FC2ブログ

9-nine-シリーズ プレイ感想

nine20190803.jpg

■9-nine-ここのつここのかここのいろ
■9-nine-そらいろそらうたそらのおと
■9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ


何とか休みの間に全作品終わらせることができました。
(なお、シリーズとしてはまだ続く模様)

以下、ネタバレありの感想です。


■作品概要

作品ごとにヒロイン一人一人を定め
同じ世界観と同じ舞台を共有する作品で
基本的にどこから初めても問題ないが、
ネタバレのことを考えると
「ここいろ」⇒「そらいろ」⇒「はるいろ」
の順に進めて行ったほうがいい。
ちなみに最新作のはるいろの時点で物語は完結していません。
選択肢はあってないようなものですが
選択肢はすべて能力の演出だったのでしょうね。


■ストーリー

異世界と繋がってしまったことによって
能力を得た主人公たちが、人を石化する「魔眼」
の能力者を追って奔走するというお話がメイン。


以下、作品ごとの感想

・9-nine-ここのつここのかここのいろ

みゃーこ先輩の独壇場だった第1作目
思えば一番何も解決していない話なんですよね。
死の運命にあった都を救えたことが最大の収穫なんですが
魔眼のユーザーは彼だったわけで…この後に
彼ら彼女らが生きていける保証はないんですよね。
…そう思うと、割とビターエンドだったと思う。

・9-nine-そらいろそらうたそらのおと

お天さんがメインな第2作目
ギャグ面でもシリアス面でも印象的なエピソードが多く、
良くも悪くも天が好きなら楽しめる内容だったと思う。
バッドエンドの内容が結構きつく
話も思いっきりシリアス気味だったのですが
その余韻をぶち壊すかのような天との
イチャイチャシーンは滅茶苦茶笑いました。

・9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ

春風先輩がメインな第3作目
「裏切り者」がテーマのミスリードが多いシナリオ。
翔、春風、ソフィ、与一、そしてイーリスと
それぞれがそれぞれの思惑の中
疑念を抱えながら進む物語で
ほんと誰を信じていいかわからなくなるお話でした。

いろいろとこれまで不鮮明だった部分が
明らかになって物語もいよいよ佳境に入ってきたのですが、
タイトルからして真の主人公って"9番目の彼"なのでは?


■キャラクター感想

・新海 翔(にいみ かける)

本作の主人公。ガラと目つきと口は悪いが優しく善良な男
個人的な印象としては「割と俗っぽい性欲直結型」
聖人君子のように見えて事件にかかわる動機が
"好きな子に良い恰好したいため"だったり
先輩とやれるならそれはそれでと考えていたり
先輩の良いところと聞かれて真っ先に「胸」と答えたり、
自分の性欲を隠さない男。

また、話が進むにつれてどんどん強くなる。
3作目ではついに自身のアーティファクトが判明し
計4つのアーティファクトと契約したりやりたい放題。

あと彼を語るうえで欠かせないのが謎の経済力。
バイトもしてないけど毎日外食していたり、
クレーンゲームで二千円以上つぎこんだり、
家賃なんかも全部親が払ってることを考えると
両親が相当もうけてそうですよね…
みゃーこ先輩の「ブルジョア談」は割と当てはまってる気がする。

「あ、この主人公幻想ぶち殺しそう…」
って思ったらそらおとで妹相手に
長文のお説教し始めてダメだったwww
どうでもいいが各ヒロインと一回は一緒にお風呂に入る。


・九條 都(くじょう みやこ)

主人公のクラスメイトで1作目のヒロイン。
彼女を一言で表すと「庶民的お嬢様」
超がつくほど庶民的な金銭感覚は
良いお嫁さん(オカン)になりそうだなと思う。

とにかく真面目な良い子という印象ですが、
責任感が人一倍強い性格だが
割と精神的に脆く一度崩れると
悪い方向へズルズルと引き込まれる。
攻撃力は高いが紙装甲な魔法使いキャラ

典型的優等生キャラなので
うざかわ系騒がし妹、中二病のリーダー、妄想癖のオタク先輩
っというヴァルハラ・ソサエティの
個性的なヒロインたちの中では埋もれがち。
事実自身がメインだった1作目以降はあんまり
目立った場面がなかった気が…
どうでもいいが、アルバイト中の
眼鏡とツインテールが一番かわいいと思う。


・新海 天(にいみ そら)

主人公の妹で2作目のヒロイン。
兄や仲間に対しては本当に五月蠅い子で
ことあるごとに発生する新海兄妹の
兄妹喧嘩は本作の見どころの一つ。

おそらく兄への呼称が最も多い妹キャラ
「お兄ちゃん」から始まり
「にぃに」「お兄様」「兄貴」「にいやん」と
かなりフリーダムに兄の呼称を変えまくる。

とにかく面白いヒロインでした。
それでいてちゃんと脆い部分もあり妹キャラとして
ちゃんと「守ってあげたい」と思える子で
シリアスとギャグのバランスが絶妙でした。

ただ、それまでのシリアスな流れをぶった切って
兄との性交を懇願しまくるシーンは滅茶苦茶笑いました。
こんなひどい"デュエル開始"の宣言は初めて聞いた気がする。
そういえばお天さん、義理の妹と思いきや実妹らしいですね。


・香坂 春風(こうさか はるか)

主人公たちの学校の先輩で3作目のヒロイン。
作品を勧めれば進めるほど立場と出番と変わるキャラクターで
おそらく初見とプレイ後のギャップが最も大きい人物。
ある時は気が小さくて大人しい清楚な先輩。
またある時は大胆不敵な女王様のような妖艶な先輩。
その実態はただのどうしようもない妄想癖のオタク女子

よくも悪くもコミュ障で空気が読めず
他人との距離がわからず接してくるあたりが可愛い。
あと、かなりエロい。めっちゃエロい。
(惚れてたとはいえ)殆ど初対面だった翔に押し倒されることを妄想したり、
彼氏を作ってやりたいことがまず「性行為」だったり、人一倍性欲が強い。
あのお天さんドン引きさせるとか相当ですよデスカレー先輩。

それでいて、意外にも観察眼に長けていて。
戦闘時に的確な指示を言い渡したり、
都や天の翔への好意を朧気ながら察していたり
実は作中最大戦力の一人。
この妄想好きオタク少女に「妄想具現化」っていう
とんでもない能力を与えた神様は狂ってる。


・結城 希亜(ゆうき のあ)

主人公たちとは違う学校に通うミステリアスな少女。
アニメ・漫画好きのオタクでおまけに重度な中二病という
残念な部分を補って余りあるほど、正義感の強い頼りになるリーダー。

3作目における黒幕との対決時には
他のメンバーが倒れるなか気合で戦場に立ち続け、
失意のメンバーを激励し奮い立たせ
逆転のきっかけを与える姿はまさに
ヴァルハラ・ソサエティのリーダーにふさわしい活躍だった。
おそらく4作目のヒロイン候補。


・ソフィーティア

主人公の前に現れた異世界の幻体。
最初は小憎たらしい毒舌人形だが
話が進めば進むほど彼女に対する信頼感が増していく。

そらいろで見せた度々翔たちを心配する描写があったので
彼女に関する不信な点は最初からミスリードだと信じていたので
実はそこの部分だけは最初から信じてました。
3作目ラストで彼女に関する重要な秘密と
一応人間の姿としての立ち絵もあることが判明しましたが、
実は最終作のヒロインだったりしないよね?


・成瀬 沙月(なるせ さつき)

主人公の担任教師でかなりめんどくさがり屋。
割と重要な設定を持つことは1作目から仄めかされていたが
3作目にしてようやく回収された。
でも散々な目にあってる。
はたして彼女はヒロインになれるのだろうか?


・深沢 与一(ふかざわ よいち)

主人公の悪友で欲望に忠実な三枚目。
ここまで書くとありがちな親友キャラだが
その正体は探し求めていた魔眼のユーザーで
清々しいまでに頭のネジが外れたイカレ野郎。

個人的には日常の象徴だった主人公の友人が
敵に回るっていう展開は好きなので、
正体表した後のサイコ感も合わさって
好きなキャラだったりします。
なんだかんだで翔を殺すことを躊躇したり
翔が人殺しをしそうになった時は力づくで止めたり
翔に対しては情を捨てきれていない所や
利害が一致したとき共闘するあたりも良い。

何となく憎めないキャラをしてるように見えるけど
ルートによってはヒロインも幼馴染も容赦なく殺してるあたり
救いようがないサイコ野郎なんだよな…


・高峰 蓮夜(たかみね れんや)

主人公たちと敵対する能力者集団
「リグ・ヴェーダ」のリーダー

普段はどうしようもない中二病患者だが
何だかんだで友情のために戦ってる憎めない男。
でも、彼の想いは報われないどころか
良いように利用されるだけなあたりむなしいよな。
次回作では報われてほしい。
しかし〇田さんは何やっても杉〇さんだってわかるくらい
特徴のある声ですよね…


・ゴースト

リグ・ヴェーダに所属する謎の少女
2作目のラスボスで、3作目は心強い味方になってくれるあたり
「あの敵がまさかの仲間に…」を体現したようなキャラ
春風先輩に対するツッコミとお説教の数々は
まさにごもっともである意味彼女の成長に
加担した人物の一人とも言える。
4作目は立ち位置がどうなるかわからないが
彼女の"名前"に関してはちゃんと回収してほしいところ。


・ナイン

3作目のエピローグでソフィが発見した9番目の登場人物
この作品タイトルはおそらく彼を示す言葉で
能力の性質上、ある意味最初から登場していた人物で
もしかしてプレイヤー=ナインっていうオチではないだろうか?
事実「選択肢を選び」運命を変えたいと望んだのは
我々なわけですから。




余談:
てっきり三部作だと思っていたのですが
ヒロインの数的にあと1,2作はありそうな雰囲気ですね。
物語は佳境へと向かって行って、
ソフィの真の目的も明かされたわけですから
次で終わりの可能性も高いですけど。

つまり、もうちょっとだけ続くんじゃ。

noeruFC2.jpg

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
関西地方在住の映画、アニメ、漫画、ゲーム愛好家
基本的にリンクフリーでTB、コメント、Web拍手も大歓迎!
(できるだけ記事に関係したコメントをお願いします)

俺の雨はもうちょっとだけまだ降り注いでる。
そして、永遠に覚めない夢を見ているんだ。

この恋は世界を変える CIRCUS 20th Project「D.C.4 ~ダ・カーポ4~」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログパーツ