FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 07. 05

たまには「漫画」カテゴリの話題

daburu20170630.jpg

・風都探偵 第6巻感想
・今月のワールドトリガー(180.181話)感想
・五等分の花嫁 感想
・Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 英霊剣豪七番勝負 感想

・風都探偵 第6巻感想

1巻分丸々使ったビギンズナイト編
スパイダードーパント戦~ビギンズナイトまでの補完と
今まで謎だった主人公、左翔太郎の過去が明らかになったお話。
そういえば平成ライダーの主人公でも珍しいくらい
「本業」以外の要素が描かれる場面が無くて
翔ちゃんの家族構成とかって初めて明らかになったんですよね。

同時に仮面ライダースカルについても補完されたんですけど
割と凄いメモリだったのね「スカル」って。
不貞腐れていてもなんだかんだで子供を助けるため
立ち上がるおやっさんはやっぱりかっこいい。

10年戦士で経験豊富だったおやっさんを失ったことは
シュラウドの計画にとって痛手だったんだろうけど、
それと引き換えに最強の「切り札」を手に入れたわけですから、
Wの物語にとって左翔太郎という存在がいかに
ワイルドカードであったかがよくわかる内容でした。


・今月のワールドトリガー(180.181話)感想

弓場先輩の早撃ちに惚れた。
ガンナータイプでここまで「ガンマン」に
徹してるスタイルなの初めて見た気がします。
あのユーマがシールドを張る隙すら
与えられないほどの"早撃ち"は
「タイマン最強」って言ってたあたりの
説得力がありすぎる一コマでした。
そして、帯島ユカリちゃんが可愛すぎる…
性癖刺さる人多いんだろうなー
って思ったら案の定そうでした。
褐色、元気っ子、後輩ロリキャラ…猫はさぁ!

しかし、ユーマのスコーピオンの使い方は本当に多才。
手裏剣スタイルからの設置罠につなげる
戦法とかどうやって思いついたんだろうか?
ヒュースの隠し玉、チカちゃんの覚醒、
二宮さんとの再戦、明らかになった弓場隊の実力と
次の試合が楽しみすぎますね。


・Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 英霊剣豪七番勝負 感想

8話まで読了。
アーチャーインフェルノ登場まで。
あの人もまさかこの後カルデアゲーム部に
所属することになろうとは…

おぬいちゃんが可愛い!
武蔵ちゃんかっこいい!
ぐだこのぱんつ!

…な漫画版ですが
改めて思うと村正おじいちゃんも
士郎と似た精神性をしてたってことになるな…
「難儀したんだねその人」ってまるで
他人事のように言ってるけど、
その人の成れの果てはカルデアでキッチン担当してますよ。


・五等分の花嫁 感想

10巻まで読了。

ごじょがメインヒロインだな。
なんせ一番最初に出会ったわけだし


みっくみっくにしてやんよ!

一花お姉ちゃん…しゅき

やはりツンとデレの緩急の差が激しい二乃こそ覇者よ

四葉ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

っていう感じで推しがコロコロと変わっていく作品でした。
個人的には最終的に五月がメインヒロインなんだと
思っていますけど、最新巻を見ると
四葉に報われてほしいよな…
これ最初から分かった上で
読み直すと全然違って見える。

誰を選んでも波風立てそうだから
あえて誰も選ばないエンディングのほうが
全員幸せになれるんじゃ?っと思ったが
未来のシーンで確実に誰かと結婚することが
確定しているわけですからね。

noeruFC2.jpg

スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

五等分の花嫁

>>四葉に報われてほしいよな…
>>これ最初から分かった上で
>>読み直すと全然違って見える。

ですね
ちなみに10巻の後の90話まで読んだ後
読み返すと更に違って見えます

てか90話前提で読み返すと今まであんまり目立たなかった四葉が
ちゃんと物語の中心にいてヒロインしてるのにびっくりしました

No title

>割と凄いメモリだったのね「スカル」って

変身してる間は(ベルトを破壊させない限りは)不死身って地味にチートですよね
おやっさんも経験豊富だし、強化変身無しのライダーの中でなら上位に入る強さかも・・・

>Wの物語にとって左翔太郎という存在がいかに
ワイルドカードであったかがよくわかる内容でした。

状況によっては「最弱」だけど状況によっては「最強」って何となく型月の主人公っぽい響き

改めて思うと村正おじいちゃんも
士郎と似た精神性をしてたってことになるな…

FGOでは依り代側にも英霊と精神的な共通点があるみたいですからね
凛もイシュタルたちと似てるところあるし
桜もパールさんやカーマと精神的な共通点があるし

>その人の成れの果てはカルデアでキッチン担当してますよ。

別のなれの果ては銃の手入れをしてるダークヒーローだし、さらに別の世界の士郎の義妹たちまで来てるし、結構なカオス(今さら感)

No title

コミック版の剣豪勝負はマスターが士郎がモデルのキャラデザの立香ちゃんでいの一番に援軍に来たのがエミヤでなのはラスボスが天草でやっぱり士郎が村正の依り代なのでシロウ祭りだなと思いました。
立香ちゃんは美少女の髪を下ろしたパンイチ姿だったのに色気よりも歴戦のマスター(普通の聖杯戦争7回分以上の戦歴)としての風格が凄かったですね。

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> ですね
> ちなみに10巻の後の90話まで読んだ後
> 読み返すと更に違って見えます
> てか90話前提で読み返すと今まであんまり目立たなかった四葉が
> ちゃんと物語の中心にいてヒロインしてるのにびっくりしました

一番ヒロインから遠いポジションに見えて
実は一番メインヒロインでした。っていうのは
ギャルゲーとかでもたまにあるんですよね。
サブキャラかと思いきやメインヒロインっていう例もたまにある。

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 変身してる間は(ベルトを破壊させない限りは)不死身って地味にチートですよね
> おやっさんも経験豊富だし、強化変身無しのライダーの中でなら上位に入る強さかも・・・

何気に「本編終了後に登場した劇場版限定ライダー」
ですからね。そりゃ強い

> 状況によっては「最弱」だけど状況によっては「最強」って何となく型月の主人公っぽい響き

ここぞというときにあたりを引き当てるあたりもそれっぽい

> FGOでは依り代側にも英霊と精神的な共通点があるみたいですからね
> 凛もイシュタルたちと似てるところあるし
> 桜もパールさんやカーマと精神的な共通点があるし

てことは諸葛亮も司馬懿もエルメロイ兄妹と
精神性が似てたってことか

> 別のなれの果ては銃の手入れをしてるダークヒーローだし、さらに別の世界の士郎の義妹たちまで来てるし、結構なカオス(今さら感)

そしてカルデアに知人が増えまくる。

No title

五等分の花嫁

>>個人的には最終的に五月がメインヒロインなんだと
>>思っていますけど、最新巻を見ると

あくまで個人的な推理ですが
一花と五月はスクラン編の時点で物理的&動機的にキスがありえないので
二乃か三玖か四葉のいずれかで
(あくまでキス=花嫁ならの話ですけど)

更に姉妹のお爺ちゃんが言ってた癖や仕草で特定するなら花嫁は三玖か四葉です
(花嫁を早い段階で特定されない為か特徴的な癖やしぐさは2人がやってて
一人だけしかしない癖や仕草は存在しませんので)
正直自分の頭じゃこれ以上はしぼり切れません

Re: No title

>PT さん
コメントどーも

> コミック版の剣豪勝負はマスターが士郎がモデルのキャラデザの立香ちゃんでいの一番に援軍に来たのがエミヤでなのはラスボスが天草でやっぱり士郎が村正の依り代なのでシロウ祭りだなと思いました。

「士郎」が「シロウ」に勝つあたりもFate本編(UBW)を意識してたんだろうな。

> 立香ちゃんは美少女の髪を下ろしたパンイチ姿だったのに色気よりも歴戦のマスター(普通の聖杯戦争7回分以上の戦歴)としての風格が凄かったですね。

希少なサービスシーンだというのに、色気はあんまり感じませんでしたからね。

Re: No title

> あくまで個人的な推理ですが
> 一花と五月はスクラン編の時点で物理的&動機的にキスがありえないので
> 二乃か三玖か四葉のいずれかで
> 更に姉妹のお爺ちゃんが言ってた癖や仕草で特定するなら花嫁は三玖か四葉です

1.普通に一人を選んでその子と結ばれる
2.メディア事に異なる結末となる
2.結局のところ誰が花嫁なのかはボカして終わる
のどれだ!

No title

>てことは諸葛亮も司馬懿もエルメロイ兄妹と
精神性が似てたってことか

少なくとも諸葛亮は、主に一途に尽くし、すごい真面目な苦労性だったって事が共通してそうな気がします

Re: No title

>通りすがりの幻想殺しさん
コメントどーも

> 少なくとも諸葛亮は、主に一途に尽くし、すごい真面目な苦労性だったって事が共通してそうな気がします

劉備実装はよ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7093-cf1c1686

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード