観に行って良かったと思いました。
彼が登場した瞬間は劇場で歓声が上がりました。
あと、モモタロスから良太郎に対するセリフ
制作側から良ちゃんに対するセリフだったんだろうな。
本当に良いサプライズでした。


・仮面ライダーW

結局アナザーダブルは誰だったんだ?
今回アナザーライダーが登場した作品の中では
一番何もなかったWですが、
TV本編で救済してほしい所ですね…
(そもそも風都探偵が連載してる時点で救済されてるわけだが)
風麺のおじさん曰くあの世界にも翔ちゃんは
存在してるらしいけど


・仮面ライダークウガ

クウガウォッチは誰からもらうんだろう?
って思ったらゲイツくんがちゃっかり
クウガの力をゲットしてたっていうオチには驚いた。
アマダムさん気前がいいな。

何気にクウガの始まった日時が
作中における重要な点だったり
ラスボスがアナザークウガな点や
トドメのマイティキックといい
平成ライダー1号として割と優遇されていました。
あとバイクアクション最高でした。


・ライダー大戦

終盤のライダー全員集合のシーンは
チームの組み分けが面白かったですね。

炎系ライダー組
スピードライダー組
人外化繋がり組
紋章キック組

…っていう感じの組み合わせで
連携して闘うのは熱かった。
ラストのライダーキックラッシュは
全員同時にやるんじゃなくて
それぞれ技を見せつつ連携してキックしていく
っていうのが良かったですね。

平成最後の平成ライダー大集合祭り
みたいな映画でした。
平成ライダー見続けてきた身としては
全員集合シーンだけでおつりが出るくらい
満足な作品でした。

noeruFC2.jpg

何気にキャストも凄いのでスタッフロールは必見
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>ゲイツ君に和みました。
ツクヨミへの告白未遂シーンにおける彼は
完全にキャラ崩壊してたと思う。

親父みてえだなw

仮面ライダービルド組
いいコンビだったな

>電王組
まさかの本人達が出てくるとは
しかも野上良太郎が元の姿に戻っているとは
そこは驚きました

>w
アナザーwの正体は分からないまま退場しましたね

>クウガ
結局あの先代クウガは出ないままでした
アナザークウガはタイムジャッカ―だったですね

No title

電王、出てくる可能性はある方と思ってましたが、
やっぱりサプライズ出演で登場はすごく嬉しいですよね。
制作側も公開日当日まで良く隠し通せたと素直に感心しちゃいますよ。
しかも台本にも良太郎の登場は書いてなかったらしく、
メイン脚本の下山健人さんも良太郎の登場は全く知らされてなかった徹底ぶりで、
良太郎登場のシーンはソウゴ達も間違いなくびっくりだったと思います。

アナザーWは個人的にはタイムジャッカーの一員な気がします。
普通にティードに協力していた事とアナザーウォッチ使った事、
タイムジャッカー自身にもアナザーウォッチ埋め込みも可能とわかったので、
アナザーWもアナザークウガと同じタイプな気がします。

音也の名前が出てきたときちょっと吹き出しちゃ
いました(笑)
橘さんが出てたら校長になったりするんですかね

Re: No title

>かららららさん
コメントどーも

> 親父みてえだなw

確かにツクヨミの兄貴か父親みたいな反応だった

> >電王組
> まさかの本人達が出てくるとは
> しかも野上良太郎が元の姿に戻っているとは
> そこは驚きました

惜しむならU良太郎ではなく野上良太郎本人を出してほしかったところ

> >w
> アナザーwの正体は分からないまま退場しましたね

ほんと、誰だったんだあいつ

> >クウガ
> 結局あの先代クウガは出ないままでした
> アナザークウガはタイムジャッカ―だったですね

先代クウガのミイラは登場したけど、
アマダム先輩がかなり気前よくクウガの力分けてくれて助かった

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> 電王、出てくる可能性はある方と思ってましたが、
> やっぱりサプライズ出演で登場はすごく嬉しいですよね。

てっきり顔はうつさないケースかなーって思ったら
本人登場で本当に驚きました。

> 制作側も公開日当日まで良く隠し通せたと素直に感心しちゃいますよ。
> しかも台本にも良太郎の登場は書いてなかったらしく、
> メイン脚本の下山健人さんも良太郎の登場は全く知らされてなかった徹底ぶりで、
> 良太郎登場のシーンはソウゴ達も間違いなくびっくりだったと思います。

役者さんもギリギリになって知らされたんでしょうね

> アナザーWは個人的にはタイムジャッカーの一員な気がします。
> 普通にティードに協力していた事とアナザーウォッチ使った事、
> タイムジャッカー自身にもアナザーウォッチ埋め込みも可能とわかったので、
> アナザーWもアナザークウガと同じタイプな気がします。

そこらへん本編で明らかになるのかな?

Re: タイトルなし

> 音也の名前が出てきたときちょっと吹き出しちゃ
> いました(笑)
> 橘さんが出てたら校長になったりするんですかね

役者ネタというメタっぽいネタが使えるのも本作だけなんだろうな。

「平成ライダー」とは何か?

忙しくて、放映中の作品へのコメントを優先しましたが、
こちらへの感想も遅れすぎてはいけないのでコメントします。

「FINAL」が各作品の設定をすり合わせて、本編とも関わりの
深い緻密な作品だったのに対して、「FOREVER」は「平成ライダー」
という概念をテーマとしたある意味抽象的な作品でした。
方向性がかなり違った為簡単に比較はできず、この手の作品に
対する経験が十分ではない今の私では細部への的確な評価はできそうも
ありません。でも見ごたえのある映画だったのは確かです。

でも一つ明確な不満があるとすれば、これはむしろ「ジオウ」本編の方に
より強く思っている事なのですが、ソウゴとそして「ジオウ」という
物語自体が「仮面ライダー」という名前、いや概念に対して、
拘りが足りないのではないか?という事です。
もっともっと「仮面ライダーとは……」というやりとりがあった方が
良いと思うのです。「王様を目指す主人公」や「時の王者」という
要素だけだったら「仮面ライダー」にこだわりがなくてもかまいません。
でも歴代ライダーの力を受け継ぎ、そもそも顔に「カメンライダー」
と書いてあるライダーがライダーについて語るこだわりが
ないのでは筋が通りません。視聴者の期待を満たせません。
もちろん平成ライダーでは「仮面ライダー」という
呼び名というか、概念が本編中には登場しなかった作品も多く、
「スーパー戦隊」や「ウルトラマン」よりも共通点が少ない。
でもだからこそ、平成の「仮面ライダー」についてドラマ的に
拘ってみる作品に挑戦しても良いのではないでしょうか?

Re: 「平成ライダー」とは何か?

>アルキュオネさん
コメントどーも

> 「FINAL」が各作品の設定をすり合わせて、本編とも関わりの
> 深い緻密な作品だったのに対して、「FOREVER」は「平成ライダー」
> という概念をテーマとしたある意味抽象的な作品でした。

正直後になって冷静に見返してみると
矛盾点やツッコミどころや気になる点はあるんですよね。
それを踏まえても楽しい映画だったことは事実です。

> でも一つ明確な不満があるとすれば、これはむしろ「ジオウ」本編の方に
> より強く思っている事なのですが、ソウゴとそして「ジオウ」という
> 物語自体が「仮面ライダー」という名前、いや概念に対して、
> 拘りが足りないのではないか?という事です。

ソウゴは「王」を目指しているだけで「仮面ライダー」に
こだわっているわけではありませんからね。
各ライダーの力を継承していってるのも
最高最善の王になるための道だと思ってる感がある

> でもだからこそ、平成の「仮面ライダー」についてドラマ的に
> 拘ってみる作品に挑戦しても良いのではないでしょうか?

平成仮面ライダーは次々と試行錯誤を繰り返して
今の形態に落ち着いた感があります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/6782-585c23dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード