FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 08. 27

2019年39号のジャンプ感想

love20171225.jpg

μ'sがお空で戦っていたころ
Aqoursはカードゲームをやっていた。
ヨハネ違和感ねぇな…

以下、今週のジャンプ感想
・夜桜さん家の大作戦

新連載。家族を失った少年と
スパイ一家が贈るコメディ作品。
幼馴染の実家はスパイ一家だった。
幼馴染の兄から命を狙われることとなった。
身を守るため、そして幼馴染を守るため
幼馴染との結婚を決意した。
…そんな第一話でしたが、
どう考えても長男がまともじゃねぇ!
1話で一番印象に残ったのは確実に長男。
炭治朗と成ちゃんあたりから小一時間
長男としての務めについてお説教を受けてほしいところである。


・鬼滅の刃

おや…弦弥の様子が…
ドロップアイテムを吸収して強くなるタイプのキャラだから
一番意外性と可能性を感じるんですよね彼は。
(性質的に星のカー〇ィとかヨッ〇ーみたいだけど)

ある程度ダメージを与えたから
第二形態へとパワーアップした黒死牟さん。
ただでさえ絶望的なのにさらに絶望的になった気がします
これでもまだ始解程度の強化だったりしたら…
あと1回変身を残していそう


・ワンピース

最終的にワノ国におけるゾロの装備は
和道一文字、二代目鬼鉄、そして閻魔になりそうですね。
秋水に関してはここにおいていくんだろうが、
「常世の墓」の話から、もしやリューマが
復活するなんていう展開になったらおもしろいな。
えっと、モリアさん今何してるんでしたっけ?

しかしたった一人で墓荒らしから刀を守って
ずっと待ち続けていたオニ丸の忠義には感動したな。
これで退場するのには惜しいので
河松と再会してほしいな


・Drストーン

ここで大樹復活は熱い。
復活早々状況を判断して(心で理解して)
カセキを持ち上げる大樹のバカ体力は
やはり科学王国に必要な人材。
しかも(石化復活時の謎回復力の補正があるとはいえ)
龍水とかと違って装備も何もなしですからね。
アスリートにはなれないが労働力としては間違いなく
作中トップクラスのキャラ。
後発のキャラに後れを取りがちになってますが
何だかんだで千空の初代相棒ですからね。


・僕勉

恋を自覚したりっちゃんさんが
なんかどんどん大人っぽく美人さんになっていってる…
マスコットキャラだったうどんまんじゅうからの脱却
蛹が羽化し蝶になったかのような変態。
おじさん、なんかちょっと感動してしまったよ。
関城さんも思わずガッツポーズしてるだろうよ。

次回、ついに水希ちゃんの専用回
…え、えらいこっちゃ。
担当編集と筒井先生にいったい何が…


・ゆらぎ荘

ミウラせんせーお気を確かに…
なんでヒロインをマッチョのおっさんに変貌させてるの?
しかも幽奈さんだけじゃなくて他のみなさんまで犠牲に…
狂気を感じる1話だった。


【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>夜桜さんちの大作戦
指輪を掴むシーンは下手すれば手がバラバラになる、というコメントがありましたが、自分的には主人公が「こいつと俺は同じ」と感じていたように凶一郎も同じことを感じていて、無意識に鋼糸を緩ませたのかなと解釈してます(気迫に気落とされたのもあるかもしれませんが)。

>ゆらぎ荘
OVAとかでアニメになったらスネークとかシュワちゃんとかやたら豪華な声がついてそう。
とりあえず次は女体化ですね。雪崩くんも女になるんだよ!(下衆顔)

>ワンピース
なんという日本昔話感。変身できるオニ丸は参戦してくれれば、戦い以外でも役に立ちそうです。

>GIGA3号の表紙
表紙の創真にお粗末されてる虎杖の存在感がすごい。

No title

ゆらぎ荘
ヒロインのおっさん化は思わず吹きました
ミウラ先生、気でも狂ったのか?

僕勉
りっちゃの分け目は非常にディモールトでした
あと次は水希ちゃん回ですか
割と楽しみです

スパイ漫画が流行ってるから出してきたのかな?
サンデーでも弟子ケンイチの作者がやってますし

長男と妹が中村さんとはやみんの声に聴こえそう

No title

三代鬼徹は入手に至る経緯が粋でカッコよかったのと、
あの店主の刀がなくなるのは寂しいし最後まで固定がいいです。

ジャンプ作品の長男って城之内、海馬、エース、サボ、白哉、イタチとか、
主人公に少なく、主人公の身内か友人かライバルに多い気がします。
知る限りでは一護とボルトと悟飯と両さんしか思い浮かびませんでした。

No title

>えっと、モリアさん今何してるんでしたっけ?

黒ひげに挑んだまま音信不通だった気が・・・・・・
アフサロムはマジで死んだのか、ペローナはモリアと再会できるのか・・・

>復活早々状況を判断して(心で理解して)
カセキを持ち上げる大樹のバカ体力は
やはり科学王国に必要な人材。

思えば序盤でも直感は鋭かった
そして現代人なのに、あの体力は本当にチート
(司はさらに化け物だったけど)

Re: No title

>スズムシ さん
コメントどーも

> >夜桜さんちの大作戦
> 指輪を掴むシーンは下手すれば手がバラバラになる、というコメントがありましたが、自分的には主人公が「こいつと俺は同じ」と感じていたように凶一郎も同じことを感じていて、無意識に鋼糸を緩ませたのかなと解釈してます

そのぐらいの覚悟がなきゃお兄ちゃんも妹を渡さんだろう
炭治朗もそう言ってる。

> >ゆらぎ荘
> OVAとかでアニメになったらスネークとかシュワちゃんとかやたら豪華な声がついてそう。
> とりあえず次は女体化ですね。雪崩くんも女になるんだよ!(下衆顔)

絶対渋い声でやるやつだー

> >ワンピース
> なんという日本昔話感。変身できるオニ丸は参戦してくれれば、戦い以外でも役に立ちそうです。

ごんぎつね思い出す

Re: No title

>ユウデン さん
コメントどーも

> ゆらぎ荘
> ヒロインのおっさん化は思わず吹きました
> ミウラ先生、気でも狂ったのか?

これが本当の「おっさんずらぶ」

> 僕勉
> りっちゃの分け目は非常にディモールトでした
> あと次は水希ちゃん回ですか
> 割と楽しみです

個人的には「妹回マダー」っとずっと思い続けていたから
本当にうれしいです。
思い続けていれば、夢はきっとかなうんだ。

Re: タイトルなし

> スパイ漫画が流行ってるから出してきたのかな?
> サンデーでも弟子ケンイチの作者がやってますし

スパイファミリーもありますし

> 長男と妹が中村さんとはやみんの声に聴こえそう

その気持ち、何となくわかります。

Re: No title

> 三代鬼徹は入手に至る経緯が粋でカッコよかったのと、
> あの店主の刀がなくなるのは寂しいし最後まで固定がいいです。

二代目鬼鉄は別のキャラが使うのもありかもしれませんね。

> ジャンプ作品の長男って城之内、海馬、エース、サボ、白哉、イタチとか、
> 主人公に少なく、主人公の身内か友人かライバルに多い気がします。
> 知る限りでは一護とボルトと悟飯と両さんしか思い浮かびませんでした。

最近は割と長男力が高い主人公がそろっていますが
ルフィとか悟空とか結構「弟」ポジションであることが多いですね

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> >えっと、モリアさん今何してるんでしたっけ?
> 黒ひげに挑んだまま音信不通だった気が・・・・・・
> アフサロムはマジで死んだのか、ペローナはモリアと再会できるのか・・・

ペローナさんは劇場版だといまだにミホークと一緒にいるみたいでしたね。

> 思えば序盤でも直感は鋭かった
> そして現代人なのに、あの体力は本当にチート
> (司はさらに化け物だったけど)

司が「戦闘力」と「攻撃力」なら大樹は「労働力」と「体力」
マラソン対決なら大樹に分があったと思う

No title

>ペローナさんは劇場版だといまだにミホークと一緒にいるみたいでしたね。

原作ではモリアの生存が確定した時点でミホークの城を出てますよ
ペローナは何だかんだで育ての親のモリアの事が大好きですから

なお城を出る際には最後までミホークに憎まれ口を叩いての喧嘩別れ・・・かと思いきやミホークに「体に気をつけろよ」と優しい言葉をかけられたら大感激&感涙してました

劇場版は原作だと、あの時期(ルフィの懸賞金が15億になってる)にはすでにカイドウの傘下になってたはずのアプーたちやカイドウにボコボコにされて捕らえられてたキッドが普通に参戦してますからね
世界会議に潜入してたサボや天竜人の護衛をやってたルッチもいましたし
まさにお祭り作品だったのでしょう
フォクシーまで新世界にいるし

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 原作ではモリアの生存が確定した時点でミホークの城を出てますよ
> ペローナは何だかんだで育ての親のモリアの事が大好きですから

今回の劇場版は正直どの時間軸にも当てはまらないパラレルだからな
本当にお祭り作品だったんだろう

> なお城を出る際には最後までミホークに憎まれ口を叩いての喧嘩別れ・・・かと思いきやミホークに「体に気をつけろよ」と優しい言葉をかけられたら大感激&感涙してました

ミホーク良い奴すぎるだろう…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7192-062f827d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード