fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 08. 25

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第8話「魔眼蒐集列車2/6 神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)と征服王の記憶」

ueiba20190824.jpg

今週は二世の濃厚なサービスシーンが…
メルヴィンくんはこのシーンを見れなくて残念だったね。


・今週の所長
oruga20190824.jpg

所長はどの世界でも曇るのが宿命なのね…
信じてた人がいなくなったり
信じてた人に裏切られたり
割とひどい目に合ってるんだけど、
こんなオルガマリーちゃんが唯一(?)
救われてるのが「漫画でわかる」次元なのがさらにひどい点。
このころからヒスな一面をのぞかせてるけど
なんだかんだでエルメロイ二世を助けるの
手伝ってくれたり可愛げはある。


・カラボー
karabo20190824.jpg

魔眼に人生を振り回される男
黒鍵を使いこなしてたことから
元(もしくは現)代行者なのかな?
式や志貴も魔眼に振り回されていたといえるから
魔眼持ちは割と数奇な運命をたどることになる。
FGOのオフェリアなんかもそうでした。

事件の捜査が行われたけど、
英霊とか出てきてる時点でもう
アリバイとか推理する必要ないですよね。
今回も「どうやったか?」ではなく「なぜやったか?」なんだろう。


・ヘファイスティオン
load20190824.jpg

幼少期のイスカンダルと似たような鎧を身にまとった女性で
征服王イスカンダルの第一の腹心
クラスはライダーなのかな?
要するにイスカンダルガチ税で
「お前みたいなヘタレが陛下の家臣とかないわー」
って喧嘩を吹っかけてきたのが今回のお話。ノブサーか!!

まさかサーヴァントが登場することになるとは…
英霊がドンパチやりあうような作品じゃないって
言ってたけどあれは嘘か!…まぁ英霊どうしがドンパチ
やらないっていう点で真実なんだろうけど。


・ネクロマンサーとハイエナのお嬢
sisigo20190727.jpg
ruvia20190720.jpg

高貴な女性ワイルドなおじさま
っという何とも異色なコンビですが
これで結構相性がよさそうなんですよね。
そもそも獅子劫さんが誰とでも合わせられそうなくらい
コミュ力あるおじさまなのも理由なんだろうけど、
どちらも割と好戦的で内にある感情は
熱血タイプなのが合ってる気がする。
バトルになったら抜群のコンビネーションで
大立ち回りしそうな二人である。
ナイスバディな美女と渋いおじさまが活躍するハリウッド映画かな?


・フィオレ姉ちゃん
fiore20171111.jpg

カウレスの姉ことフィオレ・フォルヴェッジ
こちらも『Fate/Apocrypha』で登場した
ユグドミレニアの魔術師。
型月作品と言えば肉親同士で憎みあったり
戦ったり、愛したりと普通じゃないことが多いが
その中でも割と普通な姉弟をしてたんですよね。

fiore20190824.jpg

この世界でも魔術師をやめたらしいが
一瞬とはいえ彼女が歩いてる姿を見れたことは嬉しかった。
座でケイローン先生も微笑んでるだろうよ。
カウレス君はこっちの世界でも割と有能で
別世界でフランケンシュタインとかかわった彼が
電気関係の魔術を会得するのはなんか運命めいたものを感じる。


【関連記事(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿)】

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第1話「バビロンと刑死者と王の記憶」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第2話「七つの星と永遠の檻(はこ)」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第3話「雷鳴と地下迷宮」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話「工房と塚と死霊魔術師(ネクロマンサー)」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第5話「最果ての槍と妖精眼」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話「少女とデパートとプレゼント」

・ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第7話「魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人」



【関連記事(Fate/EXTRA)】

・Fate/EXTRA Last Encore 第1話「今は旧き辺獄の底 -プレテリトゥス・リンブス・ヴォラーゴー」

・Fate/EXTRA Last Encore 第2話「死相 -デッドフェイス-」

・Fate/EXTRA Last Encore 第3話「黄金鹿と嵐の夜 ―ゴールデン・ワイルドハント─」

・Fate/EXTRA Last Encore 第4話「顔の無い王-ノーフェイス・メイキング-」

・Fate/EXTRA Last Encore 第5話「祈りの弓 -イー・バウ-」

・Fate/EXTRA Last Encore 第6話「永久機関・少女帝国 」

・Fate/EXTRA Last Encore 第7話「誰かの為の物語―ナーサリー・ライム―」

・Fate/EXTRA Last Encore 第8話「无二打 ―デッド・エンド―」

・Fate/EXTRA Last Encore 第9話「招き蕩う黄金劇場-アエストゥス・ドムス・アウレア-」

・Fate/EXTRA Last Encore 第10話「無限の残骸―アンリミテッド/レイズ・デッド―」

・Fate/EXTRA Last Encore 第11、12話 感想

・Fate/EXTRA Last Encore 第13話「喝采の薔薇―オリンピア・プラウデーレ―」

【関連記事(Fate/Zero)】

・Fate/Zero 第1話「英霊召喚」

・Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

・Fate/Zero 第3話「冬木の地」

・Fate/Zero 第4話「魔槍の刃」

・Fate/Zero 第5話「凶獣咆吼」

・Fate/Zero 第6話「謀略の夜」

・Fate/Zero 第7話「魔境の森」

・Fate/Zero 第8話「魔術師殺し」

・Fate/Zero 第9話「主と従者」

・Fate/Zero 第10話「凛の冒険」

・Fate/Zero 第11話「聖杯問答」

・Fate/Zero 第12話「聖杯の招き」

・Fate/Zero 第13話「禁断の狂宴」

・Fate/Zero 第14話「未遠川血戦」

・Fate/Zero 第15話「黄金の輝き」

・Fate/Zero 第16話「栄誉の果て」

・Fate/Zero 第17話「第八の契約」

・Fate/Zero 第18話「遠い記憶」

・Fate/Zero 第19話「正義の在処」

・Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

・Fate/Zero 第21話「双輪の騎士」

・Fate/Zero 第22話「この世全ての悪」

・Fate/Zero 第23、24話感想

・Fate/Zero 第25話(最終回)「Fate/Zero」


【関連記事(Fate/stay night Unlimited Blade Works】

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第0話「プロローグ」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第1話「冬の日、運命の夜」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第2話「開幕の刻」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第3話「初戦」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第4話「戦意の在処(ありか)」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第6話「蜃気楼」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第7話「死闘の報酬」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第8話「冬の日、心の所在」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第9話「二人の距離」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第10話「五人目の契約者」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第11話「来訪者は軽やかに」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第12話(最終回)

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第13話

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第14話「コルキスの王女」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第15話「神話の対決」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第16話「冬の日、願いの形」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第17話「暗剣、牙を剥く」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第18話「その縁は始まりに」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第19話「理想の末路」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第20話「Unlimited Blade Works.」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第21話「answer」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第22話「冬の日、遠い家路」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第23話「顕現」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第24話「無限の剣製」

・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第25話(最終回)「エピローグ」


【関連記事(Fate/Apocrypha)】

・Fate/Apocrypha 第1話「外典:聖杯大戦」

・Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」

・Fate/Apocrypha 第3話「動き出す運命」

・Fate/Apocrypha 第4話「生の代償、死の贖い」

・Fate/Apocrypha 第5話「天の声」

・Fate/Apocrypha 第6話「叛逆の騎士」

・Fate/Apocrypha 第7話 「自由の在処」

・Fate/Apocrypha 第8話「開戦の狼煙」

・Fate/Apocrypha 第9話「百の焔と百の華」

・Fate/Apocrypha 第10話「花と散る」

・Fate/Apocrypha 第11話「永遠の輝き」

・Fate/Apocrypha 第12話「聖人の凱旋」

・Fate/Apocrypha 第12.5話「聖杯大戦開幕編」

・Fate/Apocrypha 第13話「最後のマスター」

・Fate/Apocrypha 第14話「救世の祈り」

・Fate/Apocrypha 第15話「道は違えど」

・Fate/Apocrypha 第16話「ジャック・ザ・リッパー」

・Fate/Apocrypha 第17話「トロイメライ」

・Fate/Apocrypha 第18話「フロム・ヘル」

・Fate/Apocrypha 第19話「終わりの朝」

・Fate/Apocrypha 第19.5話「聖杯大戦動乱編」

・Fate/Apocrypha 第20話「空を駆ける」

・Fate/Apocrypha 第21話「天蠍一射」

・Fate/Apocrypha 第22話「再会と別離」

・Fate/Apocrypha 第23話「彼方へと」

・Fate/Apocrypha 第24話「聖杯戦争」

・Fate/Apocrypha 第25話(最終回)「Apocrypha」


【関連記事(プリズマ先輩)】

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1話「誕生!魔法少女!」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2話「誰?」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3話「ガールミーツガール」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4話「まけました」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5話「選択肢は2つ…?」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第6話「空白 夜の終り」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第7話「勝利と敗走」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第8話「普通の女の子に戻ります」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第9話「ここで終わらせる」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 最終回

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第1話「イリヤ grou up!?」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第2話「イリヤ×イリヤ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第3話「日常ブレイカ―」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第4話「嵐の転校生」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第5話「それは、つまり」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第6話「嘘と強がりの向こう側」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第7話「激突!クッキン・シスターズ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第8話「彼女の名は」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話「独りの戦い」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第10話(最終回)「その手が守ったもの」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第1話「鏡にしてるみたいでイヤなんだけど」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第2話「トリコロール・バースディ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第3話「命短し腐れよ乙女」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第5話「浴衣と花火」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第7話「執行者」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第8話「監視者」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第9話「金色の少年」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ! 第10話「世界の片隅で君の名を」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第1話「銀色に沈む街」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第2話「邂逅と再会」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第3話「君の本当の敵」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第4話「弱虫の妹へ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第5話「リトルレディ、襲来」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第6話「凍てつく敵意」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第7話「人形とぬいぐるみ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第8話「人と道具」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第9話「イリヤの選択」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第10話「姫の元へ」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第11話「独りじゃない」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ 第12話(最終回)「繋いだ奇跡」

・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 7巻感想

・劇場版『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』感想


fateFC2.jpg

割と雷に縁のあるウェイバーちゃんである
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

出たって事はいずれFGOでも出る可能性ありますねまあ
星5以下かなと思います

No title

カウレスと励まし合うグレイが可愛かったです。

No title

>このころからヒスな一面をのぞかせてるけど
なんだかんだでエルメロイ二世を助けるの
手伝ってくれたり可愛げはある。

ってか、10代前半の少女が親しい人間を無残に殺され目の前には怪しい奴等が並んでる状況だったらヒステリックになるのは無理ないと思います

FGO世界の方は苦労を重ねすぎたんでしょう
そもそも、あの年齢で世界の運命を背負わされたら、普通は歪みますわ

オルガマリーの本来の性格は遠坂凛に近い勝ち気で世話焼きなツンデレと見ました

>「お前みたいなヘタレが陛下の家臣とかないわー」
>って喧嘩を吹っかけてきたのが今回のお話。ノブサーか!!

なお原作では、あの二倍以上の文量で、イスカンダルの他の家臣の事まで引き合いに出して二世をダメ出ししてました

>カウレス君はこっちの世界でも割と有能で
別世界でフランケンシュタインとかかわった彼が
電気関係の魔術を会得するのはなんか運命めいたものを感じる

実はカウレスが使ってた魔術を開発したのはアトラム
それをフラッドが解析し二世が解体、そして適性があったカウレスに教えました

言うまでもなく、アトラムに知られたら殺.し合い発展してもおかしくない所業なわけで、普段とは逆にライネスが絶句させられてました
ライネス「その内、誰かに刺されても知らないからな!」
グレイ「その時は拙が守ります」

No title

>今週の所長
もはやこういう悲痛な目に合うのが様式美になってきちゃってるなぁ…こんな状況なのに手伝ってくれるのマジ健気

>カラボーさん
自身の魔眼を売るのが目的で魔眼収集列車に乗り込んだと…ホントいろんな目的あるのなぁみんな

>ヘファイスティオン
戦車使って戦ってるからライダーでしょうなぁ…そして辛辣な台詞を言いまくる辺り流石は腹心、肝が据わりすぎていらっしゃる

>獅子劫とハイエナお嬢
軽口をたたきつつも相性いい感じで何よりなにより…

>お姉ちゃん
ふっつーに歩いてる姿を見れるとはなぁ…弟くんがこんな頑張ってると知ったらどう思うんだろ

Re: タイトルなし

> 出たって事はいずれFGOでも出る可能性ありますねまあ
> 星5以下かなと思います

もしライダーで実装されたら師匠は
憧れの人、義妹、宿敵から弱点を突かれるという事態に…

Re: No title

>PT さん
コメントどーも

> カウレスと励まし合うグレイが可愛かったです。

ルシアン君「カウレスぅぅぅう!!」

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> ってか、10代前半の少女が親しい人間を無残に殺され目の前には怪しい奴等が並んでる状況だったらヒステリックになるのは無理ないと思います

「魔術師なんだからそれくらいの覚悟をしておきなさい」by本人
ですからね。そこらへんがオルガマリーぽいですけど

> FGO世界の方は苦労を重ねすぎたんでしょう
> そもそも、あの年齢で世界の運命を背負わされたら、普通は歪みますわ

ぐだーずのメンタルが異常なだけで普通耐えられないよなあの状況…
っと思ったらゴッさんも割と大丈夫そうだし、
今生き残ってるカルデアスタッフ全員化け物かよ…

> >「お前みたいなヘタレが陛下の家臣とかないわー」
> >って喧嘩を吹っかけてきたのが今回のお話。ノブサーか!!
> なお原作では、あの二倍以上の文量で、イスカンダルの他の家臣の事まで引き合いに出して二世をダメ出ししてました

ちょっと早口で言ってそうなのが想像できて
推しを語るオタクみたいだなと

> 実はカウレスが使ってた魔術を開発したのはアトラム
> それをフラッドが解析し二世が解体、そして適性があったカウレスに教えました

アトラムさん普通に優秀なんだけど、メディアさん引き当てたのが悪かった。

Re: No title

>月風丸さん
コメントどーも

> >今週の所長
> もはやこういう悲痛な目に合うのが様式美になってきちゃってるなぁ…こんな状況なのに手伝ってくれるのマジ健気

これには所長ファンのぐだ子もにっこり

> >ヘファイスティオン
> 戦車使って戦ってるからライダーでしょうなぁ…そして辛辣な台詞を言いまくる辺り流石は腹心、肝が据わりすぎていらっしゃる

征服王ゆかりのサーヴァントはもっといそうですよね
王の軍勢の中にも結構召喚可能なサーヴァントいそう

> >獅子劫とハイエナお嬢
> 軽口をたたきつつも相性いい感じで何よりなにより…

こういうところやぞ凛ちゃん

> >お姉ちゃん
> ふっつーに歩いてる姿を見れるとはなぁ…弟くんがこんな頑張ってると知ったらどう思うんだろ

(がんばるのですカウレス)って姉ビームしながら応援すると思う

No title

>ぐだーずのメンタルが異常なだけで普通耐えられないよなあの状況…
っと思ったらゴッさんも割と大丈夫そうだし、
>今生き残ってるカルデアスタッフ全員化け物かよ…

まあ、ゴルドルフは早い段階でぐだとマッシュに助けられ、カルデアの職員たちにも受け入れてもらえたので、「誰にも褒めてもらえなかった」オルガマリーよりはだいぶマシかと・・・

一般職員と所長では背負う責任や受ける重圧の差は大きいでしょうが、それを差し引いても確かに生き残ってるカルデアスタッフは全員タフだ・・・

>アトラムさん普通に優秀なんだけど、メディアさん引き当てたのが悪かった。

ちなみに当初はジークフリートを召喚するつもりだったのが原作の事件簿で明らかに
しかし、エルメロイ二世と並んで他作品に関わる回数が多い誰かさんのせいで触媒が消失
竜殺しの英霊がダメなら竜を召喚できる英霊をでメディアに目を付けるも期待に反して竜は召喚できず、それでいて自分の自尊心をボロボロにするくらいの魔術の力量の差を見せつけ価値観の違いもあって仲違い、破滅という流れに

>王の軍勢の中にも結構召喚可能なサーヴァントいそう

イスカンダル自身よりも強い英霊も何人か混じっていたらしいですしね

ちなみにヘファイスティオンをイスカンダルのマントで召喚できたのには理由が有り、イスカンダルの臣下なら誰でもあのマントで召喚可能というわけではないです
円卓の破片とはちがうのだよ、円卓の破片とは・・・・・・・

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> まあ、ゴルドルフは早い段階でぐだとマッシュに助けられ、カルデアの職員たちにも受け入れてもらえたので、「誰にも褒めてもらえなかった」オルガマリーよりはだいぶマシかと・・・

あと、教育係だったホムンクルスのT氏が優秀だったのもあるだろう

> 一般職員と所長では背負う責任や受ける重圧の差は大きいでしょうが、それを差し引いても確かに生き残ってるカルデアスタッフは全員タフだ・・・

伊達にレオニダスブートキャンプで鍛えられてないよ。

> ちなみに当初はジークフリートを召喚するつもりだったのが原作の事件簿で明らかに
> しかし、エルメロイ二世と並んで他作品に関わる回数が多い誰かさんのせいで触媒が消失
> 竜殺しの英霊がダメなら竜を召喚できる英霊をでメディアに目を付けるも期待に反して竜は召喚できず、それでいて自分の自尊心をボロボロにするくらいの魔術の力量の差を見せつけ価値観の違いもあって仲違い、破滅という流れに

ジークフリードが召喚できていたら、割と勝ちが見えていたかもしれませんね。
ヘラクレスとギルガメッシュあたりが鬼門だが…

> 円卓の破片とはちがうのだよ、円卓の破片とは・・・・・・・

円卓確定ガチャ、今ならガレスちゃんとかも召喚できそう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7188-1f254e8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード